ノンフィクション

2017年3月12日(日)放送、フジテレビ系列「ザ・ノンフィクション」今夜も眠れない
14時00分~14時55分




今回の「ザ・ノンフィクション」の主人公は、足立区で20年以上、1人夜の世界で生きてきた仁美千秋さん、47歳。



日本は、いまだ男社会。

まだまだ、男尊女卑の少ない世界の中でも、グローバル社会の中でも改善されず、表向きだけの男女平等を語っているが、世界で67番目くらいに女性の地位は低く、先進国とは名ばかり。


日本で育ったのなら女性の自立は、日本では厳しいこともあり、結婚を目的しない生き方は限られた人に選ばれていく。経済的に自立した女性は、別に結婚しなくても一人で生活ができるほどの収入を稼ぐには、何かを犠牲にしなければならない。




今回は、そんな女性が輝ける夜の世界で一人戦ってきた仁美千秋さんが放送されるに先駆け、先行して仁美千秋さんが生きてきた夜の世界を紹介する。


■目次

番組内容
仁美千秋の生きる夜の世界
仁美千秋さんのスナック経営
仁美千秋さんのスナックのある足立区とは
仁美千秋さんのいる夜の世界は厳しい世界

番組内容





今回の主人公は、足立区で20年以上、1人夜の世界で生きてきた仁美千秋さん、47歳。

自分の店をオープンさせ10年を迎えた節目の今年、店の経営は順風満帆。 そんな千秋さんには、今ある想いが。


去年付き合い始めた彼氏の「子供が欲しい」。
edde


47歳では難しいことも分かっている。
しかし友人の子供などを目にするとその想いは強まっていく。 そんな矢先、店のナンバーワンとボーイが同時に辞めてしまう。孤軍奮闘する千秋さん、しかし、仕事をすればするほど彼氏との間には距離ができてしまう。 揺れ動く千秋さんの葛藤を描く。


公式サイト


目次にもどる

仁美千秋の生きる夜の世界





日本景気が良かった時期の夜の世界に飛び込んだ仁美千秋さんは、生活苦や何らかの家庭の事情がある人だったが、最近ではキャバ嬢で有名になったり、キラキラした印象があるからそこに憧れる子はいる。




稼げるかどうかは別として高収入を謳っているので、そこに飛びつく人もいる。


借金してるのか、学費稼ぐのか、留学費用なのか、遊ぶお金欲しさ、貯金したいのかは人それぞれであり、また女性も一人で暮らしていると寂しさから、この世界に飛び込む人もいる。


しかし、女性では2,30代が現役として限界。


自分の引き際を察し引退か、それ以降は、自分でお店を持ち経営者側にまわるしかない。




仁美千秋さんは、現役時代のノウハウを生かし、足立区にスナックを経営。
この不景気に、個人営業でのスナックで10年持ったという事は、成功者といえる。




目次にもどる

仁美千秋さんのスナック経営







スナックを経営できる場所、用途地域は限られている。


近隣住民とトラブルを起こすスナックは、0時以降営業できない住居地域(第一種低層住居専用地域、第一種住居地域等)で0時以降も営業。


スナックのある場所が商業地域の場合、深夜酒類提供飲食店営業の届出をすれば朝まで営業できるが、住居地域の場合、届出はできない。



カラオケはもちろん、0時になったら営業を終了させなければならず、住居地域だった場合、0時になったら「騒音」ではなく「時間外営業」で110番されてしまう。


多分、警察官は注意するだけですぐ帰ってしまうだろうが、通報が続くと「警察が来る店」を客は嫌い、客足は遠のく。



なので、仁美千秋さんのスナックの場所は、ちゃんとした商業地域で営業。店員が一緒に歌う接待行為による風営法(2号営業)の許可を申請したちゃんとしたスナックといえる。







それで、このご時世に10年のスナックを経営出来ているという事は、仁美千秋さんは経営者としては優れていたという事だろう。




目次にもどる

仁美千秋さんのスナックのある足立区とは





足立区は下町の印象があるかもしれないが、最近ではフィリピンや中国、韓国籍の外人が多く住んでいる。



お店は主にスーパー(ライフ、ベルクス、マルエツ、イトーヨーカドーなど)や百円ショップ(ダイソーや個人経営の小さなショップ)、古本屋、コンビニ(いっぱい)、ファミリーレストラン、自転車屋などありきたりなものすべてがそろっている。



あとは、昔からあるパブやスナック、ラーメン屋、そば屋などが点々とあり、逆に新しいお店(例えばカフェなど)は少ない。


東京23区内で人口が一番多く、その中で賃料が安いことが、外国人に選ばれる要因になっている。



目次にもどる

仁美千秋さんのいる夜の世界は厳しい世界






ホステス、キャバ嬢は究極の接客業であり、そうとうキツい営業レディー。




精神的にもキツい上に、お酒の世界ですから体もキツい。

ヘルプの間はお客を接待するだけでなく、お店や先輩の売上にも常に目配りして、状況判断をして時には売上のためにも自ら飲む。一歩裏に入れば、スタッフルームの隅で、黒服に介抱されながらバケツを抱えて吐いているホステスが毎日のように存在する。



そうして、回りから信頼され、自分のお客を獲得して高収入を獲られるようになっていく。


向き不向きがハッキリと出て、10人全くの新人が入ってきたら9人は半年以内に「私には出来ない」と辞めていく。


ものすごく女の子の回転は速い世界なので、人気店では毎日体験の子がくるそうだ。




ただ「めちゃくちゃ向いてる」子には天職。


2chで評価されている「向いている性格」というのは、度胸が据わっていて、あまえ上手、連絡マメで、図々しく、平気で嘘がつけてそれに良心が痛まない子。


これはもう、「全くタイプでもないパパに高額品でもおねだりしちゃう」ような、愛人タイプ。


お客は「本気」でなんとか付き合いたいと必死な人が多い。でも、付き合う気はない、下手したら彼氏もいるわけなので、嘘をつきながら大金使わせないといけない。



そこで良心が痛んでたら、毎日のことだから性格があわないと絶対に続かない。



もちろんそう怒鳴られることもたくさんあり、でもケロっとしてられる精神力がないと無理。普通の子がやっても、ストレスはすごいし、手間もすごいので向いている人はかなりマイノリティな感じな人ということになる。



放送では仁美千秋さんの夜の世界で見つけた幸せの結婚。
さらにお店の危機に直面し「店か結婚か」揺れる仁美千秋さん女心を描く。


目次にもどる

スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

宮崎あおい岡田准一が結婚発表か!日本アカデミー賞2017で伊勢神宮デートについて告白か【画像】

道重さゆみの現在、山口県の保育園で目撃される【画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

キムタク木村拓哉のタトゥー写真「ぴったんこカンカン」でドラマにクレーム殺到か【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

千眼美子「sengen777のブログ」をアメーバで公式ブログ開設【画像】

小川彩佳アナが報道ステーション3月降板?櫻井翔と結婚へ【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

大濠ハンナの障害のような喋り方にりゅうちぇるがさんま御殿でブチギレ説教www【動画】

中山咲月「ジェンダーレスモデル」のすっぴんと私生活を深イイ話で公開【画像】

永島聖羅の卒業理由のスキャンダルとイジリー岡田直伝の「高速ベロ」有吉反省会で披露

冨田真由の現在の眼帯画像、失明から回復しコメント発表

宮澤エマが福田悠太とフライデーの熱愛写真についてワイドナショーで言及か【画像】

愛子さま激やせは障害を週刊文春が公表【画像】

桐谷美玲の痩せすぎ原因の病気、肌荒れと体重がヤバいことに【画像】

松たか子が顔変わった理由はタバコが原因で劣化か?太った現在画像がヤバい【画像】

桑田真澄の息子Mattが整形疑惑と母親のエピソードをさんま御殿で公開【画像】

相原勇が曙に二股をかけられ破局した理由

元乃木坂46市來玲奈が卒業理由のスキャンダルから社交ダンスで復帰!【動画】