スポンサーリンク

 



2018年5月3日(木)放送、フジテレビ系列「直撃!シンソウ坂上」
21時00分~21時54分

 

17歳少年犯人と被害女性と「西鉄バスジャック事件」知られざる「その後の物語」をドラマ化。

 

西鉄バスジャック事件は佐賀から天神行きのバスが乗っ取られたバスジャック事件であり、その犯人が未成年だったことで当時は衝撃的な事件となった。

 

日本では、犯人を○さなければ自分や他人の生命に危険が及ぶような状況で、かつ○す以外にその状況を回避する術が一切なく、やむを得ず行動したのであれば正当防衛が認められる。

 

しかし、仮にバスジャックという状況であっても、自分や他人の命に差し迫った危険がなく、○すまでしなくても取り押さえるなどしてその状況を回避する術があったのなら、過剰防衛であるとして罪に問われる可能性も否定できない。

 

要するに犯罪者に対しては、日本は甘すぎる実態がある。

 

なぜ、「西鉄バスジャック事件」は起ってしまったのか?

今回は「西鉄バスジャック事件」の犯人とその後についてまとめてみた。

 

■目次

「西鉄バスジャック事件」とは
西鉄バスジャック事件の被害者
西鉄バスジャック事件の犯人の現在
西鉄バスジャック事件のネオむぎ茶の現在


 
「西鉄バスジャック事件」とは
 

 

 

西鉄バスジャック事件は、2000年(平成12年)5月3日に発生した当時17歳の少年によるバス乗っ取り(バスジャック)事件。

 

西鉄高速バス乗っ取り事件や佐賀バスジャック事件のほかにもインターネット掲示板の2ちゃんねるに犯行予告の書き込みが残されており、その時のハンドルネームからネオむぎ茶事件(ネオ麦茶事件)とも呼ばれた。


 

 

犯人は中学校でいじめに遭遇し、家庭内暴力で家族を悩ませた。
親が学校にいじめの相談をするが、当の学校や教育委員会はいじめの事実を認めなかった。高校受験が目前に迫った1998年1月、クラスメイトたちの挑発を受けて踊り場から飛び降りるも、着地に失敗して腰椎を損傷する重傷を負い入院。病室で佐賀県立致遠館高等学校を受験して合格したが、入学後、校風が合わないという理由で9日だけ登校し、5月にすぐに中退。

 

不登校となった少年は大検を目指していたが、親にパソコンをねだり、2ちゃんねるに寝食を忘れるほど熱中、家庭内暴力がますます悪化。

 

犯人の少年が「ネオむぎ茶」の固定ハンドルネームを用い、犯行前にインターネット掲示板「2ちゃんねる」に書き込みを行っていたことや、SATが出動したことで話題となったが、SAT隊が突入する際、音響手榴弾(スタングレネード)が日本で初めて使用され、逮捕。以後人質籠城事件で広く使われることになった。

 

その後、犯人の少年に対しては佐賀家庭裁判所で医療少年院への送致が決定した。2006年2月1日、加害者の元少年(成人していたため、「元少年」と記載)が先月中に仮退院していたと報道された。少年は社会復帰への訓練を始めたとされる。

 

参照wiki

 

目次にもどる
西鉄バスジャック事件の被害者
 

 

犯人の少年は、2chで「俺は未成年だ。未成年は犯罪をしても刑期の大幅割引きを受けれるので最強だ」と書き込んで西鉄バスジャック事件を引き起こした。


 

 

当時、世間では「キレる17歳」などと言われ、つまり17歳くらいの世代というのは世相から考えて「キレやすい世代」であるみたいな論調があった。

 

 

犯人は、GWに長距離バス(夜間高速バス)をジャックし、刃物をもって乗客を○し、立てこもり、最後は制圧されても実名は報道されず、未成年だからという理由で犯人は守られ、被害にあった被害者たちは実名で報道されるという「報道の矛盾」はこの事件から始まったとも言われている。

 

 

射○されても仕方のないほどの動機も短絡的は犯人。

未成年の事件といえば酒鬼薔薇聖斗による神戸の事件が有名だが、この事件とほぼ同時期で、しかも同じ17歳が起こした事件だったこともさらに未成年の犯罪というものが社会問題となった。

 

この西鉄バスジャック事件の犯人は、人間として普通ではない。
しかし、何かに追い詰められた場合や切羽詰まり、周囲の事が目に入らなくなった場合など、人間は理性を失い、他人の命などどうでもいい。と思う時はあるかもしれない。

 

このような犯人の行動は、普通ではないが、普通でない心理状態の時は人間にはありえること。西鉄バスジャック事件の際も、そのような状況だったかと思われる。

 

目次にもどる
西鉄バスジャック事件の犯人の現在
 


 

西鉄バスジャック事件の犯人は酒鬼薔薇を崇拝していた(事件を起こすキッカケになったのは、2chネラーの煽りのせいだが)

 

西鉄バスジャック事件の犯人「ネオ麦茶」は、父・母・本人・妹の4人家族で長男である「ネオ麦茶」は、酒鬼薔薇聖斗の事件に共鳴し、西鉄バスジャック事件を計画。

 

 

「ネオ麦茶」が尊敬する酒鬼薔薇聖斗事件を教訓に、こども110番の家が設置されるようになった。事件の残虐性に加え、逮捕されたのが14歳の少年であった点も、社会に強い衝撃を与えた。結果、この事件を境に、少年事件やそれに関連する法整備、少年事件における「マスコミの対応」などが大きく注目されるようになった。

 

さらにこの事件を皮切りに当時の内閣が少年法改正に動く事にまで影響が及んでいる。

 

未成年の犯罪が一番多かったのは2000年。

豊川市主婦殺人事件(5月)
西鉄バスジャック事件(5月)
岡山金属バット母親事件(6月)
山口母親事件(7月)年齢は16歳。犯人は後に大阪姉妹事件を起こす。
大分一家6人事件(8月)(年齢は15歳)
歌舞伎町ビデオ店爆破事件(12月)

 

これらの事件が起きて酒鬼薔薇の事件がおきてから、次々に事件が発生した。一人がなにかをおこすと、みんな次々に憑かれたように事件をおこし、警備や対策が強化された。

 

「ネオ麦茶」の西鉄バスジャック事件以降、バス会社も西鉄の事件を期に対策を施している。

 

バスは運転席に入られにくい様に囲いの延長や、バスジャック時に行き先表示板をエマージェンシー表示にする機能やバス会社などに異常緊急連絡が行く機能などを搭載。運転手にもバスジャック時の対処方法を教育しているが、これらは事件が起こってしまってからの対処方法で未然に防ぐ対処ではない。

 

 

目次にもどる
西鉄バスジャック事件のネオむぎ茶の現在
 

 

ネオむぎ茶こと犯人である谷口誠一は、2chですぐに実名が特定されたが、酒鬼薔薇と同様に名前を変えて現在は社会復帰している。

 

ネオむぎ茶こと犯人である谷口誠一は、社会人になった今、改めていじめ問題に強い憤りを感じているだろう。

 

谷口誠一のようないじめ被害者は、快適な学校生活を送れないために成績面でも追い込まれてしまい、結果的に西鉄バスジャック事件を起こしてしまった。

 

嫌がらせによってグループで取り組む授業、部活動や団体行事などに積極的に参加できなくなる、学習塾でも同じ学校の生徒からのいじめによって辞める事になるなど卑劣ないじめを受け、特に中学では内申点や学力に大きな影響があったはず。

 

管理人の通っていた学校では、いじめを受けていた生徒は不良生徒も受験する偏差値の低い高校に進学するケースが多かった。一方、加害者の方はさほどペナルティを課せられない。ほとんどの教師が調査書にはいじめ問題については書かないのが実態にある。

 

いじめによって開いた学力差を埋める事は難しく、その後の進路にも大きく差が出てしまう。

 

いじめを完全に無くす事は不可能というのは現実かも知れないが、被害者へのフォロー、加害者へのペナルティをしっかりと行うべきだというのが出来ていれば、ネオむぎ茶こと犯人である谷口誠一ような人生をドロップアウトせずに済んだかもしれない。

 

当時、マスコミでは「親の育て方が悪い」と批判していたが、実は一概に言えない事情がある。

 

谷口誠一はアスペルガー症候群(発達障害)を持っていたので、人の気持ちが理解できなかったり、うまく自分の感情が表現できなかったり自分の世界に入り込んだり「宇宙人」っぽい存在だったそうだ。

 

他にも、学校でひどいイジメに有ったりすると成人以降も社会に上手く適応出来なかったり、栄養不足だと不注意になったり、普段は言わない事を言うようになったり、内臓疾患で性格悪くなったり、などなど後天的な要因で発達障害と似た特性を示す例も報告されているので、例え遺伝が100%だとしてもそれ以外にも要因もありえること。

 

アスペルガー症候群は現在の医学では治ることはないので、谷口誠一のその後は誰かの支えなしでは生活が難しい状況にいる可能性は高い。

 

今夜の放送では、当時中継もされたあの衝撃の突入劇の舞台裏を元捜査員がテレビ初告白。さらに、少年の狂気と向き合った被害女性の知られざるその後の物語を描く@緊急生放送で事件の真相に迫る

 

スポンサーサイト



松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「丸山桂里奈の元カレ俳優」元彼の芸能人と男性遍歴を暴露【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

浅尾美和「顔変わった」現在の理由は子供が原因か【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

小室圭さん「母親の金銭トラブル」祖父が韓国人だったことが判明!【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

名探偵コナン「あの方」黒幕の正体は烏丸蓮耶とネタバレが判明【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

小室圭の母親が借金トラブルを皇室に「もみ消し」依頼していたことが判明【画像】

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】