スポンサーリンク

 



2018年4月6日(金) 放送、TBS系列「今夜解禁!ザ・因縁」
20時54分~22時54分

 

俳優の保阪尚希が因縁の女性・石川加奈子と対面。

保阪尚希は、女優の高岡早紀と結婚し2児をもうけた後、2004年6月に離婚し、その後に交際をした元モデルの石川加奈子が14年間の交際期間の想いをぶつける。

 

保阪尚希の因縁の女性となった石川加奈子とは何者なのか?

 

今夜の放送に先駆け、石川加奈子についてまとめてみた。

 

■目次

保阪尚希プロフィール
保阪尚希の両親
石川加奈子は元モデル
保阪尚希は経営者
保阪尚希の因縁の女性・石川加奈子


 
保阪尚希プロフィール
 


保阪 尚希(ほさか なおき)
生年月日 1967年12月11日(50歳)
出身 静岡県
身長 180cm
血液型 A型

 

7歳の時に両親を自○で亡くし、祖母に育てられる。(原因は、保阪自身もいまだに知らされないまま)両親がいないことで小学校のころはいじめに遭い、クリスマス会などにも一切参加しなかったという。

 

中学卒業後、アルバイトをしながら明治大学付属中野高等学校定時制へ通い卒業。

 

芸能事務所にスカウトされ、1986年にテレビドラマ「チェッカーズ・イン・涙のリクエスト」への出演でデビュー。

 

1992年の映画『パ★テ★オ』では二役を演じ、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。その後、ドラマや映画など多数に出演し、女性からの人気を集め、萩原聖人や福山雅治と共に「新・平成御三家」などと呼ばれた。

 

 

私生活では一般女性と離婚後、1996年、高岡早紀と再婚、二児をもうける。
しかし高岡が布袋寅泰と不倫関係になり、2004年6月に離婚。離婚届提出後も子供のために、暫くの間同居を継続させていることを明らかにし、話題を集めた。子供達は高岡と高岡の母と一緒に生活している。

 

2007年3月22日、記者会見を開き、同年4月12日に熊本県合志市の六水院で得度を受け、両親の33回忌供養のために仏門に入る旨を明らかにした。剃髪は行わず、芸能活動も継続、法名は尚陽。翌年、両親の供養が終わった後に法名を返納、僧侶としての活動を終え、芸能活動を再開。

 

その後、元モデルの女性と再婚し、現在に至る。

 

参照wiki

 

目次にもどる
保阪尚希の両親
 

 

 

保阪尚希の両親の自○について、本人は原因を知らないと語っているが、当時のテレビ朝日「スクランブル」で報道された内容によると、保阪尚希の伯父を名乗る人物が週刊誌にその真相を述べている。

 

 

それをマスコミが当時事件になった記事を見つけて、保阪尚希の伯父に真相を迫ったので、やむなく保阪尚希は真相を述べたという流れになった。

 

その週刊誌に寄れば、保阪尚希と両親は離婚を考えており、クリスマスで別居中の父親と祝った時に事件が起こる。その夜のことは、週刊誌によれば、復縁を迫っていた父親が母親と無理心中をしたそうだ。


 

子供だった保阪尚希を置いて両親が命を絶ったら、残された子供が可哀想だと普通は考える。

 

親に捨てられたも同然の子供が、その後どうやって生きていったらいいのか?不憫に思う気持ち、親に一人残されたという悲しい思いをさせたくないという気持ち、残された子供が苛められてしまうかもしれない。

 

母親ならはそう思ったかもしれないが、この保阪尚希の父親には、そういう色んな子供を想う気持ちを全く考えず、「自分たちと一緒に連れて行こう」と考えなかった。7歳だった保阪尚希は、自分だけ残されて、悲しくて仕方がなかったはず。

 

このように、保阪尚希は波乱万丈の人生を送っていて、その経験から色んなことに興味を持つようになったそうだ。

 

 

だから、芸能界だけにしがみつこうとしないので、以前はレーサーをしていた。(今もやっているかどうかは不明)また、何故か出家し、フードアナリストという資格を取得して、料理や食に関する執筆などの活動も行っている。

 

なので、芸能活動は色々とやりたいことの一つなのだろう。

保阪尚希は過去に2度離婚し、1度目の奥さんの時はDV疑惑や松雪泰子との浮気、同棲もワイドショーを騒がせた。そして、2度目の高岡早紀との離婚の時は、離婚してもなお同居するという不思議な行動も自身の生い立ちが壮絶だったために、子供には同じ思いをさせたくなかったのだろう。

 

 

目次にもどる
石川加奈子は元モデル
 


石川加奈子(いしかわ かなこ)

生年月日 1979年6月21日

出身地 東京都

 

 

 

保阪尚希は、高岡早紀と離婚後、モデルをしていた石川加奈子と実質的に「恋人」であることを「ミヤネ屋」に出演し告白している。当時は、まだ離婚して間もない時期だったこともあり、結婚についてはまだ先になることをほのめかした。

 

しかし、保阪尚希はとにかく波乱万丈。

 

交際を始めてからも、レーサーになったり、僧侶になったり、はたまた経営者になって様々な人生を歩んでいる陰でずっと陰から石川加奈子は支えてきた。

 

 

目次にもどる
保阪尚希は経営者
 


 

現在の保阪尚希は、俳優業よりもジュニア野菜「ソムリエ・フードアナリスト」の資格を取得し、通販コンサルを行っている。また、独自ブランドを立ち上げ、商品開発して、通販番組「QVC」などに定期出演。テレビ通販番組などに出演し、年商10億を誇る実業家として活躍している。

 

 

その通販では、鍋のような取っ手が付いたフライパンとか、変わった鍋を売ってることが多い。松居○代に似ていて、セールストークが巧みな印象がある。

 

 

 

ネットでは、お店を作るのは誰でも出来る。

 

だが、商品が売れるお店を作るのは相当難しい事で、99.9%の店は売れない。作っても無価値で終わっている。その無価値の為にショップを作っても、無駄に終わる。

 

ではどうすれば確率が上がるのか。

 

保阪尚希は知識、アイデア、製作を駆使し、本当に必要なアドバイスをするなどして、事業を成功させてきた。


ネット通販だと、最近ではヤフーショッピングや楽天市場のモールで開設。
どちらも月額2万円から始めることが出来るし、初期費用や別途諸経費(データダウンロード料、CSV利用料など)がかかる場合もあるが、元手が安くすむ。

 

保阪尚希の会社では丁重に教えてくれるので、1年も努力すれば、10%ぐらいの確立で細々と運営ぐらいは出来る様になっているようだ。半年以内に売上出せる保阪尚希の実績なので、当然といえば当然。多くの芸能人はこういった副業をしても、それだけお金をかけても90%以上のお店は辞めて行っているのが現状にある。

 

ただ何となく、売りたい商品もないし、ルートも確保してない人であれば、例え知名度ある芸能人でもお金をドブに捨てるようなもの。

 

それぐらい厳しい世界で、保阪尚希は成功をおさめた。

 

 

目次にもどる
保阪尚希の因縁の女性・石川加奈子

 

予告では、保阪尚希の因縁の女性Kと放送されているので、交際していた石川加奈子が出演すると思われる。その保阪尚希の因縁の女性Kは、交際期間が14年に及ぶ因縁を持つ。

 

おそらくだが、保阪尚希の因縁の女性といわれる石川加奈子は長期間の交際にも関わらず、結婚をしなかったから出演すると思われる。

 

 

結婚しない男性の理由として、一つはサブカルの充実。

 

まだ独身との関連性としては注目されていないが、例えば幼少期に遊べなかったことで保阪尚希は多趣味になったが、それまでの子供向けであったファミコン時代とは別次元になったことで夢中になっていることは絶対に影響があると考えられる。ネットの充実から家で、手軽に出来るコンテンツが増えたのは未婚率増加の一因。


 

 

もう一つは仕事量の増加。

 

団塊世代が多くが退職し、現役世代が減ったことで、一人に対する仕事量の増加がある。

 

仕事量が増えたことで、残業が当たり前のようになり、仕事がある当日は家に帰っても何もする気がない。

 

昔はアフター5で、仕事終わりに繁華街に行ったり、遊んだりする余裕もあり、新しい異性との交際を求めることだったのが、新しいサブカルという刺激物の出会いを求めることに変わり、日々の余裕も失われている時代になったのかもしれない。

 

いずれにしても、交際14年間もして結婚しないのは、石川加奈子に対してどう思っているのか気になるところ。

 

 

現在、保阪尚希は再再婚をしたという報道もされているので、その相手が石川加奈子なのか?はたまた違う女性なのか?番組内でその再婚についても語られる。

 

スポンサーサイト