2017年2月15日(水)放送、フジテレビ系「モシモノふたり」
22時00分~22時54分


芸能人同士がお試しで同居する「モシモノふたり」



「FRIDAY」が報じたハイスタ横山健の不倫写真が掲載され、一切のコメントを出していないマギーが登場。恋愛偏差値0ドランクドラゴン塚地が本気のおためし同居が行われる。ほぼ恋愛経験ない塚地衝撃の理由、さらにハイスタ横山健の不倫が報じられたマギーが初めてその件について言及されるのではないか?と注目されている。


今夜の「モシモノふたり」に先駆け、フライデーが報じたハイスタ横山健とマギーの不倫報道を簡単に説明する。


■目次

マギーと横山健のフライデー報道
マギーと横山健の不倫でのマスコミ
レプロエンタテインメントとは
マギーの不倫報道に松本人志が言及
マギーと横山健のフライデーは圧力がかかっている
マギーと横山健の今後

マギーと横山健のフライデー報道





1月13日発売のフライデーがマギーと横山健の不倫と報道。フライデーの記事内容では、二人は2016年の暮れの夜7時頃、マギーのマンション近くのパーキングに、ベンツVクラスに乗った横山健が現れたところをスクープ。



マギー2

その 「Hi‐STANDARD」の横山健は迷わず路地裏を通り、マギーのマンションの中へと入っていったという。



横山健は妻帯者で2児の父親。
マギーはバカリズムがMCを務める日テレの音楽番組「バズリズム」で共演し、横横山健の方から猛アタック。2016年8月ごろから「不倫愛」がスタートし、何度かマギーの自宅へ足を運んでいるという。

マギー1

マギーは横山健を自宅に招き入れ、ギターを教わったり、芸能生活の相談に乗ってもらっていることを周囲に話しているようだ。





マギーは2016年9月には「オレンジレンジ」のボーカル・YAMATOと真剣交際していることを報道されていた。交際が重なった時期もあり、最終的にマギーは横山健を選んだらしい。



マギー4

目次にもどる

マギーと横山健の不倫でのマスコミ




2016年、「ゲスの極み乙女。」川谷絵音の不倫で大バッシングを受けたベッキーと同じく、マスコミから叩きまくられるかと思いきや、マスコミ各社はマギーと横山健のスキャンダルを一切報じない。


ベッキーは世間・マスコミから厳しいバッシングを受け、好感度ランキング上位タレントの座から転落。メディア露出激減し、活動休止に追い込まれた。




一方、マギーはマスコミや情報番組はこの件を一斉にスルー。「フライデー」のタイトルが「不倫」ではなく「禁じられた愛」だったこともあり、マギーと横山健は、不倫ではなく熱愛と強調されている印象を受けた。



この件について、ロンドンブーツ1号2号の田村淳は「ベッキーは不倫 マギーは熱愛… なんでだろ?」とツイートし、メディアの対応の違いがあると言及。やはりマギーが所属する「レプロ」が脅威的な圧力をかけていると考えられた。




目次にもどる

レプロエンタテインメントとは





マギーが所属するレプロエンタテインメントは、新垣結衣や「幸福の科学」出家騒動で世間を騒がせている清水富美加などが所属する芸能事務所。

過去にはのん(能年玲奈)の独立に際しては、テレビ・新聞に圧力をかけて、洗脳情報を流したり、露出を制限するような状況を作っている「闇」の多い会社。




「芸能界のドン」と囁かれている周防郁雄が社長を務める「バーニングプロダクション」のグループ系列の事務所なので、マギーの情報がマスコミ各社が報じれないのは所属するレプロエンタテインメントの「圧力」と考えられる。今回のマギーと横山健のフライデー記事は間違いなく不倫であるのにもかかわらず、マスコミ各社はマギーへの取材や後追い報道すらされていない。



フライデーの記事によると、レプロはタレントのスキャンダル報道があった場合、最終的に、役職付きのベテランスタッフが、各社に乗り込んで、報道を食い止めるそうなので、マギーと横山健との不倫スキャンダルをもみ消したと考えられる。




目次にもどる

マギーの不倫報道に松本人志が言及



マギー5

1月1日に放送されたフジテレビ系「ワイドナショー」で、松本人志はこのような事務所によって違いが生じるメディア報道の差について言及。2016年不倫で世間を騒がせたベッキーや乙武をゲストに迎え、テレビのワイドショーが「大手芸能プロダクションのスキャンダルを一切扱わない」という問題に触れている。




松本人志は「いろんな芸能ニュースがあるじゃないですか。いまだに事務所の力関係とか、大きい事務所のスキャンダルは扱えなかったりすることが、やっぱりあるんですね」とマギーの事務所を揶揄しながら、さらに「そんなん一般の人にはばれてるから。なんであのニュースを扱わないの?っていうのは」とマギーと横山健のフライデー不倫を取り上げないことを暗に指摘した。



別の放送ではフライデーが報じた、女子高生への淫行問題で1月21日に謝罪会見を行った狩野英孝に対しても同じで、弱小事務所には寄ってたかって大バッシング。


その件について、松本は「マギーの話を(したい)」と指摘すると、MCの東野は「その話、奥の方に置かせてもらっていいですか。怖いんで。鍵かかって開きません」と話を遮った。

マギー不倫についてコメントしたい松本だが、東野によってストップがかけられる事態になった事で、マギー不倫の件が完全に「タブー」となっていることが明らかになった


ネットでは、この件について「芸能界の闇」を見た、との声が続出し話題となった。



目次にもどる

マギーと横山健のフライデーは圧力がかかっている




マギーは横山健のフライデー不倫報道以降、その後も何事もなかったかのようにレギュラー番組に出演し露出を続けている。


いま世間を騒がせている清水富美加に関しては、月給5万円だったこと、睡眠時間3時間で1カ月31日働いても、月給5万円、ボーナスは支給されなかったという環境で仕事を強要していた。



清水富美加にもレプロの圧力があったことが発覚している。
当初、報じられていた「月給5万円」の文言が、いきなり削除されているということでネット上で話題になった。

報じられていた「月給5万円」の文言が、いきなり削除されて

その後、レプロ側はこの件に関して真っ向から否定。レプロの顧問弁護士が都内で会見し、幸福の科学側の主張に真っ向から反論した。



弁護士は「(教団の記者会見の内容に)多くの事実と違う所がございます。本人の意向に反する形で、やりたくない仕事をやらせていたとありましたが、週に1度、月に1度くらいはマネジャーが、本人と面談を行い、密にコミュニケーションを取っていた。本人は積極的に仕事に取り組んでいた。仕事を押しつけたことはない。」と全面否定。


清水富美加のデビュー直後に「1カ月睡眠時間3時間で、無休でも月給が5万円だった」と伝えられたが、「仕事量に見合う適切な報酬をお支払いしてきた」と反論している。


反論するのなら、なぜ「月給5万円」の文言を変えるように指摘したのか?

それはレプロによる「圧力」があったといわざるを得ないだろう。



目次にもどる

マギーと横山健の今後





しょせん芸能人の私生活がどうだろうと、ファンでもない一般視聴者には興味がいつまでも続くわけもなく、いずれ風化されていく。それに、ビジネス的に見ればマギーとベッキーでは影響が全く違う。

ベッキーはCM出演本数40社、マギーはわずか4社。



広告まで含めればその差はさらに広がり、損害額はケタ違い。

大事なことは企業はベッキーの「イメージ」にお金を払っているということであり、それと真逆のことをされれば「詐欺だ」と言いたくなる気持ちも理解できる。逆に言えば特に芸もなく、ルックス的にもそれほどのこともなく、ただイメージを売り物にしていたベッキーは一連の行動はプロ意識がないといわれても仕方がない。



マギーの場合、そもそもベッキーのようなイメージがなく、そこにお金出してる企業もいない。CM契約もわずか数社。


もし降板しても損害ははるかに少ないし、正直なところスポンサーにとっては「どうでもいい」その差があるので、黙秘して相変わらず、番組に出演できるのだろう。

ただ、今夜の放送では恋愛に関してのエピソードを語る予定なので、マギーが横山健の件について触れるのではないか?と期待されているので注目したい。


目次にもどる

スポンサーサイト