2019年2月22日(金)放送、日本テレビ系スペシャルドラマ「約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~」
21時00分~22時54分




土屋太鳳が主演を務める、開局60年スペシャルドラマ「約束のステージ ~時を駆けるふたりの歌~」が今夜放送。



この「約束のステージ」は、1970年代に放送されていた実話がモデルになっており、五木ひろし、八代亜紀、山本譲二、天童よしみらを輩出した伝説のオーディション番組「全日本歌謡選手権」がモチーフ。



多くの有名歌手を輩出したオーディション番組『全日本歌謡選手権』は、10週連続勝ち抜きでグランドチャンピオンとなり、レコード会社と契約できるという番組。新しい才能を売り出すのがこの番組のコンセプトだったので、有名人で合格したのはオックスの野口ヒデト(現、真木ひでと)位、まさに一般人がシンデレラストーリーを実現できる番組だったといえる。





今回は、ドラマ「約束のステージ」が放送されるに先駆け、約束のステージの実話でモデルとなった人物についてまとめてみた。



■目次

約束のステージあらすじ
全日本歌謡選手権とは
70年代の芸能界
約束のステージの実話モデルはピンクレディ

約束のステージあらすじ


約束のステージの実話モデル (4)



2019年冬。

歌手小沢翼(土屋太鳳)は歌手になりたいと願いながらも、その夢を諦めかけていた。


ある日、母の雪子(石野真子)とけんかし、行く当てもなく家を飛び出す。そんな中、翼は乗った電車が急停車し、その衝動で意識を失う。同じ名前で同じ夢を抱く大空つばさ(百田夏菜子)に声を掛けられ、翼が目を覚ますと、そこは1975年の東京・上野駅だった。



行く当てもない翼とつばさは、町中で声をかけてきた男、津島浩一郎(向井理)を頼りに、紅子(矢田亜希子)が経営するスナックで寝泊まりすることになる。



スナックで2人が歌っていると、歌声を聴いた浩一郎が、「俺がスターにしてやる!」と言い出す。浩一郎は、一度だけヒット曲を出していた元歌手だった。レコード会社に売り込みにいくも、なかなか相手にしてもらえない。そんな中、つばさは「全日本歌謡選手権」のポスターを見つけ、2人はユニット“ダブル翼”を結成して全日本歌謡選手権に挑戦する。



公式サイト

約束のステージの実話モデル (2)



目次にもどる

全日本歌謡選手権とは





約束のステージの実話モデル (1)


『全日本歌謡選手権』は、日本テレビ系列局で放送されていた読売テレビ製作の歌謡番組。
読売テレビと日本テレビでは1970年1月5日から1976年12月25日まで放送歌合戦形式で行われていた視聴者参加型のオーディション番組。



アマチュア出場者とプロの歌手が合同参加する方式で、ヒット曲に恵まれない歌手にとっては再起を賭ける登竜門的番組となっていた。この番組に出場してグランドチャンピオンを達成し、スターの座を掴んだ例として、「三谷謙」時代の五木ひろしや八代亜紀などがいる。



ステージには予選を勝ち抜いてきた5 - 6人の挑戦者が出場。審査員1人につき20点の持ち点で審査し、100点満点中、基準の70点に達すると合格とされて勝ち抜けられた。そして10週連続で勝ち抜くとグランドチャンピオンとなる。




レコード会社との契約権、賞金(金額は不明)、海外旅行(当初はパン・アメリカン航空が協賛。



途中で不合格(失格)とされた場合には完全退場させられたが、審査員の裁量によって再挑戦を認められるケースもあった。また、5週連続で勝ち抜きを達成すると「歌唱賞」獲得となり、小規模のトロフィーが授与された。



参照wiki





目次にもどる

70年代の芸能界


約束のステージの実話モデル (3)



芸能界は、娯楽が少なかった高度成長~好景気時代の歌手と現在の歌手、あとアーティストは別に分けて考えなければいけないほど、時代が違う。




POSシステムにより、世代ごとのマーケティングが徹底されるようになったのは、1980年代。


当時の芸能界は大手芸能事務所が大金をかけて一人を育成し、それを大々的に宣伝し、一気に回収する方法をとっていた。なのでそれまでは、芸能プロダクションやレコード会社のスタッフの勘頼みの営業だった。だから、当時の全日本歌謡選手権のような素人でもオーディションを受けれるスタイルは、とても画期的だった。




社会学者・宮台真司先生の分析によると、70年代は高度成長がようやく終わり、小柳ルミ子、南沙織、天地真理などアイドル歌手が活躍。がんばった日本人へ神様からのプレゼントだったか、一つの時代の転換期だったを迎えていた。




その中でも天地真理の人気が圧倒的で、その人気への嫉妬からか、あらぬ噂がたてられ、(歌も音痴など)芸能人のゴシップや誹謗中傷、バッシングが始まり、現在の芸能界のスタイルが確立した・




70年代半ばから、少しずつ広がりつつあったダイクマとかロヂャースといったロードサイドショップが大爆発。(理由は、NIES諸国で作られた白黒テレビが2万円台、カラーテレビが4万円台で買えるようになったから)



おかげで一挙に84年からテレビが個室化し、その結果、お茶の間で家族がみんな揃ってみることを前提にしたクイズ番組と歌謡番組が廃れていく。その象徴的なのは、1989年の『ザ・ベストテン』の打切りとなった。




約束のステージの時代の人でミュージシャンになった人は、誰もがレコードを擦り切れるほど聞き、ラジオにかじりついていたそうだ。教則本やビデオがないのでどうやったら上手くなるかを自分で考え工夫して、耳で記憶し、五感が研ぎ澄まされた結果かもしれない。更にアメリカンポップス黄金期、ロックの芽生え~発展と他分野の影響をリアルタイムで聞いてきたうらやましい世代でもある。







目次にもどる

約束のステージの実話モデルはピンクレディ








約束のステージは実話の「全日本歌謡選手権」がモデルとなっているが、小沢翼と大空つばさのような女性二人のユニットは挑戦していないので、この二人に関してはモデルは存在しない。




しかし、オーディションからデビューしたという設定では、ピンクレディーがモデルになっていると思われる。


約束のステージの実話モデル (5)


ピンクレディーのデビューは、スター誕生でオーディションを勝ち抜いた。



ピンクレディーの二人は「スタ誕」に応募するまえに、他のオーデション番組「君こそ!スターだ!」で落とされている。たしか「クッキー」と言うユニット名で応募したものの、年不相応という理由で落選。歌唱力もステージ上のパフォーマンスも完璧だったそうだが「新鮮さが無い」という審査員に不評で落選。





その後、「スター誕生」では、オーバーオール姿に控えめなパフォーマンスにして「田舎の素朴な少女」を演じ、見事合格した。




スター誕生は1971年から放送されたオーディション番組なら日本国内で一定の年齢以上、若しくはある程度の知識のある方には有名な番組。約10年強の放送期間に、森昌子、桜田淳子、山口百恵の70年代のトップアイドル中3トリオを排出し、70年代後半にはピンクレディーを出し天下のナベプロ王国を崩壊させ、80年代は中森明菜、小泉今日子という女帝松田聖子の独走にストップをかけた二人を排出した。






ピンクレディーのデビュー前の地味なイメージは、二人の「戦略」だった。




デビュー曲はレコード会社の「ビクター上層部」と、阿久(作詞)・都倉(作曲)・土居(振付)・飯田(ビクターのディレクター)の「プロジェクトチーム」で意見が合わず。「ビクター上層部」は、オーディション歌唱曲のような素朴なフォークソングを歌わせたかったので、だから「ペッパー警部」をB面にしたかったという。



一方「プロジェクトチーム」は、歌い踊るエンターテイナーにさせたかった。



「ペッパー警部」がB面にさせられそうになったとき、猛反発。大人向けのセクシー路線は、前に落とされたオーディションでのパフォーマンスがそういうスタイルで、二人の得意分野を生かした案だった。結果はご存知な通り、デビュー曲でキラキララスベガスイメージを狙いコンビ名をカクテルからとったりして、夏の浜辺の明るいセクシー路線を築き、ブレイク。




フォークの素朴な路線は、オーディションで受かりやすくするための二人の「戦略」で、本意ではなかったと後日談で語っている。



ピンクレディーは、「プロジェクトチームは私達の本質を見抜いてくれた」と嬉しかったそうだ。しかし、意外に子供にうけてだんだん子供向けになってしまい、人気を追い掛けて方向性を見失ううちに、人気絶頂で解散に追い込まれた。




約束のステージのモデルとなる二人も、フォークの素朴な路線なので、間違いなくピンクレディをモデルとしているだろう。










スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「丸山桂里奈の元カレ俳優」元彼の芸能人と男性遍歴を暴露【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

市來玲奈スキャンダルと社交ダンスの実力を「今夜くらべてみました」で公開【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット