地震を次々に的中させた立命館大学・歴史都市防災研究所の高橋学教授が、北九州の福岡や博多方面で大規模な地震が5月13日前後に起ると予言し話題になっている。




5月11日午後に当該地域近辺で、震度4の地震が発生し、大規模な地震が起こる前には必ず人が体感できるほどの地震が発生していることを考えると、その「予言」は前震である可能性も否定できない。


2016年に起きた熊本地震のときのように、地震の前触れを軽視し、大規模なな地震の被害にあったこと、2012年に政府が発表した被害想定では、警固断層帯が陸側でM7.2の地震を引き起こした場合、死者約1,180名、建物約33,000棟が全半壊と予測されている。



今回は、本当に福岡地震の予言5月13日があたるのか?まとめてみた。



■目次

福岡地震5月13日の予言
福岡地震を5月13日予言した高橋学教授とは
福岡地震の予言5月13日は当たらない?
地震の前兆「環水平アーク」
福岡地震の予言5月13日への備え

福岡地震5月13日の予言





高橋教授はかつて『週刊女性』で比較的大きな地震や噴火を予測し、的中させてきた実績を持つ。直近では、昨年12月28日の茨城県北部地震(M6・3、最大震度6弱)、今年2月19日の千葉県北東部地震(M5・4、最大震度4)を言い当てた。



連休返上で取材に応じた高橋教授は、「博多近辺で地震が集中するのは珍しいんです」と前置きして話す。



「2005年3月にM7・0で最大震度6弱の福岡県西方沖地震が起きています。それまで地震がほとんどなかったため、地元の人たちは“九州にも大地震がくるのか”と驚きました。このとき地震を引き起こしたのが総延長約55kmの警固断層の北西部で、同じ断層の南東部はまだ動いていません。この静かな南東部がいよいよ近日中に動いて大地震を招くのではないかとみています」(高橋教授)




警固断層は玄界灘から博多湾を経て福岡県の内陸部まで延びる。後半に掲載した地図では、断層の延長線上を含めて博多を通る一本の線で示した。



さて、なぜ、大地震が発生するのは5月13日前後と限定的にいえるのか。




高橋教授によると、過去の大地震の事例を詳細に分析した“経験則”から導き出したという。



「大地震は突然起きません。まず、それまで地震がほとんどなかったところでM3~4クラスの地震が数回以上発生します。それから約60日間の静穏期を経て、M2~4クラスの地震が起きます。


するとその半日後から3日後にかけて大規模地震が発生しているんです。'95年の阪神・淡路大震災、'04年の新潟県中越地震、'11年の東日本大震災、昨年4月の熊本地震と同10月の鳥取県中部地震もすべて、このパターンに合致しています」(高橋教授)




気象庁の地震観測データによると、福岡県では3月13日に県北西沖でM3・5の地震が起きたのをはじめ、同14日には同じ場所でM2・9とM3・0、同19日には西南に約20キロ離れた福岡地方でM2・7、同21日には北に数kmとほぼ同じエリアでM3・1、さらに東に約60km離れた北九州市でもM3・1の地震が発生している。



5月13日 地震


この北西沖の震源地は福岡県と地続きの志賀島のすぐそばで、博多湾を挟んだ向こう側は博多中心部だ。きわめて内陸部に近いポイントといえる。





5月13日は、連発地震がいったん止まった3月15日から数えてちょうど60日目。




高橋教授は、地震の場所・日時よりも規模の予測がいちばん難しいとしたうえで「M5~6以上の大地震がくる可能性が高い」とみている。



週刊女性




目次にもどる

福岡地震を5月13日予言した高橋学教授とは




立命館大学に2006年3月から作られた歴史都市・文化遺産を災害から防御するための歴史都市防災研究所。数多くの統計から高橋学教授は多くの災害を予言し、事前に注意を呼び掛けている。




行政は、基本的に地震対策は「確信のある情報がない」と動かない。なので、いままで高橋学教授の予言した地震を行政がその情報を信じ、動いたケースは今までにない。




また、行政が地震対策に大きく力を入れるのはプレート間で発生する海溝型地震。
断層が原因とさせる地震の対策はほとんどしない。これは、活断層を全く見ていないのではなく、日本有数の巨大断層帯である「中央構造線断層帯」や「フォッサマグナ」などは、常時監視体制が敷かれているから、一教授の意見を取り入れるということはしないだけだろう。





そして、今回発生すると話題になっている福岡地震の断層は、過去に二回の巨大地震が発生。最も新しいものは約3,400年~4,300年前、その前が約7,400年~8,900年前であり、この2つの平均から活動間隔は、約3,100年~5,500年と推定されている。




このような間隔から推測すると、この警固断層は余程大きな確信があっても行政は動こうとはしないだろう。







目次にもどる

福岡地震の予言5月13日は当たらない?





高橋学教授が指摘している警固断層は、間隔に考えればいつ起きてもおかしくないし、このまま地震が起きなくても不思議ではない。




2016年に熊本県におきた熊本地震が、警固断層に影響している可能性はあり、断層の力は複雑なので日本全国で地震が起きる確率が大きくなった。2016年の熊本地震は、確率的に低いものだったのにもかかわらず、地震は発生し、いまも余震の地震がいつ起きるかわからない状態。



最近では福岡の西方沖も地震が発生し、地震が微弱だが警固断層の地域で発生していること。



2013年時点で地震確率が4%に対し、福岡の警固断層は6%と高くなっている。層に変化があったことは事実であり、地震が起きる確率上がったったのは間違いないのだろう





警固断層は、すでに北側が福岡県南西沖地震で動いているので、それだけ南側にストレスがかかっている。そういう起きやすい状況の中で周囲の断層の活動があれば、何かしらの影響を受けている可能性を否定できない。

C_mCxq3VwAAcyKR


ただ、その影響が出る時間は、数日や数か月ではなくもっと長いもの。
福岡地震の予言した5月13日とは当たらない可能性の方が高いが、地震が起こればもろに福岡の直下型になるわけで、やばい状況は地震が起こるまで続くのは間違いない。





目次にもどる

地震の前兆「環水平アーク」





5月12日、東日本上空に「環水平アーク」が確認された。


環水平アーク


「環水平アーク」は東日本大震災、小笠原沖地震、熊本地震の前にも環水平アークは出現しており、地震の前兆とも言われている。



「環水平アーク」は、この時期よく見ることのできる大気光学現象。
太陽との位置関係で出現するので、4月末から5月に多く発生し、「大地震の前兆と決定づけることはできない」し、気象と地震の観測を続けている気象庁が、「環水平アークが出ると地震が起こる」などと発表したことは一切ない。




しかし、なぜか「環水平アーク」が出現するとその後大きい地震が発生しているため、都市伝説として語り継がれている。


環水平アーク1




目次にもどる

福岡地震の予言5月13日への備え




福岡は被害がでた地震では、2005年に起きた福岡西方沖地震。


この地震は「地震が今までになかった地域におきたもの」だったため、地震への備えが甘く大きな被害を出した。この地震は福岡市周辺で確認できる限り、最大の地震であったと言われている。




だから、絶対に「地震が起きない」とは言えない状況。



九州北部は、地震が少ない地域だったことで、普段は地震を意識することは滅多にない。身体に揺れを感じるのは、よほど敏感な方で無い限り10年に1回あるかないか。



それが、5月に震度4を観測したことで、5月13日に「大きな地震が絶対に起きないとは言えない」状況にいる。熊本地震の時もそうだったが、「まったく地震が起きると信じていなかった」から、被害が大きかった。




要は、地震に対してどのように備えるか?



日頃から地震のことばかり考えては疲れてしまうが、起きた場合のことを想定して生活する事は重要になる。




福岡では、地震対策した建物が増えているので、想定されている被害より比較的損害を被る事は無いと予測され、被害を受けるのは、九州北・東・南部、四国東部、近畿辺りでそれ以外は、それ程の激しい揺れはない。




現在、Twitterでは「5月13日に福岡に巨大地震が来る」と出回っている。



熊本地震の時にもそうだったが「在日韓国人が井戸に毒を入れた」「ライオンが逃げた」などとデマを拡散されたので、正しい情報、状況を判断し、自分の地域がどういう被害受けるか?その時に備えて被害軽減策を取れるかが重要になる。





そのためには、ツイッターなどの情報を安易に信じないで、自分で情報を探り、きちんと理解して行動する。市町村の公共サイトのHPなどで調べればいくらでも情報が掲載されている。とくにラジオは自分が行動したり、情報を得るためにかなり重要なアイテムになる。



日本全国、どこでも地震は起こる可能性があると理解し、今回に限らず、常に備えは重要といえよう。



目次にもどる

スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

道重さゆみの現在、山口県の保育園で目撃される【画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

キムタク木村拓哉のタトゥー写真「ぴったんこカンカン」でドラマにクレーム殺到か【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

千眼美子「sengen777のブログ」をアメーバで公式ブログ開設【画像】

小川彩佳アナが報道ステーション3月降板?櫻井翔と結婚へ【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

中山咲月「ジェンダーレスモデル」のすっぴんと私生活を深イイ話で公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

冨田真由の現在の眼帯画像、失明から回復しコメント発表

北朝鮮戦争が秒読み2017年4月27日の予言「北朝鮮攻撃」がいつ始まるのか判明

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

桐谷美玲の痩せすぎ原因の病気、肌荒れと体重がヤバいことに【画像】

松本明子が干された理由の放送禁止用語「四文字言葉事件」をしくじり先生で公開【動画】

桑田真澄の息子Mattが整形疑惑と母親のエピソードをさんま御殿で公開【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

元乃木坂46市來玲奈が卒業理由のスキャンダルから社交ダンスで復帰!【動画】

吉野紗香が干された理由、ジャニーズブログ炎上で消えた事件の真相をじっくり聞いタロウで告白【画像】

細川ふみえ美容整形した今の画像、セクシーデビューいつ販売の噂の真相を告白か【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】