スーパーナンペイ事件5
2017年12月27日(水)放送、フジテレビ系列「報道スクープSP激動!世紀の大事件V」
21時00分~23時48分




1995年に起った未解決事件「スーパーナンペイ事件」を特集。
スーパーナンペイ事件は事件以降、何度もメディアで取り上げられており、様々な憶測と情報が流れている。



ネットでは警視庁長官狙撃事件、清瀬市警官事件にも関係しているのではないか?など、諸説色々あり、いったいこの事件の真相はどこにあるのか?いまだ不明となっている。





いずれにせよ、現地での警視庁の催し、いまだに新たな目撃情報を求めていることを考えると、現実問題として、真犯人に出頭を訴えるしか解決の方法はないのかもしれない。





3人の犠牲者がいる事件を未解決で終わらすことは警察のメンツにも拘わること。真犯人を捕まえなければ、遺族は報われない。





今夜の放送では、スーパーナンペイ事件の事件が特集されるので、2chで出回っている真犯人説についてまとめてみた。




■目次

スーパーナンペイ事件とは
スーパーナンペイ事件の疑わしい3人の人物
スーパーナンペイ事件の犯人の残した指紋
スーパーナンペイ事件の犯人は中国人?
スーパーナンペイ事件の真犯人の目的

スーパーナンペイ事件とは


スーパーナンペイ事件






八王子スーパー事件(はちおうじスーパーさつじんじけん)とは、1995年7月30日に東京都八王子市で閉店後にスーパーマーケットの女性スタッフ3人が巻き込まれた事件。そのうち2人はアルバイトの女子高生。また、店舗の名前から「ナンペイ事件」とも呼ばれる。







1995年7月30日午後9時15分から17分頃、八王子市大和田町のスーパー「ナンペイ大和田店」の2階事務所で拳銃を持った何者かに女性従業員3人に発砲。


被害者はパートの47歳女性A、アルバイトの17歳の女子高生Bと16歳の女子高生Cの3人(年齢はいずれも事件当時)で、犯行時間は数分間(被害者Aの知人が、迎えに来るまでの間)。犯人は何も奪わずに逃走している。




金庫を開けようとした形跡はなく、その他の貴金属類にも手をつけておらず、金銭目当てではない。
捜査特別報奨金対象事件の中では、捜査機関が犯人を特定していない事件としては、最も発生時期が古い事件となっている。




2015年2月、現場に残されていたガムテープの粘着面から採取された犯人のものと思われる指紋と、10年程前になくなった日本人の男の指紋がほぼ一致したとメディアに報じられているが、一方で前述の粘着面から採取された指紋が不完全なこともあって双方の指紋は完全一致とはなっていないことに加え、この男が本当に犯人であるかについて否定される情報なども出ていることから、警視庁はこの男が犯人とは断定しておらず、捜査は継続されている。





参照wiki



目次にもどる

スーパーナンペイ事件の疑わしい3人の人物





このスーパーナンペイ事件には、3人の容疑者がいた。




まず、現場で指紋が検出された日本人。

この日本人は事件当時すでに60歳近く、2005年頃すでにこの世を去っている。指紋の一致を一部メディアが大々的に報じたことで、犯人とされているが、DNAなどでは一致していないため、警察では「犯人ではない」とされている。


スーパーナンペイ事件4



もう一人は、中国で麻薬取引で逮捕され、死刑判決を受けた日本人ヤ○ザが、「八王子スーパーナンペイ事件を知っている」と発言した。しかし、細部調査する前、中国に刑が執行され、その人物から真相を聞くことが出来なかった。






日本の警察はこの人物の言及を元に、カナダ在住中国人を割り出し、2013年に旅券法違反で逮捕を要請。しかしながら、八王子スーパーナンペイ事件について追及しても黙秘を貫き、真相を突き詰めることができず。結局、懲役2年6月、執行猶予5年で、カナダに強制送還されている。


スーパーナンペイ事件6



この3人の人物は、限りなく「クロに近いもの」の、決定的な証拠が得られず、又、うち二人はこの世を去っているということ。加えて、「疑わしきは罰せず」という日本の司法があることで、解決は困難のまま、現在に至る。








目次にもどる

スーパーナンペイ事件の犯人の残した指紋








スーパーナンペイ事件は、これだけの大事件なのに、初動捜査がズサンだった。

19年以上も捜査して調べつくしたと思ったところ、捜査の担当が変わり、昔の容疑者や証拠を調べなおした結果、犯行に使った粘着テープについていた不完全な指紋と一致した事が最近になってわかっている。



粘着テープに指紋が残りやすいというのは、素人でも解ること。地元警察・警視庁の汚点になる事件として、事件史上に語り継がれる失態といえる。




当初捜査にあたった捜査官は、本気で仕事していなかったのではないか?と思えるほど、酷い捜査が浮き彫りになっており、報道されている内容では、事件発生当初、警察に呼んで容疑者と思われる人物を事情聴取したらしいが、「特に怪しいところが無かった」という理由から容疑者リストから早々とはずしている。




また、粘着テープの粘着部分に指紋が残っていたのは当時の現場鑑識結果でも明らかであったが、当時の鑑識技術ではこれを「採取できなかった」。



現在では最新の技術開発によりDNAを採取。技術の発展によるDNA鑑定で、一部メディアが報じた真犯人とされる12年前になくなった「爺」は違うと断定しているので、常識的に考えて、「真犯人は爺」ではないだろう。







目次にもどる

スーパーナンペイ事件の犯人は中国人?





2013年、日本は八王子市スーパーナンペイ事件の「実行犯を知っている」カナダ在住の中国人男性をカナダより引き渡し要請。




「出入国管理法違反」でカナダの控訴裁判所が引き渡しに同意した。

しかし、過去の例を見ても、中国人の密輸犯罪集団の首謀者が中国に引き渡されるまでに10年以上かかっている。当地(カナダ)では引き渡し先での取り扱いが現状よりも悪化する場合には、あらゆる手段で抵抗できるシステムがあり、難航すると思われたが、4年という歳月を費やした末、カナダから強制送還された。






カナダから移送された中国籍の何亮容疑者(当時43歳)は、勾留期限中、「事件に無関係」との姿勢を貫いた。関係者たちは事件解決にいちるの望みをかけたが、その思いは届かなかった。




報道の受け取り方では、この中国人男性が実行犯の可能性があり、急展開を迎えそうな雰囲気が当時はあった。しかし、この中国人男性は黙秘を貫きカナダに帰国。一部では、この中国人男性のために中国が圧力をかけたとも報じられている。




もし、この中国人男性が実行犯、もしくは実行犯を知る人物だった場合、スーパーナンペイ事件の真相が解明していたはず。



当初、日本の捜査当局は「別件で逮捕したりはしない」との念書を入れたうえで、旅券法違反の容疑で日本にその中国人男性を呼んでいる。もし、別件(たとえばナンペイ事件など)で逮捕したら、日本とカナダの間の外交問題に発展することを覚悟しなければならなかった。




ということは、日本の警察は「この人物が真犯人である」と睨んでいたとは思えず、あくまでも額面通り「真犯人を知っている男である」と睨んでいると考えるのが妥当。(もしも真犯人であると睨んでいるのならそんな念書は入れない)





いまだかつて、国境に絡むこと以外の単なる個人の凶悪犯罪について、中国が日本に対して被疑者の身柄引き渡しを要求したことない。



どこの国籍の人間であろうが、その国で犯罪を犯したらその国の法で裁かれるのが国際ルール。これが国連に加盟している国際的に明確なルールなのだから、これをごり押しで曲げることはどの国にも許されない。



当然のこととして、スーパーナンペイ事件の犯人は日本の法で裁かれなければならず、このことに異論をさしはさむことはどの国にもできない(しかも念書を入れている)






ではなぜ、この中国人男性は黙秘を続けたのか?




旅券法以外で逮捕や拘留をしないという念書を入れたうえで身柄を引き渡しなので、日本の警察は少なくともナンペイ事件で逮捕や拘留をするつもりは最初からなかった。(「任意の事情聴取」という名の強制的な事情聴取まではやっているだろうが)




日本では明白な物的証拠がない限り、怒鳴られても脅されても「知らない。」と言っておけばいいだけ。それでも一般の善良で市民相手なら「オマエが自白しないなら家族の生活をめちゃくちゃになるぞ」等のあの手この手で自白強要はできるだろうが、その筋の人間相手にはそんな脅しは何の意味もない。




普通に考えて、この中国人男性が黙秘を貫いたという事は「スーパーナンペイ事件の真相」、真犯人を知っていると考えるのが妥当だろう。








目次にもどる

スーパーナンペイ事件の真犯人の目的







ネットで出回っている真犯人とされた「爺」は、他の事件で警察に尻尾を捕まえられていて隙が多いし、性格面からもこの事件の犯人像とは重ならい。さらに、自ら警視庁長官狙撃犯だと名乗りを挙げていて、目撃者の高校生2人までも一撃で致命傷を負わせる手腕は、犯人とは手口が別人に見える。





二人の高校生は口封じで、目的は47歳の女性。




47歳の女性にだけ、2発も発砲している。
犯人は下調べも十分に行い、短時間で犯行を完了し冷徹で隙がない(下足痕を追跡されないよう血のりを踏まない細心さを持っている)。粘着テープを使用する際に手袋をはずしていることから、警察で「前科がない人物」の可能性がある。





この47歳の女性は、この地域にある某宗教団体とトラブルを起こしていた過去があり、「口封じの為に事件に巻き込まれたのではないか?」という説も2chで推理されている。







カナダから来た重要参考人は、事件の首謀者や組織を知っているのでは無いか?と言われていた人物なので、中国の犯罪組織が絡んでいる可能性が高く、(犯行の残虐性、足取りのつかめなさ等)暴力団組織などにも探りを入れていたが、結局は現在までなにもわかっていない。




もし、裏切れば一族まで手にかける組織の規律により、カナダ在住の参考人が口を割ることは無いだろうと当初からの見方も多くされていた。




銃に関しては以前の所有者が謎の経歴を持つ日本人で、「國松長官狙撃事件の首謀者」とも言われた人物が以前「別の事件」で使った物と言われている。要するにスーパーナンペイ事件の実行犯人は、とても一人ではできる範囲の行動を越えている領域にいるので、「大きな組織」がバックアップしていることは間違いない。









今夜の放送では、スーパーナンペイ事件を再現ドラマ化。

この3人の容疑者以外にも真相につながる手がかりが公表されるのか、注目したい。




目次にもどる

スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

小出恵介フライデー相手の江原ほのりが逮捕の可能性が浮上【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

小室圭さんの家柄が怪しいのに眞子さまと婚約内定【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

名探偵コナン「あの方」黒幕の正体は烏丸蓮耶とネタバレが判明【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

平野綾スキャンダル「FNS歌謡祭タイムテーブル第二夜2017に松村沙友理と共演

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

藤井サチ父親の藤井清孝と自宅の豪邸が金持ち過ぎて凄い!【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

川谷絵音ほのかりんの現在、嫁逮捕の噂をワイドナショーで告白か【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

夏菜の顔が変わった理由と逮捕と噂になった真相をダウンタウンなうで告白【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

藤田富みるきー渡辺美優紀と文春写真、裏垢と彼女との真相がやばい【画像】