スポンサーリンク

林真須美3



2017年12月27日(水)放送、フジテレビ系列「報道スクープSP激動!世紀の大事件V」
21時00分~23時48分


1998年に起った和歌山毒物カレー事件の犯人・林真須美の事件に迫る。




林真須美は保険金詐欺を繰り返し、私腹を肥やしては、普通の自宅には通常ありえないヒ素が発見されたというのに、裁判ではずっと無罪を主張。林真須美は死刑が確定した現在も冤罪を訴え続けている。




林真須美には4人の子供がおり、長男のインタビューでは愛情豊かだったと語っているが、実際は育児に関してはルーズだったようで、夫の林健治が入院している時に、夫以外の男と肉体関係を持ち妊娠までしていたが、獄中で流産している。




たしか逮捕時に林真須美は、夫・健治と夫婦生活が無かったのに妊娠していて取り調べ中に流産してしまい、それを聞かされた健治は「身に覚えが無い」ので驚いたという。




警察は、終わった事件を捜査することは厳禁なので、林真須美の事件は「終わった」事件として、この事件の捜査は今後行われることはない。



一体、林真須美になにが起ったのか?





今回は林真須美が冤罪を訴える子供の証言について取り上げられるので、事件について簡潔にまとめてみた。



■目次

林真須美の和歌山毒物カレー事件とは

林真須美の冤罪を訴える理由

林真須美のほかに真犯人がいる場合

林真須美の子供



林真須美の和歌山毒物カレー事件とは




林真須美1
1998年(平成10年)7月25日夕方に和歌山県和歌山市の園部地区で行われた、夏祭りにおいて提供されたカレーに毒物が混入された「和歌山毒物カレー事件」。



1998年7月25日、園部地区で行われた夏祭りで、カレーを食べた67人が腹痛や吐き気などを訴えて病院に4人が搬送。 当初保健所は食中毒によるものと判断したが、和歌山県警は吐瀉物を検査し、青酸の反応が出たことから青酸中毒によるものと判断。




知人男性に対する保険金詐欺の容疑で、元保険外交員で主婦の林眞須美(当時37歳)が、別の詐欺及び同未遂容疑をかけられた元シロアリ駆除業者の夫とともに和歌山東警察署捜査本部に逮捕。さらに12月9日には、カレーへの亜ヒ酸の混入した容疑で再逮捕された。




林真須美は容疑を全面否認したまま最高裁まで争ったが、2009年(平成21年)5月18日には、最高裁判所にて死刑が確定。確定した現在も冤罪を訴え、再審請求している。



参照wiki





目次にもどる

林真須美の冤罪を訴える理由


林真須美


林真須美には「言い逃れが出来ない」ヒ素が自宅から大量に発見されている。




旦那が白蟻退治の仕事で、薬品の知識があり、それを使って障害者認定を貰うなどして、障害者と認められると多額の保険金が貰えると言う制度を利用して保険金詐欺をしていたのは紛れもない事実。その夫のほかに、もしかしたら診断した医者も怪しくなってくる。





しかし、林真須美の家から発見されたヒ素と犯行に使われたヒ素は別物と主張し、冤罪を訴えている。




たしかに、林真須美が「カレーにヒ素をいれた」という証拠がないが、関係していることは事実。
運よく決定的な証拠が無かっただけで、犯行を行えたのは、この林真須美だけだったという状況が証言されている。我々一般人は、マスコミの報道やネットの情報でしかこの事件の詳細は知るよしもない。




おそらく、この林真須美の「近隣住民の知ってる」という証言はあてにならない。

その理由は、ヒ素は「カレーに混入したもの」と「林真須美の所持していたもの」とは成分が違うという検査結果があると同時に、犯人が林真須美ではないと思う理由は2点。



・林真須美が無差別に被害者を出すことへのメリット、何の得もないこと。

・わざわざ林真須美の犯行をイメージさせるヒ素を使用したこと。




ワイドショーでの報道でわかるように、林真須美は町内で嫌われていたので、証言では「あの人ならやりかねない」というコメントばかりが繰り返し放送されている。もしかしたら、林真須美は「報復程度」に入れたのかもしれないし、それを見ていた「何者かが林真須美を陥れようと」大量に追加したと考えれば、冤罪臭い要因は十分にある。





目次にもどる

林真須美のほかに真犯人がいる場合





林真須美の動機は語られていないが、報道ではよくあるご近所トラブルが原因とされている。




近隣住民のインタビューで林真須美のゴミの出し方が悪かったり、町内会の行事へ協力する態度がよくなかったりしたことを近所の住人からよく咎められていた。他人から日頃の態度を非難されることに極度にムカつくタイプの女性だったのかもしれない。




林真須美自身は子供4人いても、多額の保険金で周辺住民よりいい暮らしをしていたために、周囲に対する優越感(「上から目線」的な)がどこかにあり、それが近隣の住民の気に障り、住民の林真須美への冷たい態度がさらに真須美の憎悪を増幅させるというような悪循環があった。




しかし、犯人は林真須美という判決には不当ともいえる。


目撃者無し、動機が自己の利益に成らない、(保険金詐欺をする人間がお金にならない無差別はつじつまが合わない)、住民への健康被害が目的と考えるのが妥当。判決も、合理的に判断して「殺人罪」で起訴が間違い、傷害致死なら動機は成り立つ。



日本には「疑わしきは罰せず」とあるように、疑わしきを罰した判決には疑問が残る。

最高裁判事の法を超越した判決であり、冤罪を疑わしきを罰する(魔女裁判)なら小沢一郎は、今頃刑務所に入っていなければおかしい判例といえる。




そこで浮上するのが真犯人の存在。



林真須美と奈良の「騒音おばさん」で話題になった女性と、通じるものを感じる。

自宅に押しかけた報道陣に水を撒いたり、法律を手玉に取った太々しい態度、どっちもマスコミの「晒しもの」偏向報道で築き上げられた揺るぎない犯人像、裏に潜む闇を暴く、根拠の無い報道ばかりが偏ってされている。





また、冤罪の可能性について、犯行当時、林真須美の長女15歳は、自分の親が保険金詐欺をはたらいている事は認識していた。普段は歩けるのに調査員が家に来た時には、林真須美夫妻は歩けないふりをして、障害者認定を受けている。それを長女はちゃんと見ていた。





長女は自分や妹弟にも生命保険が掛けられていると思っていたのか?次は自分が○されるかもしれない。と考えたのか不明ではあるが、成績優秀で学校でも人気者だった様で、事件当時は反抗期だったこともあり、事件当時の林真須美との関係もギクシャクしていた。そして、事件当日は体調が悪く、部屋で寝ていたとの事。事件が発生した後は「何も喋るな!」と妹弟を恫喝し口止めしている。




林真須美と子供達との往復書簡が出版されているが、最初は長女との手紙のやり取りが主だったのに、途中から殆ど長女とのやり取りがなくなり、次女とのやり取りに変わっている。



何故長女は急に手紙を出さなくなったのか?


2人の間に何が有ったのか?



林真須美はその手記の中で「真犯人を知っているが、今は言えない」という発言をしている。これは本当に、真犯人を知っているという意味なのか?捜査を混乱させたかっただけなのか?



2chでも推測では、林真須美被告が長女を庇っているんじゃないか?と推理されている。一部報道では「長女もカレーの見張り番に顔を出していた」と言われている。




林真須美のほかに真犯人かいるかどうかというより、計画的な林真須美がこんな間抜けなことをするとは思えない。(カレーにヒ素を混入すれば必ず犯人と特定される。)自分にも捜査の手は及ぶことは分かっているはず。




いずれにしても、林真須美の手記にあるように真犯人がいるとしたら、その人物を庇っている可能性はあるといえるだろう。








目次にもどる

林真須美の子供




これまでの冤罪が疑われている事件で、真犯人は絶対に捕まっていない。



なぜなら警察は真犯人を捕まえたら過去の捜査、逮捕、科学鑑定が「誤りだった」と自ら証明することになる。なので、積極的に真犯人逮捕に取り組まない。






この林真須美事件は、動機も自白もなく、証拠は間接証拠のみで死刑判決という異例の展開だったので、一国民としては白黒ハッキリさせてほしいという気持ちがある。上にも書いたように警察(検察も裁判所も)は誤りを認めたくないので、林真須美には再審の扉は開かれないのではないことは間違いない。




林真須美には4人の子供がいて、その長男は事件当時、運送屋で働いていて以前は顔出しはせず名前非開示でインタビューに応じていた。その動画はいまでもYouTubeに残っているが林真須美の子供は事件の件で過去にいじめを受けたことで、引っ越しを余儀なくされたという。



犯罪者の子供に生まれたくて生まれたわけじゃない。
子供にとっては可哀想な事件ではあるが、被害者の立場になってみれば、親が犯罪者というだけでその子供までにくくなるのも仕方がないこと。まず、人と同じように祝福されての結婚は難しくなるだろうし、事件を知ったら相手の両親や親戚からは結婚に大反対されるだろう。



林真須美の子供の場合は、自分にすべての非がある訳ではない。


しかし、被害者にとってみれば林真須美が法で裁かれたからハイ終わりとはならないし、度を越えた家族非難は論外ではあるが、加害者側の人間が何を言ってもそれに口出ししても笑われるだけ。そんな権利はどこにもないのに、日本ではそういった風潮がある。



あの宅間守が事件では、父親が報道陣に物をもらって取材を受けていたことに対し、近隣住民は批判殺到。日本だから事件にならずに済んでいるが、血のつながった息子の事件で、取材費を貰って取材を受けることは批判しか出ないのは当たり前。





今回の林真須美の子供が取材に答えるようだが、当然何を答えても批判が出るだろう。
冤罪などは別にして、それが自然な人間の感情なので、事件に被害者がいることを前提に子供が出てきてとやかく言う資格がない。




今夜の放送では、林真須美の子供が何を証言するのか?

林真須美の冤罪を主張するのか、それとも真犯人についてかたるのか、事件に真実が明かされることを期待したい。



目次にもどる



スポンサーサイト



松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】


山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

小出恵介フライデー相手の江原ほのりが逮捕の可能性が浮上【画像】


飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】


小室圭さんの家柄が怪しいのに眞子さまと婚約内定【画像】


ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】


名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】


伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】


濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】


名探偵コナン「あの方」黒幕の正体は烏丸蓮耶とネタバレが判明【画像】


乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】


観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】


今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か


高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張


平野綾スキャンダル「FNS歌謡祭タイムテーブル第二夜2017に松村沙友理と共演


写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】


藤井サチ父親の藤井清孝と自宅の豪邸が金持ち過ぎて凄い!【画像】


後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】


芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】


大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】


フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】


川谷絵音ほのかりんの現在、嫁逮捕の噂をワイドナショーで告白か【画像】


「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】


夏菜の顔が変わった理由と逮捕と噂になった真相をダウンタウンなうで告白【画像】


「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】


藤田富みるきー渡辺美優紀と文春写真、裏垢と彼女との真相がやばい【画像】