林郁夫2
2018年7月12日(木) 放送、フジテレビ系列「直撃!シンソウ坂上SP」
19時57分~21時54分







オウム真理教の元信者で、地下鉄サリン事件の実行犯の1人だった林郁夫について特集。



林郁夫は、オウム真理教事件に深くかかわっているのにも関わらず、ただ一人だけ無期懲役がでた。その理由は、事件について、「オウムの実態について全てを告白し、それが事件の全容解明へとつながったから」となっているが、そんな理由で刑が減刑になってしまっては、被害者の遺族はたまったものではない。





林郁夫はなぜオウム真理教の全てを明かしたのか?


林郁夫の現在を含め、再現ドラマ化されるので、放送に先駆け、事件の概要についてまとめてみた。


■目次

オウム真理教事件とは
林郁夫はサリンをまいた実行犯人
林郁夫が自首したことで事件解決?
林郁夫の仮釈放の可能性
林郁夫の嫁と子供の現在

オウム真理教事件とは



麻原彰晃 性の儀式


オウム真理教事件とは、1980年代末期から1990年代中期にかけてオウム真理教が起こした事件。




オウム真理教の教祖である麻原彰晃(本名:松本智津夫)が救済の名の下に日本を支配して、自らその王になることを空想し、それを現実化する過程で、世界各国での軍事訓練や軍事ヘリの調達、自動小銃の密造や化学兵器の生産を行い武装化し、教団と敵対する人物の殺害や無差別テロを実行した。



一連の事件で29人がなくなり、負傷者は6000人を超えた。

教団内でも判明しているだけでも5名、行方不明者は30名を超える。被害者の数や社会に与えた影響や裁判での複数の教団幹部への厳罰判決などから、「日本犯罪史において最悪の凶悪事件」とされている。



特に注目される事件としては、

・1989年11月の坂本堤弁護士一家事件(教団松本支部立ち退きを求める訴訟を担当した弁護士)

・サリンを散布し数百人の負傷者を出した1994年6月27日の松本サリン事件



これらに関与した13人の死刑判決と5人の無期懲役判決が確定。

2011年12月31日には16年以上にわたり逃亡を続けてきた平田信が警視庁に出頭し、翌2012年1月1日に逮捕され、平田を匿って逃亡に協力していた元女性出家信者も同年1月10日に逮捕、両者とも起訴された。




同じく逃亡していた菊地直子が潜伏先で逮捕、同じく逃亡を続けていた高橋克也が、東京都大田区西蒲田の漫画喫茶で身柄を確保・逮捕されたことで、警察庁からオウム真理教事件に関する特別指名手配を受けていた3人は、すべて逮捕・起訴されたことを公表した(平田信は2016年1月13日に懲役9年、菊地直子は2017年12月27日に無罪が確定)



最後のオウム事件被告である高橋克也は、最高裁まで争い2018年1月18日付で無期懲役が事実上確定。


これをもってオウム事件裁判は、完全に終結した。



参照wiki






目次にもどる

林郁夫はサリンをまいた実行犯人



林郁夫



林郁夫は元オウム真理教幹部で、入信前は医師。教団が省庁制を採用した後は治療省大臣を務めた。



そして、地下鉄にサリンをまいた実行犯の一人である。



林郁夫のwikiを読むと、「思いやりがある性格」で、教団の行動に反対的だったとされており、また自首して究明に協力的で、「反省してる」などという文言があるが、嫁にはDVを行っていたり、不倫もして、不倫女性にもDVをしているような人物なので、林郁夫を総合的に見ても「ろくな人間」ではない。




確かに、サリン事件の後に、警察が上九一式村に一斉捜査に入った時に、麻原を含む幹部連中は逮捕され、皆が黙秘を貫いていた。事件の捜査が一向に進まない中、林邦夫も黙秘を貫いていたが、拘留期間が終わる間近に事件について荒いざらい喋り出した。



なぜ自供したのか?というと、林邦夫は「事件を起こしてしまったことを反省し自白した」とし、次々と事件の真相が解明され、他の逮捕された黙秘している幹部連中の悪事も次々わかり、林邦夫が話した事で事件の概要が解明できた。




結果、林郁夫の自供でオウム真理教の事件概要がわかり、裁判官は「事件を起こしたことについて反省をしている」とし、その自供があったことで無期懲役が確定。地下鉄サリン事件に深くかかわった人物の中ではただ一人、死刑判決を免れた人物になった。




現在の林郁夫は服役中であるが、獄中の中で「文藝春秋」から手記を発表。
その中で、口止め及び麻原が持つ学歴コンプレックス、阿含宗でのキャリアの違いなどから、自分に「敢えて汚い仕事をやらせた」と事件について冷静に分析している。

林郁夫4





目次にもどる

林郁夫が自首したことで事件解決?


麻原彰晃 性の儀式3



林郁夫はオウム真理教事件の実行犯でありながら、オウム真理教を売った人物。

自首というのは「警察に自ら逮捕されに行く」事ではなく、「犯行が当局などに発覚してない時点で自白」することを指す。




林郁夫の行動は、様々なメディアでも再現ドラマ化されているが、林郁夫は潜伏中に別件で逮捕。この時の警察は、林郁夫がサリン実行犯とは夢にも思っていなかったそうだ。しかし、林郁夫のまさかの自白で、捜査は一気に進展。



法廷でも検察は、「取り調べでの林郁夫の自白が一気に捜査の流れを変えた」と証言しており、なので検察も林郁夫には死刑求刑を出来なかった。



日本の司法では、「自首」は刑法で明確に減刑の対象になる。



また、林郁夫を含めた他の散布役4名は、村井が選抜したが、林郁夫は麻原が直々に指名している。林郁夫には「断ることが出来ない状況」が、他の4名よりも無いというのも考慮された。




実際、各散布役の容疑者の証言では、村井が「嫌なら断ってもいい」と言ったそうだ。(仰天ニュースの再現ドラマでは確かに言っている)これも実質的には、精神的に圧力で断れないのかもしれないが、一応は「断れる可能性があった」という事になる。



しかし林郁夫は、尊師である麻原が直接指名。
断るのは教団体質上、状況的に難しく、散布役という自分の命も危険だったことも、無期懲役という判決が下された要因がある。そして1998年5月、東京地裁で無期懲役の判決が下る。



この判決に林郁夫は控訴せず、一審で刑が確定し、現在は千葉刑務所に服役している。






目次にもどる

林郁夫の仮釈放の可能性








上記だけを見れば、林郁夫が自白したおかげで事件が解決したことは間違いない。




しかし、林郁夫は地下鉄サリン事件の起きる数年前に「息子を脱会させよう」と必死になってお寺の関連施設に預けていた土谷夫妻を井上嘉浩、青山吉伸とともに奈落の底に突き落とした実行犯でもある。




林郁夫らは、土谷夫妻が収容されていた建物の前で大音量でマントラを唱え、オウム真理教の説法を流し、朝から晩までアジ演説、土谷夫婦の中傷ビラを撒き、土谷を教団に取り戻してサリンを作らせた。




そして、あの悲惨なサリン事件が起こった。




林郁夫らに洗脳され、サリンを製造させられた土谷が死刑になったのに、なぜ林郁夫は健在なのか?



この状況から見ても、日本の司法はとても矛盾している。
現在の無期懲役は、仮出所(仮釈放)の規定は、とても厳しくなり、林郁夫が模範囚となっても30年から35年程度は必要。それも刑が確定してからではなく刑務所に入り累進処遇と言う5類から1類があり、3類となってから30年~35年なので、実質は40年程度は服役が必要になる。



法務省の内示では、「仮釈放の可能性のある無期懲役」と、「仮釈放を絶対的に認めない無期懲役」がある。



林郁夫は当時44歳、事件から23年が経過しているので現在は林郁夫71歳。

10年位前に3類に進級しているから、林郁夫が56歳の時から30年~35年模範囚として過ごしたとしても86歳~91歳になってようやく仮釈放できる。




林郁夫は、すくなくとも後15年は獄中生活を送ることになるので、日本人の男性平均寿命からしても「2度と塀の外へ出ることはない無期懲役」といえるだろう。




目次にもどる

林郁夫の嫁と子供の現在





林郁夫を含め、彼らは高学歴で、超が付くほどのエリート集団だった。

同時に「社会の矛盾に耐えられない潔癖症」であり、社会の汚い世界に嫌悪感をもっていた。



2chで、オウム信者で高学歴たちのリストをみると


・富永昌宏:灘高校(大学への数学選手権3年連続全国1位)→東京大学医学部(東大理Ⅲ類)

・林郁夫:慶應高校→慶應義塾大学医学部


・青山吉伸:大阪府立高津高校→京都大学法学部→21歳で司法試験合格(京大在学中)

・井上嘉浩:洛南高校→日本文化大学法学部中退

・村井秀夫:大阪府立千里高校→大阪大学理学部物理学科→大阪大学大学院

・早川紀代秀:大阪府立三国丘高校→神戸大学農学部→大阪府立大学大学院

・中川智正:岡山県立岡山朝日高校→京都府立医科大学

・遠藤誠一:北海道立札幌北高校→帯広畜産大学畜産学部獣医学科→京都大学大学院

・土谷正実:東京都立狛江高校→筑波大学農林学類→筑波大学大学院

・豊田亨:白陵高校→東京大学理学部→東京大学大学院

・廣瀬健一:早稲田大学高等学院→早稲田大学理工学部応用物理学科

・端本悟:早稲田大学法学部中退

・村岡達子:上智大学

・富田隆:日本大学理工学部

・林泰男:工学院大学2部

・渡部和実:東京工業大学

・荒木浩:京都大学文学部

・森正文:大阪市立大学医学部

・佐々木正光:産業医科大学

・平田なんとか:愛知医科大学

・新実智光:愛知学院大学法学部

・満生なんとか:千葉工業大学

・松本知子:千葉県立木更津高校→千葉大学教育学部中退

・高山勇三:早稲田大学商学部

・上祐史浩:早稲田大学高等学院→早稲田大学理工学部電子通信学科→早稲田大学大学院修士課程→宇宙開発事業団退職




社会に出れば、エリート街道を歩んでいける高学歴ばかり。

つまりそれだけ世の中は矛盾に満ち溢れているということ。大抵の人は妥協した上でうまく流して生きている部分がある。しかし、林郁夫のようなインテリで学識があればあるほど潔癖症になってしまい、世の中の矛盾が許せない。





それを解消するには「宗教」矛盾を全て二元論で片付けるしか方法がない。

ただ、その矛盾を想起させないようにする宗教には、唱える人間の資質が問われる。
麻原には、その点において、稀有なカリスマ性と人を惹きつける才能を持っていたのかもしれない。



麻原が、信者に語り掛ける映像がYouTubeで現在でも見れるが、自分自身の弱点を晒しつつ、あるいは弟子が感じている矛盾点を、非常に中庸的な回答で導き出している。これがエリートたちにとって、非常に魅力的に感じられたのかもしれない。




この点に関しては、宗教に限らず、麻原には非常に議論(コミュニケーション能力、「私の主張はこうである。それはこういう理由だからである」といったように、何故そうなるのか?をきちんと説明すると説得力)に長けていたことは間違いない。




服役中の林郁夫には、嫁の芦田りらの間には2人の子供がおり、長女は1981年生まれの現在36歳(2ch情報では結婚をしていて、子供もいる)、長男は1987年生まれの現在30歳。ともに高学歴のエリートだという。




親が犯罪者だからといって、子供に『犯罪者の子供』というレッテルをはり、責めたり避けたりするのはおかしいし、「重犯罪の子供」と言えども法的には何ら関係はないが「犯罪者の子供」は客観的な事実。




結果論を言えば、犯罪者の血が流れている。




しかし、子供は親や生まれてくる家、場所を決められない。

林郁夫の子供と嫁の芦田りらの現在の画像は、2chでも出回っているが、辛い思いをしないよう正しい道に進んでいるのなら、第三者である我々が干渉すべきではない。


そして芦田りらには、林郁夫との間に生まれた子供たちにそんな思いをさせないよう頑張るだけ。それ以上、それ以下のことも出来ない。


今夜の放送では、林郁夫を中心にオウム事件を再現ドラマ化。
現在の林郁夫の子供たちや嫁の存在についても、いったいどんな形で触れられるのか、注目したい。





スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「丸山桂里奈の元カレ俳優」元彼の芸能人と男性遍歴を暴露【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

浅尾美和「顔変わった」現在の理由は子供が原因か【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

小室圭さん「母親の金銭トラブル」祖父が韓国人だったことが判明!【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

伊藤綾子が二宮和也の風呂写真を流出させ結婚へ【画像】

濱松恵ライン内容の全部「東京03」豊本とのline内容を売った友人がヤバい【画像】

名探偵コナン「あの方」黒幕の正体は烏丸蓮耶とネタバレが判明【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

小室圭の母親が借金トラブルを皇室に「もみ消し」依頼していたことが判明【画像】

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】