スポンサーリンク

 



2018年4月22日(日)放送、フジテレビ系列「Mr.サンデー」
22時00分~23時15分

 

韓国で有名となっている高齢女性による売春「バッカスおばさん」について特集。

 

韓国でも売春は犯罪には違いないが、今回は超熟女「バッカスおばさん」と言う事で、顔出しで報道する価値があるとして特集される。韓国は現在、経済が破たん寸前しているので、なかなか65歳過ぎた女性が働けるところなんて無い。犯罪だと悪いことだと分かっていても、売る方も買う方も居るんだろう。


 

 

いったい、バッカスおばさんとは何者なのか?

 

今回の報道に先駆け、バッカスおばさんについてまとめてみた。

 

■目次

バッカスおばさんとは
バッカスおばさんは違法行為
バッカスおばさんの海外の反応
バッカスおばさんは世界各国にいる?


 
バッカスおばさんとは
 


 

バッカスおばさんの「バッカス」とは、韓国で販売されている滋養強壮剤の商品名であり、このバッカスを差し出しながら客に近づく高齢女性のことを「バッカスおばさん」と呼ばれている。

 

このバッカスは1本、5000ウォン(約500円)、バッカスおばさんと行為を行う際にかかる料金は約2万~3万ウォン(約2000~3000円)。主に活動の拠点は 韓国・ソウル地下鉄の駅周辺でバッカスを売っている女性は毎晩のように約400人近い女性がうろついているという。

 

利用客の多くは60歳から80歳位の同じく高齢な男性。

バッカスおばさんたちの存在は、韓国国内でも有名で1990年代から問題視されてきたが、最近再びスポットライトが当たったきっかけは、海外メディア「BBC」ががバッカスおばさんについて取材したことで海外から注目されることになる。

 

 

目次にもどる
バッカスおばさんは違法行為
 

 

韓国は売春禁止法という法律が存在するため、韓国ではこういった売春行為は違法になる。


しかし、韓国の経済は破綻しているために、簡単に稼げるという理由から若い韓国女性は世界中に出稼ぎに行っていて、「海外旅行し ながら稼げる」という理由から日本や中国、米国、オーストラリアに旅行がてら、このような韓国では禁止されている行為を行っている。

 

日本のように私娼を禁止し、公娼制度に移行すれば、税収も増えるし、売春婦を買いに来る外国人のインバウンド収入も期待できる。なにより、庶民の収入が増え、国家が潤うはず。

 

 

現実の韓国にとって最善の政策なのに、日本に対しての慰安婦問題など抱えているために、そういった虚勢を張っているのかもしれない。

 

よって、働く場が見つからない高齢女性「バッカスおばさん」のような人たちが、街で違法な行為を行う結果となってしまった。

 

目次にもどる
バッカスおばさんの海外の反応
 

 

「老後破綻のスラム暮らしとバッカスおばさん」と題して報じたカナダのVICEは、取材に対し、生活費を稼ぐ一人のバッカスおばさんについて特集。シンガポールでも特集されたが、今回はMrサンデーでもバッカスおばさんについて、特集が組まれる。


なぜ、韓国の内政干渉のようなバッカスおばさんを報道するのか?疑問に思うだろう。

 

現在の韓国経済は破たん寸前であり、もし韓国がこのまま経済が破たんしてしまったら、日本にも多大な影響が出る。韓国は日本製の部品や半製品を輸入して組み立て、製品化して全世界に輸出している。

 

韓国経済が破綻と言うことは、韓国と世界が取引を行わなくなると言うこと。
なので、日本の部品や半製品を輸出する企業は、代替の生産施設のある国や地域に輸出先の変更をする必要が出てくる。その場合によっては、生産技術の指導を行う必要が出てくる。

 

そうなると、数か月は日本の企業も混乱し、その期間の経済はマヒ。
通貨スワップ協定に拠出した資金が失われ、韓国債も紙くずになった時点で日本は赤字を背負う。また、密航者は数が増加するだろう。なので、こういったバッカスおばさんのような貧しく母一人で子供を育てているから売春するしかない女性や、親を養っている女性が仕事も無い、学歴も無いので売春をするしかない。

 

 

こういった韓国の現状を見せ、韓国民を守るために「生活できるようにしろ!」という日本や海外への外交を有利になるようにしたい思惑があるのかもしれない。

 

目次にもどる
バッカスおばさんは世界各国にいる?
 

 

韓国政府は売春禁止令出した結果8万人~20万人の売春婦の稼ぎの場がなくなり、日本には約5万、その他アメリカ、オ-ストラリア、中国に残りの売春婦が外貨稼ぎに出て、外貨を稼いでいる。

 

なので「韓国人が世界中で売春を行い、犯罪を行っている」と批判されている。

 

 

 

しかし、よく誤解されているが多いが、日本では売春そのものは処罰の対象ではない。

 

例えば、成人女性または男性が「自分の自由意志」で、相手に対価を支払い、あるいは貰うことを前提に行為を行う分には構わない。(これは自治体によっては条例に引っかかる可能性はある)。

 

 

Wikiによれば、売春防止法で、「処罰の対象となるのは、以下のようなもの。

 

1.公衆の目に触れる方法による売春勧誘(ポン引き)等(5条)
2.売春の周旋等(6条)
3.困惑等により売春をさせる行為(7条)、それによる対償の収受等(8条)
4.売春をさせる目的による利益供与(9条)
5.人に売春をさせることを内容とする契約をする行為(10条)
6.売春を行う場所の提供等(11条)
7.いわゆる管理売春(12条)
8.売春場所を提供する業や管理売春業に要する資金等を提供する行為等(13条)」

 

つまり、売春を強要したり、売春を助長したりする行為を禁じることで売春を防止している。

 

 

テレビで警察24時などで、警官が交渉して「金額を口にしたら即逮捕」なんて場面が囮捜査されて放送されたりするが、それは「売春そのものは非合法ではない」という事情がある。

 

 

日本も売春を殆ど野放しにいている一方で、売春をする人たちの生命や人権を守る仕組みがなく、深刻な人権侵害が実態がある。

 

これを完全に禁止したのが韓国。

管理人は人権「NGO」の文書を直接読んだことはないが、恐らく売春の合法化を求める理由は、実際にヨーロッパで売春を合法としている国々に於いて売春婦の権利を守るための施策が成功している実例があるからだと考えられる。

 

売春する人の保護は、合法化することで売春産業や売春する人を公的機関が監督することを可能とし、実効的な対策を講じることが出来るようになり、バッカスおばさんたちのような高齢者による貧困が生まれることがなくなる一つの要因であると考えられる。

 

今夜の放送では、なぜバッカスおばさんが存在するのか?

日本も他人事ではない、韓国の経済事情について特集される。

 

 

スポンサーサイト



松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「丸山桂里奈の元カレ俳優」元彼の芸能人と男性遍歴を暴露【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

浅尾美和「顔変わった」現在の理由は子供が原因か【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

小室圭さん「母親の金銭トラブル」祖父が韓国人だったことが判明!【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

名探偵コナン「あの方」黒幕の正体は烏丸蓮耶とネタバレが判明【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

小室圭の母親が借金トラブルを皇室に「もみ消し」依頼していたことが判明【画像】

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】