2018年11月19日(月)放送、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」
22時25分~23時10分


プロレスブームをけん引する超人気レスラー・内藤哲也に密着取材。





「制御不能のカリスマ」内藤哲也は、橋弘至、オカダ・カズチカとともに低迷するプロレス界を救った救世主としてV字回復の原動力となった。いまファンから最も熱烈に支持されるのは、内藤哲也はリング上で反則、挑発と何でもありのヒールレスラーなのに、絶大な人気を誇っている。



もともと、内藤哲也は純粋正規軍な正統派スターレスラーに憧れ、一時代を築いた武藤や棚橋みたいなどアイドルレスラーに成ろうとしてた。しかし、外見が彼らとは違うし、入団した時代もプロレス低迷期、対峙するライバルとの相関関係も違う。



だからプロレスファンが内藤哲也に求める試合内容やパフォーマンスへのニーズも異なってた。



内藤哲也藤の「したいプロレス」が日常へ・・・。出来なくなったとき、内藤本人も「プロレスしてても全然楽しくない」と、悩みとジレンマを抱えて渡ったメキシコで彼は悟った。「もう、こうあるべきとか堅苦しい事考えるのやめてしまおう」と。




明確な人物像・キャラを作りこみ、それに縛られて苦しむより、せめて自分だけでも、その瞬間の自分に正直に「やりたい様にのみ振る舞う」決意をしてから、内藤哲也はファンや観客を素直に愛おしいと思えるようになり(ヒールとかベビーをか気にせず)感謝してる気持ちを表現することができるようになった。



そんな内藤哲也の素顔に迫るに先駆け、内藤哲也の嫁や過去のスキャンダルについてまとめてみた。





■目次

内藤哲也プロフィール
低迷するプロレス業界
内藤哲也のメキシコ留学
内藤哲也の嫁やスキャンダル
内藤哲也の新日本プロレスの今後

内藤哲也プロフィール






内藤哲也3


内藤 哲也(ないとう てつや)

生年月日 1982年6月22日(36歳)
出身 東京都
身長 180cm体重 102kg
血液型AB型。
新日本プロレス所属



父親の影響で小さい頃から自然とプロレスを見るようになり、学校の教室ではプロレスごっこで遊んでいたという。プロレス初観戦は5歳の頃であり、幼稚園児の頃から1人で電車に乗れた内藤は、仕事帰りの父と会場の最寄駅で待ち合わせて、プロレス観戦に行ったという。



プロレスファン歴が長い内藤だが、実際にプロレスファンというよりも新日本プロレスファンであった。父親から見せられていた団体が新日本だったこともあるが、その後いくつになっても新日本以外の団体に興味を持つことはなかったという。初めて自分でチケットを買って見に行った1997年6月5日の日本武道館大会にて、「これがお客さんの前でできてお金もらえるなんて、こんないいものはない」と思い、プロレスラーになることを決意。



高校卒業後もアルバイトをしながらジムに通い続け、2005年11月3日、後楽園ホールにて行われた入門テストに合格。 入門から半年後の2006年5月27日、草加市スポーツ健康都市記念体育館大会にてリキプロの宇和野貴史を相手にデビュー。



低迷するプロレス業界に悩んだ2015年、メキシコへ旅立ち、現地にてロス・インゴベルナブレス(Los Ingobernables)に加入。


帰国後、そこにいたのは以前の内藤哲也の姿ではなく、爽やかで夢を追う姿勢から制御不能なカリスマへと変貌。自由気ままにプロレスを楽しみ、会社だけでなく、オーナーにもお客様目線を持った提言を行うようになった。


その姿勢にファンたちは共感し、人気が急上昇。新日本プロレスを代表するレスラーの一人に成長した。




参照wiki




目次にもどる

低迷するプロレス業界


内藤哲也



新日本プロレスは、アントニオ猪木をはじめ、多くの有名レスラーを輩出したが、人気レスラーが不在の2000年から2010年までは暗黒期と呼ばれる低迷期だった。




2000年は、大きな出来事としてプロレス団体「ノア」が誕生し、当時の偉業を聞く限り少なくとも2、3年はノアを筆頭にプロレス人気そのものは順当なものだった。


そこから2005年頃までは、東京ドームをはじめとする大きな会場での興行が今よりも多く、何千人何万人と集客していたが、新日本プロレスをはじめとするプロレスラー団体は、有名レスラーの大量離脱や独立、完全な格闘技路線、ファンも激怒するほどの試合内容から、日本からプロレス界全体が消滅してもおかしくない程の不人気時代が長年あった。




しかし、新日本プロレスだけは内藤哲也をはじめとする若い世代のレスラーが力をつけ、イケメンレスラーの台頭で、プロレスを観戦する女性獲得に成功。

とりわけ、新日本プロレスには棚橋選手やオカダ選手、内藤選手のようなマスクの整って華々しい選手が多く在籍しており、それらの選手のファンになることに派生して、ムーブメントを起こしている。



ほかにも、ケニーオメガ選手のような海外でも有名な選手が参戦し、その人気に便乗してクリス・ジェリコといった大物外国人の参戦もあって、爆発的に人気を取り戻した。


要するに、内藤哲也は新日本プロレスを救ったレスラーの一人といえる。


目次にもどる

内藤哲也のメキシコ留学






G1CLIMAX決勝で棚橋越えを果たし、優勝した内藤哲也。

「新日本プロレスの主役は俺だ」「IWGPヘビー級王座になるのが夢」「東京ドームのメインイベントで試合をするのが夢」そんな事をバックステージで言い続けた。しかし、東京ドームのメインはファン投票で中邑VS棚橋のインターコンチ戦になり、セミファイナルで闘った内藤哲也はオカダ・カズチカに完敗。素質は誰もが認め、棚橋選手から「これからの新日本を背負える男」とまで言われたが、とにかく結果が付いて来なかった。



NEVER無差別級のベルトは獲ったけど、それ以外のシングルのベルトは獲れない。

中途半端な男が夢だけを語る現状に新日ファンからは容赦ないブーイングが浴びせられた。この内藤哲也の不遇が、のちに内藤哲也がロスインゴ入りするきっかけとなったメキシコ行きの直前の大阪大会は第2試合につながる。



「何をやっても上手く行かない」「どうしたら良いのか?」


すべて八方塞のまま、メキシコに渡り、メキシコにルーシュと出会い、そこで友情と共にロスインゴという新鮮なユニットに触れ合い、今まで背負っていたモノを全て捨てて、内藤哲也は生まれ変わった。




パフォーマンスだとしても、ファンの声を代弁して新日本プロレスのオーナーにもはっきり物を言い、ファンに新しい世界を見せるために、常に彼は動いてる姿が評価されているのだろう。






目次にもどる

内藤哲也の嫁やスキャンダル



内藤哲也1


内藤哲也の私生活では、2007年に一般女性と結婚。
現在、子供が1人がいるが、2012年にゴシップ誌で4人の女性と不倫関係にあり、育児放棄、家庭放棄していた事がスクープされた。



もともと内藤哲也はホスト系の顔なので、相当モテたらしく、記事では2012年に暴露された時点で、新日側と不倫問題については解決したことにはなっている。



新日本プロレスのレスラーで実際に表に出た女性問題での一番は、なんといっても棚橋弘至。


不倫相手に背中を刺された事件はあまりにも衝撃的なニュースとなっている。週刊誌で内藤哲也が四股不倫(その後夫婦関係が亀裂したとの話もあるが)のほかに、タイチ選手の女性問題、永田裕志の“おっパブなう”ツイート騒動等あり、表に出ていない事も多々ある様なので、新日本プロレスは人気レスラーが多いゆえにスクープされつスキャンダルも多い。



タイチに関しては嫁(元お船chan)が最終的に許したそうなので(給料を全て奥様の口座に入れるという解決策で決着したとされる。タイチも後にそれについて触れていた記憶あり)、会社サイドも出場停止処分で終わらせた事で許したそうだ。(もしも許していなければ解雇処分相当だった)



ちなみにタイチと不倫した女性は、最初は棚橋狙いで新日本では「要注意人物」とされていた。(棚橋は何ら手も出さず執拗なこの女から上手く逃れてから後にタイチに行ったらしい)タイチも悪いが、不倫になると知っていて、近寄ったファンの女性も相当なもの。



別れ話から逆上して、今までの色んな画像をSNS上で公開するというリベンジポルノを受けている。内藤哲也に関しても4股不倫と解雇層となスキャンダルだったのだが、証拠となる画像だけは出せなかったので、なんとか嫁との離婚や新日本プロレスから処分を免れている。





目次にもどる

内藤哲也の新日本プロレスの今後



内藤哲也2



新日本プロレスは上場企業ではないので、3月末の決算報告をする義務は無いし、新日本プロレス側から発表が無い限り、決算報告は不明だが、年商100億円企業を目指すと木谷オーナーが公言しているので、そういった目標を立てれる位置にいるプロレス団体だという事はわかる。




また、新社長に関しては元タカラトミーの社長であり、経営手腕を買われての社長就任なので、良い方向での社長が変わった。




ちなみに新日本プロレスは2017年度(2016年8月~2017年7月)の売上が38億円。2018年度は売上50億円と黒字を出している。海外進出や動画配信会員の増加を目論み、マーケティングの知識に優れたハロルド・メイ氏を社長の手腕も光るが、今の新日本プロレスの人気は「プ女子」の要素が大きい。



「プ女子」のおかげで、プロレスに女性客をターゲットにしたマーケティングができるようになり、棚橋を筆頭にイケメンレスラーが数多く存在している新日本プロレスが独り勝ち状態にある。


今はチケットを買ってもらうための手段が、時代とともに変化している。
ネットなしの猪木馬場の時代は、庶民がプロレスに夢中になるための「仕掛け」を施し、情報がないのでテレビを中心にその仕掛けが当たって人気を博した。



ネットが普及し、情報が筒抜けの時代になり、業界人による暴露本の出版や、プロレスの「強さ」の部分が総合格闘技という形に分離されたことで、幻想は崩れ、従来のプロレスファンは離れるのも当然。と同時に、エンタメ要素とレスラーのキャラクターに重きを置いた演出に転換せざるを得なくなり、そういう方向性が今のところ当たっているのが新日本プロレス。



アイドルまではいかなくても、「カッコ良くて強い男」というイメージに女性は惹かれている部分があるので、歌手デビューやバラエティーへの本格的進出、CM起用など多種多様に拡大を目論んでいるようだ。


今夜放送の内藤哲也プロフェッショナルもその戦略の一つ。

NHKで内藤哲也の4股不倫スキャンダルを振り返るとは思えないが、離婚寸前と報じられた嫁については触れられるようなので、4股不倫を許した?内藤哲也の嫁とはどんな人物なのか?注目の放送といえるだろう。




スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「丸山桂里奈の元カレ俳優」元彼の芸能人と男性遍歴を暴露【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

市來玲奈スキャンダルと社交ダンスの実力を「今夜くらべてみました」で公開【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット