2月13日、宗教団体「幸福の科学へ出家」した女優の清水富美加が「本名・清水富美加」から「千眼美子(本名・清水富美加)」と法名に変更して、騒動の真実を語った告白本を2月17日に発売された。



清水富美加は自身の新しいツイッター、千眼美子 (本名・清水富美加)@sengen777では「この本も、またすぐ差し止められちゃうかもしれないんですけど 私の持ってる真実、消されたくないので 改めて千眼美子として生きてゆく宣言。『全部、言っちゃうね。』明日、17日、発売」と宣伝。

どこの書店にもおかれていないようで、どこで見れるのか?と2chでは大きな話題になっている。



今回は告白本「全部、言っちゃうね。」をみたという2chでの情報をまとめてみた。



■目次

清水富美加の引退
清水富美加のいる教団側の出家の経緯を説明
清水富美加の「千眼美子」の告白本
清水富美加こと千眼美子の違約金
清水富美加「千眼美子」の告白本の内容

清水富美加の引退



清水富美加


2016年1月19日、「幸福の科学」の大川隆法総裁が清水富美加の守護霊にインタビューした動画を掲載。この掲載された動画を知った所属事務所「レプロ」が、初めて清水富美加が家族で信者であることをしり、事務所側は関わることを警告。


しかし、心のよりどころにしていた「幸福の科学」を否定されたことでにより、清水富美加が「仕事を辞めて幸福の科学のために働きたい」と引退の意向を告げる。事務所は引き留めたが、2月6日以降は仕事を放棄し、行方がわからなくなっていた。



2月11日、清水富美加は「清水富美加 (本名)@sengen777」というアカントへの誘導するツイートをした直後に、公式アカウントは突然と削除。清水富美加は新しいアカウントで「色々(いろいろ)ありましたし、色々あります」とツイートした。


2月12日、清水富美加は「幸福の科学へ出家する」ということを幸福の科学の広報が公表。


2月13日、清水富美加が宗教団体「幸福の科学」に出家することで所属事務所「レプロ」との「契約解除を望んでいる」こと。そして、「幸福の科学」は清水富美加について「芸能界引退ではありません」と明言。「体調の回復を待ち、宗教者としての修行を積んだ上で、映画やドラマなどに出演する可能性はあります」と、芸能活動を継続する意志があることを明かした。



・清水富美加改め千眼美子のツイート


千眼美子 (本名・清水富美加)@sengen777

力ある大人の怖い部分を見たら 夢ある若者はニコニコしながら 全てに頷くようになる。 そんな中ですり減って行く心を 守ってくれようとしたのは 事務所じゃなかった。


千眼美子 (本名・清水富美加)@sengen777

私以外に私の本当の事を語れる人なんていないことを、今のうちに言っておきます。自分の真実くらい、自分で語らせて下さい。



千眼美子 (本名・清水富美加)@sengen777

出家だけではなくて 誰か ギリギリだと言った部分に隠された事 誰か 気付いてくれてますように また 一つの事実がもう消されそう





目次にもどる

清水富美加のいる教団側の出家の経緯を説明



清水富美加の芸能界引退報道「幸福の科学」の広報が経緯を説明。

清水富美加1
清水富美加3

「幸福の科学」の説明によると、低賃金(月給5万円)、意に沿わない労働(水着仕事や人肉を食べる人種の役など)が続き、精神的不安定になっていた。マネージャーに「死にたい」とこぼすようになり、医師の診断からもドクターストップがかけられた状態だったという。


事務所側のレプロは「無理やり仕事をさせたりとか、やりたくない仕事をさせていたということはない」と完全否定。さらに、教団側の主張に対し「事実と違うことが多く含まれていると思う」と顧問弁護士が指摘した。

清水富美加2
清水富美加2


「幸福の科学」は事務所に対して、2月末での契約解除を一方的に通知。この件に対し事務所側は「5月20日まで契約がある。2月末で終わるということは法的にはないと思っている」と全面的に反論している。





目次にもどる

清水富美加の「千眼美子」の告白本



千眼美子1

「幸福の科学」によると「生命の危険があり、約半年の休養が必要」と診断されたため、ドクターストップを理由に全ての仕事を休む状況が続いているというが、「千眼美子」名義で告白本を発売。



告白本の説明では



死にたかった7年、死ななかった7年。

一連の騒動の真相は? 幸福の科学って?
せっかく人気女優になれたのに?
友だちや仕事でお世話になった人、そして心配してくれるたくさんの人たちへ。
すべての疑問に、自分の言葉で答えました。

出版社: 幸福の科学出版
定価は税込で1296円。


著者は千眼美子となっており、医師の立ち会いのもと、11日から行った清水富美加のインタビューを幸福の科学が編集したものだという。
17日の午後から都内の書店で販売するが内容について教団側は「教団からはお答えできません」と明かさなかった。



目次にもどる

清水富美加こと千眼美子の違約金




福の科学の清水富美加こと千眼美子は、レプロからCM契約違約金2本、映画出演違約金3本の合計5本の撮影の撮り直し費用として、10億円の損害賠償金が請求されると言われている。


だが、千眼美子の主張が正しければ、レプロから月5万円の給料しか受け取っていない。


報道を見る限り、月5万円の給料しか渡していなかったレプロが、月給5万円の千眼美子に対して違約金や損害賠償請求は有効なのか?



レプロと言う事務所に不信感を抱いている人は多い。
ベッキーの不倫では、あんなに集中攻撃をしたテレビ局も、レプロ所属のマギーの不倫疑惑を全く報じない。ネットや週刊誌にあれだけ不倫と騒がれているのに、レプロが局側に圧力を掛けているのは明白。


テレビ局に圧力掛けるれる事務所なら、タレント一人に圧力掛ける事位、何とも思っていないだろう。



過去にはレプロ所属の小野恵令奈が突然の芸能界引退。
能年玲奈に関しては、洗脳の誤情報をマスコミを使い流され、清水富美加と基本的には同じような辞め方をしている。清水富美加が元々信者だったから、出家となり大きな報道になっているが、レプロ事務所の不信感は捨てきれない。



目次にもどる

清水富美加「千眼美子」の告白本の内容



清水富美加こと千眼美子の告白本の内容だが、2chやツイッターでの情報なので信憑性の方は責任は持てないが、「比較的真実に近い」と思われるものを摘出してみた。


「千眼美子」の告白本のおおまかな内容は


1章、不信感→事務所への不信感

2章、冷遇→マネージャーからの冷遇やスタッフからの暴言

3章、怒り→怒りをバネに様々なオーディション受けた話

4章、絶望→望まない仕事ばかり増える(水着仕事の件)

5章、光→唯一見えた光が幸福の科学(幼少の頃から信仰で救われたエピソード)

6章、巣立ち→教団に支えてもらうだけじゃなく力になりたい(事務所を辞めることを決意)

7章、出家→出家に際しての心構え

8章、感謝→今まで応援してくれたみんなと幸福の科学への感謝

9章、輪廻→幸福の科学についての内容




今回の件でナインティンナイン岡村が自身のオールナイトニッポンのラジオで「千眼美子」の告白本について、「もし、心身ともにボロボロの状態だとするなら、冷静な判断はできない。 僕もそうやった。そういう時に藁をも掴む気持ちだったなら、 こういう選択も無くはない。本当にボロボロだと冷静な判断は無理。 僕は引退して沖縄へ行くつもりだった。 」と全面的に擁護。


だが、幸福の科学については「本当に神がいるとするなら、今の状態を神様は「よくやった。こうやって頑張れ」と言うのか。 神様がいるなら期間をおいてしっかり片付けてから出家させるのではと疑問が残る。」と疑問視している。

そして、「千眼美子」の告白本に「本はいつから書いていたのか。心身ともにボロボロやった人がそんな本を書けるのか。 俺がボロボロのときは何もできなかった。そこも分からないところ。」と実際に幸福の科学が編集するときに立ち会ったのか?と不信感を抱いている。



岡村隆史のコメントが正しいかどうかは別として、幸福の科学の証言には矛盾点が多いことも確か。


なので、この 「千眼美子」の告白本の内容が清水富美加の言葉なのか実際にわからないし、購入することで幸福の科学への収入になるということだけは事実となる。

今後、 「千眼美子」がどのような活動をするのか注目したい。


目次にもどる

スポンサーサイト