豊田真由子議員は秘書暴言音声が公開されてから、自民党を離党し、政治家としての地位、高学歴、輝かしい経歴も全て台無しにしてしまった。





今回の秘書への暴言「録音された音声」は、一生、豊田真由子についてまわる。




仕事ができる人は自分にも他人のミスにも厳しい。


前もって録音の準備してた秘書もわざと宛先、氏名を間違ってミスして怒らせて、録音しているのは明らかで、弱弱しい声で「叩かないでくださいよー」はあまりにもうさんくさい。





裏で垂れ込み先メディアとの金銭授受、賠償金などもあるかもしれないことを考えると、「スパイだったのではないか?」と憶測されるのも事実。




秘書への暴言はプライベート当事者同士の問題だし、仕事のできる優秀な議員だったのに、そのパフォーマンスで国政さえしっかりやってくれた政治家だったなら国民にプラスだった。




そもそも、秘書はバースディカードの宛先を47件の間違えなんてそうそうない。



毎日新聞では、豊田真由子議員が秘書に暴言を吐いた前に、秘書が高速逆走というあり得ないミスを犯していたことを報じ、余計にスパイだったのではないか?と話題になっている。



今回は豊田真由子議員の秘書についてまとめてみた。




■目次

豊田真由子議員の秘書逆走事件
豊田真由子プロフィール
豊田真由子は優秀な議員
豊田真由子の秘書がスパイだった場合
豊田真由子の病気

豊田真由子議員の秘書逆走事件






自民党の細田博之総務会長は27日の記者会見で、政策秘書に対する暴行問題で離党届を提出した豊田真由子衆院議員が「高速道路の逆走が原因」と語っていることを明らかにした。細田氏は「本人も反省するところは反省している」とかばった。豊田氏は同党細田派に所属している。





細田氏によると、秘書が豊田氏を乗せて高速道路を運転中に出口を間違え、逆走しようとしたのが発端。




「人の命をなんだと思っているんだ。高速道路を逆走したら人は死ぬじゃないか」と怒った豊田氏に秘書が「すいません」と謝ったため、「人が死んでもすいませんで済むのか」とさらに詰問したという。



細田氏は「本人は入院中だ。状況が改善したら、落ち着いた気持ちで問題を整理して説明すべきだ」と促した。



毎日新聞






複雑な形のICで流出入している時あるいは大きなSA・PAを出ようとしている時、方向感覚が狂って、結果「逆走」しているということはよくある話。




なので、高速道路の逆走を起こす人は、毎日のようにいる。
だが、逆送を起こすほとんど人の約8割は、65歳以上の高齢者。




自分のしていることは「正しい」と思い込んでいる、判断能力欠けている年齢。更にそのうちの約半数が認知症の疑いのある者であることも統計的に分かっており、免許をはく奪されてもしょうがない年齢といえる。




高齢者社会がますます進み、どんどんこういう人達が増えていく。




年齢はどうしようもないので、逆走は批判しても減るものではない。
だが、豊田真由子の秘書は、この逆走以外にもミスが多いので、豊田真由子をわざと怒らせたのではないか?と2chで噂になっている。





目次にもどる

豊田真由子プロフィール



豊田真由子





豊田 真由子(とよた まゆこ)

生年月日 1974年10月10日42歳
出生地 千葉県





東京大学法学部卒業後、1997年に国家公務員の試験に合格し、厚労相からのオファーで厚労相に入省。数年の実務経験を経た後、唯一の女性としてエリート街道を歩み、徹夜もいとわぬハードな仕事生活を続け、介護保険制度のスタートや障害者福祉に携わる。



2012年12月、第46回衆議院議員総選挙において埼玉4区に自由民主党から出馬し初当選。




当時、骨折した足首を松葉杖で支えて、毎日駅前に立ち演説を続け、「靴が履けないから雨の日はギプスの上にビニールを被せて立っていた」という「鉄の女」の男顔負けの根性が話題になった。




目次にもどる

豊田真由子は優秀な議員



豊田真由子2


公設秘書というのは公務員。

特に政策担当秘書は、法律で明確に存在意義を定めている地位。国家資格も定めている秘書のトップ。




豊田真由子議員に怒鳴られた秘書は、宛名を間違えたのではなく、他のスタッフだったそうだ。
秘書もスタッフも次ぎ次辞めて入れ替わった時でゴタゴタしてる時だった。秘書は最高責任者として怒鳴られ、わざと殴られ(ているような音声を入れ)怒鳴られた最初の日に録音してる。





豊田真由子の立法活動は、各省庁の草案のチェック、議員の勉強会の意見の取りまとめ、有識者の論文・雑誌のチェック、担当議員の発言のメモ作成、新聞ニュースのチェックなど、役割から考えると多忙を極めるところ。




野党か、自民党内部の別派閥から送りこまれた秘書かは不明だが、安倍チルドレンの一人である豊田議員を陥れようとしたスパイ工作員だった可能性はかなりある。




まず、そもそもの原因は、宛名シールの貼り間違い。
元秘書だった人の直接のミスではないとはいえ、豊田真由子の大切な選挙区の後援会員に対し、誕生日に該当する方々、47人の総てを間違えて、贈り物を届けてしまった。




一人、二人ならまだしも、47人全員を間違えるということは、ワザか「嫌がらせ」にやったとしか考えられない。だが「わざと」間違うことは容易にできる。



そして、高速逆走という失敗。
道を間違えば、豊田真由子議員の怒りを買うことも予測できる。これまでの豊田真由子の行動からすれば、何か不手際があればかなり大声で怒鳴りつけたり、暴行を振るったりすることは判っていたはず。



暴言の音声をとれることは、当然の想定内。




そこにICレコーダを用意して、豊田真由子議員が予想通りに怒鳴り、暴行を始めたところで、それを録音し、メディアに売り込んだ。行動は、極めて計画的。





学歴の経歴は優秀だが、人生経験の乏しい豊田真由子議員は、まんまと嵌められてしまった。事務能力が優れても、社会の厳しさは学べない。代議士にもなって、世の中を泳いでゆく技術が未熟すぎた結果といえる。







目次にもどる

豊田真由子の秘書がスパイだった場合



豊田真由子3



もし、仮に豊田真由子の秘書がスパイだったということが本当だとする。




しかし、それは同時に、素性の分からない秘書を採用した豊田真由子の責任でもある。
失敗され、何も考えずにキレて証拠をおさえられ、選挙前の重大な時期に党に迷惑をかけた未熟な政治家であることは間違いない。




いくらスパイでも、あの暴言暴行は許されないし、言葉が下品すぎて政治家としてのイメージ失墜したのは自己責任。「鉄パイプでお前の頭を殴ってぶっ○してやろうか?」とか「お前の娘をひき○して脳みそをびゅーっと出して」とか、普通の教養がある人の頭には存在しない言葉。

豊田真由子5



同じ怒りを表現するにしても、「取り返しのつかないたいへんなミスをしてくれましたね!どう責任をとってくれますか?具体的に言ってください!」というのが、理性的な人格者の言動。




政治家としてのストレスを溜めすぎて、そのはけ口が自分より立場の弱い人に向けられた卑劣な言葉。頭の良し悪しは別として議員になるには精神的に弱い人だったといえる。



感情に流されて我を忘れ、逆上する時点で政治家失格。
それが野党の陰謀だろうと、中国のスパイだろうと豊田真由子が悪い。




目次にもどる

豊田真由子の病気


豊田真由子4




豊田真由子は、取材拒否の為の病気で入院しているが「相当なイメージダウンは必至」なので、政治家としての今後も更に厳しい立場になることは間違いない。





東大卒でプライドも高く、ヒステリック。
ましてや小さい2人の子供の母親で「薄汚い本性をさらけ出してしまった」訳なので、精神的に強くならないと未来は無い。





豊田真由子の行為は、国会議員としても人としても許されることではないが、テレビ各局が報じ「ネタ扱い」され始めている。




芸能人が不祥事から復帰、復活するケースはベッキー騒動から学べばわかるように、豊田真由子議員は開き直り、素直に国民の前で釈明すべきだろう。「最凶伝説」「モンスター」とマスコミでいわれているのだから、すでにネタにされているうちに謝罪すれば、人の怒りはそんなに続かない。




政治家は都合が悪くなると入院。
こんなこと許されて、国民の税金を多額持って行くのだから印象がさらに悪くなる。自民党を離党したので、暴行暴言を認めたようなものだが、後は本人の努力次第。



刑事事件になったら傷害の前科もの。




プライドが先行して、周りを見下すようになった結果かもしれないが、有能な人は立場の弱い無能に「怒り方」も注意が必要ということがわかる結果となった。



目次にもどる

スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

「伊藤詩織さん事件」山口敬之の被害女性の本名は尹詩織さんの可能性【画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

小出恵介フライデー相手の江原ほのりが逮捕の可能性が浮上【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

小室圭の家柄は母親が韓国人の可能性

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

NGT48荻野由佳なぜ1位?AKB48総選挙2017速報に入った不正やらせ八百長がやばい【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

冨田真由の現在の眼帯画像、失明から回復しコメント発表

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

桐谷美玲の痩せすぎ原因の病気、肌荒れと体重がヤバいことに【画像】

松本明子が干された理由の放送禁止用語「四文字言葉事件」をしくじり先生で公開【動画】

桑田真澄の息子Mattが整形疑惑と母親のエピソードをさんま御殿で公開【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

小林麻央「かんかん」と顎の皮膚癌をブログKOKOROで公開した内容の動画がヤバい

小出恵介フライデー相手と母親にセラミック松村がハニートラップ黒幕に報復の可能性【画像】

細川ふみえ美容整形した今の画像、セクシーデビューいつ販売の噂の真相を告白か【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

川谷絵音ほのかりんの現在、嫁逮捕の噂をワイドナショーで告白か【画像】

藤田富みるきー渡辺美優紀と文春写真、裏垢と彼女との真相がやばい【画像】