2018年11月24日(土)放送、フジテレビ系列土曜プレミアム「細かすぎて伝わらないモノマネ」
21時00分~23時10分





「とんねるずのおかげでした」から生まれたコーナーで、あまりに「細かすぎる」が故に、笑いにはなりにくいと思われてきたマニアックなモノマネや、アンダーグラウンドな芸にも光を当て、芸人の登竜門ともいえる存在にもなった「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」が特番として復活。




今回の特番では、とんねるずの石橋貴明主宰で、フレッシュな芸人を新たに加わり、まったく新しい番組として2時間超えのスペシャルが実現した。この特番は3カ月に及ぶ厳しい全国一大オーディションを勝ち上がってきた中から、総勢およそ50組が出演。常連出演者が安定した鉄板芸も登場するのだが、とんねるずの相方である木梨は出演しないという。さらにとんねるずのファンクラブは解散し、一部の週刊誌には「とんねるず解散」を報じている。



いったい、とんねるずに何があったのか?



今回は、とんねるずの解散説についてまとめてみた。










■目次

細かすぎて伝わらないモノマネとは
とんねるずの人気
木梨憲武の特番不在理由
とんねるずの解散説

細かすぎて伝わらないモノマネとは



木梨憲武の特番不在理由3




フジテレビ系列で放送されていた『とんねるずのみなさんのおかげでした』内のコーナーの一つで、「不合格者は落下スイッチで奈落に落とされる」というもの。




「モノマネはもっとコアに、もっと深いところへ入っていかなければならない」をコンセプトに、細かすぎて周囲に伝わりづらいモノマネ芸を持つ者達にスポットを当てるゴングショー形式のモノマネ大会。出演資格はプロ・アマ問わず、予選オーディションに合格した者が東京で行われる本放送に出演できるが、予選には毎回1000人以上が参加し、そのうち本放送に出演できるのは20人前後と極めて狭き門である。




一方で普段日の当たらないマニアックなモノマネや芸人にスポットを当てるという性質上、芸人にとってはある種登竜門的な意味合いも兼ねている。この企画をきっかけにブレイクを果たした芸人として、河本準一(次長課長)や博多華丸(博多華丸・大吉)、山本高広、キンタロー。、横澤夏子などがいる。




『みなさん』の放送終了決定にともない、石橋貴明は「この企画だけでも持って、日テレに行きます」と語っていたが、フジテレビの「土曜プレミアム」枠の特番『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』として復活することになった。しかし、博士役で出演していた木梨は、今回の特番に出演しないことが報じられている。





参照wiki





目次にもどる

とんねるずの人気



木梨憲武の特番不在理由1


80年代のとんねるずは、従来の「コテコテのお笑い」とは違い、若者のセンスを取り入れ、斬新でカッコイイ「東京のお笑い」を生み出し、若者を中心に熱狂的に支持された。




一方で2年後輩のダウンタウンは、「世の中に自分たちのお笑いを認めさせる」というようなギラギラしたイメージで、両者とも、旧態依然としたお笑いに対する「若手の旗手」として時代の寵児として活躍。




ともに人気は甲乙つけがたく、芸能界を暴走や傍若無人さ、笑いのための行き過ぎた言動なども、若さゆえに許された特権を武器にやりたい放題。そんな両者を多くの若者は支持し、特にとんねるずに至っては、音楽業界、映画、CM、すべてにおいて芸能界の天下を取る勢いがあった。








なかでもとんねるずの代表番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」は「仮面ノリダー」や「宜保タカ子」「保母尾田保母男」などの人気キャラクターを生み出し、スタッフをグループアイドル化させた「野猿」も大成功。





2000年代初期、野猿企画が終わってからはしばらく「冬の時代」に突入するが、その中で誕生したのが人気企画「食わず嫌い王」は、毎週のように高視聴率を獲得し、フジテレビの視聴率低迷期に大きく貢献していた。






しかし、プロデューサー太田一平が就任した際、人気企画「食わず嫌い王を超える企画を作りたい」と、マッコイ斎藤Dなどが企画したバナナマンやおぎやはぎを中心とした後輩芸人を率先的に起用。



さらにバナナマンやおぎやはぎや有吉が準レギュラーとなって、「男気じゃんけん」や「買うシリーズ」や「全落・水落」などが人気企画が生まれたが、とんねるずだけで成立する企画をやらなくなってしまう。






食わず嫌い王はとんねるず+ゲストだけなので、他の人を出演させることができないこともあり、同じような理由で、とんねるずに逢いたい人・ワケありラブストーリー(ねるとん)など、とんねるずだけで成り立ってしまう企画はどんどんやらなくなってしまった。






「全落」や「細かすぎて伝わらないモノマネ」などは、すでに完成されている人気企画だったが、マンネリ化を避けるために他の企画にもバナナマンやおぎやはぎに無理やり役を与えて、後輩芸人を起用した企画をしているが、この時期から視聴率が低迷し始めている。






ちなみに食わず嫌い王・とんねるずに逢いたい人・ワケありラブストーリーは、低迷するフジテレビの視聴率で言うと、上位の人気番組に位置づけられる。




とんねるずは、この規制だらけのテレビの中であれこれ挑戦してよくやってる方ではあったが、それをイジメだ低俗だと批判する人も多く、昔と同じことやっててもマンネリだと批判する人もいることで、新しい企画をせざる得ない状況に追い込まれ、視聴率が低迷。結果、迷走し、視聴率もどんどん下がってしまい、番組終了をすることになった。








目次にもどる

木梨憲武の特番不在理由



木梨憲武の特番不在理由5


木梨憲武の特番不在理由について、ネット上では様々な憶測が飛び交っている。



女性自身の取材によると、木梨憲武の特番不在理由は木梨本人が「乗り気」ではないのが理由のようだ。




記事内容






いったい何があったのか。
鈴木保奈美(52)復活の陰で奮起した石橋だが、実はそれが引き金となって「とんねるず」の間で“事件”が起きていたという。


「石橋さんはもちろん快諾しました。しかし木梨さんは『なんで終わったばかりの番組をすぐに復活させるの?』と言って、出演を拒否したのです。フジも説得を続けましたが、交渉は決裂。石橋さんも怒って『もういいよ、放っておけ!』とさじを投げたそうです」(前出・テレビ局関係者)

別のテレビ局関係者も2人の仲についてこう指摘する。



「もともと2人の関係性について、周囲からは不安の声が上がっていました。宿泊ホテルも移動も別々という状態でしたからね。10月にはファンクラブも解散しました。今回の件を受けて、とんねるず史上もっとも不穏な関係になっているといえるかもしれません……」



とんねるずは石橋が代表、木梨が取締役の事務所に所属していた。だが今年6月に木梨が取締役を辞任。映画やラジオ番組への出演、ライブ活動など自由な生活を送っている。そうした違いが、特番へのスタンスにも現れたようだ。


「今のところ、すぐ解散という話は出てきていません。ただ夫が心配なのでしょう。鈴木さんは『あの人(木梨)は何を考えているんだか』と苦言を呈しているそうです」(前出・別のテレビ局関係者)



女性自身





目次にもどる

とんねるずの解散説



木梨憲武の特番不在理由2



とんねるずの解散説、不仲説とかが出るのは女性自身の記事を見る限り、木梨憲武に問題があるようだ。



今回の細かすぎての特番復活も木梨憲武本人が自ら断った同様に、過去にはTBS「うたばん」もMCを木梨憲武が嫌がって、中居が抜擢されたという話があり、30年前から「仲が悪いコンビ」として有名だった。



唯一のレギュラーだったみなさんが終了し、ファンクラブも閉鎖。年末放送される「とんねるずのスポーツ王」もなぜかとんねるずの2ショットは無し。石橋貴明はテレビ番組やラジオ番組も単独での出演。特番で復活する「細かすぎて」も石橋一人。


一方、木梨はTBSで冠ラジオを開始するが、そこには石橋貴明は出演しない。
こういった状況から、何かの事情があってコンビでの出演がなくなってるという憶測が飛び交っている。




石橋貴明本人も以前に「」冠番組がなくなれば、とんねるず解散するのと同じ」という発言をしていたし、唯一のレギュラー番組が終了したのだから、解散はあり得ない話くではない。




もちろんコンビ名を使用したまま、コンビで活躍していないコンビは実際に多いし、「とんねるず」というくくりにしなくても、それぞれが本人のやりたいことで活躍していく感じかもしれない(もし木梨憲武の特番不在理由が本当なら)





だが、とんねるず二人とも、ギラギラした若い頃とは違う魅力が出てきているので、それを見ている側からすればもっと新しいとんねるずがみたいところ。いずれにしても、とんねるずの解散や、木梨憲武の特番不在理由が番組内で何らかの発表があるのか注目したい。






スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「丸山桂里奈の元カレ俳優」元彼の芸能人と男性遍歴を暴露【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

市來玲奈スキャンダルと社交ダンスの実力を「今夜くらべてみました」で公開【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット