マライアキャリー5

2017年12月25日(月)放送、TBS系列「CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2017」
19時00分~23時30分





TBSの毎年恒例となったCDTVクリスマス音楽番組「CDTVスペシャル」4時間半の生放送特番。



豪華アーティストによる生ライブには、B'zがクリスマスの名曲「いつかのメリークリスマス」をテレビでは12年ぶりに披露。さらに木村拓哉主演ドラマ主題歌「Still Alive」も! 福山雅治は1993年の大ヒット曲「MELODY」をなんと24年ぶりに熱唱。KinKi KidsはCDデビュー20周年を記念して「シンデレラ・クリスマス」を含むクリスマス音楽祭だけのSPラブソングメドレーを披露する。






さらにスペシャルゲストとして世界の歌姫・マライアキャリーが登場。
マライアキャリーはレーベルを移籍したので活動を再開したが、あまりにも変わり果てた激太りした姿でラスベガスのショーに出て、ネットを騒がせている。




いったいマライアキャリーに何があったのか?



今回は、マライアキャリーが激太りしてしまった原因iついてまとめてみた。





■目次

マライアキャリープロフィール
マライアキャリーは世界の歌姫
マライアキャリーの激太り
マライアキャリーの体重が増加した激太り原因
マライアキャリーの体重増加はうつの薬?

マライアキャリープロフィール





マライアキャリー

マライア・キャリー

生年月日1970年3月27日47歳
出身地 アメリカニューヨーク州




マライアキャリーがもつ18曲の全米No.1シングル(Billboard Hot 100)はビートルズに次いで歴代2位で、女性アーティストとしては1位であり、ソロ歌手としてはエルヴィス・プレスリーと並ぶ歴代1位である。全米TOP10シングル獲得数は27曲でアーティストとしては歴代5位。



また、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」においては第79位にランクインしている。 2000年にはWorld Music Awardsにてこれまでに最も多くのレコードを売った女性アーティストとして表彰された。




これまでWorld Music Awardsにてアーティスト最多の17回受賞している。 その他にも俳優(女優)としての受賞を含め、グラミー賞、American Music Awards、Billboard Music Awards、などの4大音楽賞を含め数々の受賞歴がある。



全世界でシングルセールス6500万枚以上、アルバムセールス1億7500万枚以上、トータルセールス2億4000万枚以上のセールスを記録している。一方でデジタルセールスでは1380万ダウンロードを超えるセールス(アメリカ国内のみ)を記録。





2009年12月に米のビルボードが発表した、2000年代(過去10年)アメリカでの最大ヒット曲と最もラジオで流れた曲で 「We Belong Together」(2005年発売)が1位になった。 1995年からはキャンプ・マライアと題された恵まれない子供たちへの社会奉仕活動を自身で設立する等、今[いつ?]でもチャリティー活動には欠かさず参加している。





参照wiki



目次にもどる

マライアキャリーは世界の歌姫





デビュー当時から歌唱力や容姿などで話題となり、数々のヒット曲を作ってきたマライアキャリー。



他の歌手との違う個性としては、メリスマ唱法やフェイクなどの多彩な技術力を使いながら歌って、男性並みの低音から楽器のハープやリコーダーぐらいの高さまで声を出すことが出来ることで、デビュー当時からマライアキャリーは高い評価を受けている。




マライアキャリーの音域は5オクターブもあるということ。(7オクターブの歌姫と言われたことが実際はオクターブ)



また、マライアキャリーはアイルランド系の血(母から白人の血)を引いており、4分の1はアフリカ系ベネズエラ人とアフリカ系アメリカ人のハーフである黒人の父から4分の1ぐらい黒人の血を引いていてかなり複雑な人種。




その影響が原因かは分からないが、ハスキーな声質で技術力を操りながら歌い、とても不思議で独特な歌唱力を持っている。



そしてマライアキャリーの歌には必ずと言っても、高度な技術力があり、個人的に印象に残ったのが「Emotions」でのハープなどの高さであるホイッスルボイスという裏声のさらに裏声と言われている声。







この曲は、プロのアーティストでもかなり難しい曲と言われていて、「ホイッスルボイス」とは日本の歌手で言うとMISIAやドリカム吉田美和などが使っている。世界的な歌手でも「ホイッスルボイス」を出せるアーティストはほんのわずかしかいなく、そのピッチを合わせるのが大変でとても難しい声といわれている。




またマライアキャリーの独特である「メリスマ唱法」はほとんどの歌で多く使われている。




例えば、日本で大ヒットしたクリスマスソング「恋人たちのクリスマス」の最後の部分「Is(イーーーズ) You〜」のIsと高くなるところがメリスマ。デビュー曲の「Vision of Love」もほとんど全てがメリスマで歌っていて、最近での歌の上手いアーティストもよく使っている。有名なアーティストだとLeona Lewis(レオナ・ルイス)「Bleeding Love」はほぼメリスマ。





要するに「歌姫」と呼ばれるマライアキャリーは、ほかのプロでもマネが出来ない、難しい歌唱力を持っていることになる。






目次にもどる

マライアキャリーの激太り






2017年8月、本格的に活動を再開したマライアキャリーは、ラスベガスのシーザーズ・パレスで行われたコンサートで、あまりにも変わり果ててしまった激太りした容姿で登場し、ネットニュースでも心配されていた。




マライアキャリー2



マライアキャリーのステージを鑑賞したファンの証言によると、パンパンの衣装で登場したマライアキャリーは「曲と曲の間に長い休憩を取っていました」と1曲歌う事も辛そうに見え、さらに「明らかに口パクでしたし、衣装替えでは15分も戻ってきませんでした。マライアはステージに戻ってくるときは常に、ベッドやジェットスキーに乗せられて運ばれてきました」などと語っている。


マライアキャリー3



ネットでは、そのSNSで出回っている太りすぎて歩行も困難なマライアキャリーの姿に何らかの病気ではないか?と心配する声が多かった。




マライアキャリーはライブに対しての想いが熱く、ドラマチックな演出が好きだったのに、こんな1曲ごとに休みを入れるほどになってしまっていると、私生活に問題があるのではないかと指摘するニュースも報じられている。





目次にもどる

マライアキャリーの体重が増加した激太り原因




マライアキャリー4


昔、マライアキャリーは日本のソニーに所属していて、ソニーの社長と結婚。

しかし、すれ違いの生活から離婚したため、マライアキャリーを日本では売り出してくれなくなってしまった。そのマライアキャリーに変わるジェニファーロペスを全面的に売り出し、マライアが使用しようとしていた曲と同じ曲を使用といったこともあり、マライアキャリーはあまりジェニファーロペスのことをよく思っていないようだ。





マライアキャリーは、ほかの先輩アーティストに対して、礼儀正しいとまではいかないが、それなりにリスペクトしているし、ビヨンセやブリトニーなどはは名指しで褒めている。



しかし、アリアナグランデやクリスティーナアギレラ、デミロバートなどはあまり好きではないようで、自分より若くて綺麗、マライアとあまり接点のない実力のある女性アーティストと比較対象されてしまうことを嫌う。




マライアキャリーは恋愛・生活関係で上手くいかないなった2000年代から暴飲暴食が報じられ、太ったり痩せたりして世界を驚かせてはいたが、こんなに激太りすることは今回がピーク。





元々、太る体質の上に使い切れないほどのお金があれば、際限なく食べてしまうしだろうし、それを咎められる立場の人間がいないというのが致命傷になっているのかもしれない。





目次にもどる

マライアキャリーの体重増加はうつの薬?


マライアキャリー1




マライアキャリーの売れた理由は「歌唱力と声量」、あの澄んだ声、オクターブを超えて出せる音域の広さ。そして、あの美しい容姿だった。




激太りをする理由として、食事以外でもストレスなど精神的なものが考えられる。

例えば、ホルモン変調の種類によっては激太りする病気もある。抗うつ剤によっては、食欲を刺激したり、代謝傾向を変化させ太りやすくなり休薬後も、影響が残る可能性もあるので、もしかしたらその関係は大きいのかもしれない。



特に最近アメリカで流行っている気分を和らげ、不安、いらいら、不眠などの症状を改善するうつの薬「リフレックス」とかは過剰に摂取するとテキメンに太るようだ。




なので、マライアキャリーの激太りの原因は、うつ病の可能性は充分にあり、捨て切れない。ほっておいても治ることはまずありえないので、(心因が自然と解決すれば別だが)まず、このままでは激太りの改善は望めないだろう。





ちなみに、うつは自覚症状がない場合が多い。
周りが「おかしいから行った方がいい」と言われてもその時は「何がおかしいんだ?」と反発してしまうこともある。なので、誰かに無理矢理連れて行かれないと気づくこともある。




マライアキャリーも今思えば確かにおかしかった言動や行動がある。
末期になると何もできなくなり、歌手どころではなくなってしまうので、一刻も病院での検査が必要といえるだろう。




目次にもどる

スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

小出恵介フライデー相手の江原ほのりが逮捕の可能性が浮上【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

小室圭さんの家柄が怪しいのに眞子さまと婚約内定【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

名探偵コナン「あの方」黒幕の正体は烏丸蓮耶とネタバレが判明【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

平野綾スキャンダル「FNS歌謡祭タイムテーブル第二夜2017に松村沙友理と共演

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

藤井サチ父親の藤井清孝と自宅の豪邸が金持ち過ぎて凄い!【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

川谷絵音ほのかりんの現在、嫁逮捕の噂をワイドナショーで告白か【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

夏菜の顔が変わった理由と逮捕と噂になった真相をダウンタウンなうで告白【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

藤田富みるきー渡辺美優紀と文春写真、裏垢と彼女との真相がやばい【画像】