アリス紗良オット34
2018年7月30日(月) 放送、日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話」
21時00分~21時54分




深イイ話の恒例企画「今田耕司が会いたい絶世の美女」に天才ピアニスト・アリス紗良オットが登場。



天才ピアニストかと問われれば、世界を股に活躍する音楽家はみな天才と言えるが、アリス紗良オットが注目されるのは、その天性の才能と美貌。さらに歌心は抜群に素晴らしく、メジャーデビュー「超絶技巧練習曲集」は、ゆったりとしたテンポの曲での表現力は本当に素晴らしいと海外からも高い評価を受けている。




いったい、アリス紗良オットとは何者なのか?



今夜の放送に先駆け、アリス紗良オットの人物像をまとめてみた。



■目次

アリス紗良オットプロフィール
アリス紗良オットは天才ピアニスト
アリス紗良オットのように海外で活躍するには
アリス紗良オットのインスタから今後は日本で活動?

アリス紗良オットプロフィール








アリス紗良オット




アリス=紗良・オット
生年月日1988年8月生まれ
出身ドイツ・ミュンヘン


父親がドイツ人、母親が日本人、妹にピアニストのモナ=飛鳥。
日本語、ドイツ語、英語を流暢に話せる。主にドイツ語圏を中心とした地域のピアノコンクールの優勝経験をもつ。オーストリアのザルツブルク・モーツァルテウム大学でカール=ハインツ・ケマリンクに師事。


・受賞歴
1995年 ドイツ連邦青少年音楽コンクール優勝。
1997年 スタインウェイ国際コンクール優勝。
1998年 イタリア・リゲティ国際コンクール優勝。
1999年 ハンブルク・スタインウェイコンクール優勝および特別観客賞受賞。
2000年 グロートリアン・シュタインヴェークピアノコンクール優勝。
2001年 カール・ラングピアノコンクール優勝。 2002年 カール・ラングピアノコンクール優勝。 


2003年 リンダウ・ロータリー・ヤング・ミュージックコンクール優勝、ケーテン・バッハ・青少年コンクール優勝および市長特別賞受賞。バイロイト音楽祭に招かれ、ワーグナー愛用のピアノを使用してリサイタルを開催。


2004年 イタリア・シルヴィオ・ベンガーリ・コンクール優勝(史上最高得点)、中村紘子の招きにより日本でのデビューを果たす。ドイツのramレーベルよりCDデビュー。
2005年 ヨーロッパピアノ指導者連盟コンクール優勝。


2008年 ドイツ・グラモフォンと専属契約を結ぶ。
2010年 「クラシック・エコー・アワード2010」にてヤング・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞。


参照wiki



目次にもどる

アリス紗良オットは天才ピアニスト

アリス紗良オット3



アジア人が海外で活躍するピアニストは、ヨーロッパで主に活動しているが、アリス紗良オットの場合は、まさに世界を股にかけて活躍している。この年齢、この若さで、天下のメジャーレーベルDGGからアルバムをリリースしているのは、アリス紗良オットぐらい。




ヨーロッパでは、日本の市場も狙いやすい「ドイツの若手ピアニスト」としてちゅうもくしているのだろう。アリス紗良オットにはコネなど一切なく、日本とは関係ない欧米のオーケストラ「ソリスト」として招かれているので、若手の中では演奏力、その評価は高いことは間違いない。



ただ、海外で若手の場合、登竜門を広げるために多くのピアニストを起用することを招集、試しに呼ぶこともある。なので、今後も定期的にコンサートなどに呼ばれる様になったのなら、正真正銘に評価されたといえるだろう。





日本では、ある意味、変に目立ってしまうと、アイドル的な容姿だけを取り上げられてしまい、実力を見てくれない。若い女性の場合はしょうがないのかもしれないが、将来が期待されるピアニストの一人であるアリス紗良オットにとって、アイドル的要素の人気ではなく、実力を兼ね備えたピアニストということは間違いない。





目次にもどる

アリス紗良オットのように海外で活躍するには





大抵の人は幼いときにピアノを習い、その過程でピアニストを目指すのだろうが、音楽大学に行けばピアニストになれるわけではない。



現在、日本でも活躍するピアニストとして第一線で活躍している人は、音大入学時にはすでにデビューを果たしている人ばかり。ということは、ピアニストになるには、学生時代から演奏活動を始めていないと、ピアニスト(自称は除く)になるのは難しいということになる。



血の滲むような努力を積み重ね、素晴らしい指導者に出会う強運にも恵まれ、そこで才能が見いだされば、やっと「ピアニストの端くれ」になれるだろう。




もちろん、天性の素質は重要。
それには、単に音楽に関する才能ばかりでなく、一日中ピアノを弾いていても苦痛に感じない性格もまた才能のひとつ。



日本人ピアニストが世界で通用しない理由の一つに幼いことの指導が遅いこと。

遅くても5歳までには、本格的な指導を受けないとクラシックの世界で自分の名前を売る機会を得らない。


2chでも音楽家のスレが存在するが、ピアニストのような高度な芸術的技術を要する職業というのは、3歳までに始めてないとダメらしい。



それはいろんなピアニストの研究をすればすぐにわかることで、親から幼い頃から英才教育を必ず施している。音大を出ても「ほとんどダメ」なのが、ピアニストという職業。宴会や酒場でも演奏する機会が減ってきているので、教室を開いて教える位しか生計がたてれないそうだ。




管理人にも一人ピアニストの友達がいるが、その友達は大学で音楽講師をしている。
一応プロというカテゴリになるので、演奏会は年に一度あるかどうか。だけど、観客はほとんど内輪の人間しか来ない。


業界ではそこそこは知られているらしいが、本当に厳しい世界。
自分でしっかりと生活基盤を築いて、その余力でやっていくだけでも大変な世界なので、裕福な家の子供が目指せる職業といえる。




2chでは、アリス紗良オットの才能を批判するスレも存在するが、才能というのは自分が懸命にやってきたことの上に備わる能力のことなので、最初から眠っているものは無い。



例えば、モーツァルトは幼少時から天才だったと言われている。

子供の時に社交界に出て、その場で即興曲を披露したのは有名な逸話で残っている。しかし、彼の伝記をちゃんと読めばわかるが、幼いころから音楽家であった両親に物凄い英才教育を施されている。だから、即興で出来ただけのこと。



なので、モーツァルトにも才能が最初にあったわけじゃなく、物凄い努力をして貫いてきた人間だけ。



アリス紗良オットも「家にいるときはピアノの練習はしない」と情熱大陸で語っていた。

アリス紗良オットは生活者としての感覚を大切にするので、自然な生き方を大切にしているそうだが、チャイコフスキーのピアノ協奏曲を三時間以上練習していたので、才能があっても状況や場合によるということだろう。








目次にもどる

アリス紗良オットのインスタから今後は日本で活動?


アリス紗良オット2


アリス紗良オットは、最近では日本でのメディア出演が増えた。
それは、単純に日本をマーケットにしてるからで、海外では英語の歌詞じゃないと聞こうとしないのが実情。無論、一部のアニメファンやJPOPファンはいるが、海外へ本格的に進出しようとする人は、ちょっと呼ばれたからライブしに行く感じではダメ。


海外でのトップチャートで流行ってる音楽と日本のチャートを比べると、まるでスタイルが違い、アリス紗良オットのインスタも日本のファンを
意識して画像を公開してきていることから、日本での活動を視野にしているのだろう。




 あと、日本では「世界で大人気」みたいな報道しているが、実際は
アリス紗良オットはまだまだ駆け出し。 一部の外国人が楽しんでるのが実情で、アリス紗良オットのインスタを見てみると、フォロワーは現時点で3万程度しかいない。



海外、特にアリス紗良オットのようにドイツで活動した有名な音楽かは小林道夫さん、清水和音さん、ドイツで膨大なレコードをリリースしていた野島稔さんなどは、日本より現地で有名だった。



「ベートーヴェン弾き」で有名な園田高弘さん、テレビでおなじみだった羽田健太郎さんも海外では有名で、要は「上っ面の知名度」でモノを見るか、一歩踏み込んで当たってみるかという、当事者のスケールの深度の問題。



日本のクラシック音楽ファンの人口は、1%くらいだと言われている。

計算するとだいたい百万人くらいで、そんな中で「クラシック音楽ファンでなくても名前くらいは知っている有名な男性ピアニスト」となると、「いない」というのが正確な答え。



実力のある日本人ピアニストがいるのに、マスコミが取り上げない。

クラシック音楽自体、取り上げられることが日本では少ないのが原因でもあり、ということは日本人も含め、海外で活躍されていて、我々日本人が知らないピアニスト(ピアニストに限らなくても)なんてごまんといる。




今も、海外で活躍されている日本人で我々が知らないピアニストがたくさんいる中、アリス紗良オットの露出は、そういったピアニスト人口を増やすいいきっかけになるのかもしれない。






スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「丸山桂里奈の元カレ俳優」元彼の芸能人と男性遍歴を暴露【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

浅尾美和「顔変わった」現在の理由は子供が原因か【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

名探偵コナン「あの方」黒幕の正体は烏丸蓮耶とネタバレが判明【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

市來玲奈スキャンダルと社交ダンスの実力を「今夜くらべてみました」で公開【画像】

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】