2018年12月2日(日)放送、テレビ朝日系列「M-1グランプリ2018」
18時34分~22時00分






漫才日本一を決める『M-1グランプリ2018』決勝戦が今夜、ABCテレビ・テレビ朝日系24局で生放送。平成最後となる『M-1』第14代王者が決定する。





しかし、ネット上では『M-1』第14代王者よりも、上沼恵美子がまた芸人(とくに独特なネタを披露するトムブラウンに対して)ブチギレするのではないか?と、別の意味で注目されている。



上沼恵美子は、関西・名古屋エリアでの影響力は凄まじく、関西芸人はこの上沼恵美子に嫌われると、「売れない」といわれるほど。M-1グランプリでは、過去のネタの好みの傾向から行くと、トムブラウンには50点がつけられる可能性が高い。(50点未満はつけてはいけないという暗黙の了解があるらしく、事実上の0点が50点)




今回は、ネット上で期待されているトムブラウンに上沼恵美子が切れる要素についてまとめてみた。






トムブラウン5





■目次

「M-1グランプリ」とは
「M-1グランプリ」2018出場者のネタ評価
マヂカルラブリーに激怒した上沼恵美子
上沼恵美子がブチギレする理由
トムブラウンは上沼恵美子がいる限りM1優勝できない

「M-1グランプリ」とは

トムブラウン6



「M-1グランプリ」は、吉本興業が主催する漫才のコンクール、通称「M-1」。
2001年から2010年までと2015年から、毎年12月(2010年までは下旬、2015年からは上旬)に開催されている。朝日放送(ABC)が制作し、テレビ朝日系列で放送を行っている。



2001年に島田紳助が「漫才に恩返しをしたい」と企画し、吉本興業の主催で創設された、結成から15年以下のコンビ、グループを対象。しかし、漫才に限らずコント・トーク・歌等の芸が許されている。



また、ギター等多少の小道具であれば持ち込みは許されるが、第2回大会で審査員の松本人志がテツandトモのネタに対して「これを漫才ととっていいのかは難しい」と語っており、小道具の使用や漫才以外の芸は実質的に認められない傾向がある。



参照wiki




M-1王者は、芸人にとっての名誉となる肩書き。

「M-1チャンピオン」という肩書きが付くことがステータスになり、数ある賞レースの中で「M-1王者」が一番格上といえる。






目次にもどる

「M-1グランプリ」2018出場者のネタ評価






2chのスレを見る限り、優勝予想はネタ順がわからないので、非常に難しいという意見が多い。ネタ順も多少なりとも結果に影響を及ぼすので、ネタ順がわかれば何となく予想もできるが、あくまでネタだけの評価をつけると、




1、スーパーマラドーナ
2、ジャルジャル
3、和牛
4、かまいたち
5、見取り図
6、霜降り
7、ギャロップ
8、トムブラウン
9、ゆにばーす





今年は決勝の常連で、かつ毎年のようにいいところまで行くスーパーマラドーナとジャルジャルが優勝予想にあげられている。この二組は、2018年がラストイヤーなので、有終の美を飾るべく、彼らが本命と対抗馬と予想する人が多い。



和牛は、一昨年も去年も準優勝なので、実力もあるし、まさしく優勝候補。

ただ、3年連続出場で、毎年優勝まで後一歩みたいなところで惜しくも破れている事を考えると、まるで昔の笑い飯を見てるかのように「新鮮さ」というのに欠けてる。



ゆにばーすは確かに面白く、注目のコンビではあるが安定型ではない。しかも、前年出たコンビが翌年また失敗する例も少なくない。今年は、最下位の恐れがある。


かまいたちは歌ネタやコントで勢いがある芸人だし、次点で見取り図と霜降りも勢いのある芸人。ここらへんから甲乙がつけがたく、ネタはどれも"優勝するネタ"という印象の感じはなかった。



として考えると、ギャロップとトムブラウンのネタは他の芸人と違い、異色なのでダークホースとして注目される。特にトムブラウンに関しては、この中で唯一吉本勢ではない。



今まで吉本じゃない芸人が一組しかいなかったと言う例は何度かあるが、いずれも最下位に近い結果に終わってはいる。また、ダークホースが最下位になるか?と言われると案外そうでもないかと思われる。(もちろん、出番が一番とか二番とかなら話は別)



ちなみに人気ランキングでは、和牛が1位となっている。


トムブラウン3


目次にもどる

マヂカルラブリーに激怒した上沼恵美子





前回の2018年M1の決勝時、審査員であった上沼恵美子は、マヂカルラブリーの「ミュージカル」コント漫才に対し、点数を最も低い「83点」をつけ、ネット上では賛否を呼んだ。その点数を付けた理由について、MCの今田耕司に聞かれると「ごめん聞かないで」と下を向いて拒否。そして、「(みんな)本気で挑んでるんで、本気で私も挑んでます」と怒りを露わにし、ネット上で話題になった。




マヂカルラブリー野田も不満そうに「俺たちも本気でやってますから!」と言い返すと、上沼恵美子は「(こっちも)本気でやってるっちゅうねん!」とブチギレ。さらに「(こんなコントのようなネタで)よく決勝残ったなと思って」とバッサリ。これ当事者であるマヂカルラブリー村上も「なんでこんなに怒られないといけないんですか?」と動揺していた。




トムブラウン

上沼恵美子は審査員で唯一の女性なので、他の審査員とは着眼点が違うのだろう。


頭を強くシバくツッコミが好きではないようで、スーパーマラドーナの時も強く叩くツッコミをしていたが、カミナリはそれ以上に叩き方が強烈。なので、ほかの審査員より採点が辛口だった。自分が好きか嫌いかで審査をしていて、オール巨人のように「漫才の上手さ」「下手さ」で審査をしていない。



また、早口の漫才は好みではないと言っているし、女性ならではの観点から、どうしても好き嫌いがはっきり分かれるようだ。






目次にもどる

上沼恵美子がブチギレする理由



2トムブラウン




今年は、決勝常連のスーマラとジャルジャルがラストイヤー。
去年のとろサーモン、2007年のトータルテンボスのようにラストイヤーは気合いの入れ方がこれまでとは違うと思うので、ラストイヤー組の集大成に期待されている。



2年連続準優勝の和牛、2冠目狙うかまいたち、昨年トップ通過で会場を湧かせたゆにばーす、初出場の霜降り、見取り図、ギャロップも予選を見る限りネタの選び間違えがなければいい順位にいける位置にいる。




本当に分からないのがトム・ブラウンだけ。



上沼恵美子にハマるのか全くハマらないのか、で大きく左右されるといって過言ではない。

トム・ブラウンのネタは主に漫才なのだが、アクションを大きくし、みちおが好きなホラー的ネタ、一発ギャグを繰り出すと言ったことが多い。ネタには、一休さん数人と別の誰かが合体する設定(または有名人同士数人が合体する)のコント「一休さん」、「デートの練習」、「クイズ」、みちおの怪力を活かして、果物をその場で潰して果汁をボウルに入れる「ミキサー」などのネタ。




これに布川が素っ頓狂な声を出してうろたえるような態度をとったり、「ダメ~!」と言ってみちおの頭を掴むようにツッコむという振りがある。


このように、トム・ブラウンのネタはハッキリ言って、上沼恵美子が好むような漫才ではない。完全に視聴者を無視して、会場を凍らせるほど上沼恵美子がブチギレすることが目に浮かぶ。




目次にもどる

トムブラウンは上沼恵美子がいる限りM1優勝できない





はっきり言って芸人が売れる要素は、漫才が面白くても売れるとは限らない。
サンドウィッチマンは、M1優勝前のテレビで売れる前からライブでは爆笑の渦だったのに、なぜ実力はあるのにテレビで売れるのがM1後だった。




ほかにもキングコングは、NSC在学中に大阪の漫才コンテスト優勝、結成2年でM-1決勝進出し、それがきっかけで「はねトび」レギュラーが決まり、売れた。オリラジもNSC在籍中に歌ネタ武勇伝がYouTubeで大人気になり、それがきっかけですぐにテレビ出演、芸歴3年でレギュラー10本、1年目に冠ラジオ番組をもつ売れっ子になれた。



また8.6秒バズーカーも歌ネタがYouTubeで話題になり、デビュー1年目に大ブレイク。
年末年始に12本のテレビ番組に出演、デビューから1年以内でDVD発売・単独ライブ開催するまでになった。似たようなはんにゃ、しずる、フルポン などのレッドシアター組も芸歴4年ほどで大人気。どれも、漫才やコントが面白い訳ではないのに売れている。




やはり実力だけでは、のし上がれないのが芸能界。
売れないはまた別の要素があり、トムブラウンには派手さもないし、決定的にかけている部分があるが、男性人気は高いので面白い漫才を見せてほしい。




スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「丸山桂里奈の元カレ俳優」元彼の芸能人と男性遍歴を暴露【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

市來玲奈スキャンダルと社交ダンスの実力を「今夜くらべてみました」で公開【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット