2019年3月1日(金) 放送、TBS系列「爆報!THEフライデー」
19時00分~20時00分



女優の洞口依子が、「爆報!THEフライデー」に出演、子宮頸がんの手術後、突如足が異常に膨れ上がる謎の病「リンパ浮腫」を発症したことを告白する。





ドラマ「愛という名の下に」で、一躍有名になった洞口依子は、数多くの映画にも出演し、ベットシーンとか濡れ場とか、ロマンポルノの分野でも活躍。そういったイメージから「男好きのする顔立ちNO1女優といえば洞口依子」と呼ばれるほど、多くの男性視聴者を魅了した。







近年は子宮がんを患い、手術は成功したことは報道されていたが、いったい洞口依子になにがあったのか?




今回は、洞口依子が患っているという謎の病「リンパ浮腫」についてまとめてみた。





■目次

洞口依子プロフィール
洞口依子が人気になった「愛という名のもとに」
洞口依子の子宮頸がん
洞口依子はリンパ浮腫
洞口依子の今後

洞口依子プロフィール




洞口依子リンパ浮腫 (4)





洞口 依子
本名・葛西 依子

生年月日 1965年3月18日(53歳)
出身 東京都武蔵野市
身長 164 cm
血液型 A型
所属事務所「テアトル・ド・ポッシュ」


高校時代に、『週刊朝日』1980年11月7日号の表紙を飾り、その後EPICソニー・スターメイキングコンテストで優勝。雑誌「GORO」の「激写」モデルとして芸能界デビュー。1985年の映画『ドレミファ娘の血は騒ぐ』(黒沢清監督、伊丹十三と共演)に主役として初出演。以後も黒沢監督や伊丹監督の映画に多く出演している。




1986年、テレビドラマ『愛という名のもとに』(1992年、フジテレビ)『ふぞろいの林檎たちIV』(1997年、TBS)などの作品で一躍人気となる。


私生活では1997年、NHKのディレクターの男性と結婚。
2004年に子宮頸癌を発病し、子宮と卵巣の全摘出手術を受けることとなる。術後の後遺症における過酷な闘病を自身のブログで実直に語る。それに伴い、体の不調の始まりから復帰するまでの、格闘の様子を赤裸々に記した初めての著書『子宮会議』(小学館2007年6月1日)を発売し、イベントなどで予防の為の検査をするよう呼びかけている。



参照wiki




目次にもどる

洞口依子が人気になった「愛という名のもとに」



洞口依子リンパ浮腫 (2)



野島伸司のドラマで一番の名作と言えば「愛という名のもとに」を挙げる人が多いだろう。




このドラマでいちばん印象深いのは、中野英雄が演じた「チョロ」。

フィリピン人女性に惚れ、騙され、横領と傷害事件を起こし、首吊り自○する。ドラマのストーリーはざっくりとしか思い出せなくても、チョロのことだけははっきりと覚えている人は多いし、中野英雄を見るとこのドラマを思い出す人も多い。



この作品以降、野島伸司はラストで「幻を見て終わる」という手法を積極的に用いるようになった(高校教師、未成年など)。いわゆる「ラストの解釈は視聴者に委ねる」というやつで、この物語で描かれていることは学生が社会に出てそれぞれ別々の道を歩んでいく中で、いつまでも仲間を維持することは可能かどうか?を描いている。




なので、チョロは会社や恋人に裏切られ自○し、洞口依子が演じた飯森則子はヤケを起こして子供を身ごもったりと、それぞれに問題を抱えて生きている。仲間7人全員の群像劇なので、とりあえず主役を鈴木保奈美という設定にはなっていたが、7人全員が主役のようなドラマは、まさに画期的だった。


洞口依子リンパ浮腫 (3)



20歳の頃にはヘア○ード写真集「goro」を出して、昔の壇蜜のようなポジションだった洞口依子は、テレビ史に残るこの名作のおかげで、女優として注目を集めることが出來た。また、洞口依子はキツイ悪女を演じる「名わき役の女優」として多くの作品で出演することになる。


洞口依子リンパ浮腫 (5)


目次にもどる

洞口依子の子宮頸がん



洞口依子リンパ浮腫 (6)


2004年に子宮頸がんを発病した洞口依子は当時、2chでも「やっぱり」という意見が多かった。


その理由として、子宮頸がんの原因に不特定多数の男性との性行為が挙げられている。

子宮頸がんは三番目に多くみられる女性生殖器の悪性腫瘍で、米国の間では八番目に一般的な悪性腫瘍。発症する平均年齢はおよそ50歳がおおいようだが、まれに20歳の若い女性でも発症する事がある。



本質的には性感染症なので、発症の危険は最初の性経験年齢と逆比例し、生涯の性生活のパートナーの数と直接的に関連していることは間違いないらしい。また、過去に子宮頸がんの女性をパートナーとしていた男性と、性生活のパートナーとすると、その危険は増加するそうだ。





最近では子宮頸がんが発生しているほとんどの人が、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスに感染していることがわかってきた。このウイルスは子宮頸部に感染して定着する。日本人を対象とした調査では、「性交経験のある女性の約10%」において子宮頸部に、子宮頸がんの高危険群のヒトパピローマウイルスが検出された。




つまり、子宮頸がんはウィルスが原因なので、性行為をしなくとも感染することはあり得る。



したがって、「子宮頸がん ⇒ 遊び人」という発想は、正しい医学知識のない人の偏見であり、完全な間違い。がんの女性に向かってこのような発言を平気でする人がいるとしたら、とても恥ずかしい発言といえる。



ただ、医学的には経験人数が多い人は子宮頸がんのハイリスクであるということがわかっているので、過去の経験人数の少ない夫婦の発症リスクよりも、経験人数の多い夫婦の発症リスクは高くなるのも間違いない。





目次にもどる

洞口依子はリンパ浮腫




洞口依子は子宮頸がんでリンパを摘出手術を行ったことで、リンパ浮腫の闘病生活を送っている。



手術でリンパを取った人だけがリンパ浮腫になるわけではないが、浮腫の治療については、まだ確立されたものがない。



飽くまで症状を緩和させるの治療しかなく、根本解決に繋がる治療法はない。

また、癌術後のリンパ浮腫を対象にした療法はあるものの、それを原発性リンパ浮腫にそのまま適用できるか?というと、年齢的な問題もあり、簡単に手術も出来ない。






なので、リンパ浮腫は完治しない。


しかも早期発見することも難しい。
現在では、リンパ浮腫の確定診断として『リンパ管造影』『リンパ管シンチグラフィー』『蛍光リンパ管造影』のどれかを受けるしかない。しかし、どれも特殊な検査であり、全ての医療機関で行える訳でもなく、保険も適応になっていない。





そのため、リンパ浮腫の診断は問診・触診・視診をし、エコーで皮下組織に貯留しているリンパ液の有無、深部静脈血栓症などの静脈疾患の有無を確認。洞口依子のリンパ浮腫の場合、皮下組織に溜まったリンパ液が敷石状になっているのも特徴の一つで、CT等の画像検査で腫瘍や他疾患の有無なども確認できる。




こういった様々な疾患を否定した上で『リンパ浮腫』という診断される。



リンパ浮腫に関しては、病院によって対応が違う。

癌などの手術でリンパ節を取った後にリンパ浮腫が出現している場合は、がん手術した科の主治医に相談するしかない。また、形成外科ではリンパ管吻合術などの治療を行っており、形成外科の医師もリンパ浮腫の知識がある(多分だが)ので、形成外科の定期検診は必要。それでも、診断に不安であれば、リンパ浮腫外来のある病院に通院するしか方法がない。



近年、全国各地にリンパ浮腫セラピストも増えてきているし、洞口依子が本気でリンパ浮腫を治すにはそういった治療を受けるしか方法がない。



目次にもどる

洞口依子の今後




リンパ浮腫は目に見えるほどの腫れが生じるのでわかりやすく、その前駆症状として腕がだるい・疲れやすい、手がこわばる、物を落としやすくなる、肩や腕背中がはれぼったいなどの自覚症状がみられる。



痛み=浮腫ではないが、一歩手前の状態なので、なるべく安静にすることが必要。

ただ、洞口依子のリンパ浮腫の場合、病院でも治療法が少なく、根本的な改善は難しく、特別なリハビリがあるとは考えにくい。



なので、日常生活の注意点を守り、リンパ浮腫の症状を緩和させるしかない。リンパ浮腫にも、レベルがあって、潜伏期、第1期・・とう症状によって治療も違う。まずは、レベル確認をして、リンパ誘導マッサージ、弾力ストッキングで圧迫してからの適度な運動等に努めるしかない。




今、しないといけない事をして、先々大変な事にならないよう願うしかない。



リンパ浮腫の治療の基本といわれている複合的治療は


・スキンケア
・圧迫
・圧迫下での運動
・マニュアルリンパドレナージ
・生活指導



上記の5つがリンパ浮腫の複合的治療といわれている。


リハビリとして、リンパドレナージや圧迫下での運動をしてくれるのかもしれないので、全くリハビリの意味がないとも言えない。リンパ浮腫はすぐに改善できることは少ないので、気長に付き合いコントロールするしかない。



管理人の知り合いでは、リンパ浮腫の症状があったのに、大学病院で間違った指導をうけ、症状がひどくなったなんてケースもある。



病院や医者が、「なんでも対応できる」というと実はそうでもない。



専門外の事はまるきり、無知な場合もある。

自分でケアしようとしてもんだり、運動したりは専門の医師に診断してもらい、医師の監視下のもと知識のある医療従事者に施術と指導をしてもらうのが一番。



洞口依子自身の浮腫の原因を元から改善していくのが理想といえる。






スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「本田美奈子の死相画像」病気の白血病で倒れる前の写真をシンソウ坂上で公開【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

「尾崎豊の死顔画像」フライデー死因写真と死の真相がヤバい【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット