勝又拓哉2



2005年12月に起った吉田有希ちゃん事件の容疑者、勝又拓哉について。



この事件は、有力な直接的な証拠がない中で、裁判の争点となった自白が信用できるかどうかだったが、勝又被告が母親に宛てた手紙などを根拠に「自白の根幹部分は信用できる」として、東京高裁は1審の判決を取り消し、再び無期懲役の判決を言い渡された。




勝又拓哉がどうこうではなく、警察の取り調べでの自白の強要だけではっきりした証拠もなく、DNAも検出せず、犯人に仕立てるのは、冤罪の可能性も否めない。





今回は、勝又拓哉の冤罪の可能性について、2chでも議論されているので、事件の概要と勝又拓哉が本当に事件を起こしたのか?2chの情報をまとめてみた。




■目次

勝又拓哉が起こした事件概要
勝又拓哉は冤罪?
吉田有希ちゃん事件の犯人は勝又拓哉
吉田有希ちゃんの母が亡くなっていた

勝又拓哉が起こした事件概要




勝又拓哉3



2005年12月、栃木県の今市市(現在の日光市)で、当時小学1年生だった吉田有希ちゃんが下校途中に連れ去られてた事件で、警察は別の事件で逮捕起訴された栃木県鹿沼市に住む勝又拓哉(当時32歳)が事件に関わった疑いが強まったとして逮捕した。





警察の取り調べに対し、勝又拓哉は容疑を認めるような発言をし、当時の詳しい状況や動機について調べを進めたが、犯行に使わてた物や証拠となるものが一切なく、 自白のみで容疑者にされていた。




吉田有希ちゃんは普段、姉や上級生たちと一緒に下校していたが、たまに一人で下校する日もあったという。そんな日は祖母が通学路である赤堀川近くの三叉路まで迎えに行っていたそうだが、事件当日は、祖母は事情があって迎えに行けなかった。有希ちゃんは友人と別れた後の午後3時前後、1人で歩いている姿を近隣住民に目撃されている。



その目撃証言の中に、所有者や運転者が特定できない車「黒のステーションワゴン」「「白のセダン」「白のワンボックスカー」なども報告されている。有希ちゃんは連れ去られて約10時間以内(胃の中の消化の具合から)、翌日の朝方くらいまで生きていた。



だが、連れ去り現場・遺体遺棄現場周辺などでの聞き込みや、学校からの情報提供で、多くの不審者情報が寄せられたものの、犯人につながる有力な情報には繋がらなかった。不審な車に関しても、検問やコンビニエンスストア・インターチェンジの料金所の防犯カメラ・監視カメラの映像チェックなども行われたが、それらしい人物や車は撮影されていなかった。



一部の報道では、「勝又拓哉のパソコンから、吉田有希ちゃんの画像が出てきた」と報道されたが、これは間違いで、実際には画像はなかった。この事件は、勝又拓哉の自白以外、証拠がないまま、勝又拓哉に無期懲役が下された。



目次にもどる

勝又拓哉は冤罪?


勝又拓哉4





2chでも勝又拓哉の冤罪説を唱える人が多い理由として、勝又拓哉が2009年に日本に帰化している日本語があまりうまくない台湾出身の日本人だということ。しかし、法律上では日本人ということになる。





日常会話の日本語は理解できているそうだが、勝又拓哉は友人も少なく、人付き合いが上手くできないタイプだったようで、会話の中で日本語をうまく伝わらないことに、イジメを受けていたようだ。実際に「からかわれるとすぐにキレて手を出した」と同級生も証言している。

勝又拓哉5

不登校になりがちになった時に、パソコンにのめり込み、学校にも行かなくなり、ニートのような生活を送っていたそうだ。センテンススプリング「週刊文春」2005年12月22日号でも、勝又拓哉の冤罪である可能性を報じている。


記事内容



「栃木の事件は広島のペルー人のような行き当たりばったりの犯行ではない。性的なイタズラが目的ではなく、おぞましい儀式を行うかのように有希ちゃんの体を傷つけている。得体の知れない犯人なんだ」


こう語るのは、栃木県今市市の小学一年生・吉田有希ちゃん(7)事件の捜査関係者。


中略


犯罪心理に詳しい精神科医の作田明氏はこう語る。
衝動的な犯行とは考えられず、性的な暴行もないということであれば、女の子に対するこだわりはあるんでしょうが、人を○すという行為自体が目的だったと言えるでしょう」



この得体の知れない犯人は犯行に車を使用したとみられるが、実は、有希ちゃんが行方不明になる直前に不審車両が目撃されていた。


「小学校から三叉路まで、四人の同級生の女の子で帰ってきたわけですが、有希ちゃんを除く三人のうち二人が不審な車を目撃したと言っています。四人を追い越して、有希ちゃんが家に帰る左側の道へ入ったようです」(別の捜査関係者)



二人の同級生のうち、一人が父親同席のもと取材に応じた。父親が話す。
「先日警察の方が来て、もう一人の同級生が『泥がついて汚れている白い車を見た』と言っているんだけど、見ましたか、と娘に聞いていました。娘は『見た』と答えていました」取材の席で改めて父親が「見たんでしょう?」と聞くと、同級生の女の子は『見た。小さい車』と答えた。



「三人の中で嫌がっている子供がいるので日程は決まっていませんが、後日、三人一緒に実況見分をする予定になっています」(父親)



同級生の証言と一致するかのような新たな証言も出てきている。有希ちゃんの足取りが途絶えた三叉路から程近い造成地に仕事に来ている男性がこう証言する。



「十二月九日に思い出して警察に話しましたが、十一月二十二日頃から三十日までの間に、造成地の通路に白っぽい軽ワゴンが停まっているのを二回見ました。汚れていたのか、クリーム色だったのかもしれません。



去年から何度か見かけていた車だった。二回とも同じあたりに停めていたが、一度は車の頭を通学路方向に向けて停めていて、次は車体を通学路と平行に停めていた。見たのは午前中です。事件が起きてからは一度も見ていません」


これ以外にも別の男性が、ほぼ同じ場所で「白か灰色っぽい“軽自動車”に乗った三十代の、車上生活者に見えるような男」を複数回目撃しているという。



週刊文春




勝又拓哉が犯人かどうかは別として、同級生の証言などでは気が弱くて主張もできない暗いタイプ。


物証もないし動機もハッキリしないのに、自白以前に、暴行や脅迫による取調べを受けていて、特別公務員暴行陵虐罪にもなりえる酷い状況にあった。




勝又拓哉は、商標法違反での勾留中に行われた任意の取調べで「犯行を認めた」としているが、だとすれば、あらかじめ警察は吉田有希ちゃん事件についても事情聴取するつもりだったことになる。ということは、事前に取り調べをする様子の録画の準備も出来たはずなのに、その時点の肝心な録画がない。



また、勝又拓哉のDNAが検出されていれば 決定的な物証になるのに、それが無かったからこそ捜査陣は自白した様子のビデオ(「7時間にわたる取り調べ録音テープ」なる警察が編集したものが提出されるらしいが、実際の取り調べはこの何十倍もある。)でしかなかった。それでいて、裁判では断片的な録画だけで「自白を証拠能力」と認め、裁判員たちも有罪を判決した。





勝又拓哉が犯人かどうかは第三者にはわからないが、この状況だけで冤罪の可能性は十分あり得ることは間違いない。




目次にもどる

吉田有希ちゃん事件の犯人は勝又拓哉




勝又拓哉



勝又拓哉については、現時点でのマスコミ等の情報を見る限り、本人のDNAは検出されていない。ただしマスコミにより公開されている情報に絞って判断しても「有罪である」と云わざるを得ない状況証拠が多くある。



その根拠の一つに「被害者に付着していた猫の毛のDNAが勝又拓哉が当時飼っていた猫と一致したこと。この偶然を適合する確率は0.5%しかない。



これは勝又拓哉が吉田有希ちゃんに会っていた確率、つまり「犯人である確率」であり、たまたま偶然に猫のDNAが一致して「無罪である確率が0.5%」という意味になる。飼い猫だけがたまたま偶然に、吉田有希ちゃんが会っていたという可能性は状況的に難しい。



また、吉田有希ちゃんがなくなったとされる推定日時に、勝又拓哉が車で外出、早朝6時に帰っていること。勝又拓哉はナイフ収集の趣味があり、スタンガンを持っていたこと。吉田有希ちゃんは、スタンガンで撃たれたと思われる傷跡があったこと。



勝又拓哉のPCには、アニメの画像が収集されており、吉田有希ちゃんと同じ位の少女画像も有ったこと。当時23歳だった勝又拓哉が小学生用のランドセル4個を持っていたという家族の証言がある。



勝又拓哉は容疑を認めていないが、母親に「犯罪を犯したこと」への謝罪の手紙を書いている。(ただしどのような犯罪なのか、その手紙には書いてない)


決定的なのは、勝又拓哉の自白内容に矛盾がないこと。

自白の詳細は産経新聞社の公式サイトで読めたが、その自白内容であれば事件を起こすことは可能であった。



勝又拓哉には、犯人だという決定的な証拠がないが、状況的に勝又拓哉には言い逃れできない立場にいることは間違いない。






目次にもどる

吉田有希ちゃんの母が亡くなっていた






吉田有希ちゃんの事件は、勝又拓哉に無期懲役が下されたが、勝又拓哉はいまだに容疑を認めていない。



無期懲役が下されたが、吉田有希ちゃんの父親は、勝又拓哉が罪を認めずに判決が下されたことに、「被告が否認したままで判決になってしまったことが残念でなりません」と無念な想いをコメントにしている。


もちろん、吉田有希ちゃん本人も無念だろうが、吉田有希ちゃんの母親も2016年にくも膜下出血で、この判決を聞くことが出来ずにこの世をさっている。




報道では、脳血管疾患とされているが、容疑を一切認めてない、勝又拓哉にストレスを感じていたのも一因にあるだろう。事件が忘れられず、寝不足による過労で、高血圧になるので、それがくも膜下出血のリスクが上がったのかもしれない。


和歌山カレー事件の林眞須美も直接証拠もなく、自白もなく、不自然な点が多いため、冤罪を指摘する声が多く上がっているが、状況的に犯人であることは間違いない。



冤罪を訴える支援者が声をあげていても何ひとつ動きがないのに、我々一般人が冤罪を疑ってもどうしようもない。個人的には、勝又拓哉は犯人の可能性が高いと感じるが、マスコミの偏った情報からこの事件を考えること自体が間違い。



勝又拓哉は再審請求ができるならとことんやればいい。

遺族の9年はかなり苦しかっただろうに、しかもまだすっきりしないこの事件。それらに対し、勝又拓哉は本当に真実を語っているのか?く今の日本の警察もはっきり言って信用できないので、事件の真相を語ってもらいたいものだ。





スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「丸山桂里奈の元カレ俳優」元彼の芸能人と男性遍歴を暴露【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

浅尾美和「顔変わった」現在の理由は子供が原因か【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

名探偵コナン「あの方」黒幕の正体は烏丸蓮耶とネタバレが判明【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

市來玲奈スキャンダルと社交ダンスの実力を「今夜くらべてみました」で公開【画像】

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】