カテリーナ「ウクライナの歌姫」3


2017年11月25日(土)放送、日本テレビ系「のどじまんTHEワールド! 」
19時00分~21時54分



17回目を数える「のどじまんTHEワールド! 」に今回は13の国と地域から精鋭15組の中にウクライナ政府公認の歌姫「カテリーナ」が初登場。



ウクライナの伝統楽器バンドゥーラを演奏しながら、坂本冬実の名曲「また君に恋してる」を歌い上げる。「日本を愛し、日本の歌を愛する」カテリーナの歌声が会場を感動の渦に巻き込む。





今夜の「のどじまんTHEワールド! 」放送に先駆け、出場者とウクライナの歌姫「カテリーナ」についてまとめてみた。





■目次

のどじまんTHEワールド!とは
のどじまんTHEワールド2017出場者プロフィール
ウクライナの歌姫・カテリーナ
ウクライナと日本
チェルノブイリの悲劇
カテリーナの活動

のどじまんTHEワールド!とは


のどじまんtheワールド2017動画


のどじまんTHEワールド!とは、日本テレビ系列で2011年から不定期に放送されているカラオケ番組。


日本の歌をこよなく愛する外国人が世界中から来日して歌唱力を競い、日本の歌が上手い外国人no.1を決定する。日本の歌を得意としてYouTubeで再生回数が多く話題となった外国人や、各国で歌手や聖歌隊としてコンクール受賞歴を持つ外国人などが参加している。




参加者は日本の歌への思いを語った後、日本の歌謡曲やJ-POPの中から好きな曲・得意な曲を日本語で熱唱する。第3回からはスタジオ出演の他に、来日せずに現地で歌を披露する外国人もいる(エキシビジョンの扱いで、採点対象にはならない)。



回が進むにつれて全体的にレベルが高くなっており、前述のエキシビジョン参加で高評価だった後に本戦出場を果たしたり、事前に地域ごとの予選会を行うようになっている場合もある。


参照wiki


・MC
中居正広、西尾由佳理

・大会委員長
テリー伊藤

・審査員
小林幸子、小室哲哉、椎葉克宏(オリコンコンフィデンス編集長)、湯川れい子


目次にもどる

のどじまんTHEワールド2017出場者プロフィール





マリア・ブーエ・ケッセル
ノルウェー代表
にじいろ/絢香


アンゴウア・コナン・ジーン・エマニュエル
コートジボワール代表
栄光の架橋/ゆず


メーガー・バルガウィ
インド代表
恋しさとせつなさと心強さと/篠原涼子 with t.komuro



カスティーヨ・キッズ
アメリカ代表
恋するフォーチュンクッキー/AKB48



スウィンキー
ケニア代表
ゲレンデがとけるほど恋したい/広瀬香美



カテリーナ
ウクライナ代表
また君に恋してる/坂本冬美



オマール・カバン プエル
トリコ代表
前前前世/RADWIMPS


ナーラ&ガイア
イタリア代表
瀬戸の花嫁/小柳ルミ子



イルハミー・ルシディ・アハマド
インドネシア代表
ひまわりの約束/秦 基博


ユニ・サウンド
アメリカ代表
もののけ姫/米良美一


マリオ&マティアス
アルゼンチン代表
ウィーアー!/きただにひろし



アリタ・アルンサワット
ラオス代表
何度でも/DREAMS COME TRUE


マイケル・デイビッド・ボデイン
フィリピン代表
恋/星野源


アクシャヤ&スリレイカ
インド代表
生きてこそ/Kiroro


ジョナタン・アルテタ
ペルー代表
たしかなこと/小田和正



目次にもどる

ウクライナの歌姫・カテリーナ





カテリーナ「ウクライナの歌姫」1


ウクライナ「チェルノブイリ」で生まれたカテリーナ。



1986年4月26日未明、チェルノブイリ原発で爆発事故が発生し、3.5キロの範囲で被曝した「チェルノブイリの悲劇」は、周辺の街を飲み込み、その街で生後1ヶ月だったカテリーナの避難生活が始まる。



避難生活で各地を転々としていた時、ウクライナの民族楽器「バンドゥーラ」の音色に魅せられ、6歳の頃より音楽学校で専門課程に学ぶ。



10歳の時に日本公演のため初来日。16歳からウクライナ・レフゥツキー音楽専門学校で声楽、バンドゥーラの演奏技術、音楽理論を本格的に学んだ後、2008年、音楽活動の拠点を東京に移し、現在ではその美しく透明な水晶の歌声と哀愁を帯びたバンドゥーラの可憐な響きは、日本で多くの人々を魅了している。




コンサート、ライブ活動に加え、音楽教室、学校での国際理解教室やテレビ・ラジオなど多方面で活躍しており、その活動は高校教科書にも取り上げられている。






目次にもどる

ウクライナと日本




日本テレビ系「ネプ&イモトの世界番付」や「世界まる見え特捜部」などの世界情報系バラエティー番組で、「ウクライナは美人が多い国」と紹介されており、旧ソ連邦や衛星国のスラブ系は美人が多いという。




手足が長く金髪・色白の特徴があり、東欧系ではチェコ、スロバキア、ポーランドなど。そのスラブ系の中でも、同胞の方が口々云うのは、ベラルーシ共和国の女性が一番綺麗で美人の比率も高いと言われている。




旧共産諸国の女性は、昔の良き日本女性に近い考え方を持ち、家族を非常に大切にする。レディーファーストを建前的にはするが、「男尊女卑」男性を立てる文化がある。




ウクライナは旧ソ連の一国であり、ロシアとの関係は深いが、今は反ロシア。
そして親アメリカ・EUつまり欧米諸国との関係を重視し、日本との仲も良好と言える。(京都とウクライナの首都キエフは姉妹都市で、東京農大とウクライナ国立農大は姉妹校)




またウクライナはコサック発祥の地であり、コサックと日本の武士の精神性に通じるところがあるということで、日本に対して友好的なイメージを持つウクライナ人も多いそうだ。







目次にもどる

チェルノブイリの悲劇



カテリーナ「ウクライナの歌姫」4


チェルノブイリは旧ソ連のプリピャチ市今はウクライナで起きた原発事故。




現在は、事故を起こした原子炉以外も稼働停止状態で廃炉が進んでいる。
よく、東日本大震災で福島原発事故とチェルノブイリの事故を同じように語っている専門家がいるが、地震とかでなく完全に人為的な事故。





試験の内容はいわゆるストレステストで、外部電源が遮断された場合の非常用ディーゼル発電機を起動完了に要する約40秒間、原子炉の蒸気タービンの惰性回転のみで各システムへの電力を充足できるか否かを確認。



このテストの際に責任者が「やってはいけないこと」をした結果、原子炉が爆発を起こしている。





避難者数はチェルノブイリが9万人で福島が16万人(被害額は20兆円強で同じくらい)



チェルノブイリの被害は相当「盛られている」記述が多いが、原子炉が吹き飛んだチェルノブイリと、原子炉の中の空気が漏れた福島第一では、放出された放射性物質の量も違う。当初は事故の存在自体が隠されたチェルノブイリとは違って、日本では避難も食品の流通規制も速やかに行われているので、福島第一とは全く違った「事故」といっていい。





また、福島第一は住民への被曝量は胎児に影響する100ミリシーベルトには全く届かないレベルなので出産に影響することはない(福島県では新生児の調査を行っていて、結果は毎年公表されている)




放射性物質の放出量は原子炉そのものが吹き飛んだチェルノブイリの方がずっと大量。また、福島第一は中の空気が漏れた事故なので、プルトニウムやストロンチウムなど重い元素はほとんどない。



チェルノブイリは「住めない」というより、政府が「土地を棄てた」ので、福島と比較はできない。




現在では立ち入り禁止を無視して住んでいる人たちもいるし、チェルノブイリ発電所は観光地になっているので、新たな経済効果にもなっている。もちろん日本ではそんなことできない。





目次にもどる

カテリーナの活動


カテリーナ「ウクライナの歌姫」


カテリーナは公演の際、父親が原発敷地内で働いていたこともあり、コンサートの後半にチェルノブイリの映像を流しながら、通訳を交えて自らの体験を語り、ボランティアで、コンサート会場では募金活動も行っている。




家族は自らのチェルノブイリでの体験を通して「原発の危険性」を訴える活動をしながら、ウクライナの民族音楽を世間に広める活動を行っている。



カテリーナとしては、純粋に音楽だけを広めたいのでコンサートの時も、チェルノブイリの話はしていないそうだが、家族の活動の邪魔をすることになることは、それ以上に嫌だそうだ。



「一人の音楽家として生きていきたい」



その思いを胸にカテリーナは、日本でも東日本大震災の地震で傷ついた人たちに「私の歌を届ける」として、ボランティアとしても被災地を訪れ、「それが私の仕事」とひたむきに活動を続けているという。



個人的には、プロよりうまいとかどうとかは問題ではない。
プロのミュージシャンはうまさより個性であり、歌声、歌い方、曲や音楽性等。
その個性で魅了できるのがアーティストである。ただ歌がうまい、顔が可愛いかっこいいとかでは顧客をつかめず、一過性のもので終わる。本物のアーチストは必ずその個性で顧客をつかんでいるので、今後のカテリーナの活動を応援したい。



目次にもどる

スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

「伊藤詩織さん事件」山口敬之の被害女性の本名は尹詩織さんの可能性【画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

小出恵介フライデー相手の江原ほのりが逮捕の可能性が浮上【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

小室圭さんの家柄が怪しいのに眞子さまと婚約内定【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

里々佳(りりか)竹内涼真の彼女「女性セブン相手」はハニートラップ匂わせ地雷女だった【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

小浦愛フライデー「キス写真」武豊の手つなぎ画像について特ダネが直撃取材【画像】

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

「Matt」桑田真澄の息子が坂上忍「バイキング」にブチギレ激怒!【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

川谷絵音ほのかりんの現在、嫁逮捕の噂をワイドナショーで告白か【画像】

ナスDの肌の色にやらせ疑惑「なぜ黒いのは治るのか」ではなく現在は治っていた可能性【画像】

夏菜の顔が変わった理由と逮捕と噂になった真相をダウンタウンなうで告白【画像】

山尾志桜里の文春「第2弾」のホテル写真が掲載か【画像】

藤田富みるきー渡辺美優紀と文春写真、裏垢と彼女との真相がやばい【画像】