春香クリスティーン 4
1:


国会議員の追っかけとしても知られるハーフタレントの春香クリスティーンが、来年の2018年年3月いっぱいで芸能活動を休止すると報じられた。





春香クリスティーンは、自身の芸能活動への不安があり、本人は「新たな分野にも挑戦したい」と周囲に漏らしていたと報じられているので、参院選出馬準備による無期限休業での政界への転身か?と様々憶測が流れている。



春香クリスティーンは現在8本のレギュラーをもっており、それを捨てるということは、かなりリスクが高い決断。




いったい春香クリスティーンになにがあったのか?


今回の引退報道についてまとめてみた。


■目次

春香クリスティーンプロフィール
春香クリスティーンの炎上で逮捕の噂
春香クリスティーンの彼氏
春香クリスティーンの芸能活動休止は政界進出?

春香クリスティーンプロフィール



春香クリスティーン 2

春香 クリスティーン
本名・佐藤 クリスティーン春香
生年月日 1992年1月26日 25歳
出身地 スイス
血液型 O型
身長 169 cm
所属事務所「ホリプロ」



父が日本人で、母がスイス人のドイツ系ハーフ。ドイツ語、日本語、フランス語、英語の4か国語を話せる。 幼少の頃から政治に関心を持ち、休みには多いときで週に3、4回ほど国会を見学しにいくほどの政治マニア。8歳年下の妹・サブリナ陽子は春香クリスティーンブログで頻繁に紹介されて、美人過ぎるとよくネットでも話題になっている。






2010年3月、ホリプロガールズ演劇ユニット「Girl〈s〉ACTRY」で芸能界デビューと同時に、2010年4月、上智大学文学部新聞学科入学。しかし、タレント活動も多忙となり、2年間休学。その後、2013年10月に復学したが、最終的に取得単位数が不足したことなどから、退学している。





目次にもどる

春香クリスティーンの炎上で逮捕の噂



春香クリスティーン



政治に詳しいことでコメンテーターとしても活躍する春香クリスティーンだが、2014年日テレ系「ミヤネ屋」に出演した際に安倍総理の靖国神社参拝についてコメントを求められた際「靖国神社はヒトラーの墓と同じ」と発言し大炎上した。


春香クリスティーン 3





このコメントは予想通り、ブログをはじめ、twitterで炎上。

ネトウヨなどの過激派は、春香クリスティーンに対しての攻撃材料になり、韓国や中国などからもこの発言を利用し、今後日本攻撃の材料にされる事が心配された。確かに春香クリスティーンは「海外では靖国神社参拝とヒトラーの墓参りが同じように扱われている」という主旨で発言したが、この発言については、いろいろ疑問に思うことがいくつかある。




まず、海外とは何処を指すのか。

それは春香クリスティーンの出身地周辺か、靖国に過剰に反応する中国と韓国か。それと、ヒトラーの墓というものは、全世界探してもどこにも存在しない。



春香クリスティーンのいう海外の人々が無知なのか、春香クリスティーン自身が無知なのか、ナチスに対して短絡的に考えてしまう日本人向けの発言としては不適切だった。




確かに昔の日本は、ドイツ等と三国同盟を結んでいた過去は事実であり、枢軸国で敗戦国であることも事実。






海外からは、今でもそのような目で見ている人々もいてもおかしくない。

春香クリスティーンのように、靖国神社参拝を否定するような発言者を排除するのではなく、「否定的な人々」や「理解していない人々」に対して、現在の日本民族が、心をこめて力を合わせ、靖国神社参拝を今の日本を世界中の人々に納得して頂くよう根気よく説明していくことが、とっても大切だと再認識させられた。





炎上した春香クリスティーンだが、「海外ではこう言われている」と第三者的な言い方をしたので、春香クリスティーン自身の発言でもなく、自虐でも反日でも無いのだが、結果、釈明すらしなかったことで、2chでネトウヨとされる連中に標的にされた。


愉快犯がバラエティー番組のドッキリでパトカーに乗せられた画像を使い、「春香クリスティーン 逮捕」などのスレッドが乱立。それを面白がってまとめたまとめサイトで情報が拡散され、逮捕が近いと噂になったりしたが、結局、靖国発言の件はスルーするという残念な結果に終わっている。


春香クリスティーン 1







目次にもどる

春香クリスティーンの彼氏




春香クリスティーン5


2015年にTBS「旅ずきんちゃん」に出演した春香クリスティーンは、22年間彼氏がいないことを告白。そんな自分が嫌で、勇気を出してレンタル彼氏というサービスを利用した経験があるそうだ。その時のデート代は2時間1万3000円。



春香クリスティーンは「デートを勉強してみようと。レンタル彼氏が流行っていると聞いて。ネットに候補のプロフィールが載っていて、読書好きの26歳のイケメンとデートしました」と、恋愛経験が乏しいことを暴露している。




そんな春香クリスティーンは、2015年に番組で告白した構成作家の山際良樹と真剣交際。
日テレ系特番「好きになった人 12~ひな祭りにカップル誕生SP」で公開告白に成功し、人生で初めての彼氏をゲットした。



しかし、その半年後には破局。

現在は共同通信政治部の記者で、総理番などを経て、民進党の蓮舫代表の番記者を務めていたイケメン記者と交際。春香クリスティーンいわく「若いころの麻生太郎に似ていて、常に本を5冊くらい持ち歩いている」という。



その新恋人について新潮が報じているが、春香クリスティーンとデートしていても結局、二人は政治の話ばかり。この交際がきっかけで政界進出も噂されるようになっていったという。



目次にもどる

春香クリスティーンの芸能活動休止は政界進出?




春香クリスティーン6



18歳からでも投票する権利を持つようになっても、投票率は伸びず、日本の学生は政治に関心が無い人が多い。



高校生に限らず、20代も同じであり、江戸時代から人々の不満をそらすために、文化芸術まで創造的なものをどんどん排除することに権力者は腐心した歴史がある。学校環境も、家庭環境でも政治の話をしない人がほとんど。





大人たちも政治に無関心で、日本人の勤労についている8割がサラリーマン。
そのサラリーマンが、政治の話を社内ですることが就業規則で禁止されているので、日常的に政治の話をしてもいい環境にあるのは残り2割の自営業や会社経営者くらい。有権者の8割がサラリーマンで自立していなく、政治に無関心というのは政府の思惑通りになってしまっている。





そんな中、春香クリスティーンのような若い世代が政界進出することは若い世代の主張を届けてくれるパイプになる。民主主義の政治とは「届く声」つまり選挙に投票に行く人達の意見だけが政治に求められている声として、政治家は仕事をしている。



日本のように安定した国においては、選挙の投票するという「義務」、強制ではなく義務は、政治には何も期待せず、参加もしなくとも生活には支障なく送ることが出来てしまう。



その代わり、投票に行かない人の政治に対する意見や希望は存在しないことなる。


これも当然であり、意思表示がないのだから、何を考えているか他人には分からず、結局何も考えていないのと同じことになってしまう。現に、若い世代の意見は政治に反映されず、そのまま日本の世代別投票率に現れている。



高齢になるほど投票率が上がり、若者ほど下がる。



高齢者は政治に何かを求め声をあげるが、若者は何も言わない。
すると政治家としては、高齢者は今の政治に不満があったり、期待することがあるので投票してくれる、その声に答えなければその票を次の選挙で失うことになるのでその人たちの心を掴むためにそれなりの政策に動く。





若者は投票に行かない、若者は政治に期待もしていないが不満もない、国民全体の声としては極々少数派として、受け止められ、その意見は反映されない。




「国が栄えれば子供の数が減る」というのはローマ帝国時代からの教訓であり、急激な高度経済成長を成し遂げた時から日本はその兆候が現れ始めている。



このままでは若者が年寄りを支えていくと日本の社会保障に限界が来る。



少子化対策が未来の課題と言われて40年。
結局なにも改善できていない、その最大の原因こそが若者の投票率の低さ。



国にとって少子化に歯止めが掛からないのは、国家の危機そのもの。

でも国民の意見の集合体でもある国会そこに集約された国会議員(1人につき200万人の国民の声を背負っている計算)には、そこに若者の意見は乏しく国民は重要視していない。




若者の投票率の低さは、世界共通なので本来はそれらも踏まえて、世代によって政策の偏りが出ないように整えるのだが、政治家とて一人の人間。次の選挙で勝つためには、国民から寄せられた声を国会の場で反映させることが、一番の仕事であり、それが出来なければ選挙で負けてただの人になってしまう。




たくさんの声(投票)そのものが今政治に求められている声。





春香クリスティーンのように、若い世代の議員が増え、世代間の問題も国会で取り上げられていけば、若者のリアルが反映されていく。更に少子化の解決の手段そのものは、実はこの40年で出尽くしており、予算さえつけば完全に数年で解決できる段階にきている。





現在の政府のやり方が、企業を優遇して利益を上げさせ、給料に反映させる方法は、都市部ではかなりの効果が出ており、デフレ脱却という大きな目標のためには絶対に必要なもの。だが、一般的な若い人達が 漠然と思い描く将来への不安、社会保障や年金、老後の生活への不安の払拭には至っていない。



一歩踏み出す春香クリスティーンのような人物がどれだけ増えるか。



これらに突破口を見出だすには、若い人たちの意見をどんどん国会に反映させ今の若者がいずれ面倒を見ることになる40~60代も少子化対策が、やがて自分達を助けるために返ってくるものと、メリットを示すことで必ず賛同は得られるはず。




選挙においても春香クリスティーンのような女性が選挙に出れば、若者の層を取り込める「票の開拓」という意味において魅力があり、政治家は無視できなくなっていく。




国が何もしてくれない、のではなく国とは国民の総意に基づいて動いていくものと若者の理解が進めば 必ず変わっていく。そういった意味では、春香クリスティーンの政界進出には大きな意味があるといえる。



春香クリスティーンの芸能活動休止は、引退ではないことは間違いないので、政治家への下準備とみるのが妥当といえる。











目次にもどる

スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

「伊藤詩織さん事件」山口敬之の被害女性の本名は尹詩織さんの可能性【画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

小出恵介フライデー相手の江原ほのりが逮捕の可能性が浮上【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

小室圭さんの家柄が怪しいのに眞子さまと婚約内定【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

里々佳(りりか)竹内涼真の彼女「女性セブン相手」はハニートラップ匂わせ地雷女だった【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

小浦愛フライデー「キス写真」武豊の手つなぎ画像について特ダネが直撃取材【画像】

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

「Matt」桑田真澄の息子が坂上忍「バイキング」にブチギレ激怒!【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

川谷絵音ほのかりんの現在、嫁逮捕の噂をワイドナショーで告白か【画像】

ナスDの肌の色にやらせ疑惑「なぜ黒いのは治るのか」ではなく現在は治っていた可能性【画像】

夏菜の顔が変わった理由と逮捕と噂になった真相をダウンタウンなうで告白【画像】

山尾志桜里の文春「第2弾」のホテル写真が掲載か【画像】

藤田富みるきー渡辺美優紀と文春写真、裏垢と彼女との真相がやばい【画像】