秋篠宮眞子さまのご婚約について。



眞子様が、現在フリーターである小室圭さんと本当にご結婚したいのなら、我々一般庶民がとやかく発言することもないが、日本国民の皇室を見る目に崇拝や尊敬の感情が薄れる事は大問題。



よくネットでは、「秋篠宮家は皇太子さまと背負うものの大きさが違う、所詮次男だから」、という人がいる。



しかし、皇太子さまが天皇になられた後は、秋篠宮悠仁さまがその次の天皇の座に座ることが決まっており、皇室典範第1章第1条に「皇位は男系男子が継承する」と明記されている。




浩宮様(皇太子)は勿論、礼宮様(秋篠宮殿下)も帝王学を受けており、礼宮様はそれを支える立場として教育を受けてきた。もちろん悠仁さまも天皇として教育を受けている。





その皇太子さまは雅子妃と結婚後、皇室の公務祭祀を疎かにするようになり、雅子さまに引きずられレジャー優先になり、祭祀公務を両陛下を支えるという大事な役目も疎かにするようになってしまった。


一方の秋篠宮殿下は、結婚後も天皇陛下の元へ家族を伴い参内、両陛下を支え、公務祭祀、国際親善に忙しい日々。秋篠宮殿下がその役目を負う機会が年々多くなっている。



今後は、秋篠宮家が皇室を支えていくことになる。



そんな秋篠宮家をネットで検索すると、たまに愛子様や美智子様らの影武者の存在があるかのように噂が蔓延しており、美智子さまの真実と称し、「美智子様が内部から皇室を破壊しようとしている」だとか、秋篠宮さまが美智子さまの実子でない説など、それらが真実であるかのような情報が出回っている。





一体秋篠宮家にはどんな噂があるのか?



今回は、美智子さまの真実と言われる噂についてまとめてみた。


■目次

秋篠宮家とは
秋篠宮家が現在の皇室を支えている
男子系天皇存続
美智子さまの真実
秋篠宮家の今後

秋篠宮家とは


美智子様の真実4




秋篠宮(あきしののみや)は、日本の皇室の宮家の一つで、今上天皇の第二皇男子・文仁親王の宮号。現存する宮家の中では最多人数であり、皇位継承権資格者の数も最も多い。



1990年(平成2年)6月29日、秋篠宮文仁親王と川嶋紀子との結婚を機に創設された。
宮号は和歌の歌枕として有名な奈良県奈良市の「秋篠」に由来する。なお宮号の候補には、常陸宮の宮号の由来のように、かつての親王任国である関東の令制国名(上総国、上野国)を由来とした上総宮(かずさのみや)、上野宮(こうずけのみや)などが挙がっていたともいわれている。



参照wiki




目次にもどる

秋篠宮家が現在の皇室を支えている


皇室の構成図



現在の皇族の構成を見れば一目瞭然だが、「皇位継承資格を男系に限定している」ことで、一時期、皇室存続の危機があった。秋篠宮家に悠仁様が誕生されたことで、危機は解消されたが、出生率が減少する晩婚少子化の現代では、医学が進歩しても男系限定を続ければ、今後皇統断絶の危機を招く危険性をもっている。




なので、女系容認(女性天皇も含む)「女系宮家を認めればこの問題は解消される」という理由で、民進党が「女性宮家の創設」を主張しているが、いまだ他党からの賛同を得られない。






なぜ「女性宮家」は法案が通らないのか?



女性宮家、女系天皇(過去にも前例一切無し)問題の本質は、「皇統を持たない者」例えば、眞子様とご婚約した韓国人と噂の小室圭が皇位継承できるようになる 。最悪の場合、悪意を持つ勢力による皇室の乗っ取りが可能になることが考えられる。





眞子様の婚約相手・小室圭さんがネットでは韓国人の血筋と噂になっているが、実際に韓国人だった場合、反日国家のような人が「皇族」になってしまい。日本国民はその方を日本の天皇や皇族として認めることになる。




しかも、その「子」が皇位を引き継ぐ場合は、そこから先の皇統は、「韓国の王朝」に移行し、日本の皇統が、建国以来、初代・神武天皇から2,000年以上守り続けた天皇家の皇統では(日本の皇統)ではなくなってしまう。





事実上、韓国による「乗っ取り」が成立する。

これはとても怖ろしいことで、けして認めてはいけない。
現状で出来る最善策としては、1947年10月にGHQの策謀により、11もの宮家が皇籍離脱させられた11宮家(旧宮家)のうち、現在も4宮家(男系)は残っているので、皇籍に復帰して頂くことが最優先。



「女性宮家」よりも、安倍総理が速やかに「旧宮家のご子孫の皇籍確認」を閣議決定し、さらに天皇陛下にご決裁頂き、宣明することで、皇室典範の下、皇籍復帰ができる。






事の重大さに気付いている(理解している)人は、安易に、「女性宮家」などとは、絶対に言えない事案となっている。



目次にもどる

男子系天皇存続


美智子様の真実5


肝心の皇位継承について、悠仁様がご成婚して相手が男子を授からなかった場合、一体どうするればいいのか?



「皇室典範」という法律では、皇位継承できるのは「歴代天皇の男系子孫たる男子だけ」と定められている。


悠仁さま誕生前までは、小泉政権下で進められそうになったのは、「女系天皇を認める」こと。単に女性天皇、つまり「神武天皇の男系子孫たる女子」、だけでなく、「神武天皇の男系子孫でない者」にも皇位継承権を認め、ゆくゆくは「天皇にしよう」ということを考えていた。



「男系維持」にせよ「女系容認」にせよ、その本来の目的は「皇室の永い存続のため」だったが、女系天皇も女性天皇も、「皇室廃絶派に悪用される」危険性があった。





だが、今の天皇家が無くなったら、おそらく天皇制そのものが無くなってしまう。
理由としては現在直系男子のみが天皇になることが出来るためで、現在の該当者は3名(皇太子さま、秋篠宮殿下、悠仁さま)。今の3名が何らかの事故で、なくなってしまった場合は皇室典範上は天皇になる該当者が存在しないことになる。




ただ、ずっとこのままというわけにはいずれいかなくなるだろうし、今の社会に女性天皇が受け入れられるかどうかはやってみないと分からないのが正直なところだろう。





目次にもどる

美智子さまの真実




美智子様の真実

昭和の時代、初めて民間から嫁いだ美人である美智子様は、旧華族(昭和22年(1947年)まで存在した近代日本の貴族階級)達の僻みがあった。当時の侍従が書かれた日記などを読めば、美智子様が虐められていたのは事実。




そんなイジメを受けながら、3人の子供をお生みになり、立派に育て、皇室に嫁いで50年以上皇室のため、日本の国益のためイジメに耐え抜いた美智子さまは、まさに鉄の女。




そんな美智子さまだが、皇太子さま、黒田清子さん、秋篠宮殿下と3人の子供に恵まれているが、秋篠宮殿下だけ、顔立ちが全く違う事で「秋篠宮殿下だけ母親が違う」という噂が広まった。

美智子様の真実1



その噂となった根拠は、美智子様が皇太子を出産された次の妊娠の時、胞状奇態(ぶどうっこ)妊娠だったこと。



胞状奇態とは、異常妊娠のひとつで、確実に妊娠はしているのだが、卵子の不良で胎児の細胞分裂がうまくいかず、異常に増えて房状になってしまった状態。



あるいは、卵子に謝って精子が二つ以上入ってしまったため、異常に細胞が増えて房状になってしまったことが一番多い原因といわれている。これは、子宮内から除去することが必要で、胞状奇胎の手術は、掻爬手術と言う中絶と同じ子宮内の物を掻き出す手術を二回しなければならない。



これは、異常細胞が子宮内に残ると子宮内膜に「食い込み侵食されガン」になるので、細胞を残さない為と将来の皇后になられる美智子さまに「もしものことがあってはいけない」と、その時に「子宮を取ってしまった」可能性がある。




なので、元天皇陛下は、側室に生ませることを非常に抵抗されたが、皇太子お一人では、天皇家の存続が厳しいと諭され、「皇室の為に、美智子様以外の女性に生ませた」というネットでの噂が都市伝説として残っている。





実際に秋篠宮殿下は、天皇陛下や美智子様どちらかの子供ではない、明らかに容姿が違いすぎるし、結婚前までは自由奔放な生活を送っていたので、性格も全く似ていない。


美智子様の真実3


これが美智子さまの真実として、多くの都市伝説として、ネットで蔓延してしまっている現状がある。




目次にもどる

秋篠宮家の今後





秋篠宮家の長女であられる眞子様は、年対中には正式に小室圭さんとご婚約を発表予定とされている。年頃の女の子が自由に恋愛したり、好きな人と結婚したい気持ちは解るが、眞子様は「皇女」である以上、一般女性と同じ感覚でいてはいけない人だと自覚しないといけない。


美智子様の真実6

秋篠宮殿下も結婚前、留学するにあたって、紀子様を留学先に連れて行くとわがままをいい、美智子妃殿下を困らせていた。その上、結婚してからも女性の噂もあり、皇太子殿下のように品性がなく、娘たちを自由にさせすぎたしわ寄せが現状にある。





やはり皇族の為の学校である学習院で、それなりの人たちと交流させるべきだった。
窮屈な生活かもしれないが、皇族が皇族である意味がないような行動をとっては国民が納得しないが、しかし男女が恋愛に至った場合、あるいは双方が一緒になることを合意した場合は止めようがない。





ちゃんとした相手を選べないから、女性宮家反対する事が大きくなるという現実。
今回は破談で、もっと相応しい方とご結婚される方が国民としては安心するというのが「皇室の行く末を案じる国民の声」という捉え方もまた健全なるひとつの意見として考えられるべきものだろう。



目次にもどる

スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

「伊藤詩織さん事件」山口敬之の被害女性の本名は尹詩織さんの可能性【画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

小出恵介フライデー相手の江原ほのりが逮捕の可能性が浮上【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

小室圭の家柄は母親が韓国人の可能性

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

NGT48荻野由佳なぜ1位?AKB48総選挙2017速報に入った不正やらせ八百長がやばい【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

愛子さま激太りリバウンドで「はげてる」画像を女性セブンが報道

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

桑田真澄の息子Mattが整形疑惑と母親のエピソードをさんま御殿で公開【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

細川ふみえ美容整形した今の画像、セクシーデビューいつ販売の噂の真相を告白か【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

川谷絵音ほのかりんの現在、嫁逮捕の噂をワイドナショーで告白か【画像】

小林麻耶が市川海老蔵と再婚のような怪しい写真が発覚

夏菜の顔が変わった理由と逮捕と噂になった真相をダウンタウンなうで告白【画像】

藤田富みるきー渡辺美優紀と文春写真、裏垢と彼女との真相がやばい【画像】



山川恵里佳、おさるの嫁が離婚で号泣?しくじり先生で不仲説の理由を初告白【画像】