筧千佐子4


2018年10月5日(金) 爆報!THE フライデー【あの人は今…大追跡SP】
19時00分~20時00分





遺産目当てに複数の男性を虜にした筧千佐子。




現在は死刑判決を受けた筧千佐子被告に、 実際にお見合いした男性が緊急出演!驚きの新事実を初公開する。



老い先が短い高年齢の独身男性にとって筧千佐子容疑者の様な結婚詐欺に会う確率は高く、騙されだけでなくすべてをむしり取られるそのテクニックは、当の御本人たちは本望だったのではないか?との見方も2chではある。



実際に青酸化合物をもられバイクで転倒後になくなった71歳の男性は、筧千佐子に騙される事を内心知りながら、内縁関係にも係わらず、公正証書を作成し財産全てを取られた。しかし、この男性は相当淋しい思いをしていたので、筧千佐子という存在が唯一の安らぎだったと思われる。




いったい筧千佐子はどんな生い立ちで、その驚くべきテクニックとはいったい何だったのか?




今夜の放送に先駆け、筧千佐子についてまとめてみた。

■目次

筧千佐子の事件概要
筧千佐子の生い立ち
筧千佐子と結婚した男性たちの末路
筧千佐子のテクニック
筧千佐子の冤罪の可能性

筧千佐子の事件概要




筧千佐子1



2013年12月、京都府向日市鶏冠井町大極殿(だいごくでん)にある一軒家で、主である筧勇夫さん(当時75歳)が倒れ、病院に運ばれたところ、毒物の青酸化合物が検出される事件が発覚。




筧勇夫さんに毒物を飲ませた疑いとして、事件直前に結婚した妻の筧千佐子容疑者を逮捕した。逮捕した京都府警は遺産や保険金目当てとみて向日町署に捜査本部を設置、毒物の入手ルートなど捜査を開始。



すると、過去に何人も夫がなくなっており、総額の遺産が8億円もある事が判明する。





目次にもどる

筧千佐子の生い立ち



筧千佐子5




筧千佐子の本名は「開拓千佐子」(結婚前の姓)。



佐賀県出身の父が、北九州市で大手製鉄会社社員となり、北九州市八幡で生まれ育つ。
子供の頃から頭がよく、成績は優秀。実家が裕福なこともあり、地元の進学校「東筑高校」に進学する。(ちなみに東筑高校は名優・高倉健の母校)高校時代は、「女優・野際陽子に似てる」と地元でも評判で、クラスの男子生徒にかなりもてたらしい。




当時では珍しく、男女共学クラスで九州大学に合格出来る優秀な成績だったが、大学進学を親に反対され、父親に「女に大学教育は不要」と父親の口利きで住友銀行に就職。





住友銀行に勤務して数年後、旅行先で知り合ったトラック運転手と恋に落ちる。

この男性と結婚を誓うが、親に大反対。しかし、千佐子はその反対を押し切って、駆け落ち同然のように印刷関係の仕事を始めた夫と大阪府貝塚市に移住する。この時、千佐子は24歳。





その後43年間は、大阪府に在住。
長男と長女の二児をもうけたが、1994年に夫が病死。その後、印刷関係の仕事を夫の代わりに経営したが、夫が残した借金2000万円の返済で苦しい生活を送ることになる。




2004年、西宮市の薬局経営・医薬品卸の資産家社長と再婚。この資産家社長から遺産相続をビジネスにした、「筧千佐子劇場」が始まる。





目次にもどる

筧千佐子と結婚した男性たちの末路

筧千佐子9






筧千佐子が再婚する相手に不幸が起るようになったのは、2006年。


この時に資産家でもあった会社社長とは再婚から、相手の男性に不幸が起る現象が起きる。この社長と再婚してわずか3か月後の2006年8月28日、自宅で突然倒れ、検視の結果「脳梗塞」とされていた。




2008年2月には、農家の男性と3度目の再婚。
この男性もわずか3か月後の5月17日に自宅で倒れ、救急搬送の結果「心筋梗塞」と診断されている。




いずれも筧千佐子は遺産を相続し、男性の自宅などの不動産を全て売却し、現金化。総額で億単位の金を得たとみられるが、社長の場合は親族に民事調停を起こされ一部を返還した。




2009年になると交際相手だった奈良の男性が「末期がん」でなくなり、さらに2011年9月には筧千佐子と本田さんと婚約。内縁関係になった本田さんは2012年3月9日、泉佐野市でミニバイクを運転中に転倒、その後「致死性不整脈」と診断された。この時の筧千佐子は、本田さんの遺言を盾に親族への遺産分与には応じなかったという。




さらに2013年9月20日には交際中だった元内装業の男性がなくなり、この約2カ月後の2013年11月1日に事件が発覚した筧勇夫さんと4度目の再婚をした。2013年12月、筧さんも倒れ青酸化合物が検出されたことで警察が捜査を開始。

警察から任意で事情を聴かれ、筧勇夫さんと結婚した後も大阪市内の結婚相談所を通じて、複数の男性と接触していたことも判明した。



目次にもどる

筧千佐子のテクニック



筧千佐子7


とても美人とは言えない筧千佐子なのに、多くの男性と結婚を繰り返したことで、そのテクニックがネット上でも話題になった。




実際、顔で判断するのは、比較的若い世代だけ。
社会人になり視野が広がれば、外見よりも中身を見るようになる。いつも笑顔で、悪口や陰口を言わない、また相手を思いやる気持ちや、相手の立場になって考えられるような女性は年齢関係なく、男性にモテる。




男を騙す事件で有名になったのは、木嶋佳苗が典型的ないい例。


筧千佐子2


木嶋佳苗の最大の特徴は、その見た目が「ブス」だったこと。

木嶋佳苗を扱ったサイトでは「こんなブスに結婚詐欺が出来て、なんで私に彼が出来ないの?」顔で勝ってる女性は誰でもそう思って当然なほど醜悪な容姿をしている。




死刑判決をうけ、拘留中の木嶋佳苗を取材してた記者いわく、彼女の振る舞い・物腰の柔らかさ・身だしなみの女性らしさを高く評価している。



接見した記者の木嶋佳苗の評価をまとめると


・やや太っているけど、その事を気にせずに体のラインを見せ付けるような服装を着ている

・顔もいまいちだが、肌がとてもきれいで、むちむちしている

・ひとつひとつの仕草が上品で色気を感じる


とのこと。
つまり男性を気持ち良くさせるテクニックが凄いという事。



筧千佐子と木嶋佳苗の違いは、筧千佐子は若い時はソコソコの美人だったこと。
筧千佐子は最初の結婚生活で苦労したことで、男性に対して偏見を持っていたようで、「プラトニックな誘惑」で次々と男たちを虜にさせた。




2人のの共通な点、それは「男を狂わすテクニック」を熟知している。
筧千佐子の過去について、2008年2月に結婚した、3番目の夫・Yさんが親族に話していたことを週刊朝日 2014年12月5日号で掲載されている。



その記事内容では、相手の男性が「結婚してよかった。ただ、毎晩、あれだけやるとフラフラだ」と話しているとのこと。



結局、男女の関係を何十年も忘れていた「男としての本能」をよみがえらせてくれるなら、ブスでも悪魔でも関係ないのだろう。だからあえて筧千佐子は70代、80代のさみしい男性をピンポイントでターゲットにしてきた。




目次にもどる

筧千佐子の冤罪の可能性





筧千佐子1

筧千佐子にも死刑判決が下っているが、大半の人は「死刑は当然」だと思っているだろう。




筧千佐子は容疑を一切認めてはいないが、状況的に「遺産目的だった」のは間違いない。
筧千佐子が最初に結婚した旦那の仕事が印刷関係の仕事であったので、犯行に使われた青酸化合物などかつて所持出来る環境にあった。筧千佐子が始末しようとしたモノの中から微量ではあるが、普通に生活していれば有り得ないはずの青酸化合物が見つかっている。




それと、これまでの不審な言動や被害者の数、二人の解剖所見とこれだけの状況証拠があれば確たる物的証拠や自白がなくても検察は有罪に持っていけると確信していたのだろう。かなりの確信をもって起訴に踏みきった。




結果は、検察が確信した通り、物的証拠がなくても死刑判決が下った。




結婚紹介所で相手を探して「○人ありきの行動だった」とすれば、とんでもなく卑劣で金の亡者。しかも人の命を私欲の為にあっさり奪ってしまうという考え方が信じられない悪女。




だが、被害者が複数人いるため、既に立証出来ない案件も多く残っている。




筧千佐子の裁判を文春が2018年に記事にしているが、取材した記者は



・弁護側が主張する認知症は芝居には見えなかった

・筧千佐子が「人に金を貸した」などの発言も取材で嘘と突き止めている

・機嫌を損ねれば接見は切れる


・極め付きは「××さんはある意味、幸せやったと思うで。だって、独り身で寂しいところに自分より若い女が現れて、身の回りのことあれこれ世話してくれて、本人は自分が○されたいうんも知らんまま、あの世に行ったわけやからな」



と、被害者への謝罪の言葉はゼロで、反省の言葉もなかったそうだ。
しかも、筧千佐子はあの世に送った男たちと同様、二十歳も年下の記者に対し「早く会いたい」などと「女」を演じている。




だが、筧千佐子を犯人と断定するのは、不可解な点も残っている。

検察は筧千佐子が「青酸カリを使った」としているが、青酸カリと被害者が○亡した状況が合致がまだ確認できていない。



2012年に交際していた大阪府貝塚市の男性(当時71歳)がバイクで転倒した後に死亡し、血液から青酸化合物が検出されている。しかし、青酸カリを投与した場合、すぐに効果がでるので、とてもバイクに乗車することはできない。



また、青酸カリはアーモンドに似た独特な匂いがするので、水に溶かして青酸カリを飲ませようとしても、独特の舌を刺すような刺激的な味で相手はすぐに気づく。



青酸カリは、実は毒殺に向いていない。
青酸ガスは非常に致死性の高い猛毒ではあるが、反応性の高いガスでもあるので、しばらくすると空気中のアンモニアやその他有機物なんかと反応して毒性を失う。 それに、青酸カリを使って気つかれることなく、毒殺するというのは簡単ではない。



体重が60Kgの成人男性なら5mg×60kgで300mgが致死量になるのだが、300mgといえば指先にこんもりあるくらいの分量。それだけ飲んでも、「10人中5人は○ぬかも」という数値であり、つまりは50%しかない。人間に対して確実ともいえない。  そうなってくると、さらに10倍は盛らないと無理な話。



被害者がバイクに乗ることができることから、それは青酸カリでなく、青酸ニトリールが投与されたのではないか?(青酸カリも青酸ニトリールでも血液から青酸化合物が検出される)






青酸ニトリールは無色、無味、無臭であり、青酸カリに比べ匂いがない。
青酸カリが固体なのに対し、青酸ニトリールは水にもアルコールにもよく溶けて飲食物に混合しやすい液体である。体質、性別、年令によっては青酸ニトリールなら投与から2、3時間から十数時間で効果が出る。





青酸ニトリールは、戦後直後に起きた帝銀事件にも使われている。

帝銀事件では北海道小樽市で画家の平沢貞通が逮捕され、警察の厳しい取り調べで自白し、裁判により死刑が確定している。しかしながら、帝銀事件は冤罪の疑義があり、何度も再審が請求された。その結果、平沢貞通に対して死刑は執行されず、獄中で95才のときに病死。




青酸ニトリールなら筧千佐子に入手は出来ない。





いったい、筧千佐子の真相はどこになるのか?
容疑を認めていない以上、再審請求は当然であり、本人が死んでしまうという事も考えられるが、管理人個人の意見としては真相を明らかにしてからこの世を去って頂きたい。




スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「丸山桂里奈の元カレ俳優」元彼の芸能人と男性遍歴を暴露【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

市來玲奈スキャンダルと社交ダンスの実力を「今夜くらべてみました」で公開【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】