スポンサーリンク

「初耳学」



2017年12月17日(日) 放送、TBS系列「初耳学」
22時25分~23時19分






林修がMCを務める初耳学」で「スキャンダル日本史」として、文豪・島崎藤村のスキャンダルを紹介。




ベッキーとゲス川谷の不倫問題で有名になった「ゲス不倫」であるが、日本では昔から不倫は存在した。日本でも「不倫は文化」と言っていた頃の石田純一は、「昔の文豪、役者等は往々にしてその傾向があった」との意味合いで引用し、発言して、物議を醸した。





昔は男性も本宅、妾宅と区別をつけ、妾と言われてしまう立場の女性側にも、プライドと節度が存在した。中には、違う女性も居て、事件にもなっているが、相手の家庭を壊す行為は、基本的にNGというルールがある。




今の不倫の様に、略奪までしてしまう行動は、本末転倒。嫌がらせをする様な行動、「昔の女性には、きちんとした線引きがあった」 だから、「不倫は文化」なのだろう。




今夜の放送では、日本の文豪・島崎藤村と姪との関係が特集される前に先駆け、島崎藤村のゲスすぎるエピソードを紹介する。






■目次

島崎藤村プロフィール

島崎藤村は明治を代表する文豪

島崎藤村の生い立ち

島崎藤村と姪「島崎こま子」との関係

島崎こま子のその後



島崎藤村プロフィール




島崎藤村

島崎 藤村(しまざき とうそん)

本名・島崎 春樹
生年月日1872年3月25日(1943年8月22日)
出身 信州木曾の中山道馬籠(現在の岐阜県中津川市馬籠)




『文学界』に参加し、ロマン主義詩人として『若菜集』などを出版。さらに小説に転じ、『破戒』『春』などで代表的な自然主義作家となった。作品は他に、日本自然主義文学の到達点とされる[誰によって?]『家』、姪との近親姦を告白した『新生』、父をモデルとした歴史小説の大作『夜明け前』などがある。



参照wiki







目次にもどる

島崎藤村は明治を代表する文豪





明治の文豪といえば夏目漱石、森鴎外、島崎藤村、武者小路実篤。

島崎藤村の代表となっているのが「初恋」で、この詩は藤村の「若菜集」に入っている詩の1つで最も有名な詩。

島崎藤村6




ここに描かれた恋物語は、成人を迎え、大人の仲間入りをした女性に、あこがれを感じている少年の姿が浮かぶ。そして相手の少女も、寡黙で純情無垢な存在ではなく、まだ幼さを残している少年をからかって楽しむ、小悪魔的な性格も兼ね備えた女性像でもある。





島崎藤村の生きた時代は、明治初期~昭和初期。
現代とは違い、まだ儒教の古く厳しい教えが生活の基盤にある時代で、「男女七歳にして席を同じうせず」年齢が7才にもなれば、男と女の性は違うものであるという意識を持たせ、同じ場所に座らせてはいけないという教えがあった。





その当時は、若い男女が異性の近くにいることも「はばかれた」時代。

昨日まで子供だと思っていた少女の「大人びた様子に気づいた」にとどまらず、「吐息が前髪にかかるほど、二人の顔が至近距離にいる」ので、林檎(少女の純愛の意)を与えてくれた少女との恋心(初恋)を素晴らしく実感できる詩で、現在でも教科書に載っているほど有名な作品になっている。





目次にもどる

島崎藤村の生い立ち





島崎藤村の作品の多くは「家」という「親族」モノの呪縛、と自らの血脈について非常に恐れ、また、その血を意識したうえで、実生活をもとに描かれている。島崎藤村の一族の不幸と、その原因をもとめて罪と罰と、破戒者としての自分を意識してきた。




島崎藤村の生家は、没落した旧家で馬籠の名家だった。



14歳の時に父を亡くし、何度も「キリスト者として許されざる罪」を背負い、周囲の人々を巻き込んだ「懺悔の告白」ともいえる著作の発表によって、家族や友人をも苦しめる。




島崎藤村は、恥ずかしめを晒して生き続けて、周囲を苦しめ、身近な人の死を何度も経験。
プロテスタント系(キリスト教組織が設立母体となっている)である明治学院の出身にして、20歳にして同じプロテスタント系の明治女学校(明治学院とは別の学校)の教師になり、1年もせずにそこで女生徒と恋に落ち、辞職している。





また、ともに「文学界」の執筆者でもあったが、影響を受けていた北村透谷の自○。
キリスト教徒でありながら自○するということは、それだけでも罪。また、その時期には長兄が公文書偽造の容疑で捕まっている。





島崎藤村が「破戒」を書いた前後の10年間くらいは、毎年のように、妻との間に生まれた娘が3人産まれて次々となくなっており、四女の出産の際に妻もなくしている。




この時期に「春」、「家」を連載して、次兄の娘である姪の島崎こま子と愛人関係になり、叔父が姪を妊娠させるといった事態となり3年間、パリ留学として日本から逃げることなる。この間に、こま子は藤村の子を出産。



帰国後に、また、こま子との関係が復活し翌年に、慶応大学の文学科に講師としての職を得ると、これを清算しようと、ふたりの関係を「新生」で発表したことで、こま子は日本にいられなくなり台湾へ脱出。




この「新生」について、芥川龍之介は「これほどの偽善者に出会ったことがない」と痛烈に主人公(島崎藤村)を批判しているが、これに島崎藤村は「なぜ新生を書いたか、判ってもらえない」と反論している。





目次にもどる

島崎藤村と姪「島崎こま子」との関係



島崎藤村4


島崎藤村と姪「島崎こま子」との関係ついて、もう「破戒」読んでる人にすればわかっているだろうが、島崎藤村は姪のこま子を懐妊させた時は大学受験予備校の先生をしていた。





姪とのただならぬ関係が世間に知れて批判を浴び、こま子との訣別の書として「新生」を著し、仲を清算しようとしたが、この書の中の描写がこま子にまで批判が集まる。





島崎こま子は「新生」の中では21歳で子持ちとなっているが、当時の数え年で21歳なので、いまの満年齢なら20歳。子がいることから島崎藤村との関係を持ったのは18、19歳の時になる。





島崎こま子のことは、妻籠中学校の教師をしていた親戚の「森田昭子」が著書「島崎こま子-おぼえがき」に島崎こま子と会ったエピソードがかかれているが、彼女のによれば通説では「コマ子」は癇癪(かんしゃく)持ちで、気性が激しく、顔のキツイ女とされている。


島崎藤村1


しかし、実際は上品で、口数も少ない清楚な感じの色っぽい美人だったそうで、だからこそ島崎藤村は、兄の次女であるこま子と過ちを犯してしまった。





強引に島崎藤村に迫られて関係をもった島崎こま子は、藤村の子を妊娠するが、激怒した兄が出産した子を養女に出し、島崎藤村もフランスに3年遊学させている。




しかし、近年発見された二人の手紙では、島崎こま子の方が熱烈で、卑猥な恋文を何通も藤村に送っていたそうなので、はじめての男として、忘れられなかったのかも知れない。





事実、島崎藤村が帰国後(1916年)こま子と再会し、変わらない愛人関係を続けている。(出産した子供は養子に出され、関東大震災の時に行方不明になっている)呆れた家族が島崎こま子を引き離すために1918年7月、台湾の伯父秀雄(藤村の長兄)のもとに身を寄せることになったことでそれ以来、藤村とは完全に関係が終わっている。





目次にもどる

島崎こま子のその後




島崎藤村3


1919年12月、島崎こま子は帰京し、一説では右翼活動家となったとか、キリスト教会でボランティア活動したとの情報もあるが、京都大学で学生相手に賄いの仕事に就いたというのが有力のようだ。




こま子は1978年に85歳で病没。二人の間に生まれた子供の行方は不明で、藤村もその行方を知らなかったし、関心がなかったのかもしれない。





藤村自身も自分の妻の愛人に向けた手紙を発見しているが、妻を愛するといったこともなく、「肉欲のため離婚しなかった」とうそぶきまた藤村自身も、一度逢っただけの女性への恋慕に気を向けている。




妹と近親相○した島崎藤村の父、島崎藤村も姪と近親相○となり子を生ませ、しかも姪の母親は、自分の母とも叔母と姪という血縁であって、みなが淫蕩と狂気の血を引いている。






愛のないまま、結婚生活を続けて、子を産ませるためだけの妻との性生活。
7人もの子を毎年のように産んではまた次々と子をなくし、なくなった妻のこと、そして同じ血を引く、姪を愛人として子を生ませる狂気。



自分自身が本来は名家の血筋であり、優越する位置でありながら、その中には「恥すべき家系」といった意識が島崎藤村につねにあった。



偽善の意識と、偽悪的な振る舞いは、その「家」と「血」に対しての象徴ということもできる。そういった心理と人間としての描写の比喩表現として、島崎藤村は文豪になれたのかもしれない。




今夜の放送では、島崎藤村と姪との関係を再現ドラマ化。
世間を騒がせる本物のゲス不倫とは一体なんなのか、不倫は文化の真相に迫る。




目次にもどる



スポンサーサイト



松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】


山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

小出恵介フライデー相手の江原ほのりが逮捕の可能性が浮上【画像】


飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】


小室圭さんの家柄が怪しいのに眞子さまと婚約内定【画像】


ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】


名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】


伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】


濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】


名探偵コナン「あの方」黒幕の正体は烏丸蓮耶とネタバレが判明【画像】


乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】


観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】


今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か


高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張


平野綾スキャンダル「FNS歌謡祭タイムテーブル第二夜2017に松村沙友理と共演


写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】


藤井サチ父親の藤井清孝と自宅の豪邸が金持ち過ぎて凄い!【画像】


後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】


芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】


大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】


フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】


川谷絵音ほのかりんの現在、嫁逮捕の噂をワイドナショーで告白か【画像】


「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】


夏菜の顔が変わった理由と逮捕と噂になった真相をダウンタウンなうで告白【画像】


「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】


藤田富みるきー渡辺美優紀と文春写真、裏垢と彼女との真相がやばい【画像】