3月2日、オスカー主催の「全日本国民的美少女コンテスト」グランプリの女優・工藤綾乃が
自宅マンションに合鍵を使って侵入したとして、マンションの管理会社の檜山中50歳を逮捕したと速報で報じられた。




事件が発覚したのは、工藤綾乃の自宅の部屋に不審なカメラが設置られていたことを発見し、警察に通報。防犯カメラなどからマンションの管理会社の檜山中50歳が浮上したという。

工藤綾乃 (1)
工藤綾乃 (2)


いったい、工藤綾乃になにがあったのか?


事件の概要と、工藤綾乃の人物像を紹介する。


■目次

工藤綾乃プロフィール
全日本国民的美少女コンテストとは
工藤綾乃の自宅マンションに潜入した檜山中
逮捕された檜山中

工藤綾乃プロフィール


工藤綾乃


工藤綾乃(くどう あやの)


生年月日 1996年5月28日20歳
出身地 宮崎県
血液型 O型
「オスカープロモーション」


2009年夏、第12回全日本国民的美少女コンテストにて、グランプリおよびモデル部門賞を受賞し、現在のオスカーにスカウトされ芸能活動を開始。映画「劇場版 怪談レストラン」で主演の天野ハル 役を演じるなど多くの作品に出演している。



目次にもどる

全日本国民的美少女コンテストとは



工藤綾乃2


1987年から開催している「全日本国民的美少女コンテスト」は、オスカープロモーションが主宰の女性タレント発掘のためのオーディション。



工藤綾乃はこの「全日本国民的美少女コンテスト」で約10万人の中の頂点にたった。


同じ国民的美少女コンテストの最終選考に残った、現在オスカーのアイドルユニット「X21」籠谷さくら、長尾真実が語っていたが、最終的に選ばれるポイントは審査員がその子の親を見るという。



コンテストに残る子はどの子も甲乙つけがたく、最終的には親の見た目を見て将来のその子の成長を想像して審査する。

なので、工藤綾乃の母親がとてもきれいな女性だったので、グランプリに選ばれたといえる。





目次にもどる

工藤綾乃の自宅マンションに潜入した檜山中





檜山中は逮捕され、住居侵入したのは「業務用のため」と供述しているが、どんな言い訳をしてもこの場合は「住居不法侵入」による逮捕になる。


仮に窓ガラス等を割っていたりした場合には「器物損壊」も入るか、器物を損壊する為の侵入行為とされ「器物損壊」のみになる。



目的が盗撮目的であれ、暴行や強○目的であれ、「侵入」した時点で逮捕できるので、目的行為には至っていない。


よって「窃盗」や「暴行、強○」にはならない。


ただ、犯人の檜山中が、これからの取り調べの自供等で「盗撮目的で工藤綾乃に侵入した」となった場合、警察の調査でそれが立証出来るようなら「盗撮目的の住居不法侵入」になる。


ただ、物色に着手している訳ではないのでやはり「住居不法侵入」のみでおわるだろう。


たとえ、盗撮は達成されていなくても「未遂」は盗撮の場合、罰せられない。


何かを盗んで出た場合や、暴行を行った場合には未遂ではなくその犯罪の実行行為となる。




起訴されれば裁判を受ける事になり、有罪になる可能性が高いが、軽微な犯罪なので起訴されるかもわからず、起訴されて刑事裁判になっても初犯なら「執行猶予」付き判決になる可能性はきわめて高い(後は檜山中の前科前歴などによってかわる)。



通常なら自分が嫌な目にあった場所や、周りを騒がせた場所には住んでいたくないので、工藤綾乃は引っ越ししておわり。


ただ、それで安心することなく、身心の負担にならないくらいの用心はしておいた方がいい。用心は他の犯罪者や犯罪に巻き込まれる予防になる。


目次にもどる

逮捕された檜山中




住居侵入罪とは、正当な理由がないのに人の住居など(人の住居若しくは人が看守する邸宅、建造物、廃墟や若しくは艦船)に侵入した場合に成立する刑事事件。(法定刑は3年以下の懲役または10万円以下の罰金)



つまり、慰謝料請求(民事)と刑事罰は別物であり、工藤綾乃と「和解したから被害届を出さない」とゆう事ではない。



刑事裁判が始まると、被告人(逮捕された犯人は裁判になると被告人と呼ばれる)には必ず弁護人がつき、被告人に金銭的余裕がなければ国選弁護人が選任される。


弁護人は、被告人が犯罪行為自体を争っていない場合(自白している場合)には被害者との間の示談成立に力を入れることになる。また、被疑者(逮捕された犯人は、起訴されるまでは被疑者と呼ぶ)檜山中の弁護人が選任されることが、この場合でも犯罪行為自体を被疑者が争っていないのならば、同じく被害者との間の示談を成立させるように奮闘する。


檜山中が被疑者段階では、弁護人が就いていない場合でも、親兄弟などが代わりに被害者に謝罪するなどして同じく示談が成立する場合もある。


いずれにしても、檜山中は「住居不法が刑事事件」として扱われるのを知っているので、業務目的を供述していると思われる。




目次にもどる

スポンサーサイト