口腔ガンを公表した堀ちえみについて、2chでは癌の発見が出来なかった病院はどこか?と話題になっている。






口腔ガンの患者は、約3分の2は早期発見出来ているようだが、発症率は低く、専門医でないと診断するのが難しいらしい。また、進行が早いというのも原因のひとつで、けして病院側だけに落ち度があるわけではない。




また、口腔ガンの主な原因としてタバコの喫煙が多いそうなので、2chでは自業自得という意見も多く見かけられた。




今回は、堀ちえみの余命や発見が遅れた病院どこか、2chによる情報をまとめてみた。




■目次

堀ちえみプロフィール
堀ちえみの口腔がん(舌癌)とは
堀ちえみの余命
堀ちえみの病院はどこ?

堀ちえみプロフィール


堀ちえみの余命 (4)




堀 ちえみ
本名・尼子 智栄美(あまこ ちえみ)


生年月日 1967年2月15日(52歳)
出身 大阪府堺市
「松竹芸能」所属


1981年に開かれた第6回ホリプロタレントスカウトキャラバンの優勝をきっかけとして芸能界入り。 1982年に『潮風の少女/メルシ・ボク』で歌手デビュー。同期デビューは、小泉今日子、三田寛子、松本伊代、早見優、中森明菜、石川秀美、シブがき隊。



1983年にTBS系列で放送されたドラマ『スチュワーデス物語』に主演。
劇中での「教官!」「ドジでノロマな亀」の台詞は流行語になり、翌1984年に新語・流行語大賞に指名され、大衆賞を受賞した。この『スチュワーデス物語』以外にも、『スタア誕生』や『花嫁衣裳は誰が着る』でも主演し、「少女がいじめや冷酷な仕打ちに耐えながら、終いに幸運を手に入れる」という、1980年代の大映ドラマを象徴するキャラクターを演じた。


1987年3月、20歳の誕生日を迎えた直後に電撃的に一時引退。
1989年に外科医の男性と結婚、1990年に長男、1992年に次男、1993年に三男と3児をもうけたが、1999年に離婚。


2000年5月、雑誌社勤務の男性と再婚、2000年に四男、2002年に長女と2児をもうけるも、2010年6月に2度目の離婚。 2011年12月11日、一般男性と3度目の結婚をし、相手の連れ子が2人を含め、7人の母となった。



2019年2月19日、自身のオフィシャルブログにて口腔癌(舌癌)に罹りステージ4と診断され、左首のリンパ節にも転移している事を公表し、同日に入院、当面の間、芸能活動を休業して療養に専念するとした。




手術は2019年2月22日に行われ、11時間に及ぶ手術を無事、終えたとブログで報告している。



参照wiki




目次にもどる

堀ちえみの口腔がん(舌癌)とは



堀ちえみの余命 (2)




堀ちえみのブログによると、2018年の6月頃、舌の裏側に小さな口内炎に気付いて、通院治療を続けていたが、当初は「2016年から患っているリウマチの治療薬の副作用」と病院から判断されていた。





一旦症状は治まったが、10月に入ると大きな口内炎が再発。

それ以降は痛みが酷くなる一方で、年明けからは更にしこりが増加し会話や食事も辛くなり、激痛で不眠にも悩まされていたという。





堀ちえみは、普段からリウマチの薬を飲んでいたので、その副作用からくる口内炎だと診断されていた。


なので、かかりつけの歯科医院で口内炎治療をうけ、症状が一旦収まったため、深刻に捉えてなかったのだろう。「かかりつけ」ということだから、かなり信用されてたと思われる。




口腔がんとは、口の中にできるがんのことで、代表的なものに舌がん。
口の中にできるということから、患者自身が見てわかるという特徴があり、治療後は外観に影響を与え、審美障害を残すことがある。




さらに、口の中の器官は、「ものを食べる」「言葉を発する」といった日常生活における機能に重要な役割を果たしており、口腔がんを発症することでこうした機能に障害を残すこともありえる。



口腔がんのひとつである舌がんは、一般的ながんの発症年齢のピーク(50代~60代)とは異なり、20代の若い方でも発症するという特徴を持っている。こういったケースにおいては別の因子が関係している可能性もあり、現在のところ明らかになっていない。



口腔がんは、鏡で見てそれとわかるほど外見に変化し、口内炎だと思って塗り薬を塗っていても完治することがなく、堀ちえみのように後に口腔がんであることが判明すること例も存在する。



口腔がんを手術で摘出すると、場合によっては審美障害や機能障害を残すことになり、QOL(生活の質)に大きな影響を及ぼすらしい。そのため、口腔がんは「切らずに治す」ことが求められ、それを実現するための工夫がされてきた。しかし、堀ちえみのように手術を余儀なくされるケースもあり、より早期の段階で病気を発見することが重要となる。




堀ちえみの場合、2chでは「医療ミス」として、その病院はどこか?と特定作業が行われている。




目次にもどる

堀ちえみの余命



堀ちえみの余命 (1)



堀ちえみの口腔がんは、ステージ4と自身のブログで公表している。




ステージ4の口腔がん(舌がん)の5年生存率は45%。

ガンの根治は切除であり、がん細胞があると考えられる場所を切除するのは他のガンでも大前提。口腔がん(口腔底がんを含む)を「治す」ためには、基本的に手術が第一選択なので、堀ちえみの手術の成功によってステージが下がり、生存率が高まることもある。



舌癌のステージ4とは「リンパ転移が認められる」、「遠隔転移が認められる」ということ。




つまり「癌がそこだけではなく違うところにも転移していますよ」という状態。ステージ4でも手の施しようが無いわけではない。ただ、ステージ1、2よりは厳しい状況にはあることは確か。




癌は、初期で見つけられた人は「健診でたまたま」「違う病気で病院に行き、たまたま医師に指摘されて大病院で検査したら」などというように、自分でわかるケースは少ない。自覚症状が出た時にはそれなりに進行しているだけで、助からないわけではない。



手術は確かに大変ではあるが、2-3週間で概ね普通の生活に戻れるそうだ。



日本では70代の患者でも普通に手術が行われている。
年齢よりも普段の活動度(具体的には日中普通に寝床から起きて活動できているか)、基礎疾患(特に虚血性心疾患、脳血管障害、糖尿病)、栄養状態(体重が少なすぎないか)が治療に耐えられるかどうかを左右するそうだ。


堀ちえみの余命 (5)


ただ、堀ちえみの場合は、良い経過は期待できるが、完全に病気からフリーになることは期待できない。




まともな医師ならステージ4の口腔がんを手術以外で治そうとはしないので、手術は当然必要なのだが、口腔底のがんを切除すると口のなかと頸部を隔てる組織がなくなり、口と首が穴でつながった状態になってしまうので、そうならないように他の部分から組織を移植するしかない(遊離皮弁移植)。




下顎骨にがんが進展しているなら下顎骨をある程度の範囲切除する必要があり、下顎の形を残せることもあるが、下顎骨の中央を切除して肩甲骨や肋骨、腓骨を移植して、あるいは金属プレートを用いて再建することもある。



まとめると、堀ちえみは助かったとしても、手術後のリハビリはかなりつらい日々が待っていると思われる。



目次にもどる

堀ちえみの病院はどこ?




堀ちえみの余命 (3)


堀ちえみは、舌がんを疑いを自身で感じ、自身で大学病院へ受診された。

その際に紹介状なしに大病院に受診すると診察を受けるのもすべて最初から検査しないといけないため、発見するまでにかなり時間がかかってしまう。そのためにかかりつけ病院・医師がいるのに、ひどすぎると2chでは批判の対象になっている。




治療して全然治らないから堀ちえみ本人が他の病院へ行って検査を受け、舌(口腔ガン)だったということから、最初に口内炎と診察した病院や医者は「誤診」もありえる。そのために正しい治療がされず、ガンが進行しステージ4になってしまった。



その病院や医者には責任はないのか?


まだその『誤診』した病院や医者がなかなか治らない状態を見て自分とこではわからないから、他の病院を紹介したりしていたら話は別だが、患者本人がセカンドピニオンして初めて原因が判明したということに問題がある。



だが、舌癌は初期は口内炎と似た症状なので、現状では放っておく方が多いそうだ。
末期になって シコリや痛み 舌変形などでようやく病院を受診される方が多いので 発見される時には末期の状態で見つかることが多い。




引っ張られて手遅れになったら、莫大な賠償を「かかりつけ医」に請求すればいい。



今回の堀ちえみには、ぜひそれをお願いしたい。
2chでは堀ちえみのかかりつけ医だった病院の特定作業を行っているが、それよりも堀ちえみが訴訟を起こし、莫大な賠償金判決が出れば、難しそうな病気の場合は、すぐに紹介状を書くようになる。その方が、こういったケースがなくなるだろう。
















スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「本田美奈子の死相画像」病気の白血病で倒れる前の写真をシンソウ坂上で公開【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

「尾崎豊の死顔画像」フライデー死因写真と死の真相がヤバい【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】