李信恵


まとめサイト「保守速報」に差別的な記事を作成され、名誉を傷つけられたとして在日韓国人の李信恵が「保守速報」に2200万円の損害賠償を求めた起こしていた裁判について判決が下された。




「保守速報」は、過激な内容で「ネトウヨ」と呼ばれる「過激派」を扇動し、李信恵の記事を40本以上も掲載、その内容が執拗(しつよう)と判断され、200万円の賠償を命じられた。




今回の判例は、掲示板などの投稿を集めて掲載する行為に賠償が認められるのは初めてであり、今回の判例で同じようなまとめサイトは戦々恐々としているだろう。



今回は、李信恵の裁判についてまとめてみた。


■目次

李 信恵プロフィール
李信恵裁判の争点は「名誉棄損」
ヘイトスピーチは名誉棄損?
保守速報の控訴
李信恵の今後

李 信恵プロフィール


李信恵


李 信恵(이(리)신혜)

生年月日1971年8月18日
出身 東大阪市



大阪芸術大学卒。大学在学中より女性誌や地域情報誌でライターとして活動する。卒業後は、フリーライターとして、インターネットのニュースサイト(アジアプレス、サーチナ、ガジェット通信)や、日刊ゲンダイに執筆。日本国内においての差別問題、慰安婦問題、教育問題などに関する分野の執筆を主に行う。



2014年12月にはやよりジャーナリスト賞を受賞。
2014年8月18日、民族差別的な発言で名誉を傷つけられたなどとして、在日特権を許さない市民の会(在特会)桜井誠元会長および在特会に550万円、保守速報の運営者に2200万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。


2016年9月27日、大阪地裁は「社会通念上許される限度を超える侮辱行為」「在日朝鮮人に対する差別を助長、増幅させる意図が明らか」として、在特会と桜井に対し計77万円の賠償命令を出し、桜井側から起こされた反訴を全て棄却した。




2016年、2013年7月から約1年間、保守速報のサイトに、匿名掲示板「2ちゃんねる」などに書き込まれた李信恵を差別、侮蔑するような投稿や写真を、読みやすく編集し掲載していたことに対し、名誉棄損で2200万の賠償を求める裁判を訴訟。保守速報管理人は、「情報の集約に過ぎず、転載したことに違法性はない」と主張していた。



2017年11月、判決は李信恵に対する「頭おかしい」や「朝鮮の工作員」といった表現は、社会通念上許される限度を超えた侮辱にあたる、と認められ、「日本から叩き出せ」などの表現は「日本の地域社会から排除することをあおるもの」と指摘し、人種差別にあたると判断。

保守速報の表題の作成や情報量の圧縮、文字の強調によって内容を効果的に把握できるようになった、と認定し、200万の賠償を支払う判決となった。保守速報管理人側は控訴するとコメントしている。



参照wiki



目次にもどる

李信恵裁判の争点は「名誉棄損」





李信恵は確かに、在日韓国人で反日的な発言をする行動が目立ったため、ネトウヨとされる保守速報の標的となっていた。




「ヘイトスピーチ」は、ここ数年、ろくな定義もせぬままレッテル貼りと言論封殺のために乱発したことで、在日とされる側が行う印象をもっているが、実際はネトウヨとされる側が行ったデモ行為が問題。



李信恵8



誰もが国も、民族も、肌の色も、環境も、健康状態も、頭脳も、顔かたちも、そして性格も、自分で選んだ訳ではない。ただ偶然そこに、そのように生まれただけ。もしかしたら、李信恵と保守速報管理人は、逆の立場で生まれていたかもしれない。



だれも、自分で望んでそこに生まれた訳ではなし、李信恵も生まれた国、民族の歴史は過去に生きた人々が作った歴史である。






今回の裁判結果は、日本では事実に立脚した批判やデモ以外にも執拗に名誉棄損に当たる行為をすることは、そういった「歴史背景は関係ないこと」が証明された。





目次にもどる

ヘイトスピーチは名誉棄損?





勘違いしている人が多いが、犯罪者だろうとなんだろうと、「名誉を汚された」、あるいは、「著しく落とされた」場合ならば名誉毀損で訴えることは出来る。




また、名誉毀損は刑事罰を与えられる事例。

スマイリーキクチ誹謗中傷事件の例を見ても、その件で警察に相談に行ったらわかるが、なかなか名誉毀損で立件してくれることはない。



しかし、日本は「訴訟の自由」が保障されているので、民事で損害賠償請求をすることは可能になる。だが、今回ように「保守速報の記事で精神的苦痛を受けた」と仮に認定されても、損害として認定されるのは、わずかなもの。判例では10万円前後が多いので、弁護士に依頼すれば着手料だけで数十万円。




日本の場合、精神的損害の賠償額が安すぎるので、弁護士費用を考えると赤字。割に合わないことが多いので、ほとんどの人が泣き寝入りをする。




今回の李信恵裁判での200万賠償は異例といっても過言でない。





目次にもどる

保守速報の控訴



李信恵3



保守速報は、民事裁判で名誉棄損の賠償が認められたことで、控訴するようだが、控訴審のハードルは非常に高い。




李信恵裁判が大阪の地方裁判所なので、判決文が「証拠(書面)を基に判断」する傾向にあり、原告・被告の「言った言わない」は審議の対象外。民事裁判での控訴審は相当に困難で「地方裁判所の審議を尽くされた判決を覆すだけの確たる証拠(書面)が必要」となる。





地方裁判所の裁判官は、だいたい「争点を2~3件」に絞り、それについての「証拠書面を重視」。なので、保守速報のような記録に残る記事は、一審で敗訴した原因でもある。




このように、保守速報が控訴審をするハードルはかなり高い。


大抵は、控訴審をしても裁判官によらない原告・被告の両代理人による「和解」申立てによる和解成立へ進められるケースは多い。これは、両者の顔を立てる意味でも和解という形で、賠償金の減額を迫る。



和議・和解は原告・被告が受けるか?受けないか?
李信恵本人が「この和解条件は到底受ける事ができない」というと、代理人(弁護士)でも和解を受ける事は出来ない。



よって、保守速報は200万賠償を支払うことはまず間違いないといえる。





目次にもどる

李信恵の今後



李信恵6


日本では「在日は日本から出て行け」は、ヘイトスピーチになる。



ヘイトスピーチとは「日本以外の国や地域の出身者を排除することを扇動する不当な差別的言動」と定義されている。在日でも全てが悪い人ではないのは前提であり、2016年にヘイトスピーチ規制法が成立。だが、ヘイトスピーチ規制法は処罰がついていないので、「存在しない法律」といえる。



どうして処罰が付かなかったのか?
ヘイトスピーチ規制法は「表現の自由」を規制してしまうので、労働組合などが政府へのデモやストライキも出来ないことになると野党も反対したので、処罰が付かなかった。




2chをみても、近年のネトウヨの暴走は酷く、これからも起こり得る人種差別やヘイトスピーチを規制し、李信恵が訴訟を起こしたことはある意味、良いきっかけになったのかもしれない。




「執拗なヘイト」にあたる誹謗中傷は、訴えるべきで裁かれる行為。

上記のようにヘイトスピーチ対策法は「理念法」であり、罰則がないのが、名誉棄損などの民事訴訟なら問題ないということを証明した。訴訟に踏み切る事自体、金銭面や労力面で心理的負担が大きいので、なかなか踏み切らないことを考えると、この判例が基準になることになる。






李信恵の言動はともかく、今回の判決は「度が過ぎる差別やヘイトは、損害賠償の対象ですよ」と言う意味でも、過剰なネットの書き込みへの処罰として、評価出来る判決だと思える。









目次にもどる

スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

「伊藤詩織さん事件」山口敬之の被害女性の本名は尹詩織さんの可能性【画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

小出恵介フライデー相手の江原ほのりが逮捕の可能性が浮上【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

小室圭の家柄は母親が韓国人の可能性

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

里々佳(りりか)竹内涼真の彼女「女性セブン相手」はハニートラップ匂わせ地雷女だった【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

小浦愛「キス写真」武豊のフライデー相手の抱擁不倫をスクープ【画像】

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

「Matt」桑田真澄の息子が坂上忍「バイキング」にブチギレ激怒!【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

川谷絵音ほのかりんの現在、嫁逮捕の噂をワイドナショーで告白か【画像】

白石隆浩の被害者を特定!家族写真はデマの可能性【画像】

夏菜の顔が変わった理由と逮捕と噂になった真相をダウンタウンなうで告白【画像】

山尾志桜里の文春「第2弾」のホテル写真が掲載か【画像】

藤田富みるきー渡辺美優紀と文春写真、裏垢と彼女との真相がやばい【画像】