2017年4月17日(月)放送、フジテレビ系列「貴族探偵」
21時00分~22時24分



推理はしないが、謎は解く探偵で貴族という風変わりな役を演じる嵐・相葉雅紀主演の月9ドラマ「貴族探偵」が今夜放送。


「探偵なのに自分で推理をしない」という不可思議な物語設定と、浮世離れしたゴージャスな衣装で登場する貴族探偵。貴族探偵は探偵をする事を趣味としているので、貴族という高貴な身分ゆえ、推理などという雑事を使用人に任せる。



使用人の3人が事件を解決し、貴族の相葉は傷ついた女性のケアをする。
原作は麻耶雄嵩の推理小説シリーズが己のことを「貴族」と名乗る一風変わった設定は、推理小説自体のクセのある展開となっており、多くのマニアックな読者から支持を集めている。


そんな、フジテレビの恋愛ドラマ枠「月9」との組み合わせは、冒険ともいえる挑戦となっている。しかし、注目を集めている「貴族探偵」に早くもパクリ疑惑が浮上している。


今回は、「貴族探偵」のパクリ疑惑を検証してみた。


貴族探偵1

■目次

「貴族探偵」あらすじ
フジテレビの視聴率低迷
貴族探偵のパクリ疑惑
貴族探偵はパクリではない?
貴族探偵キャスト

「貴族探偵」あらすじ





とある探偵事務所。
高徳愛香(武井咲)が動き回っている。そんな愛香を尻目に、ワイングラスを傾けているのは喜多見切子(井川遥)。



新米探偵である愛香は、クライアントで日本有数の財閥令嬢・玉村依子(木南晴夏)からパーティーに招かれており、準備に慌ただしい。



愛香がやってきたのは、ガスコン荘。荘内を令嬢に案内されている中、愛香が異変を見つける。血の足跡が…。手袋をはめ、地下室へ足が向く愛香。


愛香が地下室の扉を明けると、そこには異様な光景が広がっていた。

パトカーがガスコン荘へ到着。現場指揮をとる刑事・鼻形雷雨(生瀬勝久)。部下の常見慎吾(岡山天音)とともに、鑑識の冬樹和泉(田中道子)から状況報告を受けると、事件関係者の聴取へ。執事の出で立ちをした男(松重豊)ー名を山本と言うーが「我が主が、公僕殿や皆様とお会いすることを望んでおります」。


メイド服の女性(中山美穂)ー名を田中と言うーがお茶を一同に出すと、古めかしい運転手風情の男(滝藤賢一)ー名を佐藤と言うーと談笑をして現れた男。



頭のてっぺんから足の指先まで、すべてが貴族なのだ。
まったく事が飲み込めない愛香と鼻形。一体全体、あなたは何者なのか?
「心ある人からは、こう呼ばれています。貴族探偵と」 名前を聞いた時、わき上がる愛香の敵対心。そして勃発する貴族と愛香の推理対決。既成の推理劇の常識を完全に覆す、前代未聞の謎解きの幕が今、上がったー!


公式サイト





目次にもどる

フジテレビの視聴率低迷




フジテレビが一時期、韓流ドラマをゴリ押ししたことで、物議を呼び、デモまで起きたフジテレビ。



ナインティナインの岡村隆史が自身がMCを務めるラジオ番組内で「嫌なら見るな」と発言したことがネット上で「フジテレビ社員が嫌なら見るなと発言した」という意味合いで拡散されていったことで、2chだけではなく大きな問題となった。



フジテレビは、ホリエモンに買収されそうになった時、韓国系の企業に助けてもらって以来、ごりごりの韓流押しで、反日のテレビ局といった面も含めて、番組内のやらせも結構ひどいテレビ局に成り下がっていった。




例を挙げれば「ほこたて」というやらせ番組。
ネット内では「嫌なら見るな」と言った「フジテレビが作ったやらせ番組なんか見ない」視聴者が多く、この騒動以降、視聴率が下降。



フジテレビ代表番組でもある「めちゃイケ」も、当初は20%台も超えるフジの看板番組だったが、「裏番組の強化」の煽りを受け、視聴率が低迷。フジテレビは、視聴率競争でテレビ東京にさえ劣る惨めな状態に陥っている。



ネットで気軽に動画が見れることでテレビ離れも要因にあげられるが、視聴者の望む情報を報じず、「観たい」「魅力ある」と思える番組が少ない事、虚偽の情報、やらせばかりのフジテレビは視聴者からソッポを向かれてしまった。



元フジテレビアナウンサーで「とくダネ」などで活躍されていた、長谷川豊が語っていたが、低迷の一因は、フジテレビの上層部に問題が有ったようだ。



上層部が芸能事務所からの過剰な接待を受け、その芸能事務所の利権の為に動くので、番組作りが「芸能事務所ありき」になり、そこで出演者の人選が全部決まっていたという。




そうなると、制作現場は上から押し付けられるタレントを使うしか無く、自分達の作りたい番組が作れず、不満が溜まっていき、マンネリ化した番組しか作れず、視聴者が離れて行くという悪循環が現状に至ったようだ。



一方、ライバルの日テレやテレ朝は「オリジナリティ有る番組を作り続けた」結果として、フジから離れた視聴者がこれらの局に流れ、視聴率の逆転が起こった。




窮地に立たされたフジテレビは、今までの番組作りの改革を他局より遅れること近年にはじめ、新しい挑戦する番組つくりを始め出した。その期待の月9枠の番組となるのが貴族探偵となる。



目次にもどる

貴族探偵のパクリ疑惑





フジテレビが公開した「貴族探偵」の予告動画で公開された映像をめぐってバクリ疑惑が浮上した。





公開された「貴族探偵」の予告動画では、新米探偵・高徳愛香(武井咲)がパーティーに出席するためにある別荘を訪れ、「鬼隠しの井戸」と呼ばれる部屋で死体と床中についた赤い足跡を発見する展開。警察と一緒に犯人探しを始めたところに、そこで主人公の貴族探偵(相葉)に出会う、というもの。  




この物語での舞台設定である貴族。
このストーリー展開が1984年に公開された「富豪刑事」のパクリではないか?と浮上している。「富豪刑事」は、筒井康隆が原作の連作推理小説、テレビ朝日でも2005年に深田恭子主演で連続ドラマ化されている。


貴族探偵


「富豪刑事」の主人公・焼畑署捜査課新人刑事は一代で巨万の富を築いた大富豪。



神戸喜久右衛門の孫娘で、浮世離れした性質と、一般の常識とは桁外れにかけ離れた金銭感覚が特徴。「たった○○億円ぽっちのために人を殺すなんて」がお約束のセリフ。また、天然ボケな性格のため、警察学校時代から周囲より疎まれていたらしく、着任した焼畑署でも布引と西島以外の刑事から煙たがれているが、本人は全く自覚がない。



推理力は焼畑署員の中でもかなり長けているようで、鎌倉などが思いつきもしないようなトリックを暴いたりもする。
しかし新人ゆえか詰めが甘く、捜査アイデアが裏目に出たり、事件の犯人に逆に追い詰められ、危機にさらされることもある。


また、その世間知らずさから、ヤクザや不良、事件の容疑者といった人物たちに対しても、物おじせずに接する。時には相手を刺激するような発言や、とんちんかんな説教もしてしまう。


捜査のためだけに急遽設立・買収した会社は大抵美和子が社長として就任しているが、スタッフは皆、金に糸目を付けずにかき集めた極めて優秀な人材ばかりなため、いずれもかなりの業績を挙げてしまい(NASAから業務提携を持ち掛けられたことも)、収益金が神戸家の大金庫に入り切らなくなるほどである。



参照wiki



大富豪のお嬢様が刑事の物語である「富豪刑事」も主人公が解決するわけではなく、周りが優秀な人材が事件を解決に導く。「貴族探偵」の舞台設定も捜査も推理もすべて人任せ。パクリといえるほどよく似ている。




目次にもどる

貴族探偵はパクリではない?




パクリの定義としては、パロディもパクリも版権元に抗議されれば、法上は著作権侵害(パクリ)に該当する。
このようなパクリ(盗作)は、版権元などに完全に無断で、ほぼそのままもしくは大した工夫もせず、流用してしまう場合をパクリと呼ばれている。



本来パクリとは、故意に他人の作品を偽造、確信犯として他人の金銭や名声や人気や物語やキャラをを掠め取る行為。




なので、作品にストーリーが「似ている」程度ではパクリではない。

今の推理小説で使われているトリックは、みな既存トリックの焼直しで、最新技術や新たなトリックと古典的なトリックを組み合わせることで読者をミスリードする手法が多い。



それが悪いという訳ではなく、名探偵コナンの原作者・青山剛昌は作品としてはとても高い評価を受けているが、古典的な推理小説からの焼直しは多い。だが、合理性を無視した「からくり」やアイディアもまた多いので、「ミステリー」としては評価は低い。そもそも青山剛昌は、ミステリーとして名探偵コナンを描いていないような展開が多い。




しかし、小説と漫画は別のもの。
愛読しているファンの人は、物語の舞台設定がパクリであったとしても、面白ければ気にする人は少ないだろうし、パクリといっても完全にストーリー展開までが同じではない。


作品は、時代や社会が変化することで、トリックの小道具やネタにも新しいレパートリーが増えていく。ある程度は「過去の作品をパクる」そういうスタイルからアイディアを混ぜ込むことで、新しい作品は生まれるのだろう。




目次にもどる

貴族探偵キャスト


貴族探偵2

相葉雅紀 
武井咲 
生瀬勝久  
木南晴夏 
岡山天音 
田中道子  
井川遥  
仲間由紀恵(特別出演)  
滝藤賢一 
中山美穂 
松重豊

目次にもどる

スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

道重さゆみの現在、山口県の保育園で目撃される【画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

キムタク木村拓哉のタトゥー写真「ぴったんこカンカン」でドラマにクレーム殺到か【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

千眼美子「sengen777のブログ」をアメーバで公式ブログ開設【画像】

小川彩佳アナが報道ステーション3月降板?櫻井翔と結婚へ【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

中山咲月「ジェンダーレスモデル」のすっぴんと私生活を深イイ話で公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

冨田真由の現在の眼帯画像、失明から回復しコメント発表

北朝鮮戦争が秒読み2017年4月27日の予言「北朝鮮攻撃」がいつ始まるのか判明

愛子さま激やせは障害を週刊文春が公表【画像】

桐谷美玲の痩せすぎ原因の病気、肌荒れと体重がヤバいことに【画像】

松たか子が顔変わった理由はタバコが原因で劣化か?太った現在画像がヤバい【画像】

桑田真澄の息子Mattが整形疑惑と母親のエピソードをさんま御殿で公開【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

元乃木坂46市來玲奈が卒業理由のスキャンダルから社交ダンスで復帰!【動画】

吉野紗香が干された理由、ジャニーズブログ炎上で消えた事件の真相をじっくり聞いタロウで告白【画像】

細川ふみえ美容整形した今の画像、セクシーデビューいつ販売の噂の真相を告白か【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】