swws

1:



斉藤由貴のW不倫発覚と相手の医師男性のパンテイー被り写真流出について。



もう既に相手のA氏で医者の顔写真はネットやTwitterなどで実名が出回ってるし、住所も特定され、興味本位で撮った写真をSNSで公開され、その近隣住民や近所も本当に良い迷惑をしている。




あのA氏の写真を見た限り、昔からのプレイボーイだったのは間違いないが、斉藤由貴のファンだったことで夫婦間がうまくいっていない斉藤由貴を見過ごさなかった。そんなA氏の甘い言葉に落として、7年も不貞行為を続けていたのに、不倫を当初否定したことに開いた口が塞がらない。





今回の不倫騒動で、NHK大河ドラマ「西郷どん」出演を辞退し、代役が同じスケバン刑事を演じた女優・南野陽子というのも皮肉なもの。


斉藤由貴は「現場への影響はない」という理由からNHKは賠償などは考えていないようだが、他の出演予定ドラマなどのスポンサーから制裁受ければ莫大な違約金が発生する可能性が有るし、相手の医師も斉藤由貴のことを本当に大切に思っているならば、斉藤由貴の家族や所属事務所、仕事関係先にも謝罪すべき事案。




今回は、そんな状況に追い込まれてしまった不倫が決定的となってしまったパンテイー被り写真の流出犯が特定できたと報じられいるので、斉藤由貴のキス写真騒動をまとめてみた。







■目次

斉藤由貴の不倫疑惑を報じた週刊文春
斉藤由貴のパンテイー被り写真を流出させた犯人
斉藤由貴プロフィール
斉藤由貴パンテイー被り写真流出犯は医師の嫁?
斉藤由貴と医師が共に離婚しない理由

斉藤由貴の不倫疑惑を報じた週刊文春










2017年8月、週刊文春が最初に報じた斉藤由貴と医師の手つなぎ写真。


その記事内容では、斉藤由貴と相手の50代開業医・A氏と仲良く手をつなぎ、斉藤由貴の別宅に入っていく様子の写真をスクープした。

斉藤由貴3



この写真は医師が経営するクリニックの昼休み時間に撮られたもので、それぞれの自宅とは別の賃貸マンションの一室を借りて、逢瀬を重ねていたという。




だが、この手つなぎ写真について、不倫となる決定的な証拠にはならなかったため、斉藤由貴は会見を開き、不倫疑惑を否定。斉藤由貴は会見のなかで、不倫については全否定し、医師については「いつも家族がお世話になっているお医者さんです」とコメント。不倫関係について「そういうことはない」と改め否定した。一方の医師も斉藤由貴との関係を「往診です」と答えている。

斉藤由貴1







しかし、その2017年9月に掲載された週刊誌「Flash」で斉藤由貴とその不倫相手の医師と思われる男性とのキス写真、さらに斉藤由貴のパンテイー被り写真が掲載されると一転し、不倫関係を認めるコメントを出している。
swws

斉藤由貴3




9月11日に放送された日テレ「スッキリ」での相手医師の独占取材では、医師は斉藤由貴との不倫関係を認め、7年前の2012年から家族の付き添いで医師のクリニックを受診し、そういった不倫関係になっていったと赤裸々に語った。




目次にもどる

斉藤由貴のパンテイー被り写真を流出させた犯人






本紙デスク 斉藤は幾島役を演じる予定だった。大奥に入った人物で、江戸幕府の情報を薩摩藩に伝えていた女性。西郷と密に連絡を取り合う役だからキーパーソンとなるはずだった。見られないのは残念だ。



リポーター でもキス写真は2人っきりの時に自撮りしたものでしょう?なぜ流出したんですかね。



本紙デスク 2人に近い人物が何らかの方法を使って手に入れたとしか考えられない。斉藤と医師は犯人捜しをしていたようだから、それなりの見当はついているんだろうけど。


週刊誌記者 ベッキーと川谷絵音のケースと同じだね。2人しか見られないハズのLINEのやりとりが漏れた。彼らも一度は関係を否定したけど、結果的にバレてしまった。


本紙デスク 2人だけの秘密の思い出は、記録ではなく記憶の中だけに残すのが一番だね。嫁にバレると大変だもんね…。


リポーター 何か心当たりでもあるんですか?怪しいですね。


本紙デスク ギクっ!


スポニチ







目次にもどる

斉藤由貴プロフィール








斉藤由貴2





斉藤 由貴(さいとう ゆき)

本名・小井由貴
生年月日 1966年9月10日50歳
出生地 神奈川県横浜市
身長 161 cm
血液型 B型
所属事務所「東宝芸能」


1984年、「少年マガジン」ミスマガジングランプリを獲得して芸能界デビュー。
第一次アイドルブームの80年代に女優や歌手としても活躍。その透明感あふれる美少女っぷりから第一線の「アイドル」としても人気を博し、時代を彩ってきた。



斉藤由貴、浅香唯、南野陽子の三人は同期で、この中では南野陽子が一番人気があったが、斉藤由貴は初代スケバン刑事でブレイク。

斉藤由貴7



1980年代女性アイドル全体で見れば、先輩の松田聖子や中森明菜の方が人気があったが、デビューから30年以上経った今も変わらず女優として活躍し、瑞々しい魅力を放つのは斉藤由貴だけになる。





私生活では、1991年に尾崎豊と不倫が発覚。
尾崎豊は当時、離婚調停に入っていたが、斉藤由貴と破局したその半年後、尾崎豊は自○している。その2年後の1993年7月には、川崎麻世と浮気が発覚。妻のカイヤが見守る中、川崎麻世が謝罪するという異例の会見が行われた。
斉藤由貴6



恋多き、斉藤由貴だったが1993年9月、「モルモン教徒」の友人から、アメリカの大学に留学中の1歳年上の男性・小井延安と出会い結婚。斉藤由貴の父親が、モルモン教徒だった影響で、斉藤由貴自身もモルモン教徒だったことで意気投合。10日後に斉藤由貴の実家を訪れ、婚約、結婚という超スピード婚だった。


現在は3児の母となり、女優としても活躍している。





目次にもどる

斉藤由貴パンテイー被り写真流出犯は医師の嫁?




斉藤由貴4


スポニチ記者の記事によると、意味深に嫁が怪しいように書かれているが、実際に一番疑われるのは医師の嫁。




例えばスマホ等に写真が保存されていた場合、同居している人間ならば入手しやすい。
だが、写真を流出させたのは身内ではなく、第三者だと感じているからこそ、斉藤は事件化を視野に入れて警察に相談しているのだろう。



写真は医師のパソコンフォルダから流出したものなので、医院に置かれているパソコンのフォルダに入っていた。そこにアクセス出来る第3者は病院関係者に絞られる。




この医師の医院は人気有る様なので、何人も女性看護師を雇っている。
文春の記事やスッキリの取材でわかるように医師は平気で人妻と不倫することに罪悪感すらないことを考えると、愛人が複数いても不思議ではない。




医師の嫁が流出元ならキス写真だけで十分に制裁出来ている。いまでは顔の画像も流出(流出経路はわからないが)しているだけに、医師の嫁や子供も旦那の恥に直結するパンテイー被り写真は不倫された妻の怒り以上のものが感じられる。




このような「報復」対象は、一般的に不倫した旦那ではなく、不倫相手の女に向かうと言われているので、嫁以外の女性と言う事も考えられ、別の愛人看護婦の可能性も否定できない。





目次にもどる

斉藤由貴と医師が共に離婚しない理由






医師は斎藤との関係については、すでに解消したと説明しており、スッキリで「今でもぼくは斉藤由貴さんを守ってあげたいと思う。でも今のぼくにはそれはできません」とも語っていることから、不倫関係はすでに終わっているようだ。



宗教上のことを省いてもw不倫となる二人が、7年にもわたる不倫関係にあったことがわかって、二人はなぜ離婚しないのか?は第三者の目から見れば不思議に感じる。




男は大抵浮気は浮気で終わり、後腐れが無い場合が多い。
なので、医師の嫁は離婚を女の浮気は、大抵「本気」になり、夫より浮気相手の方が好きになってハマるから、最悪な結果になる事が多い。



斉藤由貴と医師は7年もの不倫関係ということは浮気ではなく本気。普通の夫婦ならば離婚も視野に入り、医師の嫁に至っては多額の慰謝料を請求できる。


斉藤由貴の場合、お互い厳格なキリスト教徒(末日聖徒イエス・キリスト協会、通称:モルモン教)ゆえ、離婚は多難。また、多感な思春期を迎えた子供達にとってパンテイー被り写真が流出しての両親の離婚は大きな心の傷になる。




斉藤由貴の旦那は邪気に扱って来た事が「妻を浮気へ走らせた」原因の一つと言う自責の念やモルモン教での立ち位置等を考えると素直に離婚を選べない状況に有るのだろう。互いに価値観が違う夫婦なことは確かなので、子供が成人した頃に別居を視野に入れているのかもしれない。




スキャンダルまみれの芸能人でも、実は長い間別なライフワークでひっそりと慈善事業に取り組んでいたり、その逆のケースもあったりで、その人の本当の評価は次第に変わる。



男女間での浮気、不倫は、男女の差は大きくある。

家庭も大事にして、有能で居ながら人格的にも申し分ない男性が長期間不倫をしていて、妻も知らなかったケースもあれば長期間苦しみ、夫が死んでから暫くして暴露するなど、芸能人にはよくある話。




婚姻中の不倫について特に子供が家庭にいて独り立ちしてない時、夫婦の一方の不倫については男女関係なく、悪い影響はない筈がない。母親である斉藤由貴が家族を苦しめ、他の男性を愛している状況に子供の心が理解なんて出来るはずがない。




今は男女同権であり、さらに女性の性の資本主義競争社会でのハンディを社会的にカバーしてこそ、本当の男女の性の平等が実現されるとして、日本においてもそれを目指しているはず。



その結果として女性の社会進出も促進されて、男女が職場やその他の触れ合いの場で交流する機会も増えたことで、女性の不倫が増えてきているのも事実。






妻の不倫は、夫の方は気が付かずに短期間で終わればそのまま見過ごされる場合だって結構あるらしいので、家庭、家事育児、全部妻に任せ、自分は長時間労働、サービス残業までして、家に帰っても風呂だけ入って寝るだけの夫、たまの休みもゴロゴロしているとかで妻が寂しがっているのも気づかず仕事一辺倒と言う、そう言う家庭に置かれている既婚女性を狙う男に「妻が引っかかる」と言う斉藤由貴がかかった典型的なパターン。




とにかく優しい、癒される、心も持って行かれたとなり、やがて不倫が夫にばれたら悲惨な結末がまっている。
結婚生活と言うのは男女間の愛を育む優れた制度であって、これを無視すると予想以上の代償があると言う事は、女性の方は未だに社会的ハンディを克服されているとはいえず、不倫をしてからの社会的バッシングで人生を終えてしまうケースも多い。



不倫は不法行為であり、被害者には深刻な苦しみ不安を与える行為なので、斉藤由貴はその代償を受けることは間違いないだろう。



目次にもどる


スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

「伊藤詩織さん事件」山口敬之の被害女性の本名は尹詩織さんの可能性【画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

小出恵介フライデー相手の江原ほのりが逮捕の可能性が浮上【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

小室圭の家柄は母親が韓国人の可能性

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

里々佳(りりか)竹内涼真の彼女「女性セブン相手」はハニートラップ匂わせ地雷女だった【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

愛子さま激太りリバウンドで「はげてる」画像を女性セブンが報道

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

「Matt」桑田真澄の息子が坂上忍「バイキング」にブチギレ激怒!【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

川谷絵音ほのかりんの現在、嫁逮捕の噂をワイドナショーで告白か【画像】

ゆうきゆう「文春砲の相手」女性患者の名前を特定しハニートラップの可能性が浮上【画像】

夏菜の顔が変わった理由と逮捕と噂になった真相をダウンタウンなうで告白【画像】

山尾志桜里の文春「第2弾」のホテル写真が掲載か【画像】

藤田富みるきー渡辺美優紀と文春写真、裏垢と彼女との真相がやばい【画像】