2月12日、宗教団体「幸福の科学」に突然の出家を表明し、千眼美子に改名した清水富美加にゲス不倫の相手が判明した。



今回の清水富美加の出家報道により、宗教に対する価値観が変わり、幸福の科学への不信感が高まる一方、むしろ幸福の科学はこれを利用して「入信すれば清水富美加に会える」といった、売り物にしようとしているのが見え隠れしている。


2chでも9000万円貢いだ元信者もいるらしく、お布施は強制されるものではなく、感謝の意を込めて供養するもの。会合度にお布施?が必要なのだろう。


今回の告白本の中では千眼美子となった告白本の中に明記されていた元交際相手の「ゲス不倫」ロックバンドの飯田祐馬について説明する。



■目次

記事内容
KANA―BOON(カナブーン)飯田祐馬プロフィール
清水富美加と飯田祐馬のゲス不倫
飯田祐馬の清水富美加への謝罪?

記事内容






宗教法人「幸福の科学」に出家した女優清水富美加(22)の交際相手だった既婚者のバンドマンが過去に不倫関係にあったことを認め、所属事務所に報告したことが20日、分かった。


 スポニチ本紙が19日付で報じた元交際相手のバンドマンは、人気ロックバンド「KANA―BOON(カナブーン)」のベーシスト、飯田(めしだ)祐馬(26)。清水は千眼美子名義で17日に出版した著書「全部、言っちゃうね。」で、出家にあたり「悩みの種だった好きな人も忘れました」とつづっていた。



 この日、飯田の所属事務所は「本人は清水さんに対して本当に申し訳ないことをしたと深く反省している。どんな処分でも受けると言ってます。今回の件については奥さんとも十分に話し合い、2人の間でも解決したとは聞いています」と説明した。飯田は破局したとはいえ、清水が仕事や今までの友人関係を断ち切り、突然出家という行動に出たことの一つの要因になったかもしれないことに責任を感じ、事務所側に全てを明かした。

 一方の教団側は「本に書いてあることが全てです」と不倫関係については否定も肯定もしなかった。

 飯田の所属事務所は「今後の活動などに関しては協議中」とし、近く対応を発表する見通し。別の音楽関係者は「本で清水さんが“好きだった人も忘れました”と書いているように、2人の中で気持ちの整理はついている。処分が出るにしても活動に大きな影響はないのでは」と話している。

 


引用




目次にもどる

KANA―BOON(カナブーン)飯田祐馬プロフィール



飯田祐馬2


高校の同級生だった大阪出身の4人でされたロックバンドKANA―BOON。
飯田祐馬


谷口鮪(ボーカル)、古賀隼斗(ギター)、小泉貴裕(ドラムス)飯田祐馬(ベース)

2012年、「キューン20イヤーズオーディション」にて4,000組の応募者の中から優勝を獲得。2013年4月に上京し、本格的にロックバンド活動を開始する。
2013年9月にシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。



清水富美加の告白本の中で、飯田祐馬の名前は出していないが「具体的には、悩みの種だった好きな人も忘れました」と明記。この元交際相手は「大型音楽フェスでヘッドライナーを務め、若者を中心に支持を広げている人気ロックバンドのメンバーA」とマスコミの取材で分かった。カナブーン飯田祐馬は、清水富美加の映画の主題歌も手掛けるなどで共演した、音楽番組で知り合って交際に発展。既婚者だという事を黙っていたようで、清水富美加は交際を続けていたことに思い悩んでいたという。




目次にもどる

清水富美加と飯田祐馬のゲス不倫








飯田祐馬と清水富美加が知り合ったのが2014年に清水富美加が出演している音楽番組「スペシャルエリア」。清水富美加は昔から音楽バンドに憧れていたため、共演したKANA―BOONの飯田祐馬にベースついて語り親密になっていった。


no title


そうして交際に発展し、飯田祐馬の影響で清水富美加はギターを購入。その後、飯田祐馬が既婚者であることが発覚して、しばらく不倫交際を続けていたが、ベッキーと同じような境遇になる前に清水富美加の方から別れを告げた。


飯田祐馬1


ベッキーに限らず、清水富美加も同じで「知らずに不倫になっていた」


だが、不倫問題で大きく叩かれた矢口真里やその他芸能人も同様であって、ゴシップネタは大なり小なり注意することは芸能人である立場では当たり前のこと。


今回の騒動で「ゲス不倫」川谷ほど炎上しないだろうが、事実はどうであれ、飯田祐馬が既婚者で交際していたのを認めたので、不倫は事実だろう。


一般人なら謝罪はいらないが、飯田祐馬の場合、「曲を提供し、その作品に評価を金にしてる職業」になるので、聞きたくない声を耳に突っ込まれる人に嫌悪感をもたれたくないなら、評判を落としたくないなら、謝罪によるケジメが必要。


飯田祐馬は自分のために謝罪が必要なだけ。

ゲス川谷のように見苦しく逃げ回り、ベッキーを活動休止に追い込み、結果としてバンドも活動休止。それが川谷の責任の取り方だったのだろうが、飯田祐馬の場合は謝罪を選び、自分たちのバンドを守った。



目次にもどる

飯田祐馬の清水富美加への謝罪?




ただ不倫してただけなら飯田祐馬の方が悪いのが当然で、特に芸能人はマスコミに追っかけられる立場にあったこと。離婚を考えても決めてない嫁の心情や立場に対して何も配慮がない行為。


結婚している限り家と家との結びつきなので、嫁の親に対しても配慮がなく、飯田祐馬は自分のことしか考えてない行為。こういう嫁として立場のない姿を全国に晒した清水富美加は個人的には晒してどういうつもりなのか?大いに疑問だが、現在の清水富美加がどういう状況かだれも分からないので、告白本の内容がすべてになる。

千眼美子1



ゲス川谷は奥さんいるのにベッキーと不倫して発覚後、奥さんやベッキーとも別れたあと新恋人のほのかりんと付き合って未成年でお酒を飲んでも止めることもしなかったことで活動休止。

ベッキーやほのかりんも悪いが、元奥さんを含めた傷つけた三人に謝罪や守ろうともせずメンバーや音楽関係者に謝罪もせず会見もしようともせず、ファンのみの謝罪のみのFAXだけで空回りしながらツッイターでの反論。

ゲス川谷を不誠実かもしれないが、妻側のリークに反論しないのも「男として」誠実の表れかもしれない。


今回の飯田祐馬の謝罪は誰へ対してなのか?


今後の騒動の行方に注目したい。



目次にもどる

スポンサーサイト