2017年4月16日(日)放送、テレビ朝日系列「しくじり先生」俺みたいになるな!! 2時間スペシャル
20時58分~23時10分



「ポスト明石家さんま」と呼ばれ、人気絶頂から一気に干されてしまった森脇健児がしくじり先生には出演。「面白くないのに自分を面白いと勘違いしちゃった先生」として教壇に立つ。




かつて、レギュラー12本、トレンディードラマにまで出演し、超売れっ子だった森脇健児は、自分の実力を過信し「俺はめっちゃ面白い」と勘違いして天狗になってしまった過去を赤裸々に告白。


ある原因で芸能界の先輩に怒られ、さらに番組スタッフからも嫌われてしまった「干された理由」をしくじり先生で授業を行う。


なぜ森脇健児は干されてしまったのか?


森脇健児の干された理由、原因を先行して紹介する。

森脇健児2

■目次

森脇健児プロフィール
松竹と吉本の関係
吉本と松竹の関係修復
森脇健児が干された理由の3人の大物芸能人
森脇健児の再ブレイク

森脇健児プロフィール

森脇健児


森脇健児(もりわき けんじ)



生年月日 1967年2月5日50歳
出身地 大阪府枚方市
血液型 AB型
身長 171cm
所属事務所「松竹芸能」


父は紳士服メーカーの社長で、裕福な家庭環境ながら厳しいしつけをうける。

幼少の頃から芸人に憧れていて、高校時代から地元枚方のライブハウス「ブロウ・ダウン」で自主企画イベントを数多く開催。素人ながらトークライブは大盛況。


そんな高校2年の時に両親に内緒で「第1回松竹芸能タレントオーディション」に応募し見事合格。1984年3月17日、高校生の時から松竹芸能の所属となり、ダウンタウンと同じ時代に「新しいお笑いブーム」の一人として注目を集める。


関西ローカルの番組に多く出演し、吉本ではダウンタウン、松竹では森脇健児といった形で近畿圏で人気となっていった。



その後、ダウンタウンが東京進出し、遅れること1990年に入ってから東京に進出。「スマスマ」の前身番組となったバラエティ番組「夢がMORI MORI」では売れる前のSMAPと共演し司会を務めた。ドラマでは中山美穂主演のトレンディードラマに出演し、俳優デビュー。


しかし、当時のお笑い芸人の登竜門「笑っていいとも!」降板がきっかけで、レギュラー番組のすべてが終了すると全国区でメインとなるレギュラー番組が獲得できず、1999年に活動拠点を近畿圏へ移す。




目次にもどる

松竹と吉本の関係





森脇健児の場合、ダウンタウンやウッチャンナンチャンと同じ第3お笑い世代。


当時の両事務所は、芸人同士はそれほど仲は悪くないのだが、事務所同士は昔から犬猿の仲だった。



松竹株式会社は、明治28年(1895)大谷竹次郎によって設立。吉本興業株式会社は、明治45年(1912)吉本吉兵衛・せい夫妻によって設立。松竹のほうが老舗となる。



有名な話では「太平サブロー」。
元々「サブロー・シロー」は、レツゴー三匹(松竹芸能所属)の弟子だったので、振り出しは松竹だった。しかし、弟子だった太平サブロー・シローが、ライバル吉本興業制作の「ヤングおー!おー!」への出演を熱望したため、松竹芸能幹部の眼前で2人を叱責する芝居を打ち、周囲が破門を容認せざるを得なくなる形で移籍している。



ほかにも「横山やすし」も、デビュー時は松竹所属。(芸名は違う)
1959年、中学校卒業後、松竹新演芸(現在の松竹芸能)に入社。漫才作家秋田實の門下に入り、芸能界のしきたりや漫才台本の書き方を厳しく教わりながら、堺伸スケの名で同級生の堺正スケこと岡田好弘とのコンビで「堺伸スケ・正スケ」を結成しデビュー。




その後、横山ノックに弟子入り。当時、横山ノックは吉本所属だったので、おそらくこの時に吉本興業へ移籍したと思われる。そして芸名を「横山やすし」と改名し、西川きよしと出会いコンビを組んでいる。



このような芸人の「引き抜き」があったために、表面上では関係が良好を装っているが、事務所の対立は当時は激しかった。




目次にもどる

吉本と松竹の関係修復





松竹としては「ダウンタウンに負けまい」と、同じく人気だった森脇健児を東京へ進出させたが、結果はご存知の通り惨敗。


現在では養成所での数も若手芸人の数、東京での仕事の割合も圧倒的に吉本が多く、下手に刃向うのも無駄(無理)だと、松竹側も諦めて関係は修復されている。



関西では一応ライバル関係であることは代わりわなく、企業で例えるなら吉本がトヨタで松竹はマツダかスズキといったように、むしろ共存する事を選んだと考えられる。



関係が修復したきっかけは、明石屋さんまと笑福亭鶴瓶の親交のお陰で、両事務所トップタレントのあの二人が居たからこそ、今の両社の関係が昔ほど悪化していないのだろう。






目次にもどる

森脇健児が干された理由の3人の大物芸能人





当時はSMAPの兄貴分的存在だった森脇健児。

売れる前のSMAPとはいえ、ジャニーズ事務所との関係も強い。さらに、バラエティー番組レギュラー12本のほかにトレンディードラマにまで出演した森脇健児は、完全に天狗になってしまっていた。



そんな天狗の森脇は、3人の大物芸能人を怒らせている。



一人は三宅裕司。
三宅裕司

三宅裕司がMCを務める番組に出演した森脇は、段取りが悪いスタッフに苛立ち。三宅裕司は特に気にした様子ではなかったことが、さらにイライラしたようで三宅裕司へ暴言。有吉のような毒舌キャラでなかった森脇の「毒舌」は印象が悪く、その番組スタッフへも横柄な態度も酷く、スタッフや出演者共に嫌われ2度と番組に呼ばれなくなってしまった。




2人目はタモリ。
森脇健児1

「笑っていいとも」では、森脇健児は先輩風を吹かせ「いいとも青年隊」の工藤兄弟を可愛がっていた。


当時、番組打ち上げの際には、率先して網の上に隙間無く肉を並べ「どんどん食え~」と大声を体育会のノリで大騒ぎ。それを見たタモリが突如、激怒し「おとなしく食事をしろ!」とあの温厚なタモリの一喝に、その場にいたスタッフ全員が凍り付いたという。




最後に笑福亭鶴瓶。
森脇健児3

松竹芸能でトップである笑福亭鶴瓶は、親しまれるキャラでイジられる元祖の芸人。
自身の番組にゲストで出てもらった笑福亭鶴瓶に対し、売れっ子の森脇健児は収録以外でも上から目線で見下した口調だった。それに、笑福亭鶴瓶に「そんな態度では芸能界で生き残れない」と注意を受けていた。それでも超人気だった森脇には寝耳に水。




一切、その注意を受けることがなく、笑福亭鶴瓶の指摘通り、芸能界から干されていく。






干される理由としては、一気に売れた芸能人は自分の実力と勘違いし、天狗になりがちになる。




一時期大ブレイクしたエド・はるみも以前、ブログに干された原因を書いていた。


エド・はるみが干された理由は、当時付いていた新人マネージャーが失敗が多かった。こまめに「連絡は取れない」「取れてもTV局からの連絡事項は伝えない」というあり得ない失敗の連続。エドが忙しかったからという理由で「入ったオファーの仕事も勝手に簡単に断る」こともあり、相当酷かったそうだ。




これで信用を無くし、仕事が無くなっていったとブログに干された理由を自分で分析。


吉本興業は、一人のマネージャーが何人ものタレントを抱え、新人の芸人200人に対し、一人のマネージャーが付く。売れてもタレント掛け持ちマネージャーが多いため、友近もマネージャーへの不満を漏らしていた。



エド・はるみも天狗にはなっていたし、エド・はるみ側だけが言っている事なので全部を鵜呑みには出来ない。
しかし、スタッフ・マネージャーとの関係が悪くなると簡単に干されるという酷い現状は、ありえない話ではない。(現在、ブログ記事はすでに削除されている)




目次にもどる

森脇健児の再ブレイク



森脇健児5



ダウンタウンと同じ第三お笑い世代の森脇健児。


当時の森脇健児はプライドが高いのか、「ダウンタウンとは共演しない」と言い放ったそうで、テレビ関係者から見れば、森脇健児は扱いにくいタレントと見られていた。


同じように10年間も干されていたヒロミも、ダウンタウンやウッチャンナンチャンらと同じ、80年代後半から台頭した「お笑い第3世代」の1人。



ヒロミのブレイクを週刊誌が分析しているが、この世代は生放送の経験が豊富な為、1時間の番組を「1時間で作る」お笑い濃度を肌感覚で知っていることが評価されている。



再ブレイクしたタレント言えば有吉、坂上忍、田原俊彦と過去に苦労した人が多く「あの人も苦労したんだな」などと世間の見方も変わることが、プラスに転じているようだ。



最近の森脇健児はTBS「オールスター感謝祭」の赤坂5丁目ミニマラソンの常連。

2003年秋に初出場し、初出場で初優勝して以降、他の出場者が毎年のように入れ替わったり、体力低下などで出場をやめてしまうことが多い中、その後も毎回出演。2017年春には50歳にして優勝を勝ち取っている。



芸能界で長く残っていくには、トーク力が必要になってくるので、吉本のように所属芸人が多いと、競争が激しく競争心が生まれ、向上心に代わっていく。養成所もあり、漫才やコント見せる部隊が多いのでそれなりに場慣れした芸人が育つ環境が必要という事だろう。



松竹に限らず、事務所は芸人本人の才能に頼る事が多いので、森脇健児の地力次第で再ブレイクを期待するしかない。



今夜の放送では、森脇健児が干される理由となった3人の大物芸能人に謝罪。
同じように干されないための教訓、再ブレイクのきっかけとなるか注目されている。


目次にもどる

スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

道重さゆみの現在、山口県の保育園で目撃される【画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

キムタク木村拓哉のタトゥー写真「ぴったんこカンカン」でドラマにクレーム殺到か【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

千眼美子「sengen777のブログ」をアメーバで公式ブログ開設【画像】

小川彩佳アナが報道ステーション3月降板?櫻井翔と結婚へ【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

中山咲月「ジェンダーレスモデル」のすっぴんと私生活を深イイ話で公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

冨田真由の現在の眼帯画像、失明から回復しコメント発表

北朝鮮戦争が秒読み2017年4月27日の予言「北朝鮮攻撃」がいつ始まるのか判明

愛子さま激やせは障害を週刊文春が公表【画像】

桐谷美玲の痩せすぎ原因の病気、肌荒れと体重がヤバいことに【画像】

松たか子が顔変わった理由はタバコが原因で劣化か?太った現在画像がヤバい【画像】

桑田真澄の息子Mattが整形疑惑と母親のエピソードをさんま御殿で公開【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

元乃木坂46市來玲奈が卒業理由のスキャンダルから社交ダンスで復帰!【動画】

吉野紗香が干された理由、ジャニーズブログ炎上で消えた事件の真相をじっくり聞いタロウで告白【画像】

細川ふみえ美容整形した今の画像、セクシーデビューいつ販売の噂の真相を告白か【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】