2017年8月18日(金)放送、TBS系列「爆報!THE フライデー」
19時00分~19時56分



実録ミステリー第3弾「滋賀銀行9億円横領事件」の犯人・奥村彰子と山県元治の事件の真相を特集。


かつて日本中を驚かせた史上最悪の横領事件。金融機関の人間が起こした横領・着服事件で、最も多額の事件(17億横領のチリ人妻に貢いだ男は正確には公社勤め)を起こした犯人・奥村彰子と山県元治の裏には、隠された男女の愛憎劇があり、実行犯である奥村彰子には同情する声も多かった。






「史上最大のヒモ男」に9億円もの金を貢いだ奥村彰子はどんな手口を使い、横領したのか?





今夜の放送に先駆け、奥村彰子と山県元治の「滋賀銀行9億円横領事件」を紹介する。



■目次

「滋賀銀行9億円横領事件」とは
奥村彰子と山県元治の出会い
山県元治はクズ男
奥村彰子が山県元治に貢いだ金額は9億
奥村彰子と山県元治のその後

「滋賀銀行9億円横領事件」とは



bandicam 2017-08-18 16-28-35-231




1973年10月21日、滋賀銀行山科支店のベテラン行員・奥村彰子(当時42歳)が横領の容疑で逮捕された。奥村は同年2月までの6年間で、およそ1300回にわたって史上空前の9億円の金を着服、ほとんどを10歳年下の元タクシー運転手・山県元次(当時32歳)に貢いでいた。



参照wiki





目次にもどる

奥村彰子と山県元治の出会い






1965年春、北野支店で勤務していた奥村彰子は35歳、山県元治(当時25歳で朝鮮の生まれ)はタクシー運転手。

ブラマヨの女の事件簿


当時、奥村彰子は交際していた男性とケンカし破局。その後、職場の懇談会のあとタクシーで拾ったのだが、酔っていたこともあって涙を流した。この時、「どうされたのですか」と優しく尋ねてきたこの若い運転手が山県元治だったのである。2人は話しこみ、奥村彰子の方から「酔って帰ったら母がうるさいからドライブしよう」と誘った。


30分ほど京都市内を走ったところで奥村彰子はタクシーを降りたが、別れ際に「××銀行の奥村彰子です」と嘘の銀行の名を言って去った。



それから約1年後の1966年春、奥村彰子は帰宅途中のバスのなかで、突然「あの時の彰子さんではないですか」と山県元治に声をかけられた。奥村はすっかり彼のことを忘れていたが、声の調子で思い出したという。山県は琵琶湖競艇の帰りで、負けてきたとのことだった。山県は奥村をお茶に誘い、京阪三条南口の喫茶店で話しこんだ。
 



山県元治の話によると、小遣いがたくさんあるのでギャンブルで負けても平気とのことで、兄は下関で大きな商売をやっているということだった。山県の話は景気がよくておもしろく、奥村彰子は夢中になりつつあった。


定期預金の大募集期間だったこともあって、奥村彰子は「私の銀行に貯金をして欲しい」と頼んだ。



奥村彰子はこの日以後、数回山県に電話をしてみたが、その都度断られた。
山県元治にしてみれば、「年上の、あんなきれいな人が電話をくれるなんて、きっとからかわれているだけだ」と思っていたのだが、そうした態度に奥村彰子はさらに積極的になっていった。固いだけの同僚とは全然違う。2人は数回の食事を経て付き合うようになった。





参照wiki








目次にもどる

山県元治はクズ男







お金をかけて遊んだ経験がない人は博打をする人の気持ちはまったくわからないだろう。



逆に自分の知らない世界を知っていることには、人は好奇心を覚える。

「パチンコにハマる人は根はよい人ばかりだ」、ということを、 パチンコ批判本を書いた若宮健の本を読んだことがあるが、パチンコにハマる人の動機は「芸能人の顔を一目みてみたいから」とか「少しでも家計を楽に」という良心的な思いから始めるきっかけが多いという。



博打業界はそういう人を利用して金を儲ける業界なので、続ければ勝てるときもあるがトータルでは負ける人方が圧倒的に多い。
トータルで負ける、と気づいた頃には、「もうやめよう」と思ってもやめられない人ばかり。




1ヶ月やめても、また再発してしまう人もおり、「ギャンブル依存症は病気」だからやめるのは本当に難しい。本当の人間のクズは、そういった人間から搾取する側なのに、ギャンブルにハマる人を周囲の人間は冷たい目で見られると同時に、ギャンブル好き男が女性にモテる。




出世する・成功するには、どこかで勝負を賭ける必要があり、小さな事で毎回勝負を賭けていたんじゃ身が持たないし、逆に勝負すべきところで様子を見ていたのでは成功できない。



「いつ勝負するのか、勝てる勝負がどれなのか」を見極めるという意味において、「ギャンブルが強い男」というのは成功しやすいことを本能で感じる女性は、そういった男性に魅かれる。





冒険しない人、遊びもやらない人、とにかく控えめで誠実、そういう人は出世は難しいことは明らか。



現代でいうホストクラブに通っている女性のほとんどは、こういった刺激を求めている。
周囲にそういった男性がいなかった奥村彰子に山県元治は、自分の世界にいないステキな男性に見えてしまったようだ。





目次にもどる

奥村彰子が山県元治に貢いだ金額は9億








行員の女が男に貢ぐ事件は他にも数件ある。



滋賀銀行詐欺横領事件1973年奥村彰子(当時42歳)9億円
足利銀行詐欺横領事件1975年大竹章子(当時23歳)2億1000万円
三和銀行詐欺横領事件1981年伊藤素子(当時32歳)1億8,000万円




とあるが、奥村彰子の事件だけが世間の注目度が全然違う。
奥村彰子だけは自分の私利私欲のために横領したわけではなく、すべて山県元治のためだけに横領し貢いでいたので、事件の注目度が大きく異なるのだろう。





当初は、数千円からの金額からお金を借り、徐々に金額が大きくなっていく。山県元治は借りた金を返すそぶりは全然見せなかったが、金額が100万を超えると(当時の大学初任給4万円、都内一戸建ての家が数百万円程度)さすがに焦った奥村彰子は催促するが、「競艇で一発当てて返したる」といつもはぐらかされていた。





相変わらず山県の要求は続き、1973年についに山科支店では大騒動になった。億を超す巨額金が失踪した奥村彰子によって詐取されていることがわかったからである。


1973年2月19日、逮捕状が出され、奥村彰子は全国に指名手配された。



事前にばれることが想像できた二人は、下関へ逃亡。山県だけは実家に戻り、高級外車を乗り回し、豪遊していたが、10月15日についに逮捕される。あっさりと奥村彰子の所在も供述し、大阪のアパートに潜伏していた奥村彰子を逮捕。当時の逮捕映像は今でも残されているが、奥村彰子は派手な洋服と厚化粧で別人に見えた。


奥村彰子と山県元治2

奥村彰子は素直に事実を認め、わかっているだけの被害額以上の約9億円



消費者物価指数から算出すると、昭和45年の1万円は5万3千円になるので5倍で計算すると、現在の貨幣価値で約45億。実際は、当時の日本の物価を考えると、現在より価値は高かったように思える。



さらに、逮捕された山県は1970年5月に別の女性と結婚していたことも発覚。子供もいたので、奥村彰子も騙されていたことがのちにわかった。




目次にもどる

奥村彰子と山県元治のその後






1976年6月29日、奥村彰子に懲役8年、山県元治に懲役10年の判決が言い渡された。また銀行への賠償として、奥村は1000万円、山県は3000万円の賠償金を支払っている。



奥村彰子と山県元治はすでに出所しており、下関にあった実家も残っている。




奥村彰子は起訴の段階で懲戒解雇になっており、和歌山女子刑務所に服役していたが、入所時からすでに有名人で、好奇の目で見られたりした。所内ではおとなしく、おどおどした雰囲気で、いじめられるようなこともあったという。



奥村彰子は9億もの巨額を横領した女としてバッシングを受けたが、実質そのほとんどのお金は山県元治が使っており、奥村彰子も既婚していたことも知らされず騙されていた。





いつの時代も貢ぐ女は存在して、フリーターのような売れないバンドや芸人などの無名、売れないただの無職男に貢いだり、魅かれてしまう。



奥村彰子が「山県元治に貢いで彼の喜ぶ顔が見たい」と思うように、相手の山県元治も奥村彰子のことを本当に好きなら「女にお金の面倒見てもらうなんてかっこ悪い。彼女にお金使ってやりたい」とでも思うのが普通。


残念ながら、山県元治はそうは思っていなかった。単なる「金づる」で、それを自覚しがなく、愛情と錯覚して横領してしまったので、おそらくその後も貢ぎ体質は変わらないだろう。


貢ぐのは個人の自由なので、誰にも文句が言えないが、横領は犯罪。騙されていたことも、相手が離れていくのが目に見えて想像でき、それは奥村彰子の努力が足りなかったからではなく、「奥村彰子の利用価値がなくなったから」。



相手に何かしてあげたい、喜んで欲しいと思うのは、奥村彰子だけじゃないし、好きな相手なら、お互いそう思うのは普通だが、犯罪を犯してまで周囲が見えなくなってしまった奥村彰子でも、相手に「愛が無い」のはなんとなく気づいていたはず。


でも、お金があれば一時でも「優しさ」は手に入り、それを失う悲しみに比べたら貢ぐ悲しさの方がマシという思考がそうさせてしまったのだろう。いずれにしても、横領する女は一生幸せにはなれないという典型的な事件となった。





目次にもどる

スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

「伊藤詩織さん事件」山口敬之の被害女性の本名は尹詩織さんの可能性【画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

小出恵介フライデー相手の江原ほのりが逮捕の可能性が浮上【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

小室圭の家柄は母親が韓国人の可能性

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

NGT48荻野由佳なぜ1位?AKB48総選挙2017速報に入った不正やらせ八百長がやばい【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

愛子さま激太りリバウンドで「はげてる」画像を女性セブンが報道

斉藤由貴「手つなぎ写真」文春と「モルモン教」夫のW不倫について謝罪会見

桑田真澄の息子Mattが整形疑惑と母親のエピソードをさんま御殿で公開【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

上原多香子「旦那死因」は阿部力「浮気相手のキス写真」が原因と女性セブンが報道【画像】

細川ふみえ美容整形した今の画像、セクシーデビューいつ販売の噂の真相を告白か【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

川谷絵音ほのかりんの現在、嫁逮捕の噂をワイドナショーで告白か【画像】

小林麻耶が市川海老蔵と再婚のような怪しい写真が発覚

夏菜の顔が変わった理由と逮捕と噂になった真相をダウンタウンなうで告白【画像】

藤田富みるきー渡辺美優紀と文春写真、裏垢と彼女との真相がやばい【画像】



山川恵里佳、おさるの嫁が離婚で号泣?しくじり先生で不仲説の理由を初告白【画像】