前田愛3
2017年12月22日(金) 放送、フジテレビ系列「独占密着!中村屋ファミリー」
21時00分~22時52分






毎年、フジテレビで放送されている中村屋ファミリーの密着番組。



このドキュメント番組はあくまでテレビ放送を前提に制作されている番組なので、DVD化などされておらず、再放送もされていない。




また、今年の春に放送された番組をみた人にはわかるだろうが、過去の映像も度々登場するので、これからの番組を見続けていけば、いままでの中村屋の歴史を振り返りながら見れるので、その流れを理解できる。




フジテレビでは中村屋、日本テレビでは成田屋(海老蔵)の密着ドキュメンタリーを放送し、どちらもこれをきっかけに劇場に足を運んでもらうということに意味がある。





中村勘九郎は梨園で代々続く中村座の座長でもあり、一般に一座を公開して「歌舞伎を一度でも見て欲しい」と門戸を広く開けて、ベルリンやニューヨークでも公演を実現。この放送のおかげで、歌舞伎は知らなくても「中村ファミリー」を知っている。親しみ安く明るくて、お客様を楽しませていることが歌舞伎の本質なのだろう。




今夜の放送に先駆け、前田愛の2人の息子との激動の1年を振り返る前に中村ファミリーについてまとめてみた。




■目次

中村ファミリー番組内容「中村勘九郎・父との約束」
歌舞伎役者とは
中村屋とは
女優・前田愛から梨園へ
前田愛は梨園で良妻

中村ファミリー番組内容「中村勘九郎・父との約束」



前田愛



今年2月歌舞伎座・千穐楽。

重たい桃太郎の鎧を纏い初舞台を務め上げた中村勘九郎の2人の息子。「次の舞台は…」という勘太郎。一方、長三郎は「これでおしまい…」とまさかの引退宣言!周囲を驚かせる可愛い一言から物語は始まる。 中村屋の今年の大勝負は6月にやってくる。





巨大プロジェクト「平成中村座」を8年ぶりに名古屋で行うのだ。

場所は名古屋城。勘三郎が大坂城に出現させた伝説の舞台を彷彿とさせる場所で、中村屋のお家芸『お祭り』『仇ゆめ』を見事に演じ上げる。 長男・勘太郎の大勝負は8月。歌舞伎座で10分間舞い続ける舞踊「玉兎」に挑戦。初舞台から6カ月、成長を見せられたのか? 10月、“引退宣言"の次男・長三郎もわずか4歳で舞踊に挑戦。



前田愛5

“附け打ち"を買って出る勘太郎。しかし…ある事を巡り兄弟ゲンカが勃発! そんな幼い2人を支えるのが勘九郎の妻、母・前田愛と、亡き勘三郎の妻、祖母・好江さん。厳しくも愛情たっぷりに2人の女将さんが“小さな中村屋"へ心血を注ぐ。




そして11月。中村屋は日本全国に残る古い芝居小屋を巡る旅へ。そこで勘九郎・七之助兄弟は父が愛した芝居小屋の人々との感動の再会を果たす。


その情景は11年前、勘三郎の芝居小屋巡りと重なった。 12月、父が世を去った5年前の12月5日も勘九郎と七之助は舞台に立ち続けた京都。万感の想いを込めた舞台で、試練を乗り越え大きく成長した新しい中村屋が躍動する!



公式サイト









目次にもどる

歌舞伎役者とは







歌舞伎役者はご指摘の通り、「屋号」を持つとともに、実は「芸名」を持っている。

「成田屋」の屋号を持つ市川海老蔵も「澤瀉屋」の屋号を持つ市川亀治郎も、「中村屋」の屋号を持つ中村勘三郎も「播磨屋」の屋号を持つ中村吉衛門もすべて芸名(本名で活躍する役者はいない)。




次に、「芸名」が同じであっても「屋号」が同じとは限らない。


市川海老蔵と市川亀治郎の場合、同じ「市川」でありながら、「屋号」も異なり、例え同じ「屋号」であっても、必ずしも血縁関係にあるとも限らない。




例えば、「梨園の革命児」と言われた市川猿之助(市川亀治郎の叔父)は血縁に限らず、多くの弟子を育てたため、彼の「澤瀉屋」はわずかな血縁と大勢の弟子によって構成されている。


さらに、「高麗屋」の松本幸四郎と「播磨屋」の中村吉衛門は、「屋号」も「芸名」も異なるのに実の兄弟。養子縁組や大名跡の継承によって、異なる「屋号」や「芸名」であっても血縁関係にある場合がある。



つまり、梨園の境界線は非常にあいまいで分かりにくい。


歌舞伎では「演目」に応じて、その「型(演出、演技の細目)」が決まっているので、例えば、一門にその演目の役を演じた先輩役者がいない場合は、「屋号」や血縁に関係なく、経験のある役者に教えを請い、その指導に倣って役を勤める。




この「演目」はすべて「歌舞伎界の財産」

だから、「互いに協力し合う」という考えをもっている。「屋号」に限定しない、そうした柔軟性が歌舞伎界にはありながらももちろん、代々親から型を倣う演目などでは、自然とその家独自の演出や演技の特徴があったりする。




屋号による特徴は「成田屋型」「音羽屋型」と言われたり、役者の名前で「團十郎型」「菊五郎型」、あるいは「猿之助演出」と呼ばれ、かならずしも、従来の「型」を絶対視せず、個性を認める流動性も見られる。



東西でも大きく違い、江戸では比較的「型」を重要視、関西の上方歌舞伎では、毎回新しい工夫を加える気風もある。同じ古典芸能である能などと違って、常に新しいものを受け入れる風土が歌舞伎界にある一面と言えるかもしれない。








目次にもどる

中村屋とは




歌舞伎界でも「中村屋」と名のつく歌舞伎役者は多く、それぞれ一族で異なる「屋号」を名乗っておられるので、一般には理解しづらいので簡単に構成してみる。



前田愛4


まず、「中村勘三郎」の長男が「中村勘九郎(襲名するまでは勘太郎)」、二男が「中村七之助」。中村勘三郎が亡くなったことで、嫁の前田愛との長男「七緒八(なおや)」が、2016年に舞台上で紹介された。


この家系の屋号が「中村屋」。



父親である中村勘三郎の嫁の家系は「成駒屋(なりこま・や)」。父「中村芝翫(しかん)」は人間国宝であり、日本俳優協会の会長も務めていた歌舞伎界の重鎮だったが、2011年に亡くなっている。




この長男が「中村福助」、二男が「中村橋之助」。
橋之助の嫁は結婚前、アイドルだった三田寛子。この成駒屋は数代前に上方に派生し、関西を中心に活躍している。こちらの長男は「中村翫雀(かんじゃく)」、次男が「中村扇雀(せんじゃく)」。翫雀の長男は「中村壱太郎(かずたろう)」。




中村獅童の屋号の「萬屋(よろずや)」も中村一族。

この萬屋は「中村歌六」を筆頭に、梨園の中でも徐々に大きな勢力になっている。特に、平成生まれの御曹司の宝庫で、もとを辿れば、中村勘三郎の家もこの「萬屋」になる。




この他にも「中村芝翫」に連なる一族や、人間国宝「中村雀右衛門」に連なる一族、同じく人間国宝「中村富十郎」に連なる一族に加えて、最近、人間国宝になった「中村吉右衛門」に連なる一族と派生していく。




前回の放送では、中村勘九郎と結婚した女優・前田愛が若女将として活躍する様子や長男の七緒八(なおや)くんの初舞台に密着。中村勘九郎から歌舞伎の厳しい指導をうける七緒八くん前田愛は離れて見守る姿は、子役上がりの女優・前田愛の姿ではなく、すっかり若女将になっていた。






目次にもどる

女優・前田愛から梨園へ





dfdfd


前田愛
生年月日1983年10月4日


子役時代にフジテレビの人気番組だった「あっぱれさんま大先生」に出演。

「さんま大先生」でさんまに「ジュニア」と呼ばれて、クラスの中でもドラマや映画に幅広い活躍を見せた。


ちなみにさんまの「ジュニア」の由来は、wikiの前田愛のページで見たところ、両親が芸能人だという記載はなかった。なので、「ジュニアアイドル」という名称がその当時流行っていたことから、前田愛もその「ジュニアアイドル」の一人だったので、おそらくそこから略してさんまが「ジュニア」と言ったのではないか?と推測される。

前田愛6



本格的に女優として活躍していたが、中村勘九郎と出会い結婚し梨園の妻に、持ち前の気の強さを息子の七緒八くんも受け継ぎ、初舞台の歌舞伎を4歳で難なくこなす姿を見せてくれた。

前田愛2



目次にもどる

前田愛は梨園で良妻



fdfdfdfd


前田愛と中村勘太郎の結婚式の時の「金曜プレステージ 密着!勘三郎が泣いた 勘太郎挙式&感動秘話」放送で、「前田愛の母親は病気で他界している」と紹介されている。昔なら家柄なども重視された梨園の妻も、芸能界などから多くが嫁入りされていることから、家柄がどうこうよりも現在は「本人の覚悟」の問題なのだろう。




梨園の妻になった芸能人は前田愛、三田寛子、藤原紀香、小林麻央。
成田屋が歌舞伎では一番古くからあって由緒正しい家系なので、小林麻央が一番の重圧と戦っていた。




海老蔵の嫁で今年旅立った小林麻央と前田愛は、良くも悪くもよく比較対象にあげられた。




夫婦揃って今をときめく美男美女で、性格も一筋縄ではいかなそうな前田愛と小林麻央。
結婚当初は二人とも境遇こそ違えど「本当に梨園の妻が務まるのか?」と冷ややかな声が多かった。しかし、前田愛はすぐに跡継ぎの男児を産んだのに対し、歌舞伎界トップの市川家の嫁である小林麻央は長女を出産。(のちに長男を出産)海老蔵事件の不始末、震災時の九州への避難、水の買い占め問題など小林麻央の世間の印象が悪くなっていく。





海老蔵事件の対応の不完全さについては、嫁いだばかりで右も左も分からないがゆえだっただろうし、避難や水の買い占めもあの時期それも妊婦なら、過敏になるのは無理もなかった。



小林麻央自身に重大な責任があったわけではないのに、前田愛とのよく比較され、中村屋のイメージ作りが上手いこともあってか、旦那共々悪い話を聞かない前田愛が「良妻のイメージ」が付いている。




歌舞伎俳優の「梨園の妻」は心身共に大変な仕事。

夫は外に出る仕事であり、お弟子さんも抱えて、役者や役柄によっては、衣装や小道具を自前で用意することもある。御贔屓の方とのお付き合いもあるので、お金はいくらあっても足らないくらい出費は多い。そのため、昔は妻の実家からの経済的な支援も必要だったそうだ。




もちろん梨園の妻として、あらためて勉強することも多いだろうが、立ち居振る舞いなどは一朝一夕という訳にはいかない。



その点、芸能界の仕事をしていた前田愛は、挨拶や上下関係などが分かっているはず。役者の妻は裏方と言っても、劇場でのご挨拶など表に出ることもあるので、出しゃばらない華やかさや社交性も必要なのだろう。



結婚・出産がニュースになれば、夫の舞台も取り上げられるし、子育てが一段落すれば、子供も歌舞伎俳優への道を歩むサポートをしないといけない。そうやって前田愛が表に出ることも、夫へのサポートになっている。



一般人でも結婚生活を長く保つことは一大事。

特に役者一人だけでは成り立っていない歌舞伎の名家と言われる家では、周囲の理解・承諾も得ないと結婚自体ができない。本人同士の気持ちだけでは入ることが難しい梨園で頑張っている前田愛は、家を継ぎ子へ伝える責任の重圧と日々戦っているといえる。




今夜の放送の予告では、中村屋に最大の危機が訪れている様子なので、一部では離婚も噂になっているが、そんな激動の一年を振り返る。







目次にもどる

スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

小出恵介フライデー相手の江原ほのりが逮捕の可能性が浮上【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

小室圭さんの家柄が怪しいのに眞子さまと婚約内定【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

名探偵コナン「あの方」黒幕の正体は烏丸蓮耶とネタバレが判明【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

平野綾スキャンダル「FNS歌謡祭タイムテーブル第二夜2017に松村沙友理と共演

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

藤井サチ父親の藤井清孝と自宅の豪邸が金持ち過ぎて凄い!【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

川谷絵音ほのかりんの現在、嫁逮捕の噂をワイドナショーで告白か【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

夏菜の顔が変わった理由と逮捕と噂になった真相をダウンタウンなうで告白【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

藤田富みるきー渡辺美優紀と文春写真、裏垢と彼女との真相がやばい【画像】