2017年2月20日(月)放送、テレビ朝日系列「しくじり先生 俺みたいになるな!!」
3時間スペシャル
19時00分~21時48分



元プロ野球選手でメジャーリーグでも活躍した新庄剛志が登場。

「お金に無頓着すぎちゃった先生」としてしくじり先生の教壇にたつ。メジャーから帰国後、日本ハムに入団する時「チームを日本一にする」と当時優勝なんて考えられないほど万年下位グループの日本ハムを、公約通りチームが日本一にして引退。



そのほかにも新庄剛志は、規格外の言動で常に注目を集めるスター選手だった。しかし、プライベートではお金に無頓着で、その結果、プロ野球を引退した時には通帳に残っていた金額は僅かだったと告白。


いったい、 新庄剛志になにがあったのか?


新庄剛志の金銭トラブルを先行して紹介する。


■目次

新庄剛志プロフィール
新庄剛志の伝説
新庄剛志の元嫁
新庄剛志の金銭感覚
新庄剛志の金銭トラブル

新庄剛志プロフィール



新庄剛志


新庄剛志(しんじょうつよし)
生年月日1972年1月28日
出身地 長崎県
身長181cm
体重76㎏



西日本短期大学附属高等学校の時にドラフト5位で阪神タイガースに入団。初打席でホームランを打ち、一躍人気者スター性を発揮し、関西で注目の選手になる。



プロ野球も私生活も天然オーラ全開の新庄剛志は、何時も笑顔でサービス精神満載のプロ選手で明るく、観客を魅了する魅力たっぷりの選手だった。しかし、天然ゆえに、阪神の入団会見の時に「プロ野球引退したら洋服屋さんになりたい」など、的外れなコメントをしてはスポーツ記者たちを困惑させていた。


さらに、1995年当時新庄が当時の藤田監督と反りが合わず「引退」を口にする問題発言も話題になり、当時の報道ではヤクルトとのトレード説が浮上した。



その後、阪神の監督が野村克也監督になると、新庄剛志をとても気に入り、選手として「嫌いなタイプ」にも拘らず、野村克也監督が目をかけるほどに新庄剛志の野球センスはずば抜けていた。


野村監督は細かい戦術を理解して実行する選手を好み、そういった選手を育成するのが得意な印象だが、一方で柔軟な発想も持っていたので、新庄剛志のスター性に惹かれたところもあったのだろう。飛びぬけた成績でないのにもかかわらず、レギュラーとして起用し、スター選手として成長させていく。




そして、メジャーリーグに移籍。
日本人初のワールドシリーズ出場や4番スタメンなど、強いインパクトを残し、メジャー1年目は捕殺や勝利打点で、十分な貢献をした。結局、怪我でメジャー在籍3年間は控え選手として終わっているが、他のメジャーからのオファーを断り、日本ハムに移籍し、日本ハムを日本一に導いていく。



目次にもどる

新庄剛志の伝説



新庄剛志1


天然発言が続く新庄剛志は、2chでも伝説となっている。

新庄剛志のスレを覗くと、以下の伝説となっている、発言や名言ばかり。

・1999年9月10日、巨人戦で敬遠球を打ちサヨナラゲーム。
ヒーローインタビューで「明日も勝つ!」と宣言した後、当時の阪神で連敗記録12連敗を更新。

ほかにも1999年6月12日、敬遠打ちサヨナラ「明日も勝つ」と宣言し、翌日に敗戦。
2004年9月20日サヨナラホームランでヒーローインタビュー「明日も勝つ」翌日、阪神は2連敗。2004年4月02日、札幌ドーム開幕戦ライオンズとの対決でヒーローインタビュー「明日も勝つ」で、翌日から三連敗。


・子供の頃、野球のポジションを聞かれて「センターフォワード」

・母校の西日本短期大学附属高等学校に野球部用のバスを寄贈→その年、甲子園で初戦敗退。

・サインを求められ。新幹線に乗り遅れる

・メジャー初出場は代走。センターフライでタッチアップで2塁へ進塁。

・フリー打撃でホームラン、少年の股間直撃、「ごめんな」と目くばせでサインを送る。

・髪を染めて「外人になりたい」発言の時の髪の毛の色は「緑色」

・常にオーラを出す練習をしている、ある日のオーラは162%らしい

・バッティングの極意は「白い球を、強く打つ」

・インタビューの途中に、握手を忘れていた選手の所へ行って握手をする

・メッツ時代の10本のホームランのうち、9本は他人のバットで打った

・キムタクが抱かれたい男No.1に選ばれた時、キムタクに「今度、俺も抱いて」とメール

・優勝パレードのとき、百万円相当のアクセサリーを10個くらいファンに向かって投げてた

・始球式の球を 打ち返す、女子小学生の球も遠慮無くセンター前へ

・オールスターに代走出場。何もしてないのに大声援、何もしてないのにガッツポーズ

・ゴールデングローブ賞の副賞のグローブを観客席に投げ込む



など、2chでも伝説の選手の一人として記憶に残っている。



目次にもどる

新庄剛志の元嫁



2000年12月27日、阪神でスター選手として活躍していた当時、日本航空やクラリオンのキャンペーンガールをしていた大河内志保と結婚。


新庄剛志9

当時の新庄剛志の年収は、野球選手として約3億。ほかにもCMとかテレビで推定6億とか7億を超え、選手としてピーク時に結婚している。



しかし、現役を引退した翌年の2007年12月28日に離婚。


新庄剛志は離婚理由として、日本テレビ「しゃべくり007」に出演した際、離婚について語っている。その時、新庄剛志はプライベートではお金に無頓着で、その結果、プロ野球を引退した時には「通帳に残っていた金額は僅か」だったと告白。年収で10億円近く稼いでいたのに、全く貯金がなかったという。



それ以外にも、新庄剛志は「亭主関白」だったようで、一緒に出かける際は、貴重品以外は嫁の大河内志保に運ばせ、自分は家庭を考えず、後輩と毎晩遅くまで飲み歩き。自室のトレーニングルームに大河内志保が勝手にドアを開けると、「なんでトレーニング中に入ってくるの?」と本気で怒っていたという。




大河内志保側は、雑誌の取材で離婚理由を聞かれた時、現役引退した新庄剛志に「(お前のことは)もういらない」というの言葉を言われて、「人生の第二ステージまで付き合ってくれなくていいよ」。という言葉を投げ替えられたことが決定的になり、他にも金銭トラブルや小さな出来事の積み重なりが、離婚するきっけけになってしまった。





目次にもどる

新庄剛志の金銭感覚



スター選手はどうしてもお金の使い方が派手なイメージがあるが、新庄剛志はまさにその典型。




現役時代には、スパイクに180万円のダイヤが埋め込んであり、二つで一千万円の特注を作成し、それをギネス申請して話題になった。キャンプへは5000万円のルイヴィトンのバッグを持って参加したり、フジテレビクイズ番組「ミリオネア」で賞金1000万獲得した時、札幌ドームに自分の影絵みたいなボードをミリオネアの賞金全額使用し作成したりと、金銭感覚が常人とは変わっていた。



2006年に現役引退後はタレントへ転身してからもそれは変わらず。
エアブラシアート(エアブラシを使用する絵画制作およびメイクアップ)と、2011年よりはモトクロス競技の練習をバリ島で優雅な生活を送っている。


新庄剛志7
新庄剛志3
新庄剛志4

2008年1月28日、株式会社レハサフを設立して取締役に就任。
業務内容はアスリート・アーティスト等のマネジメントや、コスメティック・アパレルグッズの企画・販売などを行い、絵画制作モデルとして購入する馬が地方競馬の競走馬となる予定であることから、地方競馬全国協会 (NAR) の馬主資格を取得している。


バリの新庄剛志の自宅。

新庄剛志2
新庄剛志6

バリ島中心部から車で30分ほど離れた、牛や鶏が放し飼いされているのどかな村の場所に白亜の豪邸が新庄剛志の自宅になる。元々は趣味でやっていたモトクロスは、約1000万円を投じてコースを作成。



最初はバリの高級ホテルを転々としていたようだが、バリ島に移り住んだ理由は、「エアブラシアートの師匠がバリにいたから」という単純な理由。この豪邸を建てたのは、この場所を一目見た時に気に入り「いくらでもいいから」と購入、まさしく新庄剛志らしい行動で移住している。



新庄剛志5


目次にもどる

新庄剛志の金銭トラブル




新庄剛志は現在、優雅な第二の人生を歩んでいるが、その周囲の人間に大きな金銭トラブルに巻き込まれていた。新庄剛志には、大阪で建設会社を経営する伯父がいるのだが、この伯父に新庄剛志は個人事務所「新庄ゴーエンタープライズ」のマネジメントや資産管理を任せていた。




その叔父が、新庄剛志の稼いだお金を私的に使い込み横領が発覚。総額にして3億9千万円も使い込まれてしまったという。この横領事件で新庄剛志は当然返還を求めたが、叔父が返金に応じないことで、叔父が経営する会社を訴訟。 裁判にまで発展する金銭トラブルとなってしまった。


結局、民事裁判なので、新庄剛志にも任せっきりにしていた落ち度があったこともあり、横領されたほとんどが返金されていない。当時、離婚で慰謝料に3億円を支払うことになっていたこともあり、すべての貯金を使い果たすことになる。




親族間の金銭トラブルは「返す」「返さない」は民事だが、横領して返すつもりでも、能力もないのに使い込んだのなら、詐欺罪になるし、横領はりっぱな刑事事件。



しかし、刑事事件の大半は民事に該当されてしまい、事件性、構成用件(窃盗・殺人・詐欺・横領など)刑法に予め規定された行為、違法性の租却(正当行為など )責任能力これら揃って犯罪になるので、「泥棒のようで泥棒でないもの」は刑事事件として扱われない。




なので、横領でも親族間では本当に刑事事件することが難しい。



新庄剛志はこの金銭トラブルで第2の人生をゼロからスタートすることになってしまうが、持ち前の天性のスター性をもって、現在では事業も成功を収めている。

今夜のしくじり先生では、新庄剛志という「スーパースター」の生き方を解説するとともに、お金で後悔しないための金銭トラブルに巻き込まれない授業を行う。





目次にもどる

スポンサーサイト