d4aa32508499c92cd91951dc74732eea

インパルスの堤下敦が、睡眠薬とアレルギー薬を同時服用し、車を運転されてトラブルを起こしたという件について。自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で書類送検された、3月16日に横浜地検は、不起訴とした。



インパルスの堤下敦が服用していた薬は不明ではあるが、アレルギー薬にも、眠気の副作用あり、加えて睡眠薬も服用したのであれば、意識が朦朧になって当然、




今回は、インパルス堤下の事故が不起訴になったのか、騒動についてまとめてみた。





■目次

インパルス堤下プロフィール
インパルス堤下の不祥事
インパルス堤下の事故
インパルス堤下の事故の原因は薬?
インパルス堤下の芸能界復帰の可能性

インパルス堤下プロフィール


010c2eebfb357148a32f2d2e5a08f768-300x300



堤下 敦(つつみした あつし)

生年月日 1977年9月9日40歳
出身地 神奈川県横浜市
血液型 B型
身長 174cmは
東京NSC4期生「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」所属。



インパルスのツッコミ担当。相方は板倉俊之。
高校卒業後、東京NSC4期生として入所。同期の板倉俊之と1998年インパルスを結成。結成前は、別のNSC同期生とコンビ「プラス2トン」を組んでおり、当時はボケ担当だった。


コンビ結成から2年後の2000年4月から2001年3月まで放送された深夜番組『新しい波8』に出演した若手芸人の中から、現在のメンバー5組に選抜される。当初の目標は『とぶくすり』(『めちゃ2イケてるッ!』の前身)のような番組だったこともあり、大ブレイク。



人気番組・テレビコマーシャルなどのパロディのほか、若者文化やサブカルチャー(ネットアイドル、おたく、マルチ商法、ニートなど)を取り上げたコントで、早くから中高生の間で人気を博したが、2005年のゴールデン進出以降はコントが激減し、ゲームやバラエティ企画を中心に放送していた。2010年頃から視聴率が一桁になるなど低迷が始まり、2012年9月26日をもって終了している。



私生活では、2010年12月29日放送『はねるのトびら』年末SPの放送内で公開プロポーズを成功させ、2011年3月3日に入籍していた事が、同年5月11日放送の『はねるのトびら』SPでわかった。11月に番組内で妻の妊娠を発表し、2012年1月24日に長女が誕生している。






目次にもどる

インパルス堤下の不祥事



572ca6079eb14e28869f333ec5f9cdc7-300x184


インパルス堤下は、コンビ結成以降、すぐにブレイクしてしまった芸人のため、下積み期間がないこともあり、はねとび全盛期は天狗になっていたという。



2009年、週刊誌「フラッシュ」がアンケートを行った若手芸人50人が選んだ「今年消える芸人、性格の悪い芸人」ランキングでは、インパルス堤下がランクイン。性格が悪い芸人では3位を獲得してる。



・09年消えそうな芸人

1位 エド・はるみ
2位 ジョイマン
3位 狩野英孝
4位 クールポコ
(以下 小島よしお、モエヤン、にしおかすみこなど)


ぶっちぎりの票数を獲得したのがエド・はるみ。
理由としては、「フリートークの立ち振舞いが地獄。ギャグ以外の需要が考えられない」「グーしかないからキツイと思う」など。芸歴は浅いが年齢は高いため「後輩の態度ではない」と芸歴を重視するお笑い界で、ひんしゅくを買った模様。


2位のジョイマンは「今でも劇場では人気がない」「テレビに出るまで名前を聞いたことがなかった」と、芸人ですら存在を知らなかったようだ。


・性格悪い芸人


1位 大谷ノブ彦(ダイノジ)
2位 エド・はるみ
3位 堤下敦(インパルス)
3位 品川祐(品川庄司)


3位のインパルス堤下は「吉本芸人から評判が悪く、他事務所の芸人ばかり誘う」「天狗になっている」という意見があり、ネットで言われてるのは、森三中の黒沢をインパルス堤下がいじめてた事に大島美幸が生放送でブチ切れ。芸能界でもプライベートでも素行が悪かったインパルス堤下を、大島美幸の旦那、鈴木おさむがバッサリ切ったという噂が広まっている。ほかにも、ハリセンボンのはるかにも陰湿ないじめや、マラソンのときにアンガールズ山根に対する陰口が放送事故で流れてしまったこともある。(これは板倉も含め)


大人しくて言い返せないような人、立場的に下の人をねらって嫌がらせするインパルス堤下にたいして、憎み合ってるというより、インパルス堤下が人に恨みを買うようなことをする人間だったことがわかる。





目次にもどる

インパルス堤下の事故


7a9c14e54f9a420d4a632112ecc4ddb7-300x167


そういった陰険ないじめ的な性格だからか、それとも売れて天狗になってしまったからなのか、私生活では事故ばかり起こしている。


2008年9月27日、制限速度50キロの一般道を80キロで走行し、スピード違反で検挙。
2010年3月6日、秋山竜次と玉突き事故に巻き込まれていたことが分かり、秋山が軽傷を負っていたことが分かった。


2017年6月14日、抗アレルギー薬と睡眠薬を飲んで朦朧としている状態で車の運転席に居たところを所轄の署員に発見される。9月6日、警視庁調布署により道路交通法違反(過労運転、事故不申告)の疑いで書類送検された。



罰金30万円の略式命令をうけ、今後、免許取り消し・欠格期間2年の行政処分が科されるものと報道もあったが、実際は取り消しにまでは至らなかった。



2017年10月27日、横浜市神奈川区の国道1号で乗用車を運転中、赤信号で停車中のごみ収集車に追突する事故を起こし、ごみ収集車に乗っていた3人のうち2人が首を捻挫するなどの軽傷。相次ぐ事故により、謹慎処分とすることを発表した。



自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で書類送検されていたが、2018年3月16日に不起訴処分が確定した。





目次にもどる

インパルス堤下の事故の原因は薬?






インパルス堤下が飲んだ睡眠薬は報道では「レンドルミン0.25mg、ベルソムラ20mg、アレジオン20mg」とされている。




抗アレルギー剤のアレジオンも眠気を催すが、そもそも睡眠導入剤のレンドルミンが出ているので、こちらの影響の方がはるかに大きい。通常「飲んだ後、変に起きているとボーっとしたりフラフラしたりする上、いざ寝ると言うときに切れてくる可能性もあるので、お布団に入る準備が出来て、さぁ寝ようかというタイミングで飲んでね」と言った指導をうける薬。



そういう意味で、銭湯で服用して車に乗って帰るというのは、状況的にあり得ないこと。

インパルス堤下本人の話では、「今回が初めての服用だった」「説明は受けたが、ネット情報では、効くまで時間がかかると目にしたため、帰宅するまでの10分程度の運転は大丈夫だろうと判断した」ということだったが、かってにネットを信じてしまった自己判断がいけなかった。


あと、蕁麻疹のときにお風呂やサウナはNG、なんでわざわざ行ったのか不明で、医者にも「温めるな」と言われるはず。



要するにインパルス堤下は人の話も聞かない、自己中な人物といえる。




目次にもどる

インパルス堤下の芸能界復帰の可能性





インパルス堤下とカテゴリーは違えど、極楽とんぼの山本圭壱のようにテレビ出演は難しく、このまま干される可能性が高い。



似たように事例では、


・ノンスタイル井上→交通事故で適切な対応をしなかった→謹慎はおわっている。

・狩野英孝→女性関係のトラブルが続いたため→謹慎終わっている。

・インパルス堤下→薬を服用し意識もうろうで運転し交通事故、その後周囲から運転を控えるように言われていたのにもかかわらず、短期間で2度目の交通事故を起こしたため→無期限の謹慎中



事務所を解雇ではないので、謹慎が明ければ芸人活動は出来る。


だが、睡眠薬を服用しているという事は、睡眠障害なのは間違い無い。
ならば居眠り運転の可能性が高い。睡眠時無呼吸症候群かも知れないし、事務所がもっと真剣に考えないと、今に死者が出るような(自他問わず)大きな事故が起きるかも知れない。



また、違法薬物の証拠は無いが、何となく「胡散臭い」状況での事故を起こし、度重なる事故でこれだけの騒ぎを起こしたのだから、運転不適合者と言うより性格破綻者に思えてしまう。インパルス板倉がネタのように相方をいじっているが、事故にあわれた被害者からすれば、不快でしかないのは確か。



板倉は何もしてないのにとばっちりで仕事がないので病んだキャラやらざるを得ない感じではあるが、現在、板倉が作家として認められ始めている。なので、謹慎後「インパルス」で活動をやるかどうかは板倉次第。性格から考えると堤下を見放せずに、謹慎半年位したら舞台やネット放送局から復帰しそうな印象を受ける。

通常、大体ボケがしっかりしてて、ツッコミが問題起こしたりすることが多い。


ノンスタイル
(井上、当て逃げ)

インパルス
(堤下、交通事故2回)

チュートリアル
(福田、前輪にしかブレーキ装置を備えていない自転車に乗る)

ピース
(綾部、ペニーオークション)

ダイアン
(津田、歯が多い)


などなど、思いついただけでもボケが事故ばかり。
井上も復帰した当初、漫才で石田が事故のこといじったら「ほんまにごめんって〜」、「許して〜(」みたいないじりをしているが、数ヶ月には「いらんこと言わんでええねん」と悪びれることもなくなってしまった。

結局、謹慎をしようが本人の意識が変わらない限り、インパルス堤下も変わることはないだろう。




スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「丸山桂里奈の元カレ俳優」元彼の芸能人と男性遍歴を暴露【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

浅尾美和「顔変わった」現在の理由は子供が原因か【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

小室圭さん「母親の金銭トラブル」祖父が韓国人だったことが判明!【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

名探偵コナン「あの方」黒幕の正体は烏丸蓮耶とネタバレが判明【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

小室圭の母親が借金トラブルを皇室に「もみ消し」依頼していたことが判明【画像】

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】