クリーブランド監禁事件2
2018年7月11日(水)放送、TBS系列「ワールド犯罪ミステリー2」
20時00分~23時10分




2002~2004年の2年間の間、アメリカで若い女性3人が行方不明になったクリーブランド監禁事件について特集。



このクリーブランド監禁事件は、事件発生から10年後に助けの声を聞いた住民がドアを蹴っ飛ばして女性全員保護したが、警察の対応が酷く、日本では考えられない事件だった。現在、救出された後の女性達は顔も隠さずに、明るくインタビューに応じているが、これも日本では有り得ない報道の仕方であり、まともには放送できない内容だと思われたが、「ワールド犯罪ミステリー2」で真相について語られる。




いったい、クリーブランド監禁事件とはどんな事件なのか?



放送に先駆け、クリーブランド監禁事件についてまとめてみた。




■目次

クリーブランド監禁事件とは
クリーブランド監禁事件での警察の対応
アメリカでの誘拐事件
クリーブランド監禁事件の犯人の現在と子供たち

クリーブランド監禁事件とは






クリーブランド監禁事件は、2013年にアメリカ合衆国のクリーブランドで発覚した誘拐監禁事件。


2002年から2004年にかけて行方不明になった女性3人が、監禁されていた家から約10年ぶりに救出された。容疑者として逮捕された男は被害者宅の近隣地区に住むスクールバス運転手の男だった。被害者のひとりが監禁中に生んだ6歳の子供も一緒に保護され、DNA鑑定により容疑者との子であることが確認された。



2013年5月6日、クリーブランド市シーモア通り2207番地の家から助けを求めて叫ぶ女性の声に近所の住民が気づき、若い女性が家から脱出しようともがいていたため、住民がドアを蹴破って助け出したところ、女性と幼女が出てきた。



女性は隣家から警察に電話し、16歳だった2003年4月21日の仕事帰りにヒスパニック系の男に誘拐され、監禁されていたと語り、他にも被害者がいると通報。警察が駆けつけ、スクールバス運転手アリエル・カストロ(当時52歳)を逮捕。近隣住民からはおおむね評判はよく、社交的で音楽好きだったという。容疑者の兄と弟も逮捕されたが、後日二人は無関係であることがわかり、釈放された。


クリーブランド監禁事件1


同家から救出された他の2名の被害者も、長年行方不明になっていた女性と判明。

ひとりは、21歳の2002年8月23日に、もうひとりは14歳の2004年4月2日に同じ犯人によって誘拐され監禁されていた。容疑者宅は、被害者たちの自宅から約5kmの位置にあり、行方不明時には容疑者自身が捜索のボランティアもしていた。




2013年8月1日、犯人のカルロスは暴行など977件の罪に問われていた裁判で、仮釈放なしの終身刑と禁錮1000年の刑を言い渡された(死刑は回避)しかし、2013年9月3日に刑務所内で首を吊り、現在はこの世を去っている。




参照wiki



目次にもどる

クリーブランド監禁事件での警察の対応





クリーブランド監禁事件は、被害女性の親族が捜索願により被害者たちが全米の不明者データベースに掲載されたものの、途中でデータベースから抹消された時期があり、警察の捜索活動は停止していたことで批判が殺到した。




この理由として、アメリカでは誘拐や行方不明になってから、失踪後に生存出来る時間は24~36時間と言われている。誘拐の場合は、近親者が犯人以外の時は、もっと高い確率で「誘拐直後、または金品交渉前に○害される」という統計もあり、「失踪後、48時間経過すると○亡している可能性が極めて高くなる」というデータがある。




アメリカが誘拐事件が多く、こういった行方不明の事件は日本よりアメリカの捜査法の方が進んでいて、統計学などを上手く用いている。科学的データが集められ、それが捜査に利用されているから、データからみても生存している可能性が低いとしてデータが抹消されていたと思われる。




クリーブランド監禁事件だけではなく、失踪直後に行動することが、被害者の生還に重要な役割を果たす。時間が経つほど、○亡のリスクが上がり、失踪事件の大半は性犯罪者によるものなので、営利誘拐とは事情がかなり異なり、最初から用済みになったら○害してしまう。



日本でも、性犯罪の報道はあるが、日本にはFBIのように広域捜査をできる機関もないし、縦割り行政で、データ収集を専門にするような機関はない。アメリカは過去の事件から、統計学的に導き出した確率論と、犯罪行動学などを加えたものでデータ管理をしているので、犯罪心理学的にこういった「10年間も監禁している」ことが想定できなかった。




日本ではそういう集計が行われていないので、日本では統計を重視することはない。

要するに「データがない」ということで、日本の場合、失踪者は行方不明とだけなって、全国指名手配以外に、緊急警報を出すような制度もないし、「神隠し」などといわれることはあっても、誘拐略取や殺人死体遺棄などであるので、データは残すようにされている。




しかし、実際は「警察が具体的に動かない」ので、犯罪自体が存在しないことになっているわけだから、アメリカより日本の方がかなり酷いといえる。




目次にもどる

アメリカでの誘拐事件




2017年、司法省「US Department of Justice」の資料では、「More than 700,000 children go missing annually.」これを日本語に訳すと、年間の行方不明の子供の数、70万人以上と発表された。




記録に記載されていない数を含めたら「年間100万人は超える」社会問題としてアメリカでは問題視されている。



この85%以上が子供であり、「ついさっきまで、そこら辺で遊んでいたはずの子どもが消えてしまうといった」と、日本で言われている「神隠し」な事件は、現在のアメリカで日常茶飯事な出来事。



こういった行方不明、誘拐事件が当たり前のアメリカでは 子供を守るために毎日の学校への行き帰りは、親の送り迎えが常識となっている。



それでも誘拐や行方不明が減っていないことを考えると、クリーブランド監禁事件が非常に稀な事件ではないことがわかる。



近年では、日本でも少年少女が犯罪被害者になる事件が増加している。

犯罪大国アメリカでは小学校への送り迎えは親かスクールバスが原則なのに、日本のように子供だけで道を歩く事は、アメリカでは非常に珍しいこと。


万が一、親が自宅内でも子供を一人で留守番させれば「違法行為」として処罰される州も存在する。




子供は、常に親が保護下に置かなければならない状況。

日本以外の国では、盗品を買い取るシステムがあり、だから置き引き犯罪が後をたたない。「簡単に金に出来る」から犯罪が多発する。子供の誘拐も子供を買い取るシステム=需要がある。



また単純に性的目的の犯罪もなくならない。
何でも犯罪の対象になるという犯罪大国アメリカ特有の話であり、他の国では到底理解出来ない思考といえる。




目次にもどる

クリーブランド監禁事件の犯人の現在と子供たち



クリーブランド監禁事件


アメリカの刑務所では、どんな犯罪を犯し、刑務所に入れられても人権が守られている。



日本の場合、独房に入れられた上、それこそ手の位置や角度まで事細かに定められて、足を崩すにもいちいち許可が必要な規則が存在する。一方、アメリカでは刑務所でありながら、普通に共同生活のような環境なので、刑務所の中で孤立してしまうと「虐められる」なんてものではなく、壮絶なリンチをうける。



去年だけでもテレビで騒がれた事件の犯人が「刑務所の中で自○した」と、報道が3件あり、 内情を知っている人には「どうせ刑務所内で○されたんでしょ?」と思ってしまう。





日本では自殺防止の為に「ヒモ」の類を舎房では使わせてないし、自由な環境ではない。(だか、布団の中でシーツか何かを利用して自分で自分を絞○もできてしまうので、日本でも自○しようと思えば出来る)




アメリカの場合、州によって司法が存在し、日本とは違って、死刑がない州もあるが、「禁錮1000年」は一生その生活から逃げれないという事。独房内での出来事とはいえ、こういった囚人に対する監視体制はあるものの、拘置期間に自○の兆候が無く、刑務所の監視体制がある程度緩められた結果、壮絶ないじめをうけ、クリーブランド監禁事件の犯人も自○してしまった。




アメリカでは1日2000人の子供が誘拐され、中国でも女性を含め、子供が年間20万人以上も誘拐されてる。そのうち、49%は親や親族によるもの、27%は知人によるもので性犯罪も多い。ただし、24%は、見知らぬ人による誘拐。



日本は島国なので安心なのかと思ったら、年間で4000人以上の子供が行方不明になっている。




言いたいことは、「アメリカ国内で起きている」ことは、日本をはじめ世界中の国々が解決されないということ。誘拐事件の大多数は、日本国や日本人の利益になるなら、増加することは間違いないし、けして他人事ではない事件といえるだろう。



今夜の放送では、クリーブランド監禁事件の犯人の現在と子供たちについても取材がされるので、どんな監禁生活だったのか?注目の放送といえる。



スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「丸山桂里奈の元カレ俳優」元彼の芸能人と男性遍歴を暴露【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

浅尾美和「顔変わった」現在の理由は子供が原因か【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

小室圭さん「母親の金銭トラブル」祖父が韓国人だったことが判明!【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

名探偵コナン「あの方」黒幕の正体は烏丸蓮耶とネタバレが判明【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

小室圭の母親が借金トラブルを皇室に「もみ消し」依頼していたことが判明【画像】

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】