2019年2月26日(火)放送、日本テレビ系「幸せ!ボンビーガール」
21時00分~22時54分



元は新宿・歌舞伎町でNO.1キャバ嬢をしていた逢澤志穂さん「波瀾万丈ガール」を特集。


前回の放送で、歌舞伎町でNO.1キャバ嬢だった逢澤志穂さんは、結婚してすぐにシングルマザーとなり、一人娘を育てるため築70年のボロボロな空き家に移住し、たった一人で農家を始めていることを放送された。その生活が放送されたことで話題を呼び、逢澤志穂さんへ、パリの中心でハリウッドスターが集まるパーティーへ出席のオファーが寄せられたという。




果たしてシングルマザー逢澤志穂さんは、パリで社交界デビューする事ができるのか?





今回は逢澤志穂さんについてまとめてみた。


逢澤志穂 (1)

■目次

ボンビーガールとは
逢澤志穂さんプロフィール
逢澤志穂さんはNO.1キャバ嬢
逢澤志穂(しほ)さんがパリ社交界デビュー
ボンビーガールはやらせが多い?

ボンビーガールとは





2011年4月21日から、日テレで放送が始まった「幸せ!ボンビーガール」


「お金がなくても幸せに暮らそう」をコンセプトに、貧乏でも幸せな人生を送る女性「ボンビーガール」を紹介するのをメインとし、激安スーパーなどお得情報も紹介する情報番組。



主に都内近郊の「(借り手・買い手側が)何かひとつを我慢すれば家賃が相場の半額以下で住める物件」を紹介する。主に交通の不便さや立地上の不具合などが理由として挙げられている。通称「ワケあり物件」などを、田舎から上京してきたガールズが物件・住まい探しに番組スタッフが協力する。ガールズには取材了承のお礼と引っ越しのお祝いを兼ねて、10万円が贈呈。




スタッフはガールズの意思を尊重し、極力物件探しに口出しはしないが、どうしても助言が必要な際には、遠回しなヒントを与える場合がある。




参照wiki








目次にもどる

逢澤志穂さんプロフィール


逢澤志穂 (2)


生年月日1986年5月14日 32歳

出身 東京都




2018年10月23日に放送された『幸せ!ボンビーガール』で、「歌舞伎町の元No.1キャバ嬢」がボロ家で農業をしていると紹介され、ネット上で話題になった。



紹介されたボンビーガール・逢澤志穂さんは、父親がろくに働かず、昼間からお酒を飲んでは暴力を振るわれるという幼少の頃から家庭環境が悪い状態で育ち、中学時代は家出を繰り返す素行不良だったそうだ。

逢澤志穂 (3)

高校に入ってもわずか3ヵ月で中退。
18歳から地元のキャバクラで働くと、みるみるその才能を開花。20歳の時は、歌舞伎町でナンバー1のキャバ嬢と呼ばれるようになった。


私生活では、19歳の時に結婚。長女を出産するが、わずか2年で離婚。

キャバ嬢で培ったコネクションを生かし、服のデザインや自身のブランドを販売するアパレル社長として活躍する。しかし、仕事が激務だったため、睡眠時間が3時間しかない生活が続き、子供を育てるのにいい環境ではないと判断し、田舎に引っ越す。





前回の放送では、番組の新企画『波瀾万丈ガール』という企画で、壮絶人生を送っている逢澤志穂さんは、一人娘をもつシングルマザーで現在は築70年ボロボロの家に住みながら農業を営んでいると紹介された。




歌舞伎町時代は、最高月収300万円を超えていた逢澤志穂さんだが、なぜこのような家に住んでいるのか?と聞かれると、子供の将来を考えて、生活環境がいい田舎暮らしをすることを決意したと語った。娘の将来のことを考えて、安いボロ家を購入し、祖母から農業を教わりながら、昼は宿泊施設のリフォーム、夜はクラブで仕事をして生活費を稼せいでいると語った。







目次にもどる

逢澤志穂さんはNO.1キャバ嬢




逢澤志穂 (4)



キャバ嬢は儲かるイメージがあるが、実際どれほど稼いでいるのか?気になるところ。




2ch情報では、安キャバで時給2000円〜、中級以上で時給3000〜4000円は貰えるそうだ。一日5時間の勤務で計算すると、週3日のバイトでも15〜20万、レギュラーなら30〜50万、ナンバーワンなら60〜100万以上も可能となる。



もちろん、固定のお客をつかまないといけないので、その仕事は楽ではない。




サンデージャポンに出演したキャバクラ嬢・立花胡桃が語っていたが、歌舞伎町でナンバー1.2クラスを維持していたのならば、外見が良くて、気配りが出来て、努力が出来て、負けん気が強い人でないとなれないらしい。



立花胡桃がNo.1とれたポイントは、まずスタイル。(第一印象)


会話力→話す力、聞く力、両方。

洞察力→会って数分でどんな人かを見抜く。団体の場合は、一瞬で、誰が一番偉い人なのか見抜いて、隣に座る。

気配り→その人の性格、状況に合わせて動く。

観察力→今お客が何を考えているのか?自分の接客に対する反応をみて「また来るお客」、と思えば、
次に繋がる話をする。「もう来ないな」と思ったら、その場かぎり楽しませる。



あとは、どんな事があっても落ち着いていることが重要らしい。



だが、 夜働いてると自律神経のバランスが崩れて、鬱になる女の子も多く、長期で働くことが難しいそうだ。夜の仕事、お酒が入る仕事、お金が絡み合う仕事は甘くない。 しかも、初めは家族や親戚に嫌われるので、助けてくれる人もいない。


なので、いくら稼げたとしても、「キャバ嬢はお勧めできる職業ではない」そうだ。






目次にもどる

逢澤志穂(しほ)さんがパリ社交界デビュー




逢澤志穂 (5)


逢澤志穂(しほ)さんがどういった経緯で、パリ社交界デビューすることが決まったのかは不明だが、基本的に庶民には無関係な世界。 何せ、始まりはヨーロッパの貴族・王族の集まりなので、家柄などが必ず問われる。





しかも参加できるような人は、日本からは年に一人だけだし、そういったセレブから紹介してもらうしかない。




一般時でも参加できる舞踏会なら、だいたいが「寄付金集めのチャリティー」なので、招待される方は過去に寄付をしたか、今回また寄付する方々なら参加は可能。パリ社交界以外では、18歳ぐらいで社交界にデビューする舞踏会は「会費制」なので一人1000ユーロぐらい。家族4人で出たら4000ユーロ。



ドレスは作るか、自分で作るか、貸衣装でいいのでそう問題はない。

オーストリアはパリ並みに洗練されているが、だいたいドイツ、オーストリア、北欧(ノーベル賞授賞式など。)など服装、ドレス自体はみんな貸衣装。作る人はまれだという。(作ると、パリの有名な店でオートクチュール、注文でドレスはだいたい200万円から300万円。こういう場合はアクセサリーもいるので総額はそれ以上)




パリ社交界は、他の社交界と歴史が違うので、参加する令嬢は自作のドレスを用意する。




現在は「ファッション」と言えば民間人のものだが、昔は社交界と言われる一部セレブのみが許されるもので、その更に昔は貴族のみが許されるものだった。昔にさかのぼるほど、金や権力がある人しかファッションできなかったので、ドレスが買えないなんてことはない。




彼らは流行に乗ってコミュニティの中で目立つことが仕事みたいなものだったので、現在みたく「あえて流行に乗らない」なんて人はいなかった。それは「合コンにパジャマで行くのを信条にする」ようなもので、当時も有名人、特に王妃とか社交界のアイドルなんかがファッションリーダーやっていて、それをいかに情報早く仕入れて真似て自慢するかが勝負。




ファッションリーダーは、相当権力のある人か「人気のある人」が成れた。

権力とは男性権力者の妻または愛人であるとか、あるいは美貌があって男性から沢山声が掛かる人のことです。美貌があれば大抵はいい男が求婚してきて財産や家のレベルも上げることができた。




ファッションリーダーたちは色の違いや形の違いを常に出していくので、だんだん変化していく。



それがいつの間にか違う形になっていると、「●●ファッションから××ファッションになった」と区切られる。日本でも女子高生ファッションがルーズソックスからニーソに変化していったように、ある日突然でなかったように変化は緩やかかつ確実に起きているので、それは今も昔も変わらない。





今との違いは「ファッションできるのは金持ち権力者だけ」だったので、「いかに金を持っているか」をアピールする必要があり、結果、日本の十二単とかヨーロッパの15kgもあるようなドレスになっていた。沢山「モノ」を付けて沢山高級布を使用することで、カネ持ちアピールもできるし目立つこと。




これがだんだん民間金持ち、更に一般人にも波及していくと、ドレスは簡素になっていき、男性を誘惑するべく露出の多いものになっていった。更に進展すると庶民向けだった動きやすい機能性のある服(ジーパンや非シルクのシャツなど)がファッションの舞台に上がってきた。




このようにパリ社交界は、現在のファッションリーダーのルーツでもあるので、参加できることはとてつもない凄いことだということがわかる。











目次にもどる

ボンビーガールはやらせが多い?









どういった経緯で逢澤志穂(しほ)さんが番組に応募してきたのか不明だが、いくら謝礼金がでるといっても、「私は貧乏な女です!」と顔出してまで、住む場所をテレビで紹介されてしまうと、その住んでいる住所や場所を特定されてしまう危険性もある。ましてやボンビーガールには若い女性が多いので、ストーカー被害もありえること。






それに、出演する女性のほとんどが異様に外見やファッションはオシャレで、小綺麗にするために金を使うからボンビー生活なのか?と不審な点が感じられる。






「やらせ」と「演出」の境界線は難しく、人を傷つけるとか、一般人や収録に関わってる企業などに迷惑をかけるようなものの「やらせ」は問題だし、視聴者も騙す行為になる。しかし、ドッキリ番組などでは、「やらせ」というより、演出に近いので面白いし許容範囲になる。





ボンビーガールのようなバラエティー番組のやらせは「ダメ」と否定する視聴者は少なく、ヤラセ=演出のような印象があり、そうしないと「バラエティ番組が成立しないこと」を理解しているからこそ、ヤラセありきと視聴者も見ている人も多い。




要するに、何が言いたいのかというと、基本的には番組側が出演するボンビーガールにお願いしている立場なので、番組側がやらせを強要しなくても、出演希望の女性側に「嘘」をつかれてしまってはどうすることも出来ないという事。




結局は、視聴者次第。
視聴者が面白いと思ったらやらせでもイッテQのように視聴率は高いし、ガチでも面白くない番組は視聴率が悪く、最悪は打ち切り。明らかにヤラセ感あるのとかは視聴率は低いので、一概に判断は難しいのかもしれない。





いずれにしても、逢澤志穂(しほ)さんがやらせかわからないが、それは逢澤志穂さんが悪いのではなく、こういった番組を制作している日本テレビ側に問題がある。たかがバラエティーでも虚偽を事実のように放送するのは放送倫理上禁止されているので、それを破ったら重大なこと。テレビは影響力も大きいということを、イッてQやらせ騒動で教訓にしてもらいたいものだ。











スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「本田美奈子の死相画像」病気の白血病で倒れる前の写真をシンソウ坂上で公開【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

「尾崎豊の死顔画像」フライデー死因写真と死の真相がヤバい【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット