07e31f8f18c90f29c8922abecda667c4


新潟の親子遭難事件について、発生から2週間経つのに手がかり一つ発見できず、山岳遭難の救助訓練を積んでいる隊員を増やして捜索は続いていたが、いったん捜索の打ち切りが決まった。


せめて子供だけでも助かって欲しいと行方不明の捜索を期待したが、新しい情報があれば全国ニュースでも取り上げられる事件なので、相変わらず進展はないということなのは間違いない。


一部、報道で新潟の親子が登ろうとした「五頭連峰」900mクラスの登山前の、午前10時前後にコンビニ利用したカメラ記録があることがわかり、今回の登山が非常食やコンパスを含めた必須アイテムを持たずにで挑んでいることも2chで自業自得と批判されている。


いったい、新潟の親子になにがあったのか?



今回は、新潟の親子遭難事件についてまとめてみた。



■目次

新潟親子遭難の事件概要
新潟の親子遭難はプロの捜索隊が出動
五頭連峰はファミリーで気軽にいけ楽しめる場所
新潟の遭難親子のその後

新潟親子遭難の事件概要


ad412263a99951810691b2a85db69d58



新潟市北区に住む会社員、渋谷甲哉さんと長男で小学1年生の空くん親子は、ゴールデンウイークの5日午後2時ごろ、阿賀野市にある赤安山と扇山に連なる「五頭連峰」へ日帰り登山に出掛けた。



午前10時にふもとのコンビニの防犯カメラでおやつなどを購入する親子が確認されているので、登山に対しての準備はほとんどこのコンビニで購入したものしかないと考えられる。

5159f7951f3151806ddf05515e01ce32



結果、登山途中で道に迷い、その日は暗くなってしまったことで帰り道がわからなくなった為に「五頭連峰」で野宿。その次の朝の5月6日に父親から家族に「下山する」と電話があった後、連絡が取れなくなったために、家族は遭難届を午後6時届け出た。


しかし、通報を受けた阿賀野署駐在所の60代男性巡査長が家族から行方不明の申し出を受けた当初、すぐに行方不明と本署に報告しなかったため、6日は親子を捜索できず。2週間経った現在も一切の手がかりすらなく、親子が発見されていないことをうけ、県警は「組織的に対応すべきで捜索の初動が遅れた」として謝罪した。




新潟の親子遭難事件は「五頭連峰」に登山する際に、途中で道迷い、その直後の行動で、スマホに頼り、家族と連絡している。もし、この時にオフラインでも使える登山専門アプリでもダウンロードしていれば、道迷いしてもなんとかルートに戻る事ができるはず。


しかし、父親の行動を見る限り、「五頭連峰」の行方不明となった時点で「すぐに戻れる」という感覚があったのだろう。そういった遭難したという自覚、行動がとれていない。



スマホの電波状況が弱かったのか、翌日の下山もGPSのルートに頼ることが出来ず、電池がなくなって連絡不能にあってしまった。考えられる行動としては、スマホのGPSが正しく表示されなかったことで、それを信じて違う方向に進んでしまった事が遭難のきっかけかもしれない。




道迷いの後、GPSを常に見ながら進んでも、この時はまだ「今日のうちに山を降りられる」と思っているから、電池の残量はそれほど気にならない。



しかし、GPSを常に使って画面を見ているとスマホの電池は大体8~10時間程度。さらに電波が届かない山中では、電波を携帯が探そうとするので、電池の持ちはさらに悪くなる。




こうなると、スマホの残量は時すでに遅し。
あっという間に電池は減り、最悪の場合の救難要請のための残量までつかってしまった。



連絡をうけたのが祖父だったということなので、その祖父がどれだけ登山に詳しいかは知らないけど、翌朝に息子が下山すると言った時にも「動いたらダメだ、そのままできれば頂上目指すかわかりやすい場所にとどまっておけ」と指示していたら、今回のように捜索は長引かなかった。



しかし、遭難してから「たられば」言ったところで意味ないし、「これぐらいの山で」と安易に考え、気軽に山に入るのは誰にでもあるので、誰も責めることはできない。「無事に戻ってきてほしい」2人の生命力に賭けるしかない。



目次にもどる

新潟の親子遭難はプロの捜索隊が出動


897f32a3a86d1a408b5ae5cf8c107fb8


新潟の親子遭難で父親を批判している書き込みは2chで多いが、起きてしまったことはしょうがない。



冬山に限らず、救難者の救助というものは基本的に警察・消防・海保が行い、(県・場所などによって管轄が異なる)新潟の親子遭難のように警察などで対処できないような救難救助が必要な場合、知事他災害に携わる人のうち、権限が認められた人からの災害派遣要請という形をとって自衛隊の救難隊(おもに空自が多い)が出動する。




この救難隊は、基本的には訓練や実戦において何らの要因で墜落してしまった自衛隊航空機の遭難者を捜索・救難するための部隊で、警察・消防・海保などよりもはるかに過酷な環境での訓練を行っている。



そのため悪天候などで警察ヘリやドローンが飛べない状況になれば、自衛隊に要請を行う。そのため自衛隊救難隊は「最後の砦」とも呼ばれている。




自衛隊は、基本は「国防」が主任務。
普段から警察が行うような救難活動を行っていると確実に支障をきたす。(数も少ない)
そもそもが警察消防の管轄なので、手を出す話ではなかったのだろうが、そうも言ってられない状況もあるわけで、そこは知事以下、現場の迅速な判断が必要だった。


ちなみに、民間に対する救難活動は、自衛隊法にも明記されている任務の一つであり、知事からの災害派遣という要請は「正規の手順」であるので超法規的措置(国家が定めた法律などに規定された範囲を、国家が超えて行う特別な行為のこと)ではない。


このプロ集団を導入しても一切の手がかりが見つからず、捜索を打ち切りしたという事は、新潟親子かなり広範囲に移動してしまったと考えられる。





目次にもどる

五頭連峰はファミリーで気軽にいけ楽しめる場所




今回、遭難情報だけだと、「なぜ、900mクラスが連なる新潟の五頭連峰に出かけたのか?」不思議に思うだろう。




実は、五頭連峰は地味な観光的な場所ではあるが、朱鷺メッセ「Befcoばかうけ展望室」という観光地が近くにあり、日本海側随一の高さを誇り、新潟市街地はもちろん、日本海、佐渡島、五頭連峰などの景色を一望できる360度の大パノラマが楽しめるスポットがある。



地図で見るとよくわかるが、五頭連峰の周りにはスキー場が多く、夏はハイキングが楽しめる。


新潟親子が上ったと思われる赤安山コース入口は、車で3分ほど進んだ先に、テント持ち込みでキャンプをしたり、貸テント・バンガローなどを利用し、多くの家族連れが訪れるそうだ。


ここを拠点に五頭連峰登山の様々なコースをお楽しむことができ、赤安山コース正規ルートを進んでいれば、温泉宿もあったりと、とても登山感覚ではない、レジャー感覚がとても強い場所になっている。


2chで山での遭難を体験した人物によると、この捜索は簡易な事でないらしく、山で迷えば自分自身の方向感覚は一瞬で失い、温泉のように建物や目印になる物が無く、同じ景色(木)に囲まれてしまう。


進んでも戻っても上っても下っても同じ景色になるので、「さっきまで自分がどちらを向いていたか」すら判らなくなってしまう。2chでは、登山するならコンパスが必須という書き込みがあったが、コンパスを見て進めるのはかなりの登山上級者か、訓練された者でしか難しい。


想像できない様な五頭連峰の広さの中で、山からすれば小さな人間2人を見つけ出すのはかなり厳しい捜索。また二次災害も懸念しながらの捜索だったために、今回の捜索中止は致し方がない判断といえるだろう。



目次にもどる

新潟の遭難親子のその後




あくまで平均値となるが、人間がまったく水を飲まずに正常に生きていられるのは3日間、何も食わずに生きられるのは3週間といわれている。



災害時の行方不明者を発見するタイムリミットは「72時間」


つまり生存の確率が極端に下がることを意味する。たとえ1週間生きていたとしても3日過ぎれば確実に脱水症状なので、とにかく生理食塩水や栄養剤などを点滴して、水分バランス栄養を戻さねば危険な状態。


新潟の親子のような登山での行方不明は7日目までに生存率が急激に下がり、それまでに遺体が見つからなければ生存率は逆にあがる。



今回、2週間がすぎても一切の手がかりがないのは逆に生存している可能性がまだ残っていることを信じ、無事生還を祈りたい。



スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「丸山桂里奈の元カレ俳優」元彼の芸能人と男性遍歴を暴露【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

浅尾美和「顔変わった」現在の理由は子供が原因か【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

小室圭さん「母親の金銭トラブル」祖父が韓国人だったことが判明!【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

名探偵コナン「あの方」黒幕の正体は烏丸蓮耶とネタバレが判明【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

小室圭の母親が借金トラブルを皇室に「もみ消し」依頼していたことが判明【画像】

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】