ヨシダナギ7
2018年8月8日(水)放送,TBS系列「クレイジージャーニーSP」





クレイジージャーニーで度々取り上げられ、その都度お決まりのように上半身裸で現地の民族衣裳に着替えるヨシダナギが、アマゾンに暮らす日本のTV初登場民族を紹介する。




ヨシダナギは、小さい頃からアフリカ人が好きで、「大きくなったら自分もアフリカ人みたいな外見になれる」と真剣に思っていたほど、その生き方が面白い。ヨシダナギみたいに、「その人にしかできない生き方」をしていることに、放送されるたびにネット上ではヨシダナギが必ず話題になる。



今夜放送の予告放送でも、ヨシダナギがいつものようにモザイクの入った映像が放送されているので、今回も裸族のシーンが見れることだろう。




今回は、2chで話題になったヨシダナギとはどんな人物なのか?ネット上で検索サジェストに乗っているモザイク加工無しの画像についてもまとめてみた。






■目次

ヨシダナギプロフィール
ヨシダナギはフリーランスの写真家
ヨシダナギの被写体は少数民族
ヨシダナギの写真モザイク加工無しの画像が流出?

ヨシダナギプロフィール



ヨシダナギ2





ヨシダナギ (吉田凪)

生年月日 1986年
出身地 東京都


中学時代にはいじめがきっかけで不登校になり、ひきこもりになっていた。その時にネットで見かけた少数民族に魅了され、「現地に行って写真を撮りたい」と独学で写真を学ぶ。


グラビアアイドルやイラストレーターなどの仕事を経て、2009年より単身でアフリカに渡り、幼少期からの憧れであった少数民族の写真を撮りはじめる。



アフリカの裸族と共に裸になったことが注目を集め、またその奔放な生き方と写真が評価され、多数メディアで紹介され注目を集めた。





2016年にはTBS「クレージージャーニー」に密着取材され、現地民との打ち解けるまでの様子が放送され、ネット上で大反響をよんだ。「日経ビジネス」では、2017年の日本に影響を与える人物として「次代を創る100人」にも選出されるなど、いま注目の写真家の一人となった。




目次にもどる

ヨシダナギはフリーランスの写真家




ヨシダナギ3



基本的に「写真家」は資格があるわけではないので、自分でそう名乗れば誰でもできるが、現在の日本で、「写真を撮るだけで生計とれる」ような人はほとんどいない。



プロの写真かを名乗る人物はほかに執筆したり、テレビに出たり、トークショーなど、あらゆることをして収入を得ている。逆に、文章を書いたり、人前に出るのが苦手など、そういう人は向かない。




写真家としてのプロとアマの違いは、「技術の上手・下手」ではなく、顧客がついて、対価(お金)をもらえるか?どうか。



例えば、映画やCM、作品、TV番組作りにおいて、写真を加工するノンリニア編集やCG合成の専門家もいるが、そういった技術も顧客が高価な対価で購入するから成り立つ。



それと同じで、加工した写真であろうが、どんなに珍しい写真であろうが、購入する人がいて、生活が成り立てばプロ。写真の加工には、作業時間と費用、設備環境のコストがかかり、ヨシダナギのようにアフリカで現地に行き、民族写真を撮るにも費用がかさむ。ヨシダナギはそのリターンを得るだけの魅力ある写真、十分に高く売ることができる人ならば、プロとして成り立つ。




いくら時間と費用をかけて、綺麗な写真をとっても、加工をしても、誰も買ってくれる人がいなくて、収入がゼロかマイナスならば、プロではなく、それはただのアマチュア。



絵画が全盛の時期では、写真は簡単に風景などを撮影出来てしまうという処から芸術性という意味では低く見られていた時期があった。現代では、写真は報道写真の様なドキュメンタリー写真が真骨頂という事はある。




現代の目撃者という意味でも写真の加工は何処まで許されるとかという事が議論された時期もあり、余り加工が過ぎてしまったら写真では無くなってしまう。でも芸術という事で考えたら、多少の加工は構わないという人もいる。



この様な議論は終わりがない。

写真とか絵画とか彫刻とか全て芸術としたら、加工は自由という事で良いし、加工したら芸術性が低いとか、そんな時代では無い。芸術という意味合いは時代でもヨシダナギのような民族写真は、写真の歴史を変えたというほど画期的であると同時に、ヨシダナギには人を惹きつけるだけの魅力的な写真が撮れるということなのだろう。




目次にもどる

ヨシダナギの被写体は少数民族






ヨシダナギ5


ヨシダナギの被写体は少数民族の女性たち。
ヨシダナギはその民族の仲間と認められるために、少数民族たちと同じ格好、同じ化粧、同じ食べ物を食べることを自ら進んで行う。




なぜそんなことをするかというと、ヨシダナギいわく、多くの写真家が訪れることで、現地民にも「撮影がビジネスライクになってしまっている」という。




「ただ撮られお金を要求するだけ」の写真ではなく、ヨシダナギは、本当の笑顔を撮影したいと考え、そのためには彼女たちに溶け込むのが一番という理由で、現地民と同じ格好をすることを思いついたそうだ。


ヨシダナギ

過去の放送でヨシダナギが同じ裸になった「アフリカの少数民族」マサイ族は、世界のテレビ局が訪れる事で「マサイ族が携帯を持ってた」という。マサイ族はタンザニアやケニアなどに住んでる少数民族で、昔は遊牧民だったが、今は定住しつつある。



まだまだ原始的な生活をしてる人も多いが、だいぶ近代的な人が増えたのは、観光客慣れしてしまったこと、それで現金収入も増えて都会に住むマサイも増えたそうだ。




しかし、あまりにも「マサイ族」という名前が有名であるため、「マサイ村見学」などツアーに組み込まれたりすることが多いが、観光客は「近代的なマサイ族」なんて興味がない。牛の糞や泥で作られた家に住み、マサイ独特の伝統的衣装をまとったマサイ族が見たい。


なので、観光業として、泥臭いマサイ族が必要。

携帯などを使ってるマサイは普通の格好をして生活しているのに、こういった観光や取材の時に槍を持って狩猟をしてるフリをする。あくまで「仕事」として、「マサイ」をやってる人もいるそうだ。




だが、マサイの間では「携帯をつかってるくせに」というほど一般的に携帯が使われてるわけではなく、まだまだ生活レベルは低い。全体的に急激に文化レベルをあがるわけではないが、クレイジージャーニーでのヨシダナギは、とてつもなく強烈なプロ意識の高さから、テレビカメラが入っての撮影が入ったこともない少数民族に生き、現都民と同じ肌の露出を躊躇することなくさらけ出す。



その姿勢に感動し、ネットでは大きな反響をよんだ。




目次にもどる

ヨシダナギの写真モザイク加工無しの画像が流出?




放送では、ヨシダナギの裸にはモザイクがかけられており、放送ではモザイク加工されていた。



しかし、ネットではヨシダナギの裸のモザイク加工なしの画像が流出と話題になった。

ヨシダナギとyahoo検索すると「モザイク加工無し」や「モザイク画像処理なし」という第二検索サジェストが出現する。これはいわゆる「予測変換候補」とか「サジェスト」と言われる機能。基本的には「たくさんのユーザーに参照されているキーワード」を出現するようになっている。




仕組みの違いでyahooは固有名詞のキーワード(商業的なキーワード)が目立つが、Go ogle場合は絞込み系のキーワードが表示されるように設定されている。



なぜ、ヨシダナギの第二検索サジェストに「モザイク加工無し」や「モザイク画像処理なし」というワードが出現してしまったのか?調べてみると、2chでの釣りタイトルとして使用されていたようだ。



「釣り」とは、住民が食いつく疑似餌を投げ込んで(たとえば猫好きのスレに「猫は害獣だよね」と書き込むとか)、スレッド内をそれに反発する書き込みでいっぱいにすること。それに対して憤ったり、すっかり騙されて反応したりする人は、釣り餌にかかり、見事に釣り上がってしまった魚ということになる。



この2chの「釣りスレ」というのは、様々なものが存在し、あくまで「疑似餌に住人が食らいつく様を見て楽しむ」ものだから、興味があるようなタイトルであればなんでもいい。



それが、「ヨシダナギの写真モザイク加工無しの画像が流出」もその一つであり、その釣りスレをまとめサイトがまとめたことで、その釣りタイトルだけを見た多くの人が、本当にヨシダナギの写真モザイク加工無しの画像が流出したのか?とネット検索したことで、検索サジェストに残ってしまったと思われる。ちなみにヨシダナギと一緒に映った、少数一族の明らかに十代ぐらいの女性は加工処理なしで放送していた。



番組も視聴率がほしいので、会議をしてギリギリなラインを攻めた結果かもしれない。いずれにしても、ヨシダナギの上半身裸で取材するプロ根性は、2chでも楽しみの一つであるので、またネットを騒がせてくれるだろう。




スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「丸山桂里奈の元カレ俳優」元彼の芸能人と男性遍歴を暴露【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

浅尾美和「顔変わった」現在の理由は子供が原因か【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

名探偵コナン「あの方」黒幕の正体は烏丸蓮耶とネタバレが判明【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

観月あこ「錦織圭の彼女」がブラックカード使用のセレブ生活【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

市來玲奈スキャンダルと社交ダンスの実力を「今夜くらべてみました」で公開【画像】

写真家ヨシダナギのタトゥー写真を加工無しでクレイジージャーニーで放送し物議【画像】

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】