スポンサーリンク

 



北朝鮮の工作員(スリーパーセル)が存在する発言で炎上した三浦瑠麗の発言について。

 

この騒動は、三浦瑠麗のツイッター上で多くの方からの批判的な意見が寄せられているが、「スリーパーセルは三浦瑠麗の頭の中にだけある存在」などと三浦批判をしている人に、「スリーパーセル=潜伏する工作員」は実在するという見解が公安調査庁が内外情勢の回顧と展望というタイトルで、スリーパーセルの存在について公表していたことが明らかとなった。

 

この公安調査庁の中には「スリーパーセル」という文字はないが、「北朝鮮は、我が国においても、潜伏する工作員等を通じて活発に各種情報収集活動を行っている」という記述があった。

 

要するに、三浦瑠麗の発言した「スリーパーセル」は存在するということ。
そして、大阪で無法地帯とされているあいりん地区という場所には、「スリーパーセル」がいる可能性が非常に高くなった。

 

今回は、「スリーパーセル」とされているあいりん地区で現在も行われているという噂の女性売買をする組織についてまとめてみた。

 

■目次

「スリーパー・セル」とは

あいりん地区とは

あいりん地区は無法地帯

あいりん地区の女性売買

あいりん地区での女性売買する犯罪組織

日本に存在する女性売買

 
「スリーパー・セル」とは
 

日本の公安では「スリーパー」と呼ばれている「スリーパー・セル」(直訳すれば「休眠細胞」)という存在を、三浦瑠麗は「北朝鮮の潜伏中の破壊工作員」と称し、「大阪には多くのスリーパー・セルが潜伏している」と出演したフジテレビ「ワイドナショー」で指摘した。

 

実際に、三浦瑠麗の言う工作員の存在は、日本の公安も「北朝鮮は、我が国においても、潜伏する工作員等を通じて活発に各種情報収集活動を行っている」と公式サイトで発表。

 

日本では、いまも拉致問題は北朝鮮の工作員が関わっていることは間違いない。なので、在日する北朝鮮国籍の人への差別といった言葉でかたずける問題ではなく、現実的な一リスクとして考えれば当然のことを三浦瑠麗は指摘した。

 

スパイは「スパイ」と認識された時点で「任務失敗」なので、「どんだけいるのか」把握するなんてできない。しかし、これらの「スリーパー・セル」が大阪に潜伏し、「ヤバイ」状態なのはあいりん地区を見れば明らかとなっている。

 

目次にもどる
あいりん地区とは
 


 

あいりん地区という名称は、1966年5月に国や自治体などの行政機関と報道機関が使用の取り決めを行った名称。

 

あいりん地区は、大阪府大阪市西成区の北部、JR西日本新今宮駅の南側に位置する簡易宿所・寄せ場が集中する地区の愛称である。愛隣地区とも表記され、旧来からの地名である釜ヶ崎とも呼ばれる。近年はバックパッカーの宿泊地としも人気を集めている。


 

あいりん地区には路上生活者が多く居住している(大阪市内の路上生活者は1,456人)。この地域は住所不定の日雇労働者が多いため、人口統計は国勢調査でも明確に把握できていない可能性がある。

 

NPO団体や宗教団体などが炊き出しなどを頻繁に行っており、実施の際は公園に人が列を作って並ぶことがある。また、この地域の物価(料金体系)は隣接している他地区と比べ、総じて低いのが特徴となっている。

一帯は暴力団事務所が多数あることでも有名。

 

参照wiki

 

目次にもどる
あいりん地区は無法地帯
 

「あいりん地区」は暗黙で、もう「どうしようもない」場所。
行政側からの視点では無法地帯とされているが、日雇い労働者または浮浪者が、外から来た人に危害を加える事はあまり報告されていない。

 

東京の山谷、横浜の寿町、名古屋の笹島、大阪の釜ヶ崎(あいりん地区)と合わせて「四大寄せ場」とも呼ばれるように、いずれも同様の「日雇い労働者の街」。昔から根底にある日本の労働市場・労働力市場の構造が根本的が変わらない限り、大都市圏には、同じ機能を果たす地域は必ず発生する。

 

あいりん地区がたとえなくなっても、どこかに「吹き溜まり」が必要であり、歴史的な条件から関西圏ではそれが釜ヶ崎になったというに過ぎない。たとえ行政が強制撤去しても、どこかに必ず「吹き溜まり」はできてしまう。

かつてはあいりん地区で頻繁に暴動があって、何度か交番が焼き討ちされた事すらことがあった。


 

近くの西成警察署には「警察官を守るため」に物々しい鉄格子や監視カメラがついているほど。また、日中でも堂々と盗品の売買が行われており、その証拠に新今宮駅前のファミリーマートのトイレには監視カメラついている。そのトレイの壁に「便器に注射器を流さないでください」「トイレ内で覚せい剤を使用している者、使用厳禁 西成警察署薬物対策係」のはり紙もいまだに張ってある。

 

今は「忘れられた街」として、大きなもめ事は避けている印象があるが、戸籍を持たない住所不定者が多く存在することで、そういった身元確認が取れない連中が、太子の交差点で覚○剤を売ったり、暴力団関係者の上納金にもなっている。

 

阪神大震災の時には、不良外国人が徘徊し、薬物を売りさばいていたそうだ。
その件についてはあまり表沙汰になってはないが、この時にパチンコの貸し玉機を持ち出して解析し、その後大問題となる偽パチンコプリペイドカード問題に発展したことも報じられている。

 

このように今でもあいりん地区が無法地帯であることに間違いはない。

 

目次にもどる
あいりん地区の女性売買
 

上記のように、あいりん地区は無法地帯。


昔の日本の制度上でも認められていた女性売買が、いまだに行われているという。もちろん、現在の法律で女性の人身売買はアウトではあるが、明治5年までは女性に限定ではあるが、人身売買が認められ、奴隷化されていた。

 

明治5年に「芸娼妓解放令」が出てから、人身売買が排除され、制度のうえでは性奴隷の売買はできなくなった。とはいえ、制度上では禁止されても「抜け穴」はいろいろあり、実態としては奴隷化も人身売買もすぐになくならなかった。

 

そして、日本は1925年(大正14年)に「婦女及児童ノ売買禁止ニ関スル国際条約」に参加。これにともない参加各国で実施された国際連盟調査が1928年に日本にも入り、制度上では人身売買は排除された。

 

現実問題としては借金が残っている間は「娼妓を辞めることができない」といった違法性の高い契約を結ばせることが横行しており、借金で人身を拘束し売春させる、つまり奴隷化や、前借金という名目の人身売買もなくなることはなかった。

 

その流れがいまだに残っており、現在の警視庁のサイトのよれば毎年検挙及び被害報告があることが分かる。日本での人身取引実態については、外国人技能実習制度を含むアジア人労働者における強制労働、ナイトクラブや売春などで外国人女性を働かせる強制労働、援助交際や「JKビジネス」などの慣行など、ビジネスへの関与などを問題視している。

 

その女性売買が行われているとされているのが、あいりん地区。
あいりん地区では、そういった女性売買組織が存在し、国籍不明のグループが潜伏しているという。

 

 

目次にもどる
あいりん地区での女性売買する犯罪組織
 

あいりん地区へ取材を行ったメディアは次のように報じている。

 

記事内容

そして最近、不況を背景にこの「人身売買」がさらに凶悪化しているようなのだ。

 

なんと、そのターゲットは10代の少女。女子高生も多く含まれている。白昼堂々とワゴン車で強引に引き込む単純な手口で、なんの罪もない少女たちを監禁してしまうというのだ。これは完全な犯罪行為だが、彼らは3人でチームを組んで、日夜、「人さらい」に勤しんでいる。

 

「(さらったのは)今までで20人は越えるやろな。春先から始めてるから」

接触した関係者はまったく違法行為に手を染めている自覚はない。終始こんな軽い口調で西成の闇ビジネスを語った。

 

参照

 

目次にもどる
日本に存在する女性売買
 

 

2017年に世界各国の人身売買の実態をまとめた米国務省の報告書では、日本は「人身売買の送り先」11年連続2番目という実態。そこに日本があげられてる理由は、東アジア・南米・東欧・ロシア、などから女性に偽装結婚で訪日させているという。

 

日本国内においても「JKお散歩」「援助交際」私たちが、日頃、気付かないことで、残酷なことが日常的に行われてる。

 

毎日のように事件や事故で、若い女性が行方不明になっている。
日本には拉致被害者の会として北朝鮮による被害者の会と韓国による拉致被害者があり、被害者の会としては韓国も北朝鮮も拉致国家として変わりない。売買先は中国、東南アジアに売られて、そういった日本でのターゲットをあいりん地区という無法地帯で行っていると考えられている。

 

北朝鮮の拉致は、日本語や日本の文化を朝鮮人に教える目的もあっただろうが、最近ではこういった犯罪するのは貧乏と対立。人身売買をやっているのは、中国の人身売買仲介業者と、北朝鮮と中国の国境警備隊の警備兵らで、彼らがシンジケートを形成しているらしい。

 

彼らの手によって取引されている女性売買が発覚しただけで、実態はその倍以上に及ぶと考えられる。

 

現在確認されている売買ルートはタイに送られるケース。
運のいい女性はそこで年季奉公すれば、解放されて韓国に入国できるようだ。しかし、無事韓国に入国しても、彼女たちはまともな生活できない。このような無法地帯を無くすためにも、日本に潜むスリーパーセルの摘発を急ぐしかないだろう。

 

 

スポンサーサイト



松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「丸山桂里奈の元カレ俳優」元彼の芸能人と男性遍歴を暴露【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

浅尾美和「顔変わった」現在の理由は子供が原因か【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

小室圭さん「母親の金銭トラブル」祖父が韓国人だったことが判明!【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

名探偵コナン「あの方」黒幕の正体は烏丸蓮耶とネタバレが判明【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

小室圭の母親が借金トラブルを皇室に「もみ消し」依頼していたことが判明【画像】

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】