スポンサーリンク

 



2018年5月5日(土)放送、フジテレビ・土曜プレミアム「目撃!超逆転スクープ」世紀の誘拐事件&奇跡の生還SP
21時00分~23時10分

 

2002年6月にアメリカで起ったエリザベス・スマート誘拐事件の真相を特集。

 

アメリカでは誘拐や監禁は「卑劣」行為だということで、逮捕されたら人質の生死を問わず、犯人はほぼ間違いなく○刑、もしくは終身刑が課せられている。

 

しかし、アメリカでは米司法省の統計によると、行方不明者として報告される18歳未満の児童は年間79万7500人に上り、1日当たりに換算すると2185人にもなる。現在でもその誘拐犯が減少する様子が見られない。

 

この行方不明になった子供は、離婚率の高いアメリカで離婚した親同士やその他の血縁者による子供の奪い合いによる行方不明者が多いようだが、それにしてもこの数は異常。

 

アメリカでは誘拐が多発するため、警察は信じられないということから「子どもを命がけで救う集団」プロジェクト・チャイルド・セーブが結成。組織化され、誘拐組織を狙撃で射○したりと、過激的な活動まで起きている。

 

それでも減らない誘拐事件。
当時4歳だったエリザベス・スマートも誘拐事件に巻き込まれ、地獄の監禁生活9カ月を過ごす。

 

なぜエリザベス・スマート誘拐事件は起ったのか?

放送に先駆け、エリザベス・スマート誘拐事件についてまとめてみた。

 

■目次

エリザベス・スマート誘拐事件とは

アメリカでの誘拐事件

エリザベス・スマート誘拐事件の解決

エリザベス・スマート誘拐事件の犯人は精神異常者?

エリザベス・スマート誘拐事件の違和感

 
エリザベス・スマート誘拐事件とは
 

 

エリザベス・スマート誘拐事件は、2002年6月にアメリカ合衆国ユタ州で発生した、少女エリザベス・アン・スマート(当時14歳)の誘拐事件。

 

2002年6月5日未明、ソルトレイクシティの富裕層住宅地に住むスマート家から14歳の長女エリザベスが、9歳の妹と就寝中に誘拐された。犯人はナイフで脅して連れ去った。妹は無事で、犯人に脅され泣いていたが3時間後に親に話して明るみに出た。

 

両親はその夜、エリザベスの学校で開かれたある式典に出席するため出掛けた際に、家の鍵はすべて閉めたものの、警報機を切っていた。夜中に子供たちが起きて動いた場合に警報機が鳴ってしまうのを避けるためだった。

 

翌朝、父親がテレビで犯人に呼びかけ、寝室から、家族にも近隣にも気づかれずこっそり連れ去られるという事件は、地域を越えて全米で大きく取り上げられた。

 

2000人のボランティアが警察とともに周囲を捜索したが見つからず、捜査が行き詰っていたとき、エリザベスの妹が、スマート家が捜索の手伝いや雑用に雇った人間の中に声が犯人そっくりの男がいたと発言。似顔絵を描かせ、テレビで放映し、それを見た犯人の親族からの通報で男の本名がわかり、逮捕に至った。

 

参照wiki

 

目次にもどる
アメリカでの誘拐事件
 

 

司法省「US Department of Justice」の資料では、

「More than 700,000 children go missing annually.」年間の行方不明の子供の数、70万人以上
「250,000 are classified as Runaways」家出と見なされる数
「150,000 are classified as “Throw-away/Abandoned」親の遺棄・無関心
「300,000 are classified as Missing / Abducted」 親の誘拐(離婚での親権問題)
「58,000 are taken by non-family members」誘拐

 

と分類されているが、記録に記載されていない数を含めたら年間100万人は超える大きな問題として扱っている。

 

そのうちの85%以上が子供であり、ついさっきまで、そこら辺で遊んでいたはずの子どもが消えてしまうといった、日本で言われている「神隠し」は、現在のアメリカでは日常茶飯事な出来事。

 

こういった行方不明、誘拐事件が当たり前のアメリカでは 子供を守るために毎日の学校への行き帰りは、親の送り迎えが常識となっている。

 

それでも誘拐や行方不明が減っていないことを考えると、エリザベス・スマートのように奴隷的扱いや性的行為、それから海外に転売される子供の噂も多く語られている。

 

近年では、日本でも少年少女が犯罪被害者になる事件が増加している。
犯罪大国アメリカでは小学校への送り迎えは親かスクールバスが原則なのに、日本のように子供だけで道を歩く事は、アメリカでは万が一、親がそうさせたり、自宅内でも子供を一人で留守番させれば違法行為として処罰される州も存在する。

 

子供は、常に親が保護下に置かなければならない状況だという事。
日本以外の国では、盗品を買い取るシステムがあり、だから置き引き犯罪が後をたたない。簡単に金に出来るから犯罪が多発する。子供の誘拐も子供を買い取るシステム=需要がある。

 

また単純に性的目的の犯罪もなくならない。
何でも犯罪の対象になるという犯罪大国アメリカ特有の話であり、他の国では到底理解出来ない思考といえる。

 

目次にもどる
エリザベス・スマート誘拐事件の解決
 

 


 

エリザベス・スマート誘拐事件は、誘拐現場にいたエリザベスの妹の似顔絵が解決に導いた。

 

警察はたエリザベスの妹の証言は大事ではあっただろう、まだ小さい少女の証言を100%信じてなかった。警察も似顔絵を元に捜査をしていただろうが、捜査は難航。結局、その似顔絵をテレビ番組の公開捜査番組で情報を呼びかけたことにより、多くの情報提供者の中から犯人とよく似ているという情報を得て逮捕につながっている。

 

この似顔絵を描いて犯人を公開捜査するというのは、日本では江戸時代の人相書が始まり。

 

江戸時代の犯罪捜査は指紋、血液鑑定等もなく、似顔絵だけしかなかったのにその検挙率はとても高かったという。現在と違って、犯人の所在が狭い範囲に絞られるという利点があり、世間(交流範囲)も狭いので、人間関係の密度が高かったことも要因にある。

 

「誰が」「いつ」「どこで」「何をしてたか」なんていうことが、すぐにわかるご近所の「目」があった。なので、当時はカギなんてかけなくても、生活が成り立っていたのだろう。

 

こういった国民に協力を呼びかける似顔絵捜査の重要性を見直され、1998年に警視庁似顔絵捜査官・戸島国雄さんが第一号として就任している。

 

アメリカには、描いた犯人の似顔絵が1200件以上の犯人逮捕に繋がった、ロイス・ギブソンさんという女性捜査官がいるが、(その功績からギネス世界記録にも登録されている)手がかりがない犯人探しには似顔絵を利用してきた歴史がある。

 

目次にもどる
エリザベス・スマート誘拐事件の犯人は精神異常者?
 


 

 

エリザベス・スマートを誘拐した犯人は熱心なモルモン教徒の家庭で育った当時49歳の男で、16歳のときに8歳の少女に対する性犯罪で逮捕歴があったそうだ。

裁判では異常な発言を繰り返し、犯人が精神異常かどうかが争点となった。

 

アメリカは、精神異常では無罪にはならないが、精神病なら無罪はありえること。精神異常というのは、その人の気質の問題で医学的に治療のしようがない人。(いわゆるキチ●イと言われる人)

 

精神を病んで、心神喪失状態だったと認められて無罪になったとすれば、その人は精神科に入院して、数か月~1年で社会復帰できる。いわゆる寛解状態(完全に治ったわけじゃないけど症状は治まっている状態)なら退院になるので、精神科はちゃんと施錠されてその期間を過ごしている。

 

しかし、犯人は鑑定結果のすえ異常がないと見られ、2011年に終身刑が言い渡され、現在アリゾナ州ツーソンの刑務所に収監中である。

 

日本でも裁判中に奇声を発して精神異常を装った事件といえば、埼玉の中学生誘拐監禁事件で2年間監禁した寺内容疑者。

 

朝霞市女子中学生誘拐事件は、2014年3月に中学2年生が帰宅途中に寺内樺風(かぶ)容疑者に拉致され2年間以上監禁されていた。その間、容疑者は大学に何食わぬ顔で通い、就職も内定していたという衝撃の事件となった。

 

この2年間、どれほどの恐怖のなかに少女がいたのか?想像もつかない出来事。
寺内容疑者に対しては、極刑に近い終身刑位の判決の判例を作ってもいいほどなのに、検察は寺内容疑者に15年という懲役しか求刑出来ない現状がある。

 

こういう事件が起きないように、各自治体や地域の日頃の協力や、警察でも警邏、パトロールの強化などして、事件を未然に防ぐ予防対策も重要になるといえる。

 

目次にもどる
エリザベス・スマート誘拐事件の違和感
 

 

エリザベス・スマート誘拐事件は解決したが、この事件はテレビやマスコミで積極的に協力を呼びかけたことにより、様々な憶測が飛び交った。

 

事件解決の確率を高めるのは警察オンリーに任せるしかないが、どうしても違和感が多く、当時の報道では不審車両がたびたび目撃されて、母親も警戒してたという。その車は早い段階で割り出されるのは確実だろうとは思っていたが、その車は結局、犯人と関係なかったのか?疑問が残る。

 

 

状況的にエリザベスが、無理やり連れて行かれたというより「同意してついて行った」ような感じをする違和感。

 

エリザベス・スマートの家庭環境や学校生活など、多感な時期だから何かしら渦巻くものがあったのかもしれないし、犯人はその間隙を突いた可能性は否定できない。

 

おそらくこの真相は報道はされない。

鬼畜な犯人だということは事実なので、発見当時も創作かもしれない。
「無事でよかった」で終わりにしないといけないし、とにかくこれを教訓に不審な人について行かないというのを徹底して教育しないといけない。

今夜の放送では、どこまで真相が語られるのか注目したい。

 

スポンサーサイト



松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「丸山桂里奈の元カレ俳優」元彼の芸能人と男性遍歴を暴露【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

浅尾美和「顔変わった」現在の理由は子供が原因か【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

小室圭さん「母親の金銭トラブル」祖父が韓国人だったことが判明!【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

名探偵コナン「あの方」黒幕の正体は烏丸蓮耶とネタバレが判明【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

小室圭の母親が借金トラブルを皇室に「もみ消し」依頼していたことが判明【画像】

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】