みやぞん5
2018年6月3日(日)放送、日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ」
19時58分~20時54分



24時間テレビ2018のマラソンランナーがイッテQメンバーの中から緊急発表。



2017年の24時間マラソンランナーを務めたブルゾンちえみは、当日ランナーに指名され、坂本トレーナーと1カ月以上前から練習していたとはいえ、事前に準備をさせないことに批判を受けた。


過酷で体を痛めて走る姿は、感動を呼ぶかもしれないが、無謀なマラソンで生涯後遺症に苦しむ可能性もあるし、ブルゾンしかり、支えるスタッフしかり、当日まで本人に知らせないなんて行為はどう考えてもあり得ない。



そういった批判も多かったことで、今年の24時間マラソンランナーは例年通りに事前発表の形に戻ったようだが、2018年のマラソンランナーはすでにみやぞんで決まりと東スポがすっぱ抜いている。

みやぞん2


本当にみやぞんが24時間マラソンランナーで決まりなのか?一連の情報をまとめてみた。



■目次

24時間テレビとは
24時間テレビはチャリティー番組ではない?
24時間マラソンは過酷
24時間テレビ2018マラソンランナーはみやぞん?
みやぞんはイッテQがきっかけでブレイクした芸人

24時間テレビとは





1978年から毎年8月に生放送されている日本のチャリティー番組「24時間テレビ」



2018年の24時間テレビのテーマは、「人生を変えてくれた人」





どんな人にもある「人生を変える出会い」、様々な人々の「人生を変えてくれた人」を紹介。 その心ゆさぶる出会いの物語を通じて、他人に影響を受け変わっていく人間の力強さ、素晴らしさ、しなやかさ、恩師、同僚、恋人、家族など「人生を変えてくれた人」 との出会いを振り返り、未来の自分の行く末を一緒に考える。



2018年8月25日(土)放送される24時間テレビメインパーソナリティーは、ジャニーズのアイドルグループ「Sexy Zone」(中島健人・菊池風磨・佐藤勝利・松島聡・マリウス葉)の5名が務め、その“応援団長”に就任した出川哲朗が、イッテQメンバーからマラソンランナーを選出する。




現在でのマラソンランナーの候補者としては、内村光良、手越祐也、宮川大輔、森三中、イモト、いとうあさこ、川村エミコ、バービー、おかずクラブ、ガンバレルーヤ、中岡創一、みやぞん、河北麻友子、谷まりあの中から選ばれる。





目次にもどる

24時間テレビはチャリティー番組ではない?





24時間テレビマラソンランナーを毎年発表をすることで、視聴率を上げようとする手法は、過去に視聴率操作した前科のある日テレらしいやり方ではあるが、視聴者としては誰が走るのか気になるところ。


24時間テレビは、一般視聴者から募金を集めるのに数十億円を費やして演出するチャリティー番組。


最初に総合司会を務めた萩本欽一は、24時間テレビの打合せで、「で、ボクのギャラは幾らなの?」とスタッフに聞いて、「この人金にガメツイ人だなぁ」と思いつつもスタッフが一千万円を提示したことに、「じゃあ、その金額を全て募金しておいて!」と粋な計らいをしたエピソードは有名な話。


しかし、そのエピソードは美談のようであるが、裏でタレントにギャラが支払われている証明にもなっている。



また、目玉の24時間マラソンは無理やり感動をさせるような演出は賛否がある。
そもそも、このマラソンランナーは「24時間チャリティ番組」全体に視聴者を引き付けておくためのもの。番組の要所、要所に人気タレントや芸人などのマラソン中継を入れることで、どこをどのように走っているのか興味を持たせ、ずっとチャンネルを変えられないように、番組自体の視聴率を稼ぐ目的がある。



だから、24時間の番組の間はその客引きの「目玉」なわけで、キチンと走り(歩き?)続けてもらう必要がある。夏場のピークである時期のマラソンは、常識から考えて危険だし、マラソンランナーを見ようと車で追走するので渋滞が起きる。しかも、一般道を利用しているのに、野次馬が生中継で映り込むと、24時間テレビスタッフが制止するため、暴言が入るなどトラブルを起こす始末。



事前に収録したドラマも障害者の危険なチャレンジコーナーも、綿密な打合せ時間や準備が必要で、その費用はタダの訳ではない。本来のチャリティーは簡易的な活動で、スポンサーのないイベントが本来の目的なのに、「障害者を利用している」ような24時間テレビには批判が多い。



目次にもどる

24時間マラソンは過酷





西村知美のマラソンワープ事件以降、やらせを一切行っていない24時間マラソン。

2chでは「100キロ歩いているだけ」と揶揄されているが、実際にマラソンランナーになってみなければ、その過酷さはわからない。



マラソンランナーに追走している人のブログによると、マラソンランナーは5・6キロ走って、軽くフルーツ食べたりおにぎり食べたり、ストレッチしたり、食べている間にテーピングをまいたりと、途中で5~10分休憩を入れている。


日中より夜の涼しい間、(8:00頃スタートして、明け方くらいまで)距離を稼ぎ、その時点で半分くらいの距離まで進む。そして、大休憩としてテントを張った中で仮眠と、食事をとり、これが2時間くらい。ただしその間も、マッサージ・針などの治療を受けている。



ランナーは、体が興奮状態になるし、心拍数もあがって目をつむるくらいで寝られない人が多いようだが、とりあえずテント内マットを引いて仮眠をとる。そして日中は、徐々に休憩時間を長くとってゴールを目指す。




これだけ聞くと「なんだ、簡単そうじゃん」と思うだろう。

しかし、実際に追走していた人によるとマラソンランナーは、中継で応援に来たタレントとのシーン撮影が入ったり、普通のランニングコースではないので余計に体力を消耗する。歩道、歩道橋の上り下り、信号待ち、体に触れてくる見学者をよけたりということで、経験したことのない走り方になっていく。



フォームも、練習時とは違い、通行する人をよけたりするので、早々に崩れるので、そうすると練習時とは違う部分で痛みが出てしまう。


マラソン大会の時のように車道を走ったりというのとは違う走りになるから、普通の人は経験できない「普通のマラソンとは違う」環境だと考えると、相当な体力が必要のようだ。




目次にもどる

24時間テレビ2018マラソンランナーはみやぞん?



みやぞん


東スポの記事では、みやぞんで24時間テレビ2018マラソンランナーが内定していると報じている。



記事内容



今年で41回目を迎える日本テレビ夏の恒例番組「24時間テレビ」(8月25~26日)のチャリティーマラソンランナーが、お笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞん(33)に内定したことが本紙の取材で明らかになった。




中略

最近のみやぞんは日テレ系の「世界の果てまでイッテQ!」の準レギュラーをはじめ、多くの番組に引っ張りダコで、天真らんまんな性格から老若男女を問わず人気があるだけに、幅広い視聴者層をターゲットにした「24時間テレビ」のコンセプトにもぴったり合致する。


「オファーを受けたみやぞんは、最初からかなりノリ気でした。
今、まさに人気急上昇中ですが、この人気にさらに拍車をかけて確固たる地位を築く大チャンスと捉えたのでしょう」(前同)  


そんな強力ライバルたちを押しのけて、日本中が注目する24時間テレビのチャリティーマラソンランナーの座を射止めたみやぞん。これを機に大きな飛躍を遂げるのは間違いなさそうだ。



東スポ



目次にもどる

みやぞんはイッテQがきっかけでブレイクした芸人

みやぞん4



みやぞんの飛び抜けた身体能力は、イッテQで話題になり、絶対音感を持つ天才肌な部分とそれに似合わないヘタレ性格。このギャップのキャラクターが愛された。


何でもこなしてしまう能力の高さは本当に凄い。
楽譜が読めないのに、耳コピだけでピアノをひくことや、背中にギターを回して弾くなどの芸を持っている。極貧の幼少期を送りながら、卑屈にならず善悪をわきまえ、裏表がない人の良さ。ロンハーやモニタリング、とんねるずの番組のドッキリなどで人柄の良さが2chでも高評価をうけている。



みやぞんには裏表がなく、自分を飾らない謙虚さがあり、人の良さが顔から滲み出ている。

身体能力が優れてる反面、人との会話を瞬時に理解することや、言語でまとめることを苦手としているため、会話に計算されたオチはなく、コメント力も乏しい欠点はあるが、その突拍子もない突き抜けた天然さは、出川哲郎を彷彿とさせる逸材。



上から目線の毒舌などとたまに出るのも、天然故であって本人に悪気は全くないのだろう。金スマでも学生時代のエピソードトークをしていたが、昔から身体能力が高く一目置かれていた事もあって、こういった目を引くキャラが持て囃される風潮なのかもしれない。



こういったイメージのいい芸人を24時間テレビのマラソンランナーに起用するというのも納得できる。




今夜の放送では、24時間テレビのマラソンランナーを発表されるが、はたして本当にみやぞんなのか注目の放送といえる。





スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「丸山桂里奈の元カレ俳優」元彼の芸能人と男性遍歴を暴露【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

浅尾美和「顔変わった」現在の理由は子供が原因か【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

小室圭さん「母親の金銭トラブル」祖父が韓国人だったことが判明!【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

名探偵コナン「あの方」黒幕の正体は烏丸蓮耶とネタバレが判明【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

小室圭の母親が借金トラブルを皇室に「もみ消し」依頼していたことが判明【画像】

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】