守谷慧

高円宮家の三女絢子さまが、日本郵船勤務の守谷慧さんと婚約されると宮内庁が発表したことで各メディアが祝福する報道がされている。



守谷慧さんは慶応義塾大文学部卒業後、2009年から日本郵船に勤務し、「国境なき子どもたち」の理事も務めており、同じく婚約内定していた秋篠宮眞子さまと小室圭さんとの婚姻延期と違って、守谷慧さんは超が付くほどのエリートな家柄が報じられている。





経歴もさすがで、見た目もイケメンの落ち着いた和風な男子である守谷慧さんは、同じケイでも小室圭さんとは違って親、育ち、仕事も(年収は1000万以上)立派。まさに、皇室の姫方にすごく釣り合いが取れるお相手。




久子様はキャリアウーマンからお妃になられたので、世間というものをご存知だったことがこの縁談を結び付けたといえるだろう。



ミヤネ屋では守谷慧さんの母親が九条家(公家の名門中の名門)につながると報じられており、いわばやんごとなき血筋、皇族の嫁ぎ先にまさにふさわしい。分家のほうが「皇族らしいまともな結婚」をされるわけなので、久子様は大変ごりっぱな妃殿下といえる。




今回は、ミヤネ屋で報じられた守谷慧さんの母親の九条家がどれだけ名門かまとめてみた。



■目次

守谷慧さんと高円宮絢子さまのご婚約内定報道
ヒカルのvalu騒動では逮捕できない?
高円宮家とは
守谷慧さんの母親は九条家(公家の名門中の名門)
絢子さまは今後は一般人

守谷慧さんと高円宮絢子さまのご婚約内定報道


守谷慧2


6月2日午後、日本郵船社員の守谷慧さん(32)と宮内庁で記者会見した高円宮家の三女絢子さま(27)は、昨年12月の出会いや突然のプロポーズ、4月に承諾した経緯などを約15分間にわたり、笑顔で語られた。



絢子さまはピンクのワンピース姿に帽子、守谷さんはダークスーツにピンクのストライプのネクタイを着け、緊張した面持ちで会見場に。絢子さまは冒頭、大阪北部地震の被災者にお見舞いを述べ、2日朝体調を崩した天皇陛下を案じた。

守谷慧3


昨年12月、母の高円宮妃久子さまの紹介で出会った二人は初対面とは思えないほど話が盛り上がり、時間を忘れて楽しんだという。


今年に入り、食事後に守谷さんから突然のプロポーズがあった。

いったん保留したが、4月に承諾したという。「私に守谷さんを紹介した母の思惑はどうであったのかは分かりませんが」と語ると、会場は笑いに包まれた。



プロポーズの言葉は「二人の胸のうちに」(守谷さん)として明かされなかったが、「慧さん」「絢子さん」と呼び合っていることなどを二人で仲むつまじく説明。絢子さまは「自然とお互いに引かれ合い、きょうという日を迎えられましたことは、両母親のつないだすてきなご縁だったのかな」と、久子さまと守谷さんの亡き母、季美枝さんの交際にも触れた。 


参照



目次にもどる

高円宮家とは


守谷慧5



高円宮(たかまどのみや)は、三笠宮崇仁親王の第3男子で大正天皇皇孫の憲仁親王が1984年(昭和59年)12月6日に創設した宮家。




「高円宮」の宮号は昭和天皇から賜ったもので、現当主は、憲仁親王妃久子。

当主の憲仁親王が男子をもうけないまま2002年に薨去したため、長女の承子、次女の典子、三女の絢子の三女王の薨去、または皇籍離脱をもって宮家が断絶することになる。2014年5月27日、次女の典子女王の婚約が発表され、結婚と同時に高円宮家から離脱し、現在は国麿の妻として大社職員らに「若姫君様」と呼ばれている。


参照wiki





女性皇族には「宮家の継承」を認めていないので、男子がいる秋篠宮家以外の全ての宮家は消滅する。





その理由は、「皇室は神武天皇の男系で存続してる」からであり、現行憲法を制定する際の帝国議会の審議において、当時の金森徳次郎憲法担当国務大臣は、「(現行憲法第1以上の)「世襲」とは、かつての万世一系と同じ意味である。(神武天皇の)男系は、変えてはならない日本の皇室の大原則である」という主旨の答弁をしている。




なので、「神武天皇以外の男系」が、皇室に入るべき必然性がない。



皇室典範には15歳以上の内親王・王・女王・夫を失った親王妃・王妃は自らの意志で皇室を離れることができるとあるが、現在の皇室典範の制定以降、御結婚以外で皇室を離れられた皇女はいないし、皇子・夫を失われた妃が皇室を離れられたケースもない。(離れたいと希望された人はいたようだが)





それに、高円宮家は憲仁親王殿下が久子様と結婚されて創設された宮家で、現在の当主は久子妃殿下。




高円宮妃殿下は、現在、夫君から引き継がれたものを含め公職をこなされているが、このまま高円宮妃殿下の薨去、このまま絢子さまが婚約されれば、あとは長女の皇籍離脱をもって宮家が断絶することは免れることはできない。




目次にもどる

守谷慧さんの家柄は超エリート



守谷慧4


守谷慧さんの経歴をミヤネ屋で紹介されていたが、まさに超がつくエリートな経歴。




・フランス・パリの幼稚園
・港区立白金小学校(伝統校)
・高輪中学校・高等学校(1885年設立)
・慶應義塾大学
・オックスフォード大学短期留学
・日本郵船


そして、守谷慧さんと絢子さまは、出会いから約6か月で婚約内定した。
ミヤネ屋では、今年中には結婚すると報じられているので、この婚約内定はほぼ決まりといっていい。


高円宮妃殿下久子さまは、毎年のように国境なき子どもたちの写真展やイベントなど支援事業やチャリティパーティにも臨席していたことで、そこで守谷慧さんの母親と仲良くなり、守谷慧さんをえらくきにいったそうだ。



なので、元・国境なき子どもたち専務理事の守谷慧さんの亡き母親が繋いでくださったもの。



守谷慧さんの母親は、国境なき子どもたち(KnK)の設立から関わり、専務理事として途上国の子どもたちの教育支援に従事していたそうで、母親の志を継いで、「お二人が途上国の子どもたちの教育支援に力を発揮されることと期待しています」と、関係者からコメントが発表されている。



6ヶ月は早く感じられるが、このように結婚するには相手の親がどんな人か事前に知っているかは大事。




父親の故・高円宮様は、生前、新橋のガード下の居酒屋で焼き鳥を肴にビールを飲むような気さくなお方だったことで、娘の結婚相手の家柄を気にされるような人ではないそうだが、国民は皇女の嫁ぎ先なのだから家柄などは、皇女に相応しい方との結婚を望む。




守谷慧さんは小室圭さんと違って正社員で年収も1000万以上と、家柄も申し分ない。

守谷慧さん本人も海外の恵まれない人のためのボランティア活動もされていて、小室圭さんみたいにアルバイトでもないし、海の王子というチャラついて社長令嬢を落とそうとした噂もない。



目次にもどる

守谷慧さんの母親は九条家(公家の名門中の名門)


守谷慧6


守谷慧さんの母親の季美枝さんは、認定NPO法人「国境なき子どもたち(KnK)」の専務理事をされていたが、出張先のタイでお亡くなりになっている。NPO法人で専務理事をしていた母の関係で、高円宮家のパーティーへ呼ばれたことで二人は知り合ったとミヤネ屋で紹介され、さらに「九条家」という九条兼実を祖として始まる家柄だったことも報じられた。



九条家とは、兼実の孫・九条道家の子供から、さらに二条家と一条家が発生し、長男・九条教実は若くして死去しており、道家は自身の死に際して遺言を残した。



一.まずは一条実経が家長者を継承すること

二.次には九条教実の子・忠家が家長者を継承すること

三.その後は二人の子孫の内、官職の高い人物が家長者を継承すること(一門上首)



参照wiki


道家は次男二条良実よりも一条実経を可愛がっていたようで、さらには勘当状態にあった良実は問題外。



以後、藤原北家九条流で優位な立場にあった一条家は、嫡流の地位を確立。しかし、時代が下り長子相続制が一般的になりつつあると、長男の家系である九条家が家督を相続すべき嫡流であると主張する人物が現れる。



こうして九条家と一条家は、嫡流をめぐって争うことになってしまう。


当時の天皇・後光厳天皇はこの訴えきいて、道家の遺言の三番目を持ち出し「道家の遺言はあくまで一門上首であり、その資格を有する九条家と一条家は同格である」と裁定した。



つまり、鎌倉時代は一条家の優位、室町時代以降は(訴えが出たのは鎌倉幕府滅亡後32年たった1365年の南北朝時代)と同じ関係と決められた。


ちなみに一条家は、江戸時代の初期の当主・一条内基に子供がいなかったため、後陽成天皇の皇子・一条昭良が後を継いだ。一条家は事実上血は途絶えたことになるだろうか、守谷慧さんの母親の九条家の血筋としては、いまだに存在する由緒正しい家柄といえる。




目次にもどる

絢子さまは今後は一般人





皇室について規定した、皇室典範(こうしつてんぱん)という法律では、女性皇族は結婚したら、相手が皇族でないかぎり、皇籍離脱することになっている。女性天皇は、現時点では可能性がゼロなので、眞子さまが小室圭さんと結婚するということは「皇籍離脱」をすることになる。



現在の日本は、皇位継承資格を男系に限定しているからこそ、眞子さまは「皇籍離脱」をしなければならず、守谷慧さんが皇族入りすることはない。





なぜ皇籍離脱するのか?という理由としては、江戸時代以前は、予算の都合。(国民の税金で生活しているため)




明治以降の場合、予算の問題もあるが、制度的なものになった。
皇籍離脱して「華族」(近代日本の貴族階級)のになることで、皇室の藩屏、つまり皇室の防壁になるようにと考えられていた。




昭和22年10月17日に起こった「11宮家離脱」事件。
これは、GHQ(連合軍軍最高司令官総司令部、大日本帝国での総司令部の総称司令部の頭字語)による圧力の結果。この時点で、すでに現行憲法および現行皇室典範は施行済みなので、GHQさえ無ければ現在でもれっきとした皇族でいられるはずだった。




「本人たちが希望したからだ」等と復帰反対派は主張もあり、現在まで法改正されていない。



守谷慧さんとの婚約内定がこのまま進むと、絢子さまが一般社会人として生きていくことになるが、現法律ではどうしようもなく、一国民としては、こんな超エリートの男性はなかなかいないので、このまま何事もなくご成婚を願わずにはいられない。







スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「丸山桂里奈の元カレ俳優」元彼の芸能人と男性遍歴を暴露【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

浅尾美和「顔変わった」現在の理由は子供が原因か【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

小室圭さん「母親の金銭トラブル」祖父が韓国人だったことが判明!【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

名探偵コナン「あの方」黒幕の正体は烏丸蓮耶とネタバレが判明【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

小室圭の母親が借金トラブルを皇室に「もみ消し」依頼していたことが判明【画像】

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】