2019年2月8日(金) 放送、TBS系列「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」
20時57分~22時00分




2019年1月に亡くなった市原悦子さんの最期の5日間を初公開。


市原悦子といえば、ドラマ「家政婦は見た!」、二時間ドラマ「高見沢響子」シリーズ、「マンガ日本昔話」のナレーションなど数多くの代表作品が存在し、子供から大人まで多くの人に愛され、親しまれた女優の一人。



そんな市原悦子の最後の5日間に何があったのか?




今回は市原悦子の最後の5日間や放送禁止用語でネットを騒がせた騒動についてまとめてみた。



■目次

市原悦子プロフィール
市原悦子の家政婦は見た
市原悦子の死因<
市原悦子の放送禁止用語とは

市原悦子プロフィール




市原悦子の放送禁止用語 (4)


市原 悦子(いちはら えつこ)
本名 塩見 悦子(しおみ えつこ)
生年月日 1936年1月24日 (没年月日 2019年1月12日82歳没)
出身 千葉県千葉市
身長 160 cm
血液型 A型




夫は舞台演出家の塩見哲。
父親は銀行員で幼少期は厳しいしつけを受ける。千葉市立末広中学校を卒業後、千葉県立千葉第一高等学校に進学。演劇部で活動し、伊藤貞助作の『村一番の大欅』で県大会に出場して個人演技賞を受賞した。


高校卒業後、早稲田大学第二文学部演劇専修に入学。
父親の薦めで富士銀行に就職が決まっていたが演劇への思いが断ちがたく、俳優座養成所に6期生として入所。



1957年に俳優座に入団し、『りこうなお嫁さん』でデビュー。
同年に雑誌『新劇』の新人推賞を受賞し、1959年に『千鳥』で芸術祭奨励賞を受ける。さらに1963年には新劇演劇賞、1964年にゴールデン・アロー賞新人賞に輝き、新劇女優として高い評価を受ける。



1975年に始まったテレビアニメ『まんが日本昔ばなし』では、すべての登場人物の声を常田富士男と2人のみで長年演じ続けて親しまれた。 放映終了後から復活を望む声が多く、2005年にはゴールデンタイムで再放送された。1983年からはテレビドラマ『家政婦は見た!』に主演し、四半世紀以上に渡って演じ続ける当たり役となる。土曜ワイド劇場を代表する高視聴率の人気シリーズとなった。 1990年、映画『黒い雨』の演技により第13回日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞を受賞している。





私生活では、俳優座養成所の同期の演出家・塩見哲と1961年に結婚。
2度の流産などで子宝に恵まれなかったが、おしどり夫婦として知られた。 2014年4月には53年間連れ添った夫の塩見哲と死別。


2017年1月13日、自己免疫性脊髄炎の加療のため休業を発表。

6月27日に翌年のNHK大河ドラマ『西郷どん』のナレーションでの復帰が発表されたが、体調が優れないことを考慮して降板。


その後、再び体調を崩し、12日13時31分、心不全のため、東京都の病院でこの世を去った。




参照wiki




目次にもどる

市原悦子の家政婦は見た



市原悦子の放送禁止用語 (3)


市原悦子といえば「家政婦は見た!」いう作品がもっとも高く評価されている。



とくに市原悦子版「家政婦は見た」は、ストーリー、家政婦の視点、登場人物、音楽など、すべてが本当にユニークで見ている人皆が引き付けられるドラマで、高視聴率でもあった。米倉涼子のリメイクドラマ「家政婦は見た!」は、同じようなものを目指しつつも視聴者には不評で、視聴率は低迷してしまった。




なぜ、市原悦子の「家政婦は見た」は特に視聴率の低下もなかったのになぜ終了してしまったのか?






「家政婦は見た」第6作(1988年) 「東京-ニューヨーク超高層ビル買占め 名門出の若妻の危険な秘密」は、バブル絶頂期で、ニューヨークロケまでしたテレビ朝日の看板番組。



市原悦子のギャラも最高額?になっていた時期でもあり、そのレギュラー陣の高齢化もあって、2008年で終了した。同じく、テレ朝の看板『ドラえもん』も、2005年に声優陣を総入れ替え。(大山のぶ代→水田わさび)2002年、前年の世界水泳選手権での取り組みをきっかけに、テレビ朝日は体質改善を目的として「全社変革推進運動」を開始。2007年まで続けられている。この間に大幅な社内改革が行われ、結果として後述するような視聴率の向上につながった。



結果、2005年には、年間視聴率ならびに年度視聴率でプライムタイムの視聴率がテレビ朝日開局以来初の2位となった。





要するに、バブル経済崩壊後による番組予算の削減のため、市原悦子の「家政婦は見た」シリーズは終了せざるえない状況に追い込まれたと思われる。




目次にもどる

市原悦子の死因




市原悦子は盲腸の手術で入院中にうっ血性心不全でなくなったと報じられている。


なので、入院した直接の原因であった盲腸は回復していたようだ。




うっ血性心不全とは、人間は心臓へ全身の内臓器官や組織に血液を送りつづけるポンプのはたらきをしているが、このポンプ機能がなんらかの原因で失調を起こし、必要な量の血液を全身に送り出せなくなった状態を「心不全」。



その結果、静脈系を通って心臓に戻ってくるべき血液が、からだの各所で滞って、肝臓や脾臓が腫大していき、血液のうっ滞によって全身に浮腫(むくみ)が生じる。(血液の滞りは、最初は足のむくみで気づく)


そうなると、肺から心臓に送られる血液が肺静脈にたまり、息切れ、呼吸困難が生じ、血液中の酸素濃度が低下してきて機能しなくなる。



このように心臓のポンプ異常によって、むくみを生じ、呼吸困難、息切れ、全身倦怠感、動悸があり、尿量減少などの症状がでた場合、うっ血性心不全を引き起こす可能性があるという。色んな原因が重なった時に起こりうるので、自己免疫性脊髄炎も患っていた市原悦子は、その投薬が効きすぎた可能性があり、徐脈になっていたのかもしれない。



徐脈になれば当然、一回の拍出量を増やさないといけないので心臓に負担がかかる。

医師ではないので、憶測でしかないが、薬も効きすぎれば心機能が抑制されるので、心拍数や血圧なども下がり心不全となったのかもしれない。




目次にもどる

市原悦子の放送禁止用語とは



市原悦子の放送禁止用語 (1)



2015年5月22日放送のNHK「あさイチ」で、市原悦子が放送禁止用語を連発し、ネット上を騒然とさせる出来事があった。




放送内で、 有働由美子アナが「『片輪』『毛唐』という発言がありました。体の不自由な方や外国人の方々を傷つける言い方でした。深くお詫びいたします」と頭を下げ、謝罪。

市原悦子の放送禁止用語 (2)



ここで気になるのは、『片輪』『毛唐』という発言の意味は何なのか?



今は放送禁止用語となっているのかもしれないが、別に失言でもなんでもない。



片輪→からだの一部に障害があること

毛唐→外国人(日本人ではない)



日本は民主主義国家で憲法第21条により、言論の自由及び表現の自由が保障されている。


差別用語は単なる言葉狩り(作家・筒井康隆の命名)や昔からの言葉遊びで法制化されることのない迷信や幻覚錯覚、都市伝説にすぎない。言論の自由は民主主義の根幹で、これはそれを侵すもの。




なので、日本で法によって明文化された「差別用語」は存在しない。




放送禁止用語は、テレビやラジオといったマスメディアにおいて、何らかの理由によりその放送における使用が禁止されている言葉のことを指すが、今日の日本で法によって明文化された放送禁止用語は存在せず、単なる放送事業者の自主規制とされている。




差別用語は誰でも勝手にきめられるが、法的効力がなく「強制力がない」ので、つまり意味のない存在。健常者の学者・有識者・専門家が仕事をしているように見せかけて研究費をもらうための「こじつけ」。




市原悦子が放送禁止用語とされた「かたわ」は、日本の伝統文様の「片輪車」を語源としてるといわれている。




差別用語とは古来からの言葉も含め、人権を持たない無抵抗な「言葉」を差別している。
本来行わなればいけない施策が面倒なので「言葉」に責任を転嫁する事で努力しているように見せかけているだけ。



例えば、「白雪姫と七人のこびと」という童話があるが、原作では小人は妖精の設定で、日本訳の際に小人が用いられた。ところが小人という言葉が「差別だ」という学者のクレームで、自立していた小人プロレスの放送が自粛され、失業に追い込まれた。



2chでもよく見かける「キチ○イ」も、精神障碍者全般を差別するものとされているが、単なるこじつけ。仮に2chで「キチ○イ」という言葉を使って積極的に精神障碍者を差別しようと試みたとしても、素人がどうやって精神障碍者を見分けることは出来ないし、刑事事件の裁判で、刑法第39条(俗にいうキチ○イ法)の精神鑑定は、専門医でも困難の極みと述べている。



むしろ、活動写真(映画)キチ○イを活キチ、好色を色キチ○イ、釣りキチ○イを題材にした漫画「釣りキチ三平」など、特に執着やこだわりを持った者に使用される場合が圧倒的に多い。



かつて、メクラを連想するので「あんま」も差別用語になりそうになった時、大反対したのは盲人協会や盲人たちだった。多くの盲人があんま業にあり、施術内容や屋号に使っておりそれを変更するのにかなりの手間と出費が伴うため、大反対が起きたのだが、あっさりと撤回になったそうだ。抵抗にあうとすぐに腰砕けになるひ弱な連中が決めているようで、無抵抗な「言葉」だけを差別しているのがよくわかる。




まとめると、市原悦子の放送禁止用語は、メディアが勝手に決めたものであって、日本の法によって明文化された「差別用語」ではない。だが、放送禁止用語というのは、テレビ局が勝手に決めたルールだから、テレビ局の人間であるアナウンサーが謝るのはしょうがないのかもしれない。





スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「丸山桂里奈の元カレ俳優」元彼の芸能人と男性遍歴を暴露【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

市來玲奈スキャンダルと社交ダンスの実力を「今夜くらべてみました」で公開【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント一覧

    • 名無しの独女さん
    • 2019年02月08日 19:06
    • 放送自粛用語
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット