渡辺啓太2




2月20日行われた「ショートトラック男子500m」で、日本の渡辺啓太選手が出場したレースがネット上で物議をよんでいる。




この日、1コースの北朝鮮選手がわざとスタートしてすぐに転倒、その瞬間に渡辺選手のブレードを掴んで転ばそうとして再スタートになった。





2度目のスタートでも渡辺選手の腕を掴もうとしたり、手で押し出す行為も見られ、度を越えた危険過ぎるプレーが見られた。その妨害は、とても「1着を狙うプレー」とは思えず、完全に「邪魔をする」ように見えた事で「誰かに頼まれて、わざとやっ多のではないか?」と批判が高まっている。




一体、渡辺啓太選手に何があったのか?



今回の物議を呼んだの渡辺啓太選手のレースをまとめてみた。



■目次

ショートトラック男子500mとは
渡辺啓太選手はメダル候補
ショートトラック男子の北朝鮮選手は韓国の刺客?
渡辺啓太選手を北朝鮮が妨害する理由

ショートトラック男子500mとは






ショートトラック男子500m予選で、日本の渡辺啓太選手の出場するレースで、隣の北朝鮮選手が、2回とも転倒覚悟で妨害しようとした。





一回目は、北朝鮮選手がスタート直後にわざと転倒。
そして、その勢いで渡辺啓太選手の足を引っかけようとしたが、失敗しスタートをやり直し。再スタートの2回目は、腕を伸ばして「あからさまに渡辺啓太選手の進行」を妨害(実際、北朝鮮の選手のペナルティになった)、北朝鮮選手はそのまま転倒し、再び渡辺啓太選手を転倒させようとした。





これは明らかな計画的な妨害行為。

目的は、勝つことではなく、身を犠牲にして、日本の渡辺啓太選手を転倒させようという意図が見える。





ブレードを掴む行為は、一つ間違えたら北朝鮮の選手も手に大怪我を負う行為。






ショートトラックのエッジは、フィギュアとは違い薄くてエッジも刃物なので、もし手首をふんでしまったら、切断の恐れがある。通常、ショートトラックの選手なら、その危険性は熟知しているはず。そのリスクを背負っても「日本人選手を転倒させたい」という事は、選手の意志ではなく「誰か」が指示を出した可能性が高い。




これはISU(国際スケート連盟)で取り上げて、この選手に事情聴取、および北朝鮮に何かしらペナルティーを与えてもいいレベルといって過言ではない。



目次にもどる

渡辺啓太選手はメダル候補




渡辺啓太


渡辺啓太選手25歳は、2017年全日本選手権総合で優勝しているショートトラックでのメダル候補。




日本は近年、ショートトラック低迷期ではあるが、かつて男女合わせて6人ぐらいショートトラックの世界チャンピオンを輩出した歴史がある。




ショートトラックは競技の性質上、体格が劣るアジア人でも勝負になりやすい種目であるため、昔は日本が世界最強と言われていた。ゆえに「メダルを狙いやすい」と見た韓国が、国を挙げて強化し、恵まれた練習環境、有望な選手は小さい頃から学校そっちのけで英才教育を行い、韓国がメダル常連となった。



韓国でのショートトラックは「メジャースポーツ」であり、韓国はメダルの数(金メダル)にすごく拘るので「メダルを取れる可能性が高い競技」を集中的に強化している。





しかし、今回は日本の渡辺啓太選手のような若手選手が力をつけてきたことで、韓国が強かったショートトラックは、今回は難しいという前評判もあった。






目次にもどる

ショートトラック男子の北朝鮮選手は韓国の刺客?






韓国は、ショートトラックに総力を挙げているので、昔から反則スレスレの行為を行ってきた歴史がある。




ショートトラックでワザと他所の国の選手を倒したり、怪我をさせる行為は、2006年のトリノ五輪のショートトラック女子1500メートル決勝で、中国の王濛(ワン・モン)が、3人の韓国選手と相対した際にも行っている。




王は、レース中は、スピードで優勢に立っていたが、韓国の3選手の連携により前に出ることができなかったレース終盤には、「韓国選手の1人が故意に王を妨害」し、失格と引き換えに「王の金メダルを銅メダルへ変えること」に成功した。




他にも、2008年ワールドカップ日本大会では、1500メートルに出場した中国の周洋(ジョウ・ヤン)が、レース中に韓国の鄭恩舟からヘルメットを手で押され、コースアウト。頸椎脱臼のけがを負った。 鄭は失格となったものの、鄭恩舟の「自爆式反則」により、ほかの韓国選手が1、2位となった。




2010-2011シーズンのワールドカップでは、男子500メートル準決勝のレース中、中国の韓佳良(ハン・ジアリアン)が韓国の金炳俊の反則により転倒。 その上、韓国選手のスケート靴で腹部に怪我を負い、リンクは血に染まった。





今回のショートトラック男子は、北朝鮮選手なので「韓国が仕掛けたのか?」不明ではあるが、明らかに「メダルが有力な渡辺啓太選手に妨害行為を行っている」ので、韓国と共謀した可能性は否定できない。



目次にもどる

渡辺啓太選手を北朝鮮が妨害する理由




今回の平昌冬季五輪は、韓国が開催国なので自国の反則には寛大で、相手国の反則には異常に反応している。



この異常さは、世界でも類がない。


日本への反日が原因だけでもなく、論理的思考は関係ない。

試合に勝つ事が正しいので、自分達の不正は「手段」であり、相手の不正は許せないのだろう。また、日韓関係での歴史の捏造に基づいた韓国人の主張は、このような韓国人の日常の行動原理そのもの。



自分を正当化するために嘘や誇張は、平昌冬季五輪を政治利用している時点で察しが付く。




韓国で偽証罪が多いのは、「偽証して身内を守ることが美徳」とされているが、これは真実よりも自分達の正当性が大事なことから生まれる価値観。それは国家間においても全く同じで、真実よりも韓国が日本に対して優位にあることが正当になるので、韓国人の異常な反日がある。





自分たちに不都合な事実は、意識的(むしろ無意識)に除外されるだけ。

これは北朝鮮も同じで、日本による植民地統治から解放された朝鮮半島では、植民地支配への反発も手伝ってか、日本への反日感情は韓国同様に強い。




メダル候補へ「一緒になって渡辺啓太選手を妨害しよう」と結託したと考えれば、納得できる妨害。
身を犠牲にして、韓国に勝たせることが日本に対する報復と考えると、本当にスポーツにも「汚ならしい精神」しか持たずに出場していることを世界中に証明する結果となった。



目次にもどる

スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「丸山桂里奈の元カレ俳優」元彼の芸能人と男性遍歴を暴露【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

浅尾美和「顔変わった」現在の理由は子供が原因か【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

小室圭さん「母親の金銭トラブル」祖父が韓国人だったことが判明!【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

名探偵コナン「あの方」黒幕の正体は烏丸蓮耶とネタバレが判明【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

パパダキス「衣装から胸が見える」女子フィギュア放送事故の動画で罰金に物議

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

和田竜人と松岡伸矢くん「DNA鑑定の結果」父親からの証言で北澤ひさしで確定【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

ロンブー田村淳「青学受験」合格発表の結果は合格の可能性が浮上【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

夏菜の顔が変わった理由と逮捕と噂になった真相をダウンタウンなうで告白【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】