「金八先生」のモノマネでお馴染みのお笑い芸人・三又又三が松本人志を怒らせてしまって共演NGになっていると2月7日発売されたFLASHで報じ、ネットでも話題になっている。



三又又三は、「クズ芸人」と松本人志からも呼ばれていたりと前から素行に問題があったが、いったい松本人志をどうして怒らせてしまったのか?


今回はFLASHの三又又三と松本人志の共演NGになった経緯を説明する。



■目次

三又又三と松本人志のFLASH記事内容
三又又三プロフィール
三又又三はクズ芸人
三又又三に有吉がブチギレ
「ケンコバ」も三又又三に嫌悪感
三又又三は視聴者にも嫌われている?
三又又三と松本人志の絶縁

三又又三と松本人志のFLASH記事内容




 1月に格闘家・角田信朗(55)との「共演NG」が話題になったばかりの松本。だが、じつはもっと深刻な問題で「絶縁」になっているタレントがいる。

「元ジョーダンズの三又又三です。これまでは松本さんが『身勝手なクズ芸人』とネタにして、かわいがっていました。ところが1年ほど前から、松本さんは三又のことをいっさい口にしなくなった」(キー局関係者)

 松本はこれまで、たびたび三又との交友を披露してきた。一緒に温泉旅行に行くこともあった。だが現在、松本と三又は絶縁状態にある。お笑い業界に詳しい放送作家はこう話す。

「三又が松本さんを裏切ったんです。経営していた六本木のバーをたたんだ三又は、2012年に渋谷区にバーを再オープンさせましたが、資金繰りに苦しむようになった。そこで2年ほど前、松本さんに運転資金の名目で1000万円を借りました」

「オープン時はビートたけしさんが来るなど、芸人たちで賑わっていた」(地元不動産関係者)が、「店に現金が入ると、それを握りしめて六本木に繰り出していた」(三又を知るタレント)という三又の放漫経営が経営難の原因だった。

「お店のほうが苦しいんですよ~」。三又は松本にそう相談したという。

「あからさまに貸してくれと頼むのではなく、松本さんが『貸そうか』と提案せざるをえないような話し方だったそうです。だが、三又はお金をブランドバッグや時計の購入、女遊びに使い果たしてしまい、店は結局すぐに潰れてしまった。松本さんは、怒りを通り越して、呆れ果てました」(前出・放送作家)

 1000万円を借りておきながら、「度重なる家賃滞納に大家が激怒し、追い出された」(前出・不動産関係者)というから、開いた口がふさがらない。

 三又はどう弁明するのか。1月下旬の夜、都内で三又を直撃したが、「いやいやいや。全然……大丈夫なんで。勘弁してください」と青ざめた顔で、多くを語らず。所属のオフィス北野は「プライベートなことには関知しておりません」とのことだった。

 一方、松本が所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーからは、締切りまでに回答はなかった。これまで数々の「クズ」エピソードで笑いを取ってきた三又だが、度が過ぎては笑えない。

(週刊FLASH 2017年2月21日号)

引用




目次にもどる

三又又三プロフィール




三又又三(みまたまたぞう)
本名・三又忠久

三又又三


生年月日1967年5月27日49歳
出身 岩手県花巻市
所属事務所「オフィス北野」
高校卒業後、芸人を目指し上京。コロッケの付き人になり、当時コロッケにより命名された芸名は「ハムエッグ」。その後、1992年に山崎まさやとお笑いコンビのジョーダンズを結成し正式にデビュー。1992年から2007年まで、山崎まさやを相方にお笑いコンビ「ジョーダンズ」として活動。ソロでは金八先生のモノマネ芸で認知度を広めた。




目次にもどる

三又又三はクズ芸人




現在、TVの仕事は無く、副業として経営していたバーも倒産してしまった三又又三。
ビートたけし所属の事務所ということもあり、島田紳助や松本人志、志村けんなど芸能界の大御所たちと交友関係があることで、芸能界でなんとか生き延びていた。


しかし、その人間性は「クズ」であり、過去に放送された三又又三へ仕掛けたドッキリで、飲み会の席を隠し撮り。仕事が宮崎県のテレビ番組出演だったことで、酔っ払った三又又三は「宮城しか流れないから」と、事務所の先輩たちの悪口を連発。さらに、たけし軍団の№2であるガダルカナル・タカのコメンテーターの仕事を「誰にでもできる」とバカにした発言をした。


この放送がきっかけで、酒癖がものすごく悪く、酔って悪口を言いまくる事で有名になった三又又三は、芸能界の大御所で師匠であるビートたけしからも冷たい目で見られて、疎遠的になっていったという。



目次にもどる

三又又三に有吉がブチギレ





「芸能界の地獄」を味わい、這い上がってきた有吉。
毒舌キャラを確立し、酷いあだ名をつけて一気に大ブレイクを果たしたが、その有吉を「有吉を再ブレイクさせたのは俺だ!」と豪語していたのが三又又三だった。

三又又三1

芸能界から約10年近く消えていた有吉は、「竜兵会」とよばれる上島竜兵主宰の集まりによく参加していた。そこでの出来事は、有吉は口にあまり出さないがとても感謝しており、参加率は減ったものの今でも上島竜兵の竜兵会に参加し、一緒に料理を食べに行っている。


「竜兵会をやるように指示したのが俺」と言い張るのが、三又又三。

実際は、竜兵会の発足したきっかけは、太田プロ所属の土田が「吉本芸人のように太田プロも結束しないと負けてしまう」という理由から一番芸歴が上の上島竜兵に相談し、竜兵会が開かれたのだが、三又又三は「自分が竜ちゃんに口利きした」と言い張っている。


これに、ある討論番組で有吉がブチギレ。
嘘を暴かれても、三又又三は有吉に謝罪はしてない。



目次にもどる

「ケンコバ」も三又又三に嫌悪感




ケンドーコバヤシが千原ジュニアとトーク番組で日テレの深夜番組「ニケツ」で、三又又三とケンコバが飲んでいたエピソードを紹介。


その際に、お互いにプロレスが好きという話になり、盛り上がった後で三又又三が「ホテルで一緒に飲まないか?」としつこく誘ってきたという。



その誘いを拒否すると、「じゃあラーメンでも」と食事をしにいくことになったのだが、そのラーメンを二人が食べていると、ケンコバがラーメンをすする口元をずっと三又がじーっと見ていたという。

この時、ケンコバは「そっちの人」なのかもしれないと、距離をおくようになったそうだ。




目次にもどる

三又又三は視聴者にも嫌われている?



三又又三が出演したポテトチップスのCMが、わずか3日で終了した過去がある。
三又又三2

三又又三はポテトチップスのCMにビートたけしの口添えで大抜擢。

ポテトチップスのCMに決まったが、そのCM内容がお笑い芸人でありながらあまり笑いを取りにいかず、「かっこいい三又又三」を演じたことで、不快感という理由からクレームが殺到。


このCM打ち切りにカルビー担当者は深く反省し「どうかしてた」とコメントを出している。



目次にもどる

三又又三と松本人志の絶縁



三又又三3

2月6日、 松本人志が「日刊大衆」の記事の誤りをツイッターで指摘。
ヘイポーこと斉藤敏豪と菅さんへの謝罪を要求。その後、「日刊大衆」の記事で、番組をリストラされると記載され、のちに訂正された。のちに日刊大衆「お詫びと訂正」を掲載したことを受け、あらためて「日刊大衆さん。今後も自分の仲間や家族が傷付けられたとき僕はいかります。。。」とツイートした。


しかし、今回の三又又三と松本人志の共演NGの件についてはコメントを出していないため、記事内容が事実の可能性が高い。


松本人志も納得した上で1000万円を貸しているようだが、三又又三は「お店の方が苦しい」という嘘をついていたことで仕方なく貸したようだ。芸能界の先輩で大御所の松本人志から「借りた」お金を自分の私利私欲に使うという普通ならありえない行動だが、三又又三の一連のクズエピソードを考えるとあり得なくもないと思えてしまう。



義理と人情に熱い松本人志からすれば、この裏切り行為は絶縁されてもしょうがないのかもしれない。


目次にもどる

スポンサーサイト