6歳児を蹴る動画 (5)
2019年3月10日(日) 放送、フジテレビ系列「Mr.サンデー」
22時00分~23時15分






母親が6歳児を蹴る動画が、Twitter上で拡散された事によって、警察に通報が相次ぎ、春日市在住の母親(39)を暴行容疑で逮捕した。




警察の発表によると、虐待を受けていた6歳児の家族は、父親と中学生の長男との4人家族で、犯行当時は父親が仕事で不在だったという。動画の内容は、母親が自宅で6歳児の背中や腹などを複数回にわたって蹴るなどした2分14秒の動画。39歳母親は、ウソをついてばかりいる6歳児童を2分間に渡り折檻、蹴ると云う内容だった。





少し行き過ぎな内容ではあったが、母親も手加減しているようにも見えてたので、躾として成立するのか?と物議を呼んでいる。






今回は6歳児を蹴る動画をMr.サンデーで特集されるので、一連の騒動についてまとめてみた。




■目次

6歳児を蹴る動画の事件概要
6歳児を蹴る動画は虐待
子供のしつけ
6歳児を蹴る動画は誰が撮っていたのか?
6歳児を蹴る動画の母親の今後

6歳児を蹴る動画の事件概要





「 ウソばっか、つきやがって!」


母親が男児を蹴ったり、踏みつけたりする動画がTwitter上で拡散されたことを受け、福岡県警春日署は8日、春日市在住の母親(39)を暴行容疑で逮捕した。



春日署によると、母親は5日昼ごろ、自宅で幼稚園児の次男(6)の背中や腹などを複数回にわたって蹴るなどした疑い。次男にケガはないという。 父親と中学生の長男との4人家族で、犯行当時は父親が仕事で不在だった。


調べに対し、母親は「ウソをついたことにイライラして蹴ってしまいました」と供述。暴行を認めているという。 問題の動画は2分14秒。「虐待」という言葉とともに、8日午前1時44分に投稿された。



現在は閲覧できなくなっているが、午後5時半時点で1万回以上リツイートされ、再生回数は80万回を超えていた。 冒頭、上下ジャージの母親が仁王立ちになり、パジャマ姿で寝そべる次男を「なんで同じことするんだよ! もう2度としませんって言ったろうが!」と怒鳴り、蹴りつける。



撮影者が物陰に隠れながら、小声で「やばい、虐待、虐待…」とつぶやく声も聞き取れる。
「私の心の方が痛いわ!」6歳児を踏みつける虐待動画が拡散、母親を逮捕 Twitterの虐待動画より 「ウソばっか、つきやがって!」 「なんで守らないんだよ!」と蹴り続け、次男を踏みつける母親。次男は痛がり、泣き叫んでいるように見える。



「なんでよ?答えろよ!」「ウソばっか、つきやがって。つきやがって!」と母親の暴力はますますエスカレート。 うずくまり、さらに大きな泣き声をあげる次男に、「私の心の方が痛いわ!」と吐き捨てる。


蹴られた次男が立ち上がり、撮影者の方へ歩み寄ってくるところで動画は終わる。



春日署は撮影者が誰なのか、明らかにしていない。



yahooニュース


目次にもどる

6歳児を蹴る動画は虐待




6歳児を蹴る動画 (4)


児童、動物虐待は刑事罰の対象となる。





身体的虐待は、刑法上の暴行罪(208条)

又は傷害罪(204条)が成立する可能性がある。性的虐待については、強制わいせつ罪(176条)や強姦罪(177条)が成立するおそれがあり、心理的虐待に関しては、傷害罪や脅迫罪(222条1項)などが成立する可能性がある。





ネグレクト(育児放棄)に関しては、監禁罪(220条)の他、保護責任者遺棄罪(218条)の成立の可能性がある。



現状では、この刑事罰しか認められていない。


DV防止法は、「配偶者からの暴力」を対象としたもので被害者は「配偶者」に限られ、子供や親・兄弟姉妹など同居の家族は対象とはなっていないため、法の不備が指摘されている。



「法律は家庭に立ち入らず」という原則の指摘は現在でも根強い印象があるが、それは大きな誤解。



この原則は、窃盗罪(刑235)、不動産侵奪罪(刑235の2)に関する親族間の財産罪(親族相盗例-刑244-1)に限られ、暴行、傷害などの身体的な加害行為は、一般人に対するのと同様に通常の犯罪が成立し、処罰対象になっている。




虐待における暴行・傷害行為は、1回の犯罪が成立する。

ほぼ毎日これが繰り返されると繰り返された回数だけ、暴行罪ないし傷害罪が複数成立し、これを併合罪といい、刑が加重される要因となる。



したがって、6歳児を蹴る動画以外いも暴行・傷害が行われていたのであれば、1回ごとに暴行・傷害罪が適用される可能性がある。




刑法は、国会権力が暴行、傷害などの犯罪行為を行う者に対して強制的にやめさせるための法律。 民法(親族・相続法をのぞく)は、主に私人間の経済的問題を解決するための法律。例えば、暴行や傷害によって生じた損害(不法行為による損害賠償請求-民709)を賠償させるなど。





保護命令や罰則などの規制も刑罰や強制力の「甘さ」が目立つことから、刑法の適用されるという認識が、一般家庭に浸透してないと思われる。







目次にもどる

子供のしつけ


6歳児を蹴る動画 (2)


子供に躾が必要なのは、立派な人になってほしいから。


人間は子供に限らず横着な生き物なので、進む道をはっきりと示さなければならない。つまり、自然にできるように教育するのが親の務め。時間があるなら根気強く、時間がなければそれなりの方策を取る。




手っ取り早いのは怒る、叱ること。

親を怖いと思わせること。しかし、逃げ道を塞いだら親は信用されなくなり、暴力は子供が被害者となり、子供は取り返しのつかないトラウマを背負ってしまう。





躾の基本は、生活習慣。
起床、洗顔、適切な運動、食事、睡眠、排泄、清潔、衣服の着脱などの基本的習慣。人として挨拶をする。時間を守る。適切な言葉を使う。などを発達段階に応じて身につけさせることが大切だが、外に難しい。身の回りに整理整頓などは高度な部類に入り、小さい子には無理な注文となる。



今回の問題となった6歳児を蹴る行動で、完璧に躾けられる子供はいないと考えいい。



理由を理解させること「危ないから」「汚いから」「○○ちゃんが嫌がるから」、大声で命令するのではなく、近くで優しく「手を洗って」という風に声をかけ、子供が自分で判断し、行動に移す。結果が悪くても叱らず、自分の判断したことを認めて褒める。



反抗期ならば、言う事聞かないのが基本当たり前。


子供なんてわがまま言ってなんぼなので、悪いことは叱る、それでも聞かない場合は、親としてはしつこく叱り、必ず「やめさせる。」「実行させる。」ようにし、スルーされてあきらめるような躾は逆効果になるだけ



逆らうなどの行為は、厳しく説諭して、「二度としないこと」を言葉で言わせればいい。たたくことは基本的に良くないし、反省している子供にはお仕置きは必要ない。







目次にもどる

6歳児を蹴る動画は誰が撮っていたのか?




6歳児を蹴る動画 (3)



管理人は暴力はいけないことだと思うし、この事件を肯定するつもりは全くない。



しかし、ネット上では動画をみた人の反応の中に「これで虐待?逮捕?」と疑問に思う人も多く、もっと酷い仕打ちをしたりされたという人からみると、この母親は手加減しているという指摘もされている。


しかも、動画を撮っているのが、この母親の家族の人間(おそらく長男)子が親を売る時代になってしまった。



「知らない人が明らかに違法なことをしている」
目撃者は自分だけなので、スマホで撮影して動画をSNSにのせる。拡散されるのを期待するだけで、あとは自分で警察に通報することはしない。



以上の一連の行動は。正しい事なのか?


基本的には個人の判断になるのだが、最近は実名ベースのsns等が増えたこともあって、こういった炎上騒動が起きやすくなっている。ネットには不特定多数の目があるので、不用意に個人情報をのせると悪用される可能性があること、その相手の特定が難しいという面は今も昔も大して変わっていない。




動画の投稿は、プライバシーの侵害、業務妨害、名誉毀損、著作権肖像権意匠権の侵害、守秘義務違反などなど多くの問題を発生させる可能性があり、一方で情報拡散、広告効果、地域振興、コミュニケーションなどなど多くの利点もある。



問題が生じた場合は、個々の事案についてデメリットを上回るベネフィットや必要があるのか?


主に法律的観点からの検証が必要で、安易になんでも投稿するのではなく、投稿者がフロントチェックというか、これは投稿すべきでないかどうかというモラルや適法性を弁えることが大切といえる。





目次にもどる

6歳児を蹴る動画の母親の今後






今回のように6歳児は怪我がない場合は、不起訴処分となる可能性が高い。



これが虐待によって死なせてしまった場合は、そんなにすぐは出所できず、10年以上は収監される。



罪状は、「保護責任者遺棄致死罪」。


「保護責任者遺棄致死罪」の罰則は、3年以上20年以下の懲役。

2016年に、埼玉県狭山市で起きた三歳女児の虐待死事件の母親も保護責任者遺棄致死罪で懲役13年、同居人で交際していた男も保護責任者遺棄致死罪で懲役12年6ケ月だった。2018年の結愛ちゃん虐待事件も同等の刑罰だと思われる。






平成28年のデータだと検察に送られた被疑者は


正式な裁判になるのが(公判請求)7.8%

罰金刑になる略式手続きが23.6%

起訴猶予が56.5%

その他の不起訴が5.9%

家庭裁判所送致が6.2%



起訴猶予を含めた不起訴が62.4%でそのうち56.5%が起訴猶予なので、90%が不起訴処分のうち起訴猶予の占める割合となる。



不起訴は検察官の処分なので、警察には、権限がない。

罪の軽さや犯罪歴、被疑者(犯人)の環境などを考慮して、起訴して裁判にかけるまでもない、と判断されると、不起訴になる。6歳児を蹴る暴行の動画の状況を冷静に見ても、少なくとも怪我がないことから、不起訴処分になる可能性が高い。



虐待する親は、自分の子供の事を「親をわざと困らせたり挑発したり、親にみじめな思いをさせる加害者」 と、思っているので、自分(親)が被害者であると思い込んでいるはず。


もちろん、それは多くの場合は被害妄想なのだが、いずれにしても虐待する親は自分が悪い事をしている自覚を持っていないので、動画を撮影していたとしても、自分に悪意があるとは(自分では)思っていないので、今後もこういった問題にならないように、世間の厳しい監視は必要といえるだろう。




スポンサーサイト
松浦亜弥の現在、ダウン症と噂になった理由の真相がやばい・・・【画像】

松村沙友理スキャンダル相手の佐井慶英の現在がヤバい【画像】

秋篠宮悠仁、発達障害で補聴器をつけていた理由の真相がやばい【画像】

白濱亜嵐と峯岸みなみのやった証拠写真スキャンダルがやばい【画像】

ホリケン(堀内健)が病気で顔色悪い理由、入院している理由がヤバい【ネプリーグ画像】

山本圭壱の事件の被害女性の相手、顔写真が流出し事件の真相が判明【画像】

「本田美奈子の死相画像」病気の白血病で倒れる前の写真をシンソウ坂上で公開【画像】

飯島愛が引退理由と噂になったコンクリート事件の真相がやばい・・・【画像】

徳永有美「元夫・須田光樹」を捨て子供と内村光良がいるのに報道ステーション復帰【画像】

ヴァニラ整形前の元の顔と整形後遺症「3000万」かけた整形サイボーグ美女の現在を公開【画像】

「ペッパーランチ事件の黒幕」犯人の北山大輔と三宅正信の現在とその後が判明【画像】

名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕としゃべくり欠席理由の扁桃腺がやばい【画像】

後藤真希ヌーディー画像で旦那の中谷滋博と離婚?「テレ東音楽祭2018タイムテーブルで告白か【画像】

山口達也「病院どこ?」 埼玉「北辰病院」に現在は入院中と週刊FLASHが特定【画像】

湊伸治の現在「コンクリート事件の犯人」が逮捕で顔写真を公開【画像】

乙葉「壮絶な過去と父の呪い」藤井隆と子供を暮らす現在に影響か【画像】

吉澤ひとみ「旦那が飲酒仲間で飲んでいた相手」だったことが判明し逮捕か【画像】

今井メロ「mutetki」(ムテキ)評の画像がヤバい!現在の病気の病名は統合失調症か

高畑裕太の被害女性画像に現在の高畑淳子が無罪を主張

「尾崎豊の死顔画像」フライデー死因写真と死の真相がヤバい【画像】

「ヨシダナギ写真」モザイク加工無しの画像処理をクレイジージャーニーSPで公開か

伊東紗冶子「母ブログ」炎上で実家の質屋ホームページに批判殺到【画像】

後藤祐樹とソニン相方「ゴマキ弟がヤったモー娘メンバー」市井紗耶香と逮捕で刑務所に入った不祥事の現在をしくじり先生で告白【画像】

新田真剣佑の子供の母親「フライデー写真」の真相がヤバい【画像】

乃木坂46中田花奈「手越祐也のスキャンダル写真」をスクープ【画像】

芹那の消えた理由と顔が変わった現在がヤバい【画像】

大橋のぞみの現在画像、引退後に桜丘高校から保育士へ【画像】

フェフ姉さんの病気「口蓋裂」多田さんとタトゥー画像を月曜から夜ふかしで公開【動画】

中尾翔太の病気「胃がん」ステージ4症状の可能性【画像】

「典子さま離婚」千家国麿と別居理由を新潮が報道【画像】

伊調馨と吉田沙保里の不仲「栄監督のパワハラ擁護」しツイート削除で炎上【画像】

「toshi洗脳」嫁とmasayaについてYOSHIKIがしゃべくりで真相を告白【画像】

櫻井翔「紅白の顔むくみ」目が腫れてる絆創膏原因は病気の可能性【画像】