スポンサーリンク

都庁爆破6



2018年1月2日(火)放送、TBS系列・新春ドラマスペシャル「都庁爆破!」
21時00分~23時15分








日本で実際に起った都庁爆破事件。

オーム真理教の東京都庁郵便物爆破事件で殺人未遂幇助の罪に問われていた菊池直子が無罪になった。東京高等裁判所は、都庁での封筒爆破事件において、菊池直子に対して裁判員裁判制度での東京地裁判決を覆し、無罪判決。




判決を下した裁判長は、過去に東京都三鷹市で起きた女子高生殺害事件で懲役刑を下した元交際相手に対して、「殺人のほかに交際時代に撮った画像を腹いせにネット上に拡散(リベンジポルノ)したことを理由とした懲役刑は不当」として、やり直しの判決を下したことがある。






これは被告人、事件を踏み台にし、重大事件を扱った「裁判員裁判」を否定するもの。




安倍総理や麻生太郎及び自民党は「テロに屈しないテロと戦う」と息巻いていながら、このようなふざけた判決が出るような日本で本当にテロと防ぐことが出来るのか?。



日本人を標的にしたテロ犠牲者が発生しても、このような判決しかだせないのであれば、日本、もしくは日本人がたくさんいるハワイでも日本人標的テロが起きても不思議でない。






2020年には東京オリンピック開催され、テロリストたちは虎視眈々と狙っている。



今夜の「都庁爆破」ではそういった社会情勢を描写しているので、都庁爆破をわかりやすくネタバレしてみた。










■目次

都庁爆破あらすじ

都庁爆破の原作

都庁爆破ネタバレ

都庁爆破のようなテロ行為が起る?

都庁爆破キャスト



都庁爆破あらすじ







2017年12月24日、華やかな賑わいを見せるクリスマスイブの新宿。


元自衛官の本郷(長谷川博己)は、都庁の展望台を見学に行く妻・麻由子(優香)と娘・朝美(平澤宏々路)と別れ、友人で米国国防総省の担当次官・ケイン高村(吉川晃司)と会っていた。



かつて紛争地帯で本郷に部下を救われたことのあるケインは、本郷が自衛隊を退官した理由を尋ねる。口を濁す本郷。彼はあることがきっかけで仕事に対して自信を失い、同時にこんな自分が家族を幸せにできるのかという悩みを抱えていた。




そのとき、新宿の街に轟音がとどろいた!

外に飛び出した本郷とケインは信じられない光景を目の当たりにする。都庁の建物が爆発したのだ!! パニックの中、都庁へ向かう本郷とケイン。妻と娘の安否は?




都庁爆破2


焦る本郷は、最悪の事態に陥っていることを知る。都庁は、エム(渡部篤郎)と呼ばれる狂信的な支持者を集めるテロリストを中心とする国際的なテロリスト集団・IF(アイエフ)により爆破され、展望室にいた本郷の妻と娘、そして妊婦の結衣(早見あかり)を含む一般客が人質にされていた。




都庁に駆けつけた消防士・海老原(和田正人)や公安部刑事の丸山(小澤征悦)も思っても見なかった事態に声が出ない。「パパが助けに来てくれる」と娘が信じていると知った本郷は、ケインと共に都庁に潜入する決心をする。





IF は犯行声明を発表し、日本政府に要求を突きつける。聞き入れられない場合、都庁に仕掛けた爆弾をさらに爆発させるという。大池都知事(寺島しのぶ)は対策本部を立ち上げるが、御園総理(リリー・フランキー)は政府主導で対応を行うと言い、両者は対立。しかしIFは首都・東京を巻き込んでさらに恐ろしいテロを起こそうとしていた……。




公式サイト






目次にもどる

都庁爆破の原作




都庁爆破

原作は高嶋哲夫「都庁爆破!」

高嶋哲夫の作品は内容が重いものが多く「M8」「津波」「ジェミニの方舟 東京大洪水」など、実際に起きた事件や自然災害関連の小説が多い。





時代のギャップはあるにしても、厳しい被災が描かれている。

被害が生じる可能性という問題に関しては、ほぼ一点の妥協はなく、また、その各点に関して行政や各機関がいかに頬かむりをしているかに関しても鋭く突いている。時代の推移があり、技術の進歩があるので、時代にあった文化の改善はあるのかも知れないが、いまだに根本部分では変わりはないのはたしか。





「都庁爆破!」も実際に菊池直子のような封書爆破事件が起きているし、今後の日本でのテロもありうること。




まだまだ日本人には危機感がない。
テロの問題、貧困の問題、難民の問題等々、我々が目を背けることなく考えなければならないことがたくさんある。日本で享受することのできる平和・安定・医療などは決して当たり前ではないことを再度考えさせられる内容になっている。




ちなみに、どの作品もやはりある程度の人は死んでいく。

ストーリーの主要部分を担う登場人物の死もあったり、主人公は「○○○○」だったなど予想できない展開が人気あるのかも言しれない。






目次にもどる

都庁爆破ネタバレ



都庁爆破3





原作の都庁爆破では、テロリストと戦う展開が描かれている。





テロが起きても動かない国家。

そんな最中、各地で相次ぐテロが発生(模倣犯)し、テロリストに翻弄されて国は大混乱。そして、テロリストによる次の爆発予告が届き、 予告通り、都庁で新たな爆発が発生する。





ここでようやく国が動きだす。


都庁に取り残された人質のために、テロリストの要求を受け入れることが決まり、多額の現金と都庁に犯人たちの脱出用のヘリを用意することを受け入れる。テロリストたちは都庁から脱出した後、閉じ込めらている人質を解放するという交換条件を約束した。





その頃、本郷(長谷川博己)は独自にテロ犯人を捜していて、一人の男の名前が浮上する。





その人物は、エム。
ある団体「IF」の情報を掴んだ本郷は、エムの情報収集するため、勤めていた工場に出向く。すると、大量のサリン製造がされていたことを発見する。




「無差別テロ」
サリンを使用し、各主要機関でテロ行為を行う計画書を発見。その他にも銃やナイフ、大量の弾薬を見つけ、本郷は今回の都庁爆破のテロ犯人は、間違いなくエムと確信する。






本郷は都庁へ向うと、都庁前には救出部隊が突入の準備をしていた。



本郷はその救出部隊に入り、都庁へ。
その頃、テロリストたちが国は用意したヘリで海外脱出するために、空港に向かおうとしていた。 人質だった本郷の嫁・麻由子は犯人の乗るヘリに乗せられてしまう。




本郷たちはヘリがある都庁の屋上向かうが、 まもなく犯人たちの脱出用のヘリが届く。
時間がない中、本郷はなんとか屋上にたどり着くと、そこにはすでにヘリは空へ。悔しがる本郷だったが、周りを見渡すと倒れている麻由子を発見。ヘリに同乗していなかった。



本郷が麻由子の安否を確認するために駆け寄ったその時、犯人たちが乗っていたヘリが大爆発を起こす
。本郷は麻由子を抱え、救出には成功したものの、なぜ爆発したのかわからない。





いったい、なぜ爆発したのか?





エムの真の目的は、 無差別テロ。
最初からエムは、国から金を要求することが目的ではなかった。エムの目的は無差別テロなので、脱出する為のヘリも不要。エムは都庁と共に死ぬつもりだ。



その時、都庁の空調設備からサリンが流れ込んでくる。 都庁にいる自衛隊を含む、救助隊や取り残された数百名の人質の命が危ない。



本郷は、サリンを止めるために 空調システム作動を止めるために機械室へ。本郷は残っていたテロリストたちは待ち構えているなか、交戦し、なんとか機械室へと突入。サリンを止めることに成功。そこにエムが現れ、麻由子が人質として捕らわれてしまう。




本郷は武器を捨て、エムに問いかける。
今までの爆破事件のこと、ヘリの爆破、サリンの目的。自分の仲間も裏切ってまで報復したかった、国、政府への憎悪を語るエム。




「国への復讐」

エムの目的は、都庁爆破というテロの恐怖、国を大混乱にさせること。
確かに、このテロ行為で国の経済はマヒ。エムは最後に目的だった国への復讐を果たしていた。




都庁爆破5




そこに、駆けつけた救助隊に狙撃されるエム。
エムはその銃弾で命を落とし、首謀者であるエムが亡くなったことで、都庁爆破事件の終焉を迎える。







目次にもどる

都庁爆破のようなテロ行為が起る?



実際に日本人を巻き込んだテロは、すでに1990年代からエジプト、バリ島などで起きている。






しかし、日本に住む人々にとっては身近でない事件なので、そのときだけ騒がれて、すぐ忘れてしまって、次に何か起きるたびに同じように騒いで、また忘れての繰り返し。




管理人が思い出せるだけでも2003年、2004年、2008年に、日本はアル・カーイダの標的として名指しされている。



そして、2014年にはイスラーム国(IS)によっても標的と明言された。
ちなみに、9.11 事件の首謀者とされるハリドは、2002 年の日韓共催サッカーワールドカップの際にテロを計画したものの、日本国内に支援基盤がなかったために断念したとも言われている。







それから日本では、テロ対策は進められた。

日本国内には以前よりもムスリムの人々が増えていて、その多くは、習慣は違えど親日的。だからむしろ、彼らと協力関係を築かねばならない。




これはムスリムに限った話ではなく、ヨーロッパの事例を見るに、社会に不満を持っている「非ムスリムの若者」が潜在的な協力者になるケースが多い。その中から過激活動に身を投じる者も出る。そういう人々に対し、ISがネットや雑誌を通じて盛んに宣伝している。





日本でテロの協力者が出るとしたら、それはムスリムが増えたからというより、低迷している日本社会に見切りをつけた人々が出たとき。都庁爆破のように賛同者が増えることが危険。




なので、2016年に制定されたテロ等準備罪(共謀罪)は東京五輪を控える日本にとって、唯一のテロ予防策となっている。




テロ対策自体は、日本はかなり頑張ってる方ではあるが、あまり表には出てこないので、表に出てきたら出てきたで、公安の権力濫用が云々と叩かれそうな部分ではあるのも致し方がないのかもしれない。。








目次にもどる

都庁爆破キャスト







本郷裕二(長谷川博己)
元自衛官。 「人の命を守りたい」「国を守りたい」という強い思いで自衛官になったが、ある事件を機に退官。人生に対し熱意がなくなり失意の中にいる自分が妻と娘を幸せにできるのか、と悩んでいる。自衛隊では爆弾処理隊の隊長だった。




ケイン高村(吉川晃司)
アメリカで生まれ育った日系三世で、米軍、CIAを経て、米国国防総省の担当情報次官。 頭脳明晰。冷静沈着。 かつてイラク派遣時に本郷がケインの部下を助けて以来、友人関係が続いている。ある情報を得て、日本にやってきた。




本郷麻由子(優香)
本郷の妻。元看護師。 性格はさっぱりしていて、意思が強い。 夫が心のうちに何か抱えていることを感じている。 海老原実 和田正人 新宿消防署の職員。 消防官としてのスキルは高く、特別救助隊所属。 都庁の防災担当であり、都庁内部の構造は知り尽くしている。 櫻井結衣 早見あかり 麻由子と同じく都庁の展望室に居合わせた際に、テロリストによって人質にされてしまう妊婦。





御園朔太郎(リリー・フランキー)
内閣総理大臣。政治家一族に生まれる。 都民人気におされた都知事の強硬姿勢に辟易しており、テロ対策の主導権を自ら握ろうとする。 丸山尚人 小澤征悦 警視庁公安部公安第一課所属の警察官。階級は警部補。 本郷とは防衛大学の同期で卒業後は自衛官となったが、その後警察官採用試験を受ける。




大池由紀子(寺島しのぶ)
東京都知事。 強い女性政治家像を打ち出した人気政治家。 圧倒的な支持率を武器に、常識にとらわれない政策を次々と打ち出している。




エム(渡部篤郎)
狂信的な支持者を集めるテロリスト。 国際的なテロリスト集団IFの中心人物。 カリスマ的な統率力を持ち、これまでにも数々の国際的なテロを企ててきた。





目次にもどる


スポンサーサイト



松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】


山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

小出恵介フライデー相手の江原ほのりが逮捕の可能性が浮上【画像】


飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】


小室圭さんの家柄が怪しいのに眞子さまと婚約内定【画像】


ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】


名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】


伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】


濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】


名探偵コナン「あの方」黒幕の正体は烏丸蓮耶とネタバレが判明【画像】


乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】


観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】


今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か


高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張


平野綾スキャンダル「FNS歌謡祭タイムテーブル第二夜2017に松村沙友理と共演


写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】


藤井サチ父親の藤井清孝と自宅の豪邸が金持ち過ぎて凄い!【画像】


後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】


芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】


大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】


フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】


川谷絵音ほのかりんの現在、嫁逮捕の噂をワイドナショーで告白か【画像】


「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】


夏菜の顔が変わった理由と逮捕と噂になった真相をダウンタウンなうで告白【画像】


「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】


藤田富みるきー渡辺美優紀と文春写真、裏垢と彼女との真相がやばい【画像】