小栗旬主演で2017年夏公開予定で実写映画化される「銀魂」

その主要キャストである主人公・銀時の最大のライバルである剣術の達人・高杉晋助役を演じるKinKi Kidsの堂本剛のビジュアルが公開され、その完成度の高さがネットでも話題になっている。




実写「銀魂」はすでに撮影は終えているが、キャストのビジュアルを非公開にしていたが、これですべてのキャストが公開され、映画「銀魂」の期待度が増している。


今回は「銀魂」とはいったいどんなものなのか?



キャストのビジュアルと完成度が高いと話題に堂本剛の高杉晋助の ビジュアルも紹介する。



■目次

銀魂とは
実写化「銀魂」
実写化「銀魂」キャストビジュアル
実写化「銀魂」鬼兵隊とは

銀魂とは



物語の舞台は宇宙からやってきた天人(あまんと)の台頭と廃刀令によって、侍が衰退の一途をたどるパラレルワールドの江戸時代。
2004年より連載が開始し、単行本発行部数は累計5000万部を超えている原作、アニメともに人気の高い作品になっている。


2度の劇場アニメ化もされており2010年「劇場版銀魂 新訳紅桜篇」は興収10.7億円、2013年「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」興収17億円)を経て、今回の実写映画化が実現した。



タイトルの読み「ぎんたま」
名前の由来は、原作者である空知先生が人気漫画になったら「女子高生の会話にねえねえ今日のぎんたま見たぁ?」という、セクハラぎりぎりのセリフを吐かせたいという野望から付けられている。



ストーリーは新撰組が活躍する江戸。
連載開始前に大河ドラマ「新撰組!」ってのが放送していたので、作者の初代担当編集が「これをパクれ」と命じたのが誕生のきっかけだという。

作者的には当時すでに大人気だったハリポタを「うっすら真似たもの」を考えてたようだが、そんな「低レベルのぶつかりあい」の末に生まれたのが「銀魂」。



少年ジャンプの漫画にありがちな、人死にが出るようなシリアスバトルを描きながら、また下品な日常ギャグも多い異色の作品。








目次にもどる

実写化「銀魂」






実写映画「銀魂」

侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時(小栗)と、ひょんなことから出会った仲間の身に起きる、様々な事件を描いていく。原作同様にパラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋(よろずや)を営む銀時が、新八、神楽。宇宙から来た「天人」の台頭と廃刀令により、侍が力を失っている江戸を舞台に、銀時と仲間たちの身に起こる様々事件を描く。




小栗旬が銀髪、菅田将暉が眼鏡、橋本環奈がチャイナ服と原作好きなファンからは賛否があるようだが、原作者である空知先生は「メンバーが豪華だろうと原作が原作ですから基本泥舟。原作の実写化はイメージと違うと叩かれるのが常ですが、もう今さら何をやっても読者の皆さんの銀魂のキャラ像はブレないと信じていますし、ここに集まってくれた方々はそういう覚悟もした上で、それでも「泥舟でもいいから銀魂に乗りたい」と言ってくれた方々ですから、そんな人達の作るまた別の形の銀魂ならコケてもいいから見てみたいな、見てもらってもいいかなと思ったのが実写化をうけた僕の率直な気持ちです。」とコメントがあったように、お祭り感覚で楽しんでもらいたいようだ。




公開予定、2017年7月14日
脚本・監督:福田雄一




目次にもどる

実写化「銀魂」キャストビジュアル




「坂田銀時」小栗旬
銀魂 実写化5

坂田銀時(さかたぎんとき)は、「銀魂」に登場する架空の人物で主人公。



「神楽」橋本環奈
銀魂 実写化7


「志村親八」菅田将輝
銀魂 実写化6



新八の姉「志村妙」長澤まさみ

銀魂 実写化3

江戸一の発明家「平賀源外」ムロツヨシ




「桂小太郎」岡田将生
「狂乱の貴公子」との異名を持つ、幕府指名手配中の攘夷志士の生き残り。
高杉晋助(堂本剛)と共に吉田松陽の元で学んでいた幼馴染であり、攘夷戦争時代の盟友。旧友からは「ヅラ」と呼ばれている。
銀魂 実写化4




・新選組

「土方十四郎」柳楽優弥
真選組の頭脳。


「沖田総語」吉沢亮
常に副長の座を狙う、ドSの一番隊隊長。

「近藤勲」中村勘九郎
新選組の局長



・鬼兵隊


「高杉晋助」堂本剛
鬼兵隊を率いる宇宙で最も腐った幕府を倒すことに執着する侍。
銀魂 実写化1



「岡田似蔵」新井浩文
居合い斬りの達人である岡田似蔵は、「人斬り似蔵」の異名を持つ盲目の人物。



「武市変平太」佐藤二朗
鬼兵隊の中でも「変人」と呼ばれる冷静沈着な策略家。



「来島また子」奈々緒
二丁拳銃を使う鬼兵隊の紅一点。
銀魂 実写化



「村田鉄矢」安田顕
江戸随一の刀匠・村田仁鉄の息子。父の後を継ぎ、妹の村田鉄子と共に刀鍛冶を営んでいた。人の話を聞かずに大声で喋るのが特徴。




「村田鉄子」早見あかり
村田鉄矢の妹。自ら鬼兵隊に入った兄と共に刀鍛冶を営んでいた。兄とは逆に気が弱いためか、ぼそぼそとしゃべる。 鉄矢が「最強の剣」を作ることを目指しているのに対し、彼女は「人を護る剣」を作ることを目指している。







目次にもどる

実写化「銀魂」鬼兵隊とは



鬼兵隊(きへいたい)は、高杉晋助、来島また子、武市変平太、似蔵らがメンバー。

銀時たちのかつての仲間であり、過激派攘夷浪士で結成された「鬼兵隊」の頭領・高杉晋助役を務めるのは、12年ぶりの映画出演となる堂本剛。二丁拳銃の使い手で高杉に絶対の信頼を寄せる「紅い弾丸」来島また子役を菜々緒が演じる。




「鬼兵隊」反体制派なので、体制派(真選組や幕府)や現体制下でそれなりに平和に生きる万事屋から見れば悪になる。客観的に見れば、単なる反体制派の過激派。


高杉は、幕府が天人に降伏したことにより、職や生きる術を失った侍たちに「鬼兵隊」という居場所を与えている。作中、たまに貧しい侍や、家もない侍が描かれていることがあるので、そういう侍たちに自分の能力を活かせる居場所を提供している。



高杉の明確な標的は「天導衆」。
天導衆が実質的に幕府を将軍という名の傀儡を操り統べ、この国を支配している。桂たち攘夷志士が幕府を倒そうと動いてるので、目的としては高杉たちと同じ「思想」。銀時とは「将軍暗殺篇」で敵対関係は崩れ、言葉にしなくてもこの2人はお互いの心を誰よりも理解しあい、「目指すものは今は同じ」という別れ方でしたので和解。その後、原作では共に戦う姿が見れる。


賛否は多いが、完成度が他の実写化より高いので実写化の中では期待の高い作品といえよう。



目次にもどる

スポンサーサイト