2017年9月1日(金) 放送、TBS系列「爆報!THEフライデー」
19時00分~19時56分




爆報フライデーの人気企画「実録事件簿」今回はスナックママ4人連続事件の犯人・西川正勝の事件について特集される。



1991年12月から1992年1月にかけて起こった西川正勝の連続事件。逮捕された西川正勝は、最後に落語家の桂あやめを手にかけようとしていたという。




なぜ、桂あやめは助かったのか?



今夜の放送に先駆け、西川正勝の連続事件の詳細を振り返る。



■目次

西川正勝の連続事件とは
桂あやめはなぜ狙われたのか?
桂あやめの判断が自分の命を守った<
西川正勝のその後

西川正勝の連続事件とは






1991年12月13日に姫路市、21日に松江市、26、28日に京都市で計4人の女性スナック経営者が狙われ、現金などが奪われた。警察は同一犯の犯行と断定、鳥取市生まれの西川正勝を指名手配した。




西川正勝は翌年1月5日、大阪市天王寺区のアパートで落語家の桂あやめを襲い、10日間のけがを負わせたうえ、現金14万円を奪って逃走。7日朝、大阪府警に逮捕された。取り調べに対し一連の犯行を全面自供している。



参照wiki




目次にもどる

桂あやめはなぜ狙われたのか?



桂あやめ1

桂 あやめ
本名・入谷ゆか(いりたに ゆか)


生年月日1964年1月31日
出身地 兵庫県神戸市兵庫区
所属事務所「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」上方落語協会、上方落語協会茶道部「楽茶会」会員。


姉は寄席囃子三味線方の林家和女、5代目林家小染は義兄、当代林家染八は甥と芸能一家。


高校中退し、1982年6月5日に5代目桂文枝に弟子入り、桂 花枝(かつら はなし)を命名される。初舞台は1982年11月京都蛸薬師の桂文太の会。1994年6月6日、3代目桂あやめを襲名。


参照wiki



桂あやめを襲名する2年前の1992年1月5日、西川正勝が隣人を装って桂あやめの部屋を訪れ侵入。その際に、首を絞められ「金を出せ」と脅され、自宅にあった現金14万円を奪われた。



この時、桂あやめが素直に現金を出していたことにより、そのまま西川正勝は現金をもって逃走した。しかし、逃走した後すぐに桂あやめのが警察に通報。




二日後の1992年1月7日朝、西川正勝は桂あやめの自宅から400メートルほど離れたマンションで歩いていたところを警ら中の警察官に発見され、観念したように無抵抗で逮捕された。



この前日には、近くのマンションの母子2人暮らしの部屋に「親夫婦の仲が悪くて一緒にいられない。しばらく置いてほしい」と嘘をついて上がり込んで、再び事件を起こそうとしていたようだが、その母親は幼いわが子を守るため徹夜で身の上話を聞き、出頭を促したという。



西川正勝は幼少時に両親と死別するなど不幸な生い立ちであったことで、その母親に自分の母親の面影を重ねていたようだ。



西川正勝が逮捕されたことで、桂あやめは警察の事情聴取に呼ばれ、その時は気丈に応じていたが、徐々に恐怖が襲ってきたことにより、経緯を報告すべく師匠宅に電話を入れ、師の声を聞いた途端に泣き崩れてしまったという。

桂あやめ



目次にもどる

桂あやめの判断が自分の命を守った



桂あやめ4




これはコンビニなどでもある防犯の対処法でもあるのだが、基本的に犯人に逆らわずに現金を渡すことが被害を最小限に食い止めることができる。ただし、犯人の特徴を良く覚えておくこと。(入り口に身長の目安マークがあるので、逃走の時に犯人の大体のがわかるしようになっている)





銀行や郵便局などでも強盗犯人に逆らわずに現金を渡し、隙を見て通報ボタンを押すのが決まっており、ここでも冷静に犯人の特徴を良く覚えておくこと、可能であればカラーボールを犯人に投げつけることが対処法になっている。




海外では強盗対策用に財布を2つ持ち、少額の財布を渡す。万一のためにガードの表、裏を拡大コピーし自宅に保存するのは当たり前のこと。





要するに犯人の目的は現金なので、現金が手に入れば怪我をさせたりしないで大抵は逃走してくれる。
桂あやめも西川正勝に素直に現金を渡し、冷静に犯人の特徴を覚えていたことが、迅速に犯人を逮捕できた要因といえる。




目次にもどる

西川正勝のその後




桂あやめ2

逮捕された西川正勝は、取り調べではすべての容疑を認め自供したが、公判で全面否認。容疑を全否定し再審請求したが、2017年6月、最高裁で死刑が確定している。





日本において、民事訴訟の場合には判決に不服がある側が再審の訴えや不服申立ができるが、刑事訴訟の場合には有罪判決を受けた者の利益のためにしか行うことができない。



また、日本の裁判所においては再審請求が認められる事件は年平均わずか2~3件程度と極めて稀。




あくまで、慣例としては再審請求中はなるべく執行しないのだが、だからといって「再審請求をしている限り刑の執行はされない」ことになってしまうことにもなってしまうので、「刑執行の引き伸ばしである」と判断した場合に、再審請求中であろうと死刑執行するのは法務大臣の職務権限となっている。





西川正勝は再審請求中での刑執行なので、人権擁護団体が批判しているが、今回執行された西川正勝がどうこうという問題ではなく、遺族の感情からすれば、法に照らし合わせ、判決が一度出ている以上は償うのは当たり前の結果といえるだろう。



今夜の放送では、桂あやめが事件の詳細を公開。
桂あやめが初めて明かす、西川正勝の人物像にせまる。





目次にもどる

スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

「伊藤詩織さん事件」山口敬之の被害女性の本名は尹詩織さんの可能性【画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

小出恵介フライデー相手の江原ほのりが逮捕の可能性が浮上【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

小室圭の家柄は母親が韓国人の可能性

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

NGT48荻野由佳なぜ1位?AKB48総選挙2017速報に入った不正やらせ八百長がやばい【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

愛子さま激太りリバウンドで「はげてる」画像を女性セブンが報道

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

桑田真澄の息子Mattが整形疑惑と母親のエピソードをさんま御殿で公開【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

細川ふみえ美容整形した今の画像、セクシーデビューいつ販売の噂の真相を告白か【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

川谷絵音ほのかりんの現在、嫁逮捕の噂をワイドナショーで告白か【画像】

小林麻耶が市川海老蔵と再婚のような怪しい写真が発覚

夏菜の顔が変わった理由と逮捕と噂になった真相をダウンタウンなうで告白【画像】

藤田富みるきー渡辺美優紀と文春写真、裏垢と彼女との真相がやばい【画像】



川栄李奈「僕たちがやりました」キスのラブシーンが激しすぎると大反響【動画】